• スポンサードリンク

    サンデー新連載「GAN☆KON」が期待大すぎる!

    コメント(0)

    大島永遠先生の「女子高生Girls-Live」1巻が発売されました。あの「女子高生Girl'S HIGH」の続編というか、同じ学校の数年後の舞台。最初は「女子高生Girls-Love」というタイトルだったんですけどラブ臭など微塵もなく、女子校に抱く淡い夢を粉々に打ち砕いてくれるおバカ3人組による超下品な女子高生ライフ。

    相変わらずおバカなテンションと下品な女子高生達に色々とガッカリさせられます。テンション、ノリ、下品さは前作よりさらに跳ね上がっています。

    1
    バカ軍団2世?

    アホさがパワーアップしてコメディ色がより一層強くなりました。
    とはいえ、前作「女子高生」はおバカなんだけど、ギリギリでリアリティというかこういう女子高生いるなという女子校の女子高生のアホな実態がツボだったんですよ。作者の体験をふんだんに盛り込んでいて。しかし、「女子高生Girls-Live」は完全にフィクションというか濃すぎるというか。こんな女子高生いるわけねーだろっていう。パンツじゃなくてフンドシって。

    そして役に立つんだか立たないんだか分からない無駄知識は個人的にグッド完璧に合ったブラジャーなんて存在しないとか、ファンデーションの色は乳首の色に比例するとか、どうもいいけど知ってるとちょっと嬉しい知識。前作「女子高生Girl'S HIGH」が好きなら、楽しめるかと。

    さて、今週の週刊少年サンデー(46号)から僕の心の琴線を刺激する新連載がやってきました。読み切りの時から連載したらいいなーと思ってたら、本当に連載になって胸が熱くらざるを得ない。その名も「GAN☆KON」。

    1
    「GAN☆KON」

    1話はほぼ読み切りそのまんま。
    簡単にストーリーを説明すると、彼女が欲しいと強く願う多賀守新太は、そこら中の女の子に告白しまくるも全て惨敗。このままでは次に好きな娘ができ、その娘がバスケが好きと言われてバスケットマンに、野球が好きと言われればミスターフルスイングになってしまいそうな勢いでしたが、新太は神頼みをすることに。本当に神様が出てきたんだってばよ!

    当然願うは「彼女が欲しい」…、いやまてよ。「彼女」ではまだ浅い。どうせ願うならもっと先を見据えた願いを叶えようとします。

    オレは…可愛い嫁が欲しい!!

    その願いを聞いた神様(いかつい仮面)は狼狽えるものの、慎太の願いを叶えてくれると言いだすのでした。翌日、目が覚めるとそこには1人の美少女がいました。

    2
    願いが叶った

    はじまったな!

    なんだこれ。めがっさ可愛いじゃないか。
    こういうのでいいんだよ、こういうので。語尾の「じゃ」がポイント高いですね。「天上天下」の棗真夜とかさ、こういう古典的な台詞を喋る若い娘は何気にポイント高いですね。

    で、神の領地争いをする為に「神の代行者」となった新太は他の神の代行者と闘うことに。まあ、この辺りは個人的にはどうでもいいので割愛。

    代行者同士の戦いに勝利した新太とイサナ。
    そしたら目の前に、昨日願いを言ったいかつい神様がいるじゃないですか。「気を抜くと元の姿に戻ってしまうのじゃ!」とかイサナは言いだすわけです。これはひょっとして…。

    3
    ひょっとして…

    「イサナさんはもしかして…昨日の神様本人…?」と直球の質問を投げかける新太の反応は当然です。イサナの答えは「当然じゃろう」と。もうね、アホかと、バカかと、イサナにブヒりまくっていたのに…どういう事なんだってばよ

    もう何だか全てに裏切られた気がしてきました。
    先週のハクア並の絶望感でいっぱいですよ。でも、イサナがあまりにも可愛いので元の姿なんかどうでもよくなってしまいました。

    4
    ひょっとして…

    ブヒィィィィィィィィィィ!!
    もう元の姿とかどうでもいいや。イサナは可愛い。可愛いは正義。それが真理。って、イサナさん願い事聞き間違えてますがな!「お前が欲しい」って、「嫁が欲しい」からどう聞き間違えたんだよ!

    「嫁が欲しい」→「よめがほしい」→「おめがほしい」→「おめぇがほしい」→「お前が欲しい」。なるほど…って、えぇぇぇ!?何という聞き間違いっぷり。でも涙目でプルプル震えるイサナが可愛い。そのまま理不尽に殴るイサナが可愛い。

    そんなわけで聞き間違いによって神様が美少女になって現れた「GAN☆KON」。まだ1話ですけど非常に面白そうだし期待大!なにより、パンツがいいね

    5
    パンツ

    神のパンツとなれば何だか神々しい輝きがありますね。
    でも読み切りの時に比べてページ数は増えたのにパンチラ数は減ってしまいました。もっとバトル中にパンチラをだな…。

    問題はイサナは元々女の神だったのかどうか。
    女神ならギャップ萌え、元が男だったら性転換萌え…なんだどっちでもオイシイじゃないか。ラストの「仕方なくじゃ」とかちょっとツンデレ入って胸熱。

    赤い糸での好感度は完全に一方通行でしたけど、今後のイサナのデレ成分に期待せざるを得ない。バトルもギャグも掛け合いもテンポ良く、今後に注目なり。

    6
    期待大すぎる

    こうやって見ると元の姿の神様もなんか可愛いな
    スポンサードリンク
  • 「さよなら絶望先生」まったく、加賀愛は最高だぜ!

    コメント(0)
    突然3年生に進級し、柱の煽り文に「卒業まであと半年」と書かれていた「さよなら絶望先生」。目が離せない状態だったのですが、久米田先生が手足口病にかかってしまい2週間の休載してしまいました。今週のマガジン(46号)では、久々に掲載。

    276話「悲しき絶対」。
    今週のネタはテーマもモチーフもなく何かを表現したものではない純粋な音楽のための音楽という「絶対音楽」から派生したもの。

    文化祭ではテーマもモチーフもない絶対芸術文化祭が開催。

    24
    絶対芸術文化祭

    「今年、我が校の文化祭は絶対芸術文化祭なのです」

    今年はやっぱり文化祭が開催か。
    「さよなら絶望先生」は毎年この時期に体育祭か文化祭が1年ごとに交互に開催されます。2005年文化祭、2006年体育祭、2007年どちらも行われず、2008年体育祭、2009年文化祭、2010年体育祭…と続き、2011年は文化祭。つまり今年は絶望少女達のブルマ姿が見れないという事です。去年は加賀愛ブルマ充だったのに。

    今年の絶対芸術文化祭は、絵画のための絵画「絶対絵画」、踊りのための踊り「絶対舞踏」、料理のための料理「絶対料理」、やまなしおちなしいみなしでやおいというようにテーマも必然性もないBLのためのBLで「絶対漫画」。様々なテーマやモチーフがない絶対○○が開かれました。

    25
    絶対絵画

    どうでもいいけど、最近は可符香がめがっさ可愛いんですけどどうしよう(どうしようと言われても)。この前同様に太ももに劣情を抱く!

    そして絶対○○ネタで誰もが思った事でしょう。
    「さよなら絶望先生」はほぼ毎回テーマやモチーフのない絶対的なものを行っている、と。人はそれを義務とも呼びます。

    26
    義務

    木村カエレが毎回のようにコマの隅っこで義務としてパンチラする。それは人気取りにもならずお色気もありがたみもない純粋なパンツのためのパンツ。絶対パンツですよ!

    そうだ、絶望先生は今回のテーマのように絶対パンツをしていたんだ。同種のものとして、絶対皇帝ペンギン、絶対櫻井よしこ、絶対尻の穴に棒が刺さる犬、絶対コウノトリ&赤ん坊、絶対麻生太郎、絶対きよ彦…があります。

    しかし、今回の絶望先生のキモは加賀愛なのは言うまでもありませんね。のっけからご褒美です。どこかから流れるメロディを辿ってみると、音楽室でバイオリンを演奏する加賀愛の姿が!

    23
    加賀愛

    ブヒィィィィィィィィィィ!!

    あの夏休み最後の水着回でパンツを盗まれて以来の登場ですので実に1ヶ月半ぶりの加賀愛ですよ。そういえば加賀愛ってパンツの所有枚数が15枚でしたが、今は14枚に減ってしまったのでしょうか。

    バイオリンを演奏する加賀愛…うん可愛い。てかサラッとバイオリンでバッハのパルティータ第2番ニ短調を無伴奏で演奏するハイスペックさに驚愕。忍者だったり、両利きだったり、石頭だったり、あらゆる賞を獲得したり…と、その活躍は留まる事を知りません。

    もう僕は満足です。加賀愛が4コマも登場したんですから。
    ただただ久々に登場した加賀愛を堪能するのみ。バイオリンを華麗に演奏する加賀愛可愛い。音がうるさかったですかと謝る加賀愛可愛い。目を合わせず糸色先生に話す加賀愛可愛い。ただ加賀愛を愛でるのみ。加賀愛のための加賀愛、それが絶対加賀愛

    27
    加賀愛





    28



    DJDVD 座・さよなら絶望放送~最初で最後の映像版~
    フロンティアワークス (2011-08-25)
    売り上げランキング: 1801

    DJCD さよなら絶望放送 携帯盤SZ-03K
    神谷浩史 新谷良子
    フロンティアワークス (2011-10-26)
    売り上げランキング: 563