• スポンサードリンク

    「はつきあい」悶絶して死んだ

    コメント(0)
    今なお、これを越えるゲームはないと断言できる「タクティクス・オウガ」。PSPでリメイクされるとなったら、私が音信不通になるってものです。いよいよアマゾンでも予約受付が開始されました。11月10日についに出る「タクティクス・オウガ 運命の輪」。
    【Amazon】「タクティクスオウガ 運命の輪」

    さて、ラブコメを読んで思わず頬を緩めてニヤニヤするのが至福と感じる諸兄。お待たせしました。ついに「はつきあい」の単行本が発売されました。破壊力ピカ一です。


    はじめてのお付き合いをテーマにして「はつきあい」です。この恥ずかしさとこそばゆさは、ただのラブコメじゃありません。生死を彷徨う程の破壊力です。だだ甘な展開に、部屋中ごろごろ転げまわる事は請け合いです。

    カザマアヤミ先生といえば「ちょこっとヒメ」が代表作でしょうが、隠れた逸材である「なきむしステップ」と「ボクの創る世界」があります。


    甘々にラブでコメった「なきむすステップ」とほんのり青春のピュアラブストーリーで1話完結オムニバス「ボクの創る世界」が見事に合体したような感じ。男たるもの、手が触れただけで甘酸っぱくも気まずい雰囲気になりたい、目が合うだけで即座に目を離してお互いが赤面したい。

    余談ですが、「ボクの創る世界」はラブでコメる展開は隠れたニヤニヤ製造機です。

    1
    ニヤニヤ製造機

    で、「はつきはい」は限界値突破のニヤニヤどころか悶絶製造機。1、2話収録の「ユルライン」からして萌え死ぬ寸前です。そもそも「ユルライン」は去年のコミティアで出していたカザマアヤミ先生の同人誌を描き直したもので、同人誌「ユルライン」があまりにニヤニヤすぎて皆で買いに走るという事件が起こりました。あれから1年でコミックが出るというものは感慨深いものがあります。

    で、この「ユルライン」改めて読めば滅茶苦茶良いのです。ニヤニヤしまくって何度も悶絶する威力。バーサーカーをきっちり12回殺せるぐらいの破壊力です。全て悶絶死。前後半に別れていますが、後半のヤバさはとんでもないです。特盛りですつゆだくです

    MISSION 1、はじめてキスをせよ!
    いまいち何を考えているのか分からない表情を変えないクールビューティーの彼女と初キスをするという話なのですが、なかなか実行に移せません。そんな折に彼女が、どういうわけか糸電話を作って部屋をまたいで糸電話で会話を始めます。糸電話の会話で気をよくして「それだけでいいや…」とキスをする事を諦めかけた時に世界がひっくり返るのです。

    キスして

    2
    世界がひっくり返る

    ウヴォアァァァァァァ!?(悶絶してる)

    無表情系のクールビューティーが初めて甘える言葉が「キスして」ですよ。「はつあまえ」がキスして欲しいですよ。みなぎってきたー!部屋へ行けば、糸電話かかえてペタンと座って大赤面!"糸電話"と"美少女"というシニカルな組み合わせが、赤面をプラスするとコミカルな感じになるから、あら不思議。めっさ可愛い

    その後の展開で悶絶しまくり、まじで三途の川が見えました。そしてオマケ漫画で死にました!彼女が側の視点で描かれたものなんですが、めちゃくちゃニヤニヤするというもの、いやもうくちゃくちゃニヤニヤするこの悶絶死は無駄ではない。シャア少佐に「残念ながら、ザクには大気圏を突破できる能力はないのだ。しかしクラウン、無駄死にではないぞ!」と言われながら、どう見ても無駄死にしたクラウンと違って無駄死にではない。

    まさか1発目からしてこの破壊力だと…。はじめてのお付き合いの威力は五倍以上のエネルギーゲインがあります。しかし、3話の「雪の日の手のひら」は、これすら凌駕してしまうとう。

    ・MISSION 2、はじめて手を繋げ!
    初めて手を繋ぐというカップルの話。やはりはじめて手を繋ぐというのはニヤニヤ必死の王道展開であり、最も重要な要素でもあります。なかなか手を繋ぐ行動を起こせない中で、勇気を出して手を繋いだ時、沢井(3話の主人公)は確かに勇者となったのです。

    3
    勇者の行動

    これだけでガッツポーズものなのに、真の力を発揮するのはここからでした。どんな相手にも「まだまだだね」とのたまう越前リョーマのごとく、まだまだでした。関係ないけど、リョーマは明らかに苦戦しまくってるくせに「まだまだだね」と言うのはどうかと思います。

    そして初めて手を繋いだら、彼女もまた大赤面ですよ!

    4
    手を繋がれて

    彼女も恥ずかしがって赤面、というか彼女は手を繋いでもたいたかったと後に判明。あーもう!(キーボードを叩きつけた)。

    さらに、初めての手を繋ぐ「はつてつなぎ」は、視線が合って両者逸らす事にはじまって胸キョン死確実なもの。手を繋ぐって素晴らしいな!両者の初々しい行動は感動的です。はじめてクララが立った時以上の感動です。

    また、悶絶する威力は他よりも弱いのですが「上諏訪」も外せません。私は信州出身なので諏訪といえば、馴染み深いもので、今までの人生で一度も行った事がありません

    諏訪とか関係なしに、ヒロインがビジュアル的にぶっちぎりで可愛いのです。

    5
    3話のヒロインはぶっちぎりで可愛い

    服は脱がしても靴下は脱がすな!! たとえ、お天道様が西から昇ることがあろうとも!! 絶対絶対これは萌え業界の鉄則…と言われるように、靴下は脱がしてはいけないという常識がありました。しかし、考え方を改めないといけません。セーラー服に素足には無限の可能性が広がっていました。

    さらにツンデレ委員長に、クールビューティーを越えるドライアイアス女の赤面も素晴らしいの一言。もはや、初々しいラブコメの殿堂入りといってもいいでしょう。

    はじめて付き合い出すというのは、最もニヤニヤ指数が高まる時なのです。男女ともに勇気を出して一歩踏み出して行動するのは感動的。なんというか勇気を貰えます。よーし、パパ勇気出して行動しちゃうぞ。って、相手がいないや。わふー!

    スポンサードリンク
  • 「鋼の錬金術師」錬丹術には浪漫がある

    コメント(0)
    モリタイシ先生の「今日のあすかショー」1巻と「まねこい」3巻が先日発売されました。


    なんといっても「まねこい」の猫崎ジュリアンニャの若かりし頃のコスプレ姿に心をグッと鷲掴みされてしまうというものですよ。

    35
    猫崎ジュリアンニャ

    ムチムチばでぃのブルマ姿というのは本当に素晴らしいというものですよ。「今日のあすかショー」も非常に可愛らしくパンチラにはニヤニヤ出来るし、どちらも続きが楽しみというもの。

    さて、「鋼の錬金術師」26刊が発売されました。連載も終了しており、単行本は次巻で完結です。この面白さはただ事ではなく、終わってしまうのが本当に淋しいというものです。


    「ハガレン」は敵キャラがかっこ良いのですが、26巻でも敵キャラの生き様が良すぎるというもの。以前にも述べましたがブラッドレイの生き様のかっこ良さは異常です。

    お父様に決められたレールの上を歩んできた人生であり、最後にエルリック兄妹やマスタングやシンの国の人々に散々邪魔され、思い通りに事が進まないと笑ってみせる男。自分の生き様を「権力者ごっこ」と言い放ち、人生にやり甲斐もなく、退屈していたのでしょう。

    最後も人間は思い通りにならなくて、自分の邪魔をしてみせれば満面の笑顔を見せるブラッドレイ。

    26
    笑顔のブラッドレイ

    まったく人間というやつは…、思い通りにならなくて腹が立つ

    腹が立つといいながら楽しそうに笑うブラッドレイ。決められてレールの人生で、抵抗する人間に対しての笑顔こそブラッドレイの良さ。また、決められたレールの上の人生の中で唯一、自分で選んだのが妻

    27
    妻だけは自分で選んだ

    「家族ごっこ。確かにそうだ。あれは上に与えられた『息子』だ。息子だけではない。『大総統の座』も『部下』も『力』も全て与えられた。いわば権力者ごっこだ。だが妻だけは自分で選んだ

    お父様に全て与えられた人生であるものの、妻だけは自分で選んだとホークアイに述べていたブラッドレイ。

    だらこそ、最後の命尽きる時の妻に対しての台詞が光るというもの。「…妻か。愛だの悲しみだのとくだらぬ言葉を垂れ流すな小娘。なめるなよ、あれは私が選んだ女だ。私とあれの間に余計な遺言など要らぬ」と。

    そして、「用意されたレールの上の人生だったが、おまえた達人間のおかげで、まぁ、最後の方は多少やりごたえのある良い人生だったよ」と述べて息絶えるのでした。決められたレールの上の人生で思い通りにならないと笑ってみせたブラッドレイは、人生にやりごたえを求めていたのでした。その死に顔はやすらかというもの。

    28
    やすらかに

    グリードはブラッドレイの死に顔を見て「満足した顔しやがって…腹が立つ…!」と述べていました。ブラッドレイは自分の人生に満足して逝ったのでした。

    そして迎える最終決戦。ラストが褒めた迷いのない真っ直ぐな目のマスタングは、ラストの「その目が苦痛にゆがむ日は…すぐ…そこ」という死に際の予言通り、視力を失って何の役にも立ちません。というか、錬金術師の面々は術が封じられて何も出来ません

    そこで活躍するのが、エルリック兄弟の父親ホーエンハイムとシンの国からやってきたメイ・チャンの2人というのは浪漫があります。

    32
    ホーエンハイムとメイ

    錬金術封じが行われ、錬金術師が役立たずとなっている中でも、普通に錬金術を使いこなす2人

    ホーエンハイムは元々、クセルクセスで「二十三号」と呼ばれる奴隷でした。主人が錬金術師で、ホーエンハイムの血を使ってフラスコの中の小人(後のお父様)を生成し、フラスコの中の小人によってヴァン・ホーエンハイムという名前様々な知識を与えられました。

    そのお陰で奴隷から抜けて、高い地位の錬金術師となります。そして、クセルクセスに築かれた国土錬成御陣で生成された賢者の石によって不老不死となってしまいました。その後のホーエンハイムは砂漠を彷徨い、力尽きたところにシン国の商人に助けられ、シンへ流れ着きます。

    29
    シンの商人に助けられる

    この時のタイトルは97話「二人の賢者」というものでした。「ハガレン」にはタイトルに「二人の~」というものがいくつかありました。今までの「二人の~」というタイトルがつけられたのは以下の通り。

    1話、「二人の錬金術師」
    11話、「二人の守護者」
    55話、「二人の強欲」
    96話、「二人の女傑」

    1話の二人の錬金術師とはエドワードとアルフォンスのエルリック兄妹のこと。11話「二人の守護者」はスライサーとバリー・ザ。チョッパーの第五研究所を守る2人。「二人の強欲」はグリードとリン・タオ。「二人の女傑」は氷の女王の異名のアームストロング(姉)とエルリック兄弟の師匠イズミ。では97話につけられた「二人の賢者」とは誰の事でしょうか…。

    シンの国に伝わる偉人「西の賢者」。

    30
    シンの伝説

    以前、フー爺さんはクセルクセス遺跡でシンの国の錬金術、錬丹術西から来た錬金術師によって伝えられ、その賢者はクセルクセスの出身であったと述べ以下のように説明しました。

    「我々の国…シンから見て西方から流れ着いた錬金術師の話がアル。その賢者が来てから、我が国の錬金術は飛躍的進歩を遂げタ
    彼の技術と古来よりシンに伝わる技術が合わさり、今の錬丹術となったらしイ。我々は彼の事を尊敬をもって呼んでいル。西の賢者…ト」

    西の賢者が来る前のシンの錬金術は、水銀に不老不死の効果があると信じて飲み続け三代にわたって水銀中毒で死ぬ皇族がいたほど、錬金術と呼べる代物ではない、おざなりな物だったそうです。そこへ西の賢者が現れ、シンの国に錬金術を伝え錬丹術となったのでした。錬丹術というのは西の賢者が伝えた錬金術。

    そしてアメストリスにも一人の偉人の伝説があります。アメストリスに錬金術を伝えたのは、東の賢者と呼ばれています。エドワードはアメストリスの錬金術を以下のように語っていました。

    31
    アメストリスの伝説

    「一夜にして滅んだクセルクセス王国の生き残りが、建国から間もなかった頃のアメストリスに流れついて錬金術を広めた…って伝説」

    アメストリスの錬金術は東の賢者によって伝えられたのでした。シンの国に伝わる西の賢者が広めた医学方面が得意な錬丹術、アメストリスに伝わる東の賢者が広めた銭湯方面が得意な錬金術。

    両賢者とも、一夜で滅んだと伝えられるクセルクセス王国の生き残り…。そしてクセルクセスで生き残ったのは2人だけ。

    33
    ホーエンハイム / フラスコの中の小人

    クセルクセスの国土錬成御陣によって滅んだ中で生き残ったのは、ホーエンハイムお父様だけ。そして、砂漠を彷徨いシンに行き着いたホーエンハイムと建国間もないアメストリリスに流れ着いたお父様。つまり「二人の賢者」は、シンに錬金術を伝えた偉人「西の賢者」こそホーエンハイムであり、アメストリスに錬金術を伝えた偉人「東の賢者」こそお父様

    そして、アメストリスに錬金術を伝えた東の賢者であるお父様の錬金術封じが効かないのが、西の賢者がシンに伝えた錬丹術であり、ホーエンハイムとシンのメイ。何という浪漫。

    さらに、アメストリスの血の国土練成陣を阻止したのがスカーの兄が研究していた錬丹術

    34
    血の練成陣を阻止

    約350年前に東の賢者・お父様がアメストリスに持ち込んだ錬金術。それは巨大な国土練成陣を完成させる為によるもので、それを防いだのが西の賢者がシンに伝えた錬丹術。

    元々ホーエンハイムに錬金術を教えたのがフラスコの中の小人(お父様)であり、ホーエンハイムがシンに伝えた錬金術(錬丹術)によって野望が阻止されるのは、運命や浪漫がありすぎて胸熱というもの。