• スポンサードリンク

    「乙嫁語り」第3の乙嫁の双子が可愛すぎる件

    コメント(3)
    乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
    森 薫
    エンターブレイン (2012-05-12)

    「乙嫁語り」4巻が発売されました。
    20歳の花嫁アミルと12歳の花婿カルルク。2人が8歳の年の差を超えて愛をはぐくんでいくブライド物語。そんな風に思ってた時期が俺にもありました。4巻の帯に驚愕!

    中央アジアを舞台に描かれる、お嫁さん連作「乙嫁語り」。
    主人公のスミスはアラル海の漁村を訪れるが、そこで待ち受けていたものは…!
    第3の乙嫁は双子の悪童アイラとレイリ。

    そうか、主人公はスミスだったのか
    「乙嫁語り」はスミスが訪れる場所で巡り合う嫁の連作漫画だったのか。ビックリですね。1巻とか2巻なんてただの傍観者というか観測者だったのに。3巻では巻き込まれて婿になりかけ、4巻ではまた観測者になっています。

    舞台はアラル海周辺
    ウズベキスタンとかカザフスタン辺りか。廃墟写真などで有名な死の湖・アラル海も、この時代は自然豊かで漁業をする村民が平和に描かれています。この時代のこの地域ってなると政治的な事柄も絡まっていくんだろうか。あんまり政治的なものを絡めて欲しくないような、でも厚みが増すので絡めて欲しいような。

    第3の乙嫁はパワフルな双子の姉妹。

    1
    ライラとレイリ

    今までよりさらにコミカルになっております。
    ライラとレイリが兎に角騒がしくテンション高い。第1の乙嫁アルミ、第2の乙嫁タラスも、13歳とかで結婚する時代においては妙齢ともいえました。第3の乙嫁ライラとレイリは「乙嫁語り」における初めての結婚適齢期での結婚ですね。えらく幼く見えます(実際幼いけど)。

    双子とか姉妹って差別化の為に正反対の性格だったりしますが、陰と陽って感じで。でも、この双子はまったく同じ。やる事なす事、メチャクチャだ…とウルージさんも言ってました。陽と陽です。この双子が可愛いんだ。特に何かやらかして父親にゲンコツを貰って泣く姿。

    2
    殴られる

    よい婿を探そうと様々な策を使って失敗するパワフルな様子が笑えます。

    そもそも父親が娘の嫁を決めるという事がピックアップして描かれてきた「乙嫁語り」。第2の乙嫁タラスなんかそれが如実でした。でも、この村の女性達は強い強い。頭を触られた事にしたとか男を陥落す微笑み…など、今の旦那をGETした想いでを語らう。それを聞いて我が身を顧みずいい男をGETしようとする双子だけど相手は昔馴染みの兄弟。

    キャラが立ちまくってイキイキしてる様子といい、妥協した結婚相手ではあるものの段々惹かれて様は読んでてニヤニヤしちゃうってもの。

    アミルやタラスと違い、この双子は前から知ってる幼馴染が相手。父親が結婚相手を決める世界では珍しいですよね。父親が決めるからこそ、結婚する時初めて嫁と婿が対面する事もよくあることでしょう。そこで、「乙嫁語り」は演出として何か運命的に出会い見つめ合うシーンが導入されます。

    3
    見つめ合う

    「乙嫁語り」冒頭の、アミルとカルルクが出会った時を始め、スミスとタラスが初めて出会った時もロマンチックな運命的な見つめ合いが導入されていました。それは4巻のサイドストーリーとして展開してたパリヤ(第4の乙嫁か?)も同じ。市場で買い食いの時に、ひょんな事から「うちの息子に嫁を探してるんだが」という話になってあれよあれよと進む結婚話。初めて出会った時にはやっぱり見つめ合っていた。

    でも、ライラとレイリ&サマーン&ファルサーミは前からの顔馴染の為か、出会った時の見つめ合う演出がなかった。初めて見つめ合った(?)というか目を合わせたのは、お互いの兄弟が別々に話し合う、つまるところの初デートの時でした。

    4
    ここで見つめ合った

    あんまり運命的なものを感じる演出ではなかったけど、お互いが個々に別れてから見つめ合ったのは良かったかなと思います。4巻は双子の結婚前までが収録で続きが本当に楽しみです。

    個人的に一番は「短期集中花嫁修業」。
    なんか熱血漫画のノリになってより一層コミカルになりましたが、ラストの母子のやり取りは思わずグッときてしまいました。

    5
    母子

    この時のやり取りが泣けるんだ。
    4巻はガラッと雰囲気が変わったというか、作者がはじけたというか。全体的にコメディという印象が強かったんですが、最後に泣かされるとは。

    また、相変わらずの描き込みっぷりで1コマ1コマ見惚れる。装飾物が貝殻などに海のものに変わっているのも凄いですね。最後の主人公スミスが捨てた懐中時計も誰かに拾われて、何かの伏線なんじゃないかと期待してしまいます。続きが楽しみ過ぎる!
    <関連>
    「森薫拾遺集」が色々と凄すぎる件

    乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
    森 薫
    エンターブレイン (2012-05-12)

    乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
    森 薫
    エンターブレイン (2011-06-15)

    乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
    森 薫
    エンターブレイン (2010-06-15)

    乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
    森 薫
    エンターブレイン
    スポンサードリンク
  • 「タケヲちゃん物怪録」「とよ田みのる短編集 CATCH&THROW 」凄くいい

    コメント(0)
    【Amazon】「ゆるゆり」(8)巻 限定版
    【Amazon】「ゆるゆり」(9)巻 限定版

    「ゆるゆり」8巻と9巻の限定版の予約がアマゾンで開始されました。9巻は7巻同様オール描き下ろしだそうです。それぞれ7月24日、27日発売。

    さて。

    タケヲちゃん物怪録 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) とよ田みのる短編集 CATCH&THROW (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

    「ラブロマ」「友達100人できるかな」のとよ田みのる先生のゲッサン連載「タケヲちゃん物怪録」1巻、初短編集「とよ田みのる短編集 CATCH&THROW」が発売されました。うん、これはいいものだ。雰囲気とか古き良き感じが独特の雰囲気です。

    「タケヲちゃん物怪録」は、不運な星の下にいる呪われた女の子タケヲちゃん。親に迷惑をかけないように1人暮らしを始めるも、入居予定の寮が手違いで満室。変わりに紹介されたのが妖怪屋敷の百鬼荘。妖怪達と出会い1人ぼっちだったタケヲちゃんがぼっちじゃなくなる…というもの。

    思わずホッコリする温かさ。
    タケヲちゃんの「陰の気」は大変美味しいらしく、妖怪たちはタケヲちゃんを脅かし「陰の気」を出そうと躍起しますがまったく動じません。タケヲちゃんは怖がった時ではなく、「幸運」を感じると驚くのでした。さすが不幸少女!

    15
    「幸福」を感じると驚く

    そして妖怪達がタケヲちゃんを「幸福」にしてやろうとするようになる。もうね、これがいいんだ。温かいんだ。2話で、椿の密の味が子供の頃に「じょっぱい」と涙味だったのが「甘い」って変わるのがグッとくる。

    お気に入りは4話のツンデレ妖怪。本当に良い話だ。
    タケヲちゃんを「幸福」にさせるなんて妖怪の威厳も地に堕ちた。タケヲちゃんを絶対に認めないし、追い出してやると言って意地悪ばかりしてたのに、本当はタケヲちゃんを助けてたってのがニマニマする。

    また、タケヲちゃんが可愛いんだ。

    16
    タケヲちゃん

    いつもは無表情なんだけど、妖怪達と交流することで少しづく人間らしい感情を持つようになる様子がいいね。こんな笑顔されたら、誰だってホッコリしちゃうってものですよ。タケヲちゃんが「幸福」になれば、妖怪達も「幸福」になって、読んでるこっちまで「幸福」になるってもの。幸せって伝染するんですね!

    ちょっと暗くなりそうな設定なのに、いい話になってるのが凄いですね。全話剛速球のストレートで「善」を描く。もうね、心からタケヲちゃんを応援したくなりますよ。クラスの友達、百鬼荘の妖怪との「交流」を描き幸せになってくタケヲちゃんに胸が熱くなる。

    とよ田みのる先生の描く「交流」「コミュニケーション」が僕の心の琴線を鷲掴みにするんですよね。心地よくなる。そんなわけで「とよ田みのる短編集 CATCH&THROW」が凄くいいんだ。凄くいいんだ。(大事な事なので2回言いました)

    「ラブロマ」「FLIP-FLAP」「友達100人できるかな」でも、人と人(人外含む)の交流が凄く好きだったんですけど、「とよ田みのる短編集 CATCH&THROW」がこれまた凄く良い「交流」を描いている。最高です!

    収録されているのは「素敵な面倒さん」「CATH&THROW」「ヒカルちゃん」「等価なふたり」「片桐くん」の5本。特に良かったのは表題作「CATH&THROW」。週刊少年サンデーに読み切り掲載されたやつです。作者自身、後書きで総決算の漫画と述べている。

    この漫画のタイトル『CATH&THROW』の意味ですが僕が描いてきた漫画全てのテーマに通ずるものだと思ったので今回の短編集のタイトルにもしてみました。ラブコメでもあり(ラブロマ)、マイナースポーツでもあり(フリフリ)、コミュニケーションの話で(友100)、僕が今まで描いた漫画の総決算なお話でした。

    総決算というのも納得の良さ。
    東京からド田舎の島へ転校してきた少年。ド田舎の暮らしに馴染めず、友達も作らず1人で過ごしている中で、アメリカからの転校生キャッシーと出会う。彼女にフリスビーを教えてもらい仲良くなっていくもの…。

    17
    CATH&THROW

    とよ田みのる作品は、ド直球のストレートをど真ん中に投げる。
    もうね、だからこそ気持ちいい。「CATH&THROW」を読んでる時の気持ちよさは何事かってレベル。主人公の少年の「俺が友達になってやる」「お前のTHROW、俺が全部CATCHするから」とか胸熱すぎる。

    タイトル通り「CATH&THROW」
    フリスビーをCATH&THROWするし、最初は通じてなかった言葉をCATH&THROWするし、お互いの気持ちもCATH&THROWしていく…とても美しいボーイミーツガールストーリー。

    18
    お互いの気持ちもCATH&THROW

    めちゃんこ良い。
    全作品にいえるけど読後の爽快感が半端ない
    あと原作別だけど「等価なふたり」が個人的にツボ。人間関係とか交流を描くのが本当に上手い。超良かったです。
    <関連>
    「友達100人できるかな」完結