• スポンサードリンク

    ヤンジャン新連載「妖怪少女-モンスガ-」が期待大な件

    コメント(6)
    【今週のヤングジャンプ14号のネタバレや内容を示唆するものがあります。今週のヤンジャンを読んだ上で自己責任で見て下さい】

    漫画雑誌を読むときには、自分の中で何から読むかというものが大体決まっている人は多い事でしょう。ジャンプならワンピから読むとかね。で、僕の場合はヤンジャンを読む順番は以下のようになります。

    源君物語 → 干物妹!うまるちゃん → ボクガール → あと適当

    日によってはうまるちゃんから入る事もあるけど、基本この3つを読んだ後に、「テラフォーマーズ」なり「キングダム」なり「ハチワンダイバー」と読んでいくわけです。つまりですね、可愛いは正義!エロスは栄養!はい、ぶっちゃけ本能の赴くままに読んでいくのです。ヤンジャンのダメヘビーローテーションですよ!そんな僕のダメヘビーローテーションに新たなタマが加わりました。

    4
    ふなつかずき新連載「妖怪少女-モンスガ-」

    おかえりなさいませご主人様!
    って碧琉ちゃんも正座に三つ指でお出迎えするというものですよ。ふなつ一輝あらためふなつかずき先生がヤンジャンにご帰還された。皆の者、最高敬礼でお出迎えせよ。そう「華麗なる食卓」というカレー漫画にみせかけたエロコメ漫画で僕らに夢と希望を与えてくれたふなつ先生だ。
    <関連>
    「華麗なる食卓」堂々の完結、オレと12年間のスン止めの巻き

    ただ喜んでばかりいられない。というのも、ヤンジャンの煽り文句が「妖怪バトルラブコメ!」「アキバ発バトルラブコメ!」というね。え、バトルものなの?結維がレイプされそうになった時のような「これじゃない」感が漂ってくるんですが…。どうなんでしょうか。

    不安を募らせながら読書開始。読み始めて3ページ目のパンチラで私の不安は杞憂となりました。はい、開始3ページ目にして「ぷりりーん」は記録的と言っていいでしょう。畳み掛けるように10ページ目にして妹もパンモロである。

    18
    読み始めて10ページでこの展開だー!

    開始して僅か10ページで僕らのハートをガッチリ掴んでしまいました。やった!さすがふなつ先生。俺達が求めるものを平然とやってのける!そこにシビれる憧れるー!てか、この妹みたいなのは幽霊なんでしょうか。まあ可愛いからどうでもいいけどね。

    なんつーかふなつ先生の描くパンツは芸術の域すら達してると思うわけです。暖かさや臭いが感じられちゃうわけ。まさにパンツのアートって感じですよ。僕は大好きなんです!

    そしてメインヒロインの登場です。
    やっぱりね、メインヒロインというものはね、出会いが大切なわけ。
    朝寝坊しちゃって食パン咥えながら交差点でぶつかっちゃうぐらいの出会いが。それが転校生だったら100点満点です。こういうベッタベッタな展開を読者は求めちゃうわけですよ。で、この「妖怪少女-モンスガ-」の出会いはどうかといえばこうなるわけです。

    19
    運命の出会い

    運命の出会い…それはパンツだった。
    空から美少女が降ってきたによろしく、運命のいちごパンツによろしく!出会いがパンツです。顔面直撃です。この主人公は幽霊が見えちゃうって設定なんだけど、なんか今後はそういう類とバトルするかも知れないけど、そんなんどうでもいいわ。言わせてくれ。魂の叫びを!

    ブヒィィィィ!!

    いやー素晴らしい。実に素晴らしいです。
    開始10ページで2人の可愛い女の子パンツを描き読者のハートをガッチリ掴んだのに、畳み掛けるようにメインヒロインのこのパンツのどアップが炸裂するわけですよ。しかも描き込みが違う。2人のヒロインのパンツに比べて圧倒的に本気!ふなつ先生はパンツの描き込みでメインヒロインを際立たせちゃうわけです。

    しかし素晴らしいね。
    このメインヒロイン・綾辻轆花は相当なタマですもん。
    何をするにも一挙一動全てが可愛らしいっていうね。パンツで出会い、パンツで別れる2人。再会は転んだ拍子の乳揉みですしね。おすしね。

    20
    再会

    素晴らしい。実に素晴らしい!
    パンツで出会い、再会は乳揉み。なんという連続攻撃でしょうか。ここまで完璧の流れです。そして出会った少女と自己紹介し、カレーを食べてたら、あら不思議。轆花は目眩がして倒れてしまいました。

    家に連れて行って介抱することになるのです。
    そんな体調の介抱だけでなく、色んな意味で解放するっつーんだから、読者の期待値に答えまくるというもの。なんだこの主人公は。持ってんじゃん!

    んで、介抱してるはずが解放状態でコレです。

    21
    コレ

    ブヒィィィィ!!

    なんだよこの展開は!
    介抱してたらエッチな展開に解放してコレですよ。これは伝説の「股間ゾーン」に他ならない。テニプリの手塚がボールを吸い付ける「手塚ゾーン」と同様の最強技だぜ。「なぜ?」とか「どうして?」とか「物理ってなんだろ?」の疑問は海へ放り投げろ!手塚ゾーンがボールを吸引するのと同様に、この技の使い手はどんな経緯を辿ろうともね最終的にはヒロインの股間が顔に当たるのだ。出会いで股間が顔面ダイブをかましたかと思えば、1話の内に2回も股間ゾーンを繰り出しちゃうわけ。

    まさか高度なテクニックを要する「股間ゾーン」の真なる担い手が「とらぶる」のリトの他にいたとはな…。さすがである。この主人公は読者の期待を一心に受けて答えてみせたのだ。さらにだ。まだまだ続くぜ。天国展開がな!ここで男に生まれたからには人生で一度は味わってみたい展開を説明しよう。ザ・男が味わってみたいハプニングイベントベスト3。

    【3位、転んだ拍子に乳揉み】
    達成してしまいました

    【2位、女の子の股間に顔面ダイブ!】
    1話にして2回も達成してしまいました。

    【1位、たまたまの偶然でキッス】

    22
    男に生まれたからには味わってみたい

    達成してしまいました。

    やはり男に生まれたからにはハシゴから落ちた拍子に唇が触れてたりしたいじゃないですか。そんな男に生まれたからには味わってみたいイベントの1位である偶然のキッスをやってのけてしまった。

    メインヒロインは轆轤首の妖怪だったのだ。食べ物は「驚気」という人間のビックリした感情なのかな。よくわからないけど、これは平然と自然とキスまでいったー!男に生まれたからには一度は味わってみたい3位~1位を1話で事もなくやってのけた。恐ろしい漫画やで!しかも「驚気」を食うシーンがどう見てもフェラチオです。本当にありがとうございました。

    はい完璧です。釣られました。
    ただ、色々と考えちゃうことはあるね。妹は本当に人間なのかとか主人公の過去と轆花の関係とかね…色々。ただ一番気になるのはメインヒロインのパンツと妹(仮)が同じ万乗パンツだったことである。


    23
    なぜ同じ万P(万乗パンツ)

    なんで妹(仮)とメインヒロインのパンツが同じ万Pなの?ただの偶然の一致なのか壮大な伏線なのかふなつ先生の趣味なのか。私、気になります!


    劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]

    劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定版) [Blu-ray]

    スポンサードリンク
  • 「せっかち伯爵と時間どろぼう」、ネットの隅っこで愛をさけぶ

    コメント(3)
    【Amazon】「侵略! イカ娘」(17)オリジナルアニメ(Blu-ray)付限定版
    【Amazon】「ULTRAMAN」(5)限定特装版
    アマゾンで予約受付開始。

    さて…。

    13
    「せっかち伯爵と時間どろぼう」15話、ふしぎ同人形

    ついにひと目をはばからなくなった!

    真心の台詞はそのまんま読者の声ですよ。まーたホモ回かよ!誰が喜ぶんだっつーの。いや確かに久米田先生の読者はそういうの好きな女性は多いほうでしょう。しかしですね、少年漫画なんてやはりメイン読者は男の子ですよ。少年がメイン読者層。「ワンピ」の尾田っちもどっかのインタビューで長期連載してる中で気付いたと述べてましたけど(うろ覚えだけど)。大多数である読者層の少年は漫画読んでも作者に応援の声を上げないのだ。

    励ましのお便りも書かない。作者に感想なんて言わない。ファンレターも書かない。イラストも送ってこない。しかしメイン読者。どこでアウトプットするかといえば友達同士で語り合うの。逆に女性だと作者に対してアウトプットするわけです。この差が凄いわけ。9割男が読んでるけど別に作者に声は届かない。1割の女の声ばかりが届くわけ。そうなると、読者の為にとなって9割の声を上げない少年達が求めてない方向へ突き進む。ガンガン出るわイケメンどもが。ガンガン出るわ男同士の友情が。作戦名「ガンガンいこうぜ!」を決行してガンガンホモホモしくなるのである。一昔のガンガンなんてガンガン行き過ぎちゃったからね。

    これはマガジンにも言えるんだなー。
    2000年台前半にガンガン行き過ぎたガンガンに習うようになんかそういう漫画が増えまくるっていうね。これがなまじ大ヒット連発させちゃうもんだから「BOYS BE…」や「ラブひな」を読んで育った声を上げない少年はビックリしました。これが俺の好きだったマガジンなのか、と。大多数の声なき心の声を聞け、と。

    んで、先週のマガジンなんて読んでて今週の一歩状態だったからね。

    14
    ↑先週のマガジン読んで「ん?」「え?」状態の図

    恋愛作品なんだけど友達の男が「俺はお前が好きなんだ」とか言い出しちゃうわけ。「ごめん」とか返しちゃうわけ。え。なにこのセンチメタルブルーな雰囲気。もう呆然。で、ツイッターでこの作品の検索したら「感動した」とか「切なくなった」とか抜かしてるわけ。アホですか。ホモ脳ですか。もうブチギレですよ。少年漫画の恋愛作品の男友達のポジションなんてピエロか汚れ役でいいんだよ!(断言)。

    まあ俺のあくまで個人的な見解な
    一方的な暴論を吐いたけど苦情は受け付けん。

    そんなわけで、「せかどろ」お前もなのか状態です。
    でも、芸歴長い久米田先生である。1割の声を上げる読者を喜ばせるだけでそのまま突き進むわけない。9割の声を上げない読者の事も考えてくれてるはず…。

    15
    壁ドン

    こういうのでいいんだよ!こういうので!

    はじまったな。このラブがコメる甘い感じ。
    そういえばバレンタインでも密かにラヴの香りが漂っていたよね。素直になれなくて仕方なくチョコ渡す真心が実に可愛かった。んで、今回はホワイトデーイベントなのだ。ホモ回と見せかけて甘いイベントなのさ。

    こういうのを声を上げない9割の読者は求めちゃうんだな。
    だから僕は声に出さない読者を代表してインターネットの隅っこで声を大にして叫ぶ。

    16
    僕は叫びます


    ブヒィィィィ!!

    んで、ここから本題
    今回はホワイトデーイベントという事が重要です。まじもんでリアル時間軸と並行させてるじゃありませんか。ミチルの寿命が1年なのと同様に、どう考えても「せかどろ」は1年で終わる臭いがプンプンしやがるぜぇ!

    だってですよ。
    ミチルの寿命が1年というだけじゃなくて、話数の数え方がね。15話にして今更気付いたんですけど。これどう考えても最長で59話までなんじゃないか、と。

    今回は15話です。
    どういう表記かといえば「00'15''」というね。「せっかち伯爵と時間どろぼう」は1話目から一貫してこういう表記されていた。もうお気付きでしょう。どう頑張っても59話が最長であることが。

    17
    「せかどろ」の話数表記

    はい、その通り。
    これは時間を表しています。現代人の我々はコロン(:)で区切られた時間表記になれてしまいましたが、これも立派な時間表記である、

    時=「°」
    分=「′」
    秒=「″」

    これさ59話までは「00'59''」とすりゃいいんだろうけど、もし仮に60話をやるとしたらどう表記するんだろうね。「01'00''」ってやるの?もうこれは漫画の話数カウント的にあり得ないだろう。どうポジティブに考えても最長で59話です。本当にありがとうございました!