• スポンサードリンク

    『ハンター×ハンター』No.353◆冷徹、実況アナの娘を探して…

    コメント(21)

    3
    『ハンター×ハンター』No.353◆冷徹

    クロロ…観客を盾にして逃げながらヒットアンドアウェイ。
    ヒソカ…クロロを追いかける。

    クロロの戦法がセコくて、ヒソカはこんな戦いを望んでたのか?と疑問だったのですが、どうやらヒソカの性感は大満足で「素晴らしい」と悦んでいました。てっきりこんな闘いをしたかったわけじゃないとか怒ると思ったのに。いいんだこれで。そんなわけで2人の闘いは続く。

    <関連記事>
    『ハンター×ハンター』No.352◆厄介、クロロの戦法ってどうなん?
    『ハンター×ハンター』No350死闘、ヒソカとクロロの対戦がぐう熱い件
    『ハンター×ハンター』No.350王子、すこぶる続きが気になる件
    「ハンター×ハンター」、面白すぎるんだってばよ!
    「ハンター×ハンター」、くそ面白すぎて困る件
    クロロの隠れながら隙をついて攻める戦法は徹底しており、ヒソカはキョロキョロと観客からクロロを探します。

    4
    クロロはどこだ?

    巧妙に隠れるクロロ。
    観客はギャラリーフェイクで複製した人間コピーだらけです。複製した人間を使った一進一退の攻防は手に汗握る激しいものでした。

    確かにクロロは見つからない。
    しかしながら個人的にはクロロ以上に姿が見えない人がいます。
    実況の女の子である。

    5
    実況の娘

    今回の登場ゼロコマである。
    声は聞こえるのに姿は見えず。ヒソカがクロロを探す以上に何度も探したのですが発見できず。くっ!この「ヒソカVSクロロ」では唯一のオアシスだったのに。

    そもそも『ハンター×ハンター』にはこれといって明確なヒロインがいないからね。クラピカにペロペロしてたら…残念!男の子でした!ビスケにペロペロしてたら…残念!戸愚呂弟(筋肉ダルマ)でした!パームにペ…いやないな。サイコすぎた。

    ハンターには何度も天使を見つけたと思いきや斜めに裏切ってくれたものです。心の中で戸愚呂弟は言うんです。「おまえ、もしかしてまだ富樫は死なないとでも思ってるんじゃないか?」(冨樫でなく『てんで性悪キューピッド』はウ冠の富樫と本人は言う)

    はい!思ってます。
    『電影少女』と並ぶジャンプラブコメ史に輝く『てんで性悪キューピッド』を僕たちは忘れない!リメンバー『てんで性悪キューピッド』を描いてたころの冨樫先生である。なんのかんのでアルカとか究極の妹でしたからね。やはり冨樫先生は偉大だ。

    ジャンプ最長ラブコメになった『ニセコイ』の主人公も『てんで性悪キューピッド』みたいにヤクザの息子じゃん。冨樫先生の影響受けたんだよ(知らんけど)。きっと古味先生も子供の頃に『てんで性悪キューピッド』を読んで今回のヒソカみたいになってたに違いない。素晴らしい…(ハート)

    そんなわけで部分部分ではありますが、ハンターのサブキャラにペロペロするのが俺のジャスティス!実況の女の子は個人的にスマッシュヒットで期待してたのに。今回、姿が見えなかったのは残念でなりません。

    だがしかし!しかしである!
    姿が見えないからこそ、むしろ冨樫作品のヒロイン力は高まったね。途中で消えるヒロイン…そう!『幽☆遊☆白書』のメインヒロインだった雪村螢子である。

    6
    雪村螢子

    初期こそメインヒロインとしての活躍を見せていた螢子ですが、途中から霊圧の消えっぷりはチャドもビックリですよ。極めつけは四聖獣編での約束。

    「今度こんな事件があってどっか行くときは…」
    「行く前に幽助が教えて…!――できれば一番最初に…!」


    事件が起こったら一番最初に報告することを約束しました。
    しかし悲しいかな。この約束は守られることはありませんでした。

    遠くから見てるだけーだった暗黒武術会編などまだマシ。仙水編では事件そのものすら知らず、全てが解決して次の魔界云々の後に「オレ魔族になっちまった」「え?いきなり何言ってんの?」、「魔界に行こうと思ってんだ」「いつ?」「明日」「温子さんにはもう言ったの?」「ああ」完全に後回しにされた事後報告の数々はもはや伝説である。

    途中から消えたヒロイン。それが雪村螢子!
    とはいえ、途中で霊圧消えても最期はメインヒロインだったのも事実。

    7
    やっぱりメインヒロインだった

    螢子は終盤はメインヒロインだったよ。うん。
    ゆえに、今回の消えた実況アナはむしろ冨樫作品においてはヒロイン力が高まったとも解釈できます(ねーよ)。

    HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)
    冨樫 義博
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 9
    HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 168
    スポンサードリンク
  • 『ニセコイ』第217話キマッタ、えいえんはあるよ。ここにある。

    コメント(18)

    32
    『ニセコイ』第217話 キマッタ

    私は『ニセコイ』の舞子集があまり好きではないのはご存じの通り(?)です。
    ですが、この幼なじみ親友ポジションの男は最後の最後ではきっとやってくれると信じていたんですよ。
    何がって、千棘軍の猛攻撃にジリ貧状態の我ら小野寺軍を救ってくれるって。劣勢の小野寺さんが逆転勝利する助けになってくれる。迷う楽の背中を蹴っ飛ばしてずっと好きだった小野寺さんの元へ走らせてくれるって。なんたって集は楽が中学から小野寺さんのが好きなのをずーっと見てきましたからね。デジャブるじゃん?あの親友キャラと!

    そう!『I"s』の寺谷である。
    個人的には寺谷もあんま好きなキャラではありませんでした。
    しかし!しかしである。寺谷は最期の最期にやってくれたのである。

    33
    アイズの寺谷

    普段は「エロ大王」というふざけたやつでしたが、クマさんパンツの麻生さんと伊織ちゃんで揺れ動くイチタカにズバリ断言するのであった。

    「オレはさおまえがどれだけ葦月のこと好きだったかずーっと見て来た」
    「それを考えるとおまえは葦月じゃなきゃダメなんだ!」


    名言である。
    さすがずっと過ごしてきた親友!

    『ニセコイ』の集もね寺谷と同じようにずーっと見て来たわけですよ。
    らっくんが小野寺さんを好きだったのを。

    ゆえに、ここぞで揺れ動く主人公にピンポイントでアドバイスしてくれる!「オレはさおまえがどれだけ小野寺のこと好きだったかずーっと見て来た」「それを考えるとおまえは小野寺じゃなきゃダメなんだ!」とね。

    ところが集のアドバイスは、虹を見つけた時、流れ星を見つけた時、綺麗な夕焼けを見つけた時、好みの音楽に出合えた時、そんな日常の小さな幸せやラッキーに出合えた時に誰の顔が思い浮かぶかというものでした。なんだその抽象的なアドバイスは…?そこはきちっとずーっと小野寺さんが好きなのを見て来たって言えよ!まったく、最期まで使えない親友だったな(個人の意見です)。

    34
    誰の顔が浮かぶ?

    って、決まったー!?
    「そうか、オレは―」とサブタイトル通り誰が本当に好きなのか「キマッタ」のです。これはどっちだよ?日常の幸せを共有した…となると一緒に過ごすことを楽しいと感じる千棘が有利なのか?

    この流れはまずい!
    と思ったものですが「現実逃避さん」が素晴らしい考察をしてらしたので、むしろこれ小野寺さんの勝利なんじゃと思いました。以下「現実逃避」さんから。

    35

    日常的に側にいて,時間をシェアしていたのは桐崎千棘かもしれない。でもそこから楽が得られる感情は「楽しい」だった(中略)。

    それに対して
    一緒にいるだけで「幸せ」で,そんな時間が「永遠に」続けばいいと感じていたのはいつも小野寺さんでした。他のヒロインとも,桐崎千棘とも違うその感情は「幸せ」に起因する「好き」。
    (「現実逃避さん」より)

    さらに今回の描写で一番最初に思い浮かべたのは小野寺さんであると。

    36
    小野寺さんを先に思い浮かべた

    なるほどなー。
    思わず納得しながらうんうんとうなずいてしまいましたね。

    さらにプラスすれば小野寺さんに教えて貰った「秘密の場所」なんかもありましたね。市内を一望できる綺麗な景色を眺められるスポットである。小野寺さんに教えて貰ってからは、楽もお気に入りになりました。

    37
    小野寺さんの秘密の場所

    以降は2人きりで何か話す時は頻繁に訪れるようになりました。
    今回の集の言葉を借りるなら「日常の中のふとした時…小さな幸せやラッキーに出会った」そのものである。日常で見つけた小さな幸せやラッキーの場所を共有して2人ともお気に入り。それが「秘密の場所」!

    まあ同時に、小野寺さんが決勝ゴールを決めそうになるも決めきれない歯がゆい場所でもあります。そういえば、前回も2人で訪れていましたね。

    そんなわけですね。
    小野寺さんの「秘密の場所」はコサキニストにとっては、『きまぐれオレンジロード』の100段階段ぐらい重要なスポットなのです。『ときメモ』で例えるなら伝説の樹の下、『ダカーポ』でいえば枯れない桜、『KANON』でいえば駅のベンチ…それぐらい重要な場所!小野寺さんとの幸せな時間が永遠に続けばいいと思ってたぐらいです。永遠なんてなかったんだ。否!知らなかったんだ。永遠はあるよ。ここにあるよ。秘密の場所にある。うん。

    だから天駒高原はただの通過点!

    38
    ただの通過点

    天駒高原が天下分け目の関ヶ原と思いましたが、どうも違うのかも。
    オーケー分かった!天駒高原で千棘の件が解決てから告白するならば、告白するところは「秘密の場所」だね。

    まあ、天駒高原は12年前の約束の地ではありますが、いまとなってはどーでもいいんですよね。はっきり言って。もちろん、結婚の約束したのが小野寺さんなら嬉しいが、千棘だろうとマリーだろうと…マッコイだっていいや。もうね、誰でもいいんです。大切なの今!NOW!

    つぐみや、マリーも続々と天駒高原に集結するようです。

    40
    (天駒高原に)集結セヨ。

    ところで羽姉は?

    鍵持ちなのに母親といい、どうも羽姉だけハブられている。
    永遠があるかどうか分かりませんが。永遠のハブならあるよ。ここにあるよ。羽姉にある。

    ニセコイ 23 (ジャンプコミックス)
    古味 直志
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 369
    ニセコイ 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 786