• スポンサードリンク

    「それでも町は廻っている」がマーベラスな件(前半)

    コメント(1)
    「それでも町は廻っている」のアニメ化が決まりました。TBSって事はパンツはなしかな。そして「それ町」7巻が発売されました。


    表紙の歩鳥の頭の花飾りがポイント。これは天国に行った時に案内人から貰ったやつですね。オビには石黒先生のアニメ化に対するコメントがありました。

    まさか、それ町がアニメ化なんて珍事が起きるとは。
    これも地球温暖化の影響でしょうか。

    ファンとしては淋しい気持ちもありますが、紺先輩が風邪にうなされて「つらいよ…死んじゃうよママ…」と言うシーンはアニメで是非見たいです。

    で、7巻も非常にマーベラスでした。本当に「それ町」は面白いです。7巻の1話目は野球話なのに、野球やってるシーンが1コマもなかったり。何よりも久々に歩鳥がタッツンを辰野さんと苗字で呼んでてたりタッツンは歩鳥と下の名を呼び捨てでなく嵐山さんと呼んでいたり新鮮でした。歩鳥が1年の冬から「タッツン」とあだ名つけてお互いが呼び捨てになっていたので、51話「ホワイトデビル」は1年の夏の出来事だと分かります。そんな感じで、「それでも町は廻っている」は時間軸がバラバラに描かれているのです。

    そんな感じで7巻の時系列は以下のようになります。

    51話「ホワイトデビル」(1年夏)
    52話「秋まつり」(2年秋)
    53話「コンタクト」(2年秋)
    54話「ガッカリなカード」(2年冬)
    55話「時は待ってくれない」(2年冬)
    56話「テリトリー」(2年?冬)
    (妹の仇名ニンジャ(小2)。小1や小3もニンジャという仇名かもしれんけど)
    57話「それ町サスペンス劇場②」(2年冬)
    58話「血のバレンタイン」(2年冬)

    こんな感じか…。
    やはり魅力は読み返す度に新たな発見があることでしょうか。21話「迷路楽団」で紺先輩に足に無駄な動きがあり、下半身を固定して上半身を捌く特訓と騙されて軽音部でドラムの練習をさせられて学際でバンド組んだ針原さんの続きの話が53話「コンタクト」です。ラブレターに見せかけてバンドに誘われていました。

    54話「ガッカリなカード」はあるあると唸ってしまいました。クラスが違う奴とカードゲームすると、ルールなどの違いに戸惑ったりそれが凄い新鮮で楽しいという。私も昔はメンコやドラクエのバトル鉛筆のクラス毎のローカルルールが妙に面白かったです。ちなみに4-3で最強のカード使いが歩鳥の弟猛くん。

    6
    4-3最強の男

    カードはしょぼいけど、メチャクチャ強いと友達から絶賛されていました。もう4-3では敵なしなのでしょう。そこで、友人の一人が猛の強さを見て…。「4組の山本に勝てるんじゃねぇ?」と呟いていました。その後は猛とエビちゃんのデートに話が飛びましたが、今回はその間の話のようです。

    今回の話では3組の代表として4組の強い相手と勝負することになっていました。その相手こそ、今まで名前だけ出ていた4組の山本くんなのです。こういう何度も読み返して新たな発見があるのはマーベラスです。というか山本くんは普通に良い子ですね。

    55話「時は待ってくれない」では、調理実習でタッツンが自分の仇名の広がりに驚いているのか興味深いです。

    7
    タッツンが拡大

    いつの間にか「タッツン」というあだ名でクラス中に呼ばれていました。男子にまで「タッツン」が広がっており、本人もびっくりしていました。いつの間にか真田まで「タッツン」と呼んでいました。

    バンド組んだ文化祭(2年秋)ではまだ「辰野さん」と呼ばれており、その後の体育の卓球でも歩鳥以外は「辰野さん」という呼び方でした。という事は、「タッツン」という呼び方は2年の冬辺りから広がったと考えられます。で、ここで問題は真田が「タッツン」と呼んでいた時の話。

    8
    真田もタッツン

    真田も2年の学園祭までは辰野と呼び捨てでしたが、48話「歩鳥初体験」では「タッツン」と仇名で呼んでいます。この時は歩鳥達は3年の春という事になります。…あれ。以前に導きだした時系列に歪みが…。この話はクソ長くなるので明日にでも

    52話「秋まつり」では歩鳥の小学校の仇名が「シャポン」である事が判明しました。中学校の同窓会では歩鳥と呼び捨てされていたので、小学校と中学校では学区の関係か面子が違うようです。そして、56話「テリトリー」では妹の雪子が自分の部屋を持ちたいという話。

    クラスメイトの友達からは「ニンジャ」と呼ばれています。以前のメッシー騒動で学校中の証言を取っていた猛は、2年生達の証言で「メッシーならニンジャだ!」と口を揃えて言っており、実際にニンジャに証言を取ったらニンジャは妹の雪子で「おまえか――っ!!」と驚いていました。

    9
    ニンジャは妹だった

    なぜ雪子が「ニンジャ」と呼ばれているのか聞けば、「話すと長くなる」と言われて、「じゃ、いいや」と興味なく立ち去ってしまいました。

    なぜ雪子はニンジャという仇名なのでしょうか…。思いだすのは36話「卒業式」です。この時は、猛は3年2組で雪子は1年1組でした。つまり歩鳥が1年生の時の春の出来事です。

    体操着を学校に忘れた雪子と一緒に夜の小学校へ取りに行き、自分の小学生時代の思い出を「おもひでぽろぽろ(AA)」のように思いだしていました。この時、タイヤ山の上から見事に飛び降りて、雪子は「わっすごい」と関心していました。

    10
    タイヤ山から飛び降りる

    小学校1年生の雪子にとっては姉の歩鳥がタイヤ山から飛び降りたことは、さぞかし凄い出来事だったようです。姉がやった事を妹が真似するというのはよくあること。つまり、小1の雪子は姉の真似をしてタイヤ山から飛び降りて友達からニンジャと名付けられたのではないかな、と。雪子がニンジャと名付けられるエピソードも見たいものです。

    で、個人的に最も嬉しかったのは58話「血のバレンタイン」です。歩鳥が小学校時代に好きだった男子にバレンタインデーにチョコを渡せなかった回想があります。これは、8話「看板娘が大人気」でウキ婆ちゃんが1コマだけ思いだしたカレーを食わせた思い出の詳細なのです。

    11
    ウキの思い出

    小学生時代にチョコレートを渡せなかった歩鳥にカレーを出してあげていました。58話「血のバレンタイン」は、この時の出来事が詳しく判明してホクホクです。オカメチョコレートとか、凄いもの作ってしまってました。

    ところで、歩鳥が好きだった男子は誰なのでしょうか。真田ではないでしょうけど、このチョコレートが真田の手元へ行ったのは個人的にマーベラスですよ。しかし、小学生時代に恋をした歩鳥の相手は気になりますね。

    12
    愚痴る歩鳥

    「だいたいさ~相手が同じクラスっつーのはね~」

    歩鳥が好きだった相手は同じクラスだったとか。歩鳥たちの通っていた小学校は6年生が1年生の教室の掃除を手伝っていたようなので、36話「卒業式」の思い出でスカートめくった1年生をしかった少年が本命かな。そういえば、スカートめくった当時1年生の枝手くんは、歩鳥の5つ下。弟猛は7つ下で妹雪子は9つ下。弟や妹のエピソードで高学年になった枝手くんが再登場する可能性もありますね。

    何にしても、「それでも町は廻っている」は本当にマ-ベラスで面白いですね。で、7巻のキモは紺先輩なのですが長くなったので続きます

    スポンサードリンク
  • 「惑星のさみだれ」受け継がれる意志

    コメント(0)
    小学館漫画賞も取って、小学館公認の性教育漫画となった「ないしょのつぼみ」。先日、単行本5巻が発売されました。これは、小学館漫画賞を獲得したのも納得ですわ。


    普通にガチで良い話。いや、もともと、小学生の性というテーマで大きなお友達が反応しまくっていただけで、ストーリーは良い話が多かったんですけど、5巻はマジで感動してしまいました。つぼみと炉端さんの会話は、ちょっとウルウルとしてしまいました。5巻は今までよりも、サービスシーン性に関する内容は減っていますが、パラレルワールドなど、今までよりもストーリーが重視されていました。マーベラス!

    さて、「惑星のさみだれ」の7巻が発売されました。いやー、相変わらず面白い!既に、アワーズ掲載時に語っていますが、何度でも主張します。半月最高だ!お前は男だ!(高田風)


    42話のタイトル「雨宮夕日と東雲兄弟・2」というタイトル。これは20話「雨宮夕日と東雲兄弟」の続編と考えてよさそうですが、何が繋がっているのか。20話では、「ヒーローになるんだ」と威勢良かったものの、死んだ半月とさみだれに助けられた夕日。泥人形戦でも、待ちの姿勢で戦っていました。で…。

    5
    背中を押される

    半月に背中を押されました。

    6
    前出る

    背中を押されて、夕日が前出るんです。ヤバイ、かっこいい。そう、7巻は半月の影響力というか、与えた影響力というか、繋がる意志みたいなものが素晴らしいのです。受け継がれる意志ですよ!

    7巻で最高に鳥肌が立つのが、昴と雪待と太陽を助けに来た時の、夕日と三日月が現れた時のポーズです。2人で口を揃えて「ヒーローになるチャンスだ」と言います。助けに来て、2人して何かやろうとしています…。

    1
    何かやろう

    おれらの番なんだぜ?やんのが礼儀だろ」
    誰へのだよ」
    「んなの決まってんだろ
    「決まってるって…それじゃ仕方ないな…」

    夕日と三日月が言う誰かとは、決まっています。犬の騎士、東雲半月です。半月はヒーローだったのか…、答えはYESです。しかし彼はヒーローを自ら否定していた事を忘れてはなりません。さみだれの父親が大人論を語った時、以下のように大人とは以下のようなものだと言っていました。

    2
    大人

    「大人として手本見せてくれればええ。こんな人になりたい…って思わせるような子供達のヒーロー。それが大人や

    これを聞いた半月は「…ジョークですって」と、ヒーローを否定。半月は、昔飼っていた犬ノコが実を挺して子供を交通事故から救ったのを見て、正義の味方を目指す資格はない、唯の正義の味方のファンで、臆病などこにでもいる普通の人間であると悟るのです。

    で、正義の味方を諦めた半月は、本物の正義の味方に託すのです。夕日と三日月に…。夕日に対しては、「おれより強くなれ、おれを倒して、さみだれちゃんのヒーローになるんだ」。アニキより強くなりたいと言う三日月に対しては、「なれよ。なれるさ、楽しみにしててやる」と発言。夕日と三日月の越えるべき山なんです。半月は、最後にヒーリーになったわけですが。

    で、夕日と三日月にとっては、正義のヒーローだった半月。夕日が泥人形に襲われている時、三日月がチンピラに捕まった時…、半月は絶妙のタイミングで助けにくるのでした。

    3
    スーパーヒーロー

    このポーズ。凄くダサくて格好悪いんですけど、夕日と三日月のピンチに現れたスーパーヒーロー。このポーズがキモですよ!

    昴と雪待と太陽の子供3人組のピンチ。夕日は「あの子達から見たらぼくは多分…大人に見えるんだ」と呟いていました。また、半月の大人論は子供に笑顔を向けて、大人は楽しいぜって羨ましがられること。これも、夕日と三日月は、昴と雪待と太陽の子供組に対して、笑って接しているところもポイント。

    そして、昴と雪待と太陽の子供3人組から見たら大人である夕日と三日月はヒーローとして表れて決めポーズ!

    4
    ヒーロー参上

    オッケーイ!
    夕日、三日月が取ったポーズは、かつて半月がピンチの時に現れた時のポーズ。やばすぎる。鳥肌が立った。夕日と三日月にとっての大人でヒーローを昴と雪待と太陽の子供3人組に実施しているんです!マーベラス!

    と、かっこよく登場したのに、逃げだす夕日。落とし穴にハメて粉砕するわけですが、これこそ半月の「出来ることと出来ないことの区別をつける、その中で最善を尽くす…それが人の生き方ってもんじゃねえかなぁ」ですよ。出来ることで最善を尽くす。素晴らしい。

    と、半月の意志を受け継ぐ夕日。受け継がれる意志はマーベラスですね。ところで、半月の、掌握領域「方天戟」を覚えていますか。

    7
    方天戟

    泥人形に致命傷を与えるまではいかなくても、一部を削り取りました。削っても致命傷にならなければ、全部削り取ればいいと、四つ目の泥人形を削り殺しました。方天戟は、紛れもない半月の必殺技でした。

    そして、夕日の掌握領域は、足場に生み高く飛翔したり落下する時に減速するというもでした。しかし、半月と出会い、半月の意志を受け継いだ夕日は、新たな掌握領域を繰り出すのでした。

    8
    方天戟

    高くジャンプする、落下をやわらげるといった事にしか活用されなかった夕日の掌握領域。それが、半月の方天戟を使うことに。まさに受け継がれる意志。半月の技を受け継いだ夕日。

    で、7巻最大のキモでもある太陽。色々と年上の先輩たちに影響されまくり、10体目の泥人形と単独で戦うことに。ラーメン食う為か、泥人形を倒しにかかります。元々、太陽の掌握領域は時間の流れをコントロールする因果乱流(パンドラ)を使っていました。騎士の中で唯一の回復役として、素晴らしい能力なのですが…。10体目との闘いの最中に、太陽が繰り出した掌握領域は…。

    9
    繰り出した

    方天戟。半月が使い、夕日が受け継いだ技を、太陽が繰り出したのです。スゲェ、3世代に渡って受け継がれてるよ!半月から夕日、そして太陽…。素晴らしい。マーベラス!これこそ受け継がれる意志ですよ。