• スポンサードリンク

    「おたくら」一流のカレー好きの妄想力を具現化

    コメント(0)

    1

    おたくによるおたくのためのおたくの4コマ!
    ゴトウ氏の「おたくら」が発売されました。ゴトウさんというのは古参テキストサイト『一流ホームページ』の中の人です。思い返せば僕が個人サイトという文化に触れるようになったのは10年以上前に大学で『侍魂』というサイトが爆発的に流行り、そこから一流ホームページをはじめとするテキストサイトを見るようになったのを皮切りに、ニュースサイトとかラーメンサイトとか漫画感想サイトとかの個人サイトにハマっていきました。

    いうなれば、僕の個人サイト巡回の趣味は一流ホームページのおかげのようなもの。私が初めて参加したロジマトのオフ会でゴトウさんにお会いした時は、大学生の時から見てる中の人という尊敬の眼差しが、会って2分で木端微塵に崩れていったものです。カップラーメンが出来るより早いよ!それほどゴトウさんの個性が強烈で面白かったという事です。

    この「おたくら」も、40路のオタク達の生体をエッセイ風の4コマにしています。いい歳したオタクならば思わず「あるある」と頷く、生々しい共感を覚える事でしょう。個人的には「見知らぬ戦友」がグッときます。近所のゴミ捨て場にアニメ雑誌が捨てられて、近場にオタクの同士が住んでいるとホッコリして数年後…。

    1
    数年後

    ゴミ捨て場には近所の同士がオタグッズを捨てていた。
    引退されますか、お疲れ様でした」と祈るゴトウさん。なぜだろう、胸に熱いものが込み上げてきます。

    まさにオタクは思わず共感するあるあるネタであり、一流のゴトウさんならではで笑えるオタク達の生体がエッセイ風に描かれています。オタクの生態を面白おかしく笑わせてくれるなんて初期「げんしけん」みたいですよね。アニメや漫画のストーリーやヒロインの可愛さで盛り上がり語り合うっていうオタク仲間ではよくあるアレ。

    3
    げんしけん

    アニメにしても漫画にしてもゲームにしても、自分が好きな作品を語り合う。これぞオタ友の醍醐味ですよね。好きな作品を熱く語ることはオタクにとっては至福の時ですよね。一般人からすれば気持ち悪いかもしれませんけど、それはとても純粋に清々しいものですよ。

    「おたくら」もオタク同士で熱く語るわけですけど。

    2
    熱く語る

    なんだろ…清々しさの欠片もない
    もちろん、ゴトウさんが笑えるようにあえてそういう風に描いたんでしょうけど、決定的に違うのは年齢からくるものでしょうか。大学生の若者のような清々しいエネルギッシュなオタク青春ではなく、可愛い女の子なんていないしラブがコメる事など絶無であり、登場人物はみんな等身大のおっさん。つまり小汚い「げんしけん」です。

    むしろ、この痛々しさこそがキモで笑えるんですよね。
    40路オタクの日常には禍々しいぐらいに共感してしまうのです。ああ、10年後の俺がいる、と。それをまた面白く描くもんだから、笑えるんだけど笑えない。おかしいんでかどまったく可笑しくない。グッとくるけど心臓を抉られるような。

    「おたくら」はオタクの日常を面白おかしくエッセイ風に描き、それがツボに嵌るわけです。でも、オタクの日常って面白いかと聞かれれば答えはノーでしょう。なのに何でオタクの日常を描く「おたくら」が笑えるのか。

    もちろんゴトウさんの日常は面白いだろうし、回りのオタ友も面白いんですけど、オタクの日常なんて部屋に籠って漫画読んでアニメ見てゲームするだけ。外に出る時はイベントか買い物ぐらいですよ。作中の「結婚のマスが見当たらず」での人生ゲームオタク版こそオタクライフ

    4
    これぞオタクの日常にして人生

    これ、ひたすらアニメ見て買い物してるコマばっかやで

    まさにlこれ。
    オタクの日常というか人生はそんだけです。そんな人生を「おたくら」では膨らませて面白く描くわけです。これこぞそまさにゴトウさんならではの面白さですよ。

    昔のテキストサイトは日記のように日々の事を語ってるようでいて、そうではないという。だって毎日面白い出来事が起こるわけないじゃないですか。面白い出来事というネタなんてそうそう自身に起こりません。重要だったのは、いかにして面白い事を思いつくかですよ。一流ホームページのゴトウさんは日々の日常を書くようでいて、いかに面白いネタを思いついてテキストにしていたか。

    「おたくら」最大のキモはオタクの日常を面白おかしく描きつつも、日々のオタクライフで面白い事を思いつきそれをネタにしている事だと思います。実体験のエッセイ風でありながら、ゴトウさんが思いついたオタネタが詰まっており、それが無性に笑える。実体験&ゴトウさんの閃きと妄想力が良い塩梅で味あります。

    おたくら (電撃コミックス EX)
    ゴトウ
    アスキー・メディアワークス
    スポンサードリンク
  • 「神のみぞ知るセカイ」さあ盛り上がってまいりました!

    コメント(0)

    13
    「神のみぞ知るセカイ」FLAG174ラビリンス

    ゲスがいた。

    しかし神にーさまがゲスでカスになってしまったのも分からないではない。だって、ちひろ出過ぎじゃないですか。女神がいないと判明し壮大に振られた後はフェードアウトするかと思ったら、出番が減るどころか増える始末ですよ。これはアレか、「パルフェ」でいう風美由飛ルートにおけるカトレア的な、「ダ・カーポ2」でいう小恋ルートにおけるななか的な、「ホワイトアルバム2」の全ヒロインルートにおける雪菜的な、ものですよ…。

    つまり、攻略対象キャラだけ追っかけても真のエンディングにはいけない。
    「パルフェ」で例えれば分かりやすいけど由飛だけ追いかけてもカトレアだけ追いかけてもTrueENDにいけない、同時攻略が必要不可欠。歩美ルートの攻略においてちひろはそういうキャラなんですよ。
    しかし、C-WWWさんも指摘してますけど前回のちひろはグッとくる。

    歩美は別にちひろに対して「自分も桂馬のことが好きだ」とは一言も言っていませんし、何より本人もどこまで桂馬のことを意識しているのかは判りませんが、ちひろからするとその辺丸わかりだったのでしょう。

    そうなんですよ!
    ちひろはわざわざ歩美に対して桂馬が好きで今度は本気かもとか話しちゃったり、前回は「私さ、桂木にふられちゃった。」「自分でも今回は、結構本気かと思ったけど…やっぱ、なんか違ったっす!」とかわざわざ言ったり。どう見ても今回のちひろの恋は本気だったくせに、歩美に本気じゃなかったとか言い放つわけで。

    つまりあれですよ。
    ちひろは今回の恋は本気だったけど、歩美の気持ちを知ってるから私の事は気にしないでね的な。だって随分前から、ちひろは歩美と桂馬のやり取りを意味深に見つめてたし。

    15
    ちひろは見た

    意味深にちひろが歩美を見つめるシーンは作中で3回あった。
    バンド中に歩美が(中身結の)桂馬がちひろに抱き着いてヤキモチ発動させて蹴っ飛ばした時、ちひろは意味深に歩美を見つめていた。体育祭の練習では引きずられるだけの桂馬を楽しげな笑顔で笑う歩美の姿をやっぱり意味深に見ていた。かのんと桂馬の噂が立った時、ヤキモチ発動して蹴っ飛ばす歩美を意味深に視線を送ってみていた。

    この流れで導き出される答えは1つですよ。
    ちひろは歩美本人すら気づいてない気持ちをずーっと前から察していた

    ならばメリクリウスが消える間際に言い放った「普通に考えて…お前のことが好きなんだろうな」「答えはもう出ている。あとはアユミがどうするかだ…」ですよ!

    その答えでしょうか。

    14
    歩美

    私、もう…一緒にバンドできないよ…

    え…。
    ちひろの台詞とシンクロしてしまうほど、歩美の発言に驚きですよ。12ページ前では「桂木なんて…顔も見たくないのよ!」と思ってたなら、桂馬をスルーして普通に一緒にバンドすればいいのに。なんで一緒にバンドができないとか言いだしちゃうわけこの娘は!桂馬が歩美を好きだと(いう考えに至った)事での罪悪感でしょうか。それとも自分の気持ちの気付いちゃってちひろといられないという事でしょうか。音楽性の違いでしょうか

    静かに盛り上がる歩美とちひろ…。
    一方で本編がクソ盛り上がっているわけですが。
    僕らのリューネちゃんである。

    16
    リューネ

    なんだこのダークな微笑みは。
    サンデー読者の約8割は思ったことでしょう。こんな娘に蔑まされたい、と。しかもリューネはヤンデレメンヘラ娘かと思いきやめがっさ優秀だった。「駆け魂の脱走とともに消えた女神…駆け魂と一緒にこっちに来たとすると…」「駆け魂に隠れて女神が存在する…なーんてこともあるかもね…」と、今までの攻略ヒロイン全員をターゲットに。大体あってるのが凄い

    フィオーレみたいなエロ要員と違ってマジで優秀じゃないですか。
    ラストの示された印が興味深いです。

    17
    まとめて捕まえるぜ

    印が12個あるがな
    この学校の生徒である、高原歩美、青山美生、汐宮栞、小阪ちひろ、春日楠、九条月夜、生駒みなみ、五位堂結と今回登場した上本スミレの9人は確実にいるでしょうけど、あとの3人は誰やねん。かのん(中身エルシィ)もいそうだけど、他に再登場するのは誰だろうか。


    桜色卒業|バレバレ・バレンタイン
    中川かのん starring 東山奈央
    ジェネオン・ユニバーサル (2012-03-03)
    売り上げランキング: 608

    「神のみぞ知るセカイ」キャラクター・カバーALBUM~選曲:若木民喜 [初回限定盤]
    (キャラクター・カバーCD)
    ジェネオン・ユニバーサル (2011-12-21)
    売り上げランキング: 900