• スポンサードリンク

    「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」堂々の完結、ただの面白いお色気漫画…そう思ってた時期が俺にもありました

    コメント(71)

    ノ・ゾ・キ・ア・ナ 13 OVA付き限定版 (ビッグ コミックス) ノ・ゾ・キ・ア・ナ 13 (ビッグ コミックス)

    「ノゾキアナ」13巻が発売されました。
    これが最終巻です。お互いの部屋を覗き穴で覗き合う生活もこれでおさらばです。お互いの秘密を覗き合うというスリルとか背徳感とかがゾワゾワしましたけど、ここまでネタも尽きずにグイグイ読ませて貰いました。

    ラストで結ばれた2人は当然やる事やるわけですけど、その流れがなかなかどうして。今までの2人の覗き合い生活を、2人の過去をなぞるっていうね。

    7
    2人の過去をなぞり出す

    最後の特別ルール。
    今日、木曜日の間はえみるが、0時を境に金曜日はタツヒコがお互いを自由に出来る権利を持つというもの。なにそのエロい権利!で、えみるのターンでは、バスタオル越しのキスから始まり、城戸じゃなきゃ濡れないという告白、クローゼットでの愛撫…と、2人のこれまでの出来事をなぞる行為。

    なんとも意味深なエロである。
    そも、「ノゾキアナ」という作品自体が僕は哲学であったと本気で思う。お互いを覗き合うって、恥ずかしい姿を見せ合う、ありのままっていうのが素晴らしい。携帯漫画という形で毎回エロ漫画という感じでエロシーン8割を締める中で、確かな人間ドラマを描いていたと思うわけですよ。「全てをさらけ出す」っていうね。

    もちろんエロも最高でありました。
    毎回毎回濃厚なエロスは本当に僕の下半身を熱くさせたものです。
    しかし、それ以上に12~13巻のえみるの仮面が剥がれる流れが最高であった。ぶちゃけ最初は特殊な性癖の持ち主のえみると、それに翻弄されるへたれなタツヒコのエロ漫画で、ゾクゾクされるし続き気になるって感じでした。

    そしたら、終盤の展開はどうですか!
    えみるの過去がどんどん判明して仮面が剥がれ、体だけでなく心まで「全てをさらけ出す」に至ったのである。これ凄い上手いよマジで。あの謎だらけの意味不明だった、えみるのポーカーフェイスが崩れるのは感動的ですらある。下半身も胸も熱くさせてくれるぜ

    で、紆余曲折を得て体も心も繋がった2人
    しかし別れがやってきた。え、このままほっこり完結かと思ったら、えみるの翻弄は読者を慌てさせる二段構え!

    そして最終回。
    普通に泣きそうになったわ。
    えみるが帰ってきたわけだけど、もうねこの展開は王道です。すれ違っていた不器用な2人が紆余曲折得て結ばれるっていうのは王道ですよ王道。タツヒコの成長もよく描けてた。そこに並んだえみる。いいねこれ。

    あたしと自分、見せ合いっこしませんか?これからもずっと…

    22
    最終回

    喜んで!

    あかん、目頭熱くなったわ。
    まさか「ノゾキアナ」で、泣きそうになる感動を味わう事になるとは…。お互いの恥ずかしい姿を見せ合うっていう「ノゾキアナ」で、最後は体だけでなく心まで見せ合った2人。これ王道で至高なり。これピュアラブ。凄くいい漫画だったと思うわけです。

    これは隠れた特殊な傑作じゃないかな。
    全13巻は長いなら最初の1~3巻読んで飛ばして12~13巻でもいいから是非読んで欲しいと思ったり、思わなかったり。
    <関連>
    「ノゾキアナ」がマーベラスな件
    「ノゾキアナ」の本名ワコウ先生が週刊少年サンデー登場。「ノゾミとキミオ」


    スポンサードリンク
  • 「クズの本懐」期待大な件

    コメント(0)

    クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

    「クズの本懐」1巻が発売されました。
    作者は「君は淫らな僕の女王」の作画を担当していた横槍メンゴ先生。「クズの本懐」は、絵で魅せるだけでなく詳細な心の機微でも魅せてくれるってものです。コミックカバー裏の説明は以下の通り。

    品行方正な美男美女カップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びている花火と麦。理想的な男女交際に見える二人は、誰にも言えない"ある秘密"を共有していた。

    誰もが羨ましがる理想的なカップルである花火と麦ですが、誰にも言えない秘密がある。それは、お互い本当の想い人は別にいるってこと。

    1
    花火と麦

    しかもお互いの好きな人同士が付き合ってるようだ。
    これはなかなか興味深い人間関係ですよ!僕は報われない片思い大好き人間ですけど、花火と麦はお互いが傷を舐め合うが如く、似たもの同士として付き合うという事に。

    報われない片思い、一方通行の恋をする花火と麦はお互い「寂しい」という思いから寂しさを埋めようとするんですけど、「お兄ちゃんだと思ってみれば?」と体だけの関係をスタートさようとします。

    花火の報われない片思いと寂しさを紛らわす心情がグッとくるね。刺さるね心に。特に麦と事を及ぼうとする事になって、麦をお兄ちゃんだと思って身代わりにする時の心情はグサリとさせてくれます。

    2
    グッとくるね

    1巻は5話収録ですけど、花火が麦をお兄ちゃんだと思って体を重ねそうになる4話がぶっちぎりで面白かった。麦を通してお兄ちゃんを重ねて興奮する花火が報われない片思い娘の心情と恋する乙女っぷりが見事に描かれてましたよ。めがっさ興奮して痛かった。

    目をつぶって「お兄ちゃんだと思うと…」とドキドキして震える花火の可愛さがヤバイ。また描かれるエロスも素晴らしい

    7
    興奮するね

    まあ、実際にはインサートしないでプラトニックな関係なんだけど、描かれたエロスのシーンはめがっさ僕の下半身を熱くさせました。報われない恋をする者同士が傷を舐め合うように付き合う関係。

    これがなかなかどうして。
    しかも「所有権」を主張したりと仮初の恋人なのに何故か惹かれている様子はいい。「所有権」と言いつつ「そうかな、どうかな」「本当にそれだけ?」と自問自答するなど、花火の心情は良く描かれている。

    とはいえ、1巻ならメイン4人で回せばいいのに、麦に片思いする花火の友人や、子供の頃から麦に片思いするゴスロリ娘出すなど、この2人出す必要あるのかと思わないでもないけど、今後はもっと重要なパーツになるのかもしれない。報われない片思いする2人が今後どうなるか。今後読んで精神的ダメージ受けるか、コメディになるかは知らんが期待大である。

    クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)
    横槍 メンゴ
    スクウェア・エニックス (2013-02-19)