• スポンサードリンク

    「ニセコイ」小野寺さん(妹)可愛すぎる!

    コメント(23)

    1
    「ニセコイ」75話

    小野寺さんは可愛い(挨拶)。

    今週の「ニセコイ」は最高でしたね。
    75話タイトルは"カミカゼ"である。冒頭から新年度、春を感じさせてくれます。のっけから「春、暖かな風が桜の枝を揺らし髪をくすぐる。そんな四月―」と小野寺さんのポエムが炸裂した。素晴らしい思春期特有の春の表現ですね。そんなポエムを綴っちゃう小野寺さんも可愛い。

    おっと、今回は番外編でしょうか。
    思わずポエムを語りつつ「今日から高校一年生」とか言っています。これからはじまる高校生活にウキウキの小野寺さんです。いやー小野寺さんには春が似合いますね。これは小野寺さんの過去編なんだろうか。

    2
    小野寺さんの過去編?

    なんだか素敵な恋とか始まっちゃいそうな予感です!

    …あ、察し。
    小野寺さんファンはこの時点で全てが分かってしまいますね。というのも小野寺さんは楽に中学時代から恋をしているからだ。高校生になって恋をしたわけではない。一見すれば叙述トリックのような作りであるが、訓練された小野寺さん信者は開始3ページで分かってしまいます。つまりこの娘は小野寺さんではないけど小野寺さんなのだ!

    小野寺さん(妹)である。

    きたか。初めて小野寺さんの家に行った時にも、バレンタインデーでも小野寺さんに妹がいることが触れられていましたが、2年生に進級し後輩として登場であります。小野寺さん(妹)も姉に負けず劣らず圧倒的な可愛さですね。

    高校生初日、いきなり不良に絡まれてしまいました。
    そこへ颯爽と1人の男が現れ助けてくれるのでした。

    3
    助けられました

    ベッタベタである。

    あまりにも予定調和。あまりにも案の定。助けてくれたのは楽でした。気絶した小野寺さん(妹)を学校の保健室へ運んで上げるのであった。気付いた小野寺さん(妹)は顔も覚えてない男(楽)を「王子様」とか言い出すのである。これは運命の出会いと舞い上がります。もちろん楽だとは知りません。すげぇ順調にフラグが立ってしまった。「登場→フラグ立て」の流れが素晴らしい。

    もちろん小野寺さん(妹)だけではありません。
    新1年生はどの娘も逸材揃いであります。

    10
    ポーラ / 風ちゃん

    まさかのポーラ再登場である。
    一発キャラかと思いきや新1年生として再登場するとは…。ヤバイ!今後のつぐみ&楽との絡みが楽しみすぎる。そして今回初登場の小野寺さん(妹)の親友らしき風ちゃんである。小野寺さん(妹)は全寮制の女子校に通っていたと思われるので風ちゃんも同じなのかな。つまり男に面識ない可能性高し。

    オラ、新1年生になんだかワクワクしてきたぞ!
    まじでこの2人の活躍に期待が高まる。ハーレム要員に加わっていいんやで!じゃんじゃん増やそう!

    そして小野寺さん(妹)と楽の2度目の接触。
    プリントを運んでいたらぶつかって落としてしまいました。1人プリントを拾っていると、おやおや2年生の先輩がプリント拾いを手伝ってくれるじゃないですか。

    4
    プリントを拾うのを手伝ってくれる先輩が

    ベッタベタである。

    見事なフラグ立てです。手伝って貰った後に一緒にプリント運ぶシーンが実にいいね。これぞ青春!これぞラブコメっていう展開です。そも「ニセコイ」は変化球など投げずに、どっかで見たことある展開をテンプレ通りにやればいいのだ。ストレート1本で十分です。ちょろい僕ら読者は意のままに打ち取られてみせよう。ニヤニヤだぜ!

    そんなわけで今朝の運命の王子様とは気付かないけど、今度はきちんと顔を覚えて楽とフラグを立ててみせたのである。

    5
    見事にフラグ立ってますぜ

    イヤッホーイ!立った、立った!フラグが立ったー!
    とクララが立った時のような感動を覚えますね。この優しい先輩が今朝の運命の王子様だぜよ。こいつは順調に陥落ると思いきや、楽が「一条」と分かれば態度が一変してしまうのであった。「あなたがあの一条楽先輩?」と今までの甘い雰囲気が一転して邪険なものへ。

    小野寺さん(妹)の中の楽は、ヤクザ集英組み組長の息子で超絶美人の彼女がいるにも関わらず多数のキレイな女の子を従えて、親の権力で学校を裏から牛耳っているというものであった。まあ半分正解なんだけどね。

    そんなわけで小野寺さん(妹)は楽に宣戦布告をする。

    「これ以上、私のお姉ちゃんに…」

    その時…タイトル通りカミカゼが起きたのだ。

    6
    カミカゼ

    小野寺さん(妹)のスカートがめくれてしまった。
    "カミカゼ"というタイトル通りである。まさかの小野寺さん(妹)のスカートがめくれてしまったでがざるの巻きですよ。目の前でスカートがめくれて、パンチラならぬパンモロを拝んでしまった楽。

    もちろん、気の利いた男ならパンモロを目撃しようと見ていないと優しさを見せるとこころなんですが、そこは好きな人が隣で告白しようが爆睡した唐変木なだけあって、正直に答えてしまうのであった。

    「高校生にもなってクマさんは無いかと」

    そこ正直に答えるとこか!
    なんと小野寺さん(妹)のパンツは「クマさんパンツ」なのであった。クマさんパンツといえば子供っぽいパンツの代名詞でもある。たしかに「クマさんパンツ」は子供っぽいパンツの代名詞であります。しかしですね、ジャンプには「I's」の麻生さんという大学生になってもクマさんパンツという先人がいます。むしろクマさんパンツこそ今をときめくトレンディではないでしょうか。
    <関連>
    クマさんパンツが時代の最先端だという話

    しかもである。
    小野寺さん(妹)のはいてたクマさんパンツが見えず読者の想像に任せるという感じだったんですけど、ちょっと引っかかる点があるんですよね。だって、普通クマさんパンツといえば後ろ…お尻のほうにプリントされてるものじゃないですか!

    前から見ると無地のパンツ。
    後ろから見るとクマさん。

    これがクマさんパンツである。だからさ、今回の小野寺さん(妹)のパンモロシーンは色々と引っかかるんですよ。だって、小野寺さん(妹)がパンモロしたのは前の方ですよ!

    7
    小野寺(妹)さんは前方パンモロします

    おかしいでしょ?
    通常のクマさんパンツはお尻の方にプリントされて前からじゃ無地のパンツと勘違いするものでしょ。なのに、今回のカミカゼでのパンモロは前方から見てクマさんパンツであると分かってしまうのだ。

    2つ考えられる。
    1つは小野寺さん(妹)がパンツを前後で反対に履いていたという可能性。もう1つは一般的なワンポイントのクマさんパンツではなく水玉模様のように沢山クマさんがプリントされているパンツであるという可能性。どっちだろう。どっちでもいいや!

    しかし、「小野寺さん(妹)」という言い方はちょっと言い難いですね。
    「涼宮ハルヒの◯◯」シリーズなんて朝比奈みくるは現在のみくると未来のみくるを分かりやすく表現する為にカッコ方式を使って「朝比奈(大)」と書いて分けており、僕もそれを習って「小野寺さん(妹)」と使ってきましたけど、どうも使いにくい。なにかいい表現は無いだろうか…。

    「小野寺さん」と「妹」…。
    あ!なんかちょうど良い感じの歴史上の人物いるね。

    2
    小野妹子

    小野寺さん(妹)は小野寺妹子…これだ!
    という呼び名を嬉々として考えたんだけど、冷静に考えると別に面白くもなんともないですね。小野寺妹子の本名は小野寺春ちゃん。とりあえず春ちゃんと呼ぼう。

    春ちゃんは可愛い(小並感)

    8
    小野寺春

    「私の名前は小野寺春…!!」
    「小野寺小咲(おねえちゃん)の妹です!」


    もうね、めがっさ可愛かった。
    どうやら楽は女たらしで小野寺さんに近づく悪い虫という認識のようです。しかしですね、きっちりと楽とフラグは立てたし、何より顔を知らない運命の王子様が楽だしね。それが判明したらどうなるのか…想像に難しくない。つまり小野寺さんは妹が敵になる可能性が非常に高い。

    なんのかんので春ちゃんは素晴らしいですね。
    新たなヒロインで今後の活躍に期待が高まります。ほぼ確実に身内がライバルになってしまうであろう小野寺さんはどうなるのか…。やばい先が楽しみすぎるんだってばよ!

    小野寺さん(妹)ってのは相当なタマだぜ…!
    「ニセコイ」は「四ヒロイン」が統べるラブコメ。
    千棘、小野寺さん、マリー、つぐみ…そこへ春ちゃんが加わった!
    均衡が崩れた今、何が起こるかわからねェ!!

    9
    始まるんだよォ!!!
    誰も見た事のねェ"新しい時代"が!!



    ニセコイ ウラバナ 1 (JUMP j BOOKS)
    古味 直志
    集英社
    売り上げランキング: 386


    ゆるゆり (10)巻 特装版 (百合姫コミックス)
    スポンサードリンク
  • 「あまんちゅ!」ぴかりの魅力がスパークした件

    コメント(1)

    あまんちゅ!(6) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

    「あまんちゅ!」6巻が発売されました。
    夏休みが終わり2学期に突入であります。個人でドライスーツを買おう、体力測定、可愛い幼女の話、文化祭前日の前夜祭、温泉…と盛り沢山の内容となっています。「あまんちゅ」はどのエピソードも素晴らしいんですけど、個人的に6巻はとりわけ素晴らしかったです。

    というのも、6巻はぴかりにスポットが当たる話が多かったのもあるのですが、その中でも「ぴかりから見たてこ」(32話「体力測定」)が個人的にツボでした。「あまんちゅ」は基本てこ視点のエピソードが多かったわけである。
    <関連>
    「あまんちゅ!」楽しいは正義

    5巻までのエピソードの主人公な以下の通り。

    1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
    1話、てこ 7話、てこ 13話、真斗 19話、??? 25話、ぴかり
    2話、ぴかり 8話、てこ 14話、てこ 20話、ちゃ顧問 26話、てこ
    3話、てこ 9話、てこ 15話、弟くん 21話、てこ 27話、てこ
    4話、てこ 10話、ぴかり 16話、ぴかり 22話、姉ちゃん先輩 28話、てこ
    5話、てこ 11話、てこ 17話、てこ 23話、ちずるちゃん 29話、てこ
    6話、てこ 12話、てこ 18話、てこ 24話、ちずるちゃん 30話、真斗

    てこの視点ばっかである。
    完全に主人公がてことなっています。「あまんちゅ!」は東京から転校してきたてこの成長物語という構図となっています。スキューバダイビング初心者で人との付き合いが若干苦手なてこの成長奇譚物語が本質であろう。「てこときどきその他」である。

    で、6巻。
    なんとてこの視点で語られるエピソードが1話もなかった。まあ31話導入部分こそてこの視点だったけど途中でぴかり視点になってるしね。6巻では、てこが主人公ではなかった。ようやくてこも一登場人物…いや「あまんちゅ!」みんなが主人公となってて個人的に胸熱でした。

    とりわけグッときたのは32話「体力測定」であろう。
    「ぴかりから見たてこ」という構図で描かれていました。そも「あまんちゅ!」は今まで「てこから見たぴかり」という形式でのエピソードは何度もあったものです。

    15
    てこから見たぴかり

    てこ視点のぴかりは何時でもキラキラと輝いている。
    ぴかりの魅力を素晴らしさをこれでもかと語るてこである。一緒にいたいとか、横に並びたいとかね。「あまんちゅ!」読むとさ、てこが片想いしてる恋する乙女に見えてしまうのも仕方がない。仕方がないよー!

    でもね!
    6巻の32話「体力測定」はぴかりから見たてこがこれでもかと語られるわけですよ。「わたしの自慢の友達です」ってね。これは新しい。新しいぞ。ぴかりってば1人の世界が完成しているので、ぴかりの視点のエピソードでもてこは友人の1人ぐらいの扱いだっただけでに、思わず頬が緩んじゃうじゃありませんか!

    16
    ぴかりから見たてこ

    ぴかり視点で語られるてこ。
    このエピソード素晴らしい。素晴らしいぞー!
    ぴかりの自慢の友人としててこの魅力を語るわけですけど、その内容が僕の心の琴線を刺激します。いつも大人びた雰囲気、時々わんこのようになる。

    そして、てこは自分の事を「ダメ山ダメ子さん」と言うけど「わたしにはそうは思えません」と。てこが自分の事をダメだと卑下し、ぴかりがいないと何も出来ないと自己嫌悪するの今まで何度も見たんえだけど、一方のぴかりはそうは思わない、と。てこは出来る子である、と。ただちょっと…。

    てこにはちょっと悪い癖があります
    イヤなことからすぐ逃げちゃう癖です

    まさに!
    てこはイヤなことからすぐ逃げちゃうと思う。そんなてこにとっておきのおまじないをかけて持久走を走る様子がグッときますね。「イヤなコトでかならずしも…イヤな気持ちになる必要などないのだよっ!」は素晴らしき名言である。

    17
    イヤなコトでかならずしも…イヤな気持ちになる必要などないのだよっ!

    実に爽快感がありました。
    「あまんちゅ!」の見開きは最高やね。見開きのシーンになると思わず隅々まで見ちゃう。まさに魅せるシーンである。なにより、今までのてこの視点に立っての頑張る話とは違って、ぴかりの視点から見たてこの頑張りは新しい。てこって負けず嫌いというのはぴかりの指摘で思わず納得。ダメダメ言いながらなんおかんのでやり遂げるしね。

    32話が珠玉のエピソードで、一つ気付いた事があります。僕はどうやら「あまんちゅ!」ではぴかりが一番好きなキャラだったようだ。AKB風に言えば推しメンってやつです。今までの天然系のキャラも好きでしたが6巻はぴかりの新たな一面を知れてぴかり株が上がりまくり。

    33話「奇蹟の海」ではぴかりと幼女・こころちゃんの話なんだど、ぴかりの良さを凝縮したものだったと思うわけですよ。なんのかんのでいつもてこを優しく見守って一緒にいるぴかりらしさ溢れるものであった。

    18
    ぴかりとこころちゃん

    こころちゃんを優しく見守りつつ、色々と教えて上げるぴかりである。まさに、ぴかりの「らしさ」と「良さ」を凝縮したものでした。ぴかりって奇怪な言動や無邪気さで子どもっぽい印象あるんですけど、「あまんちゅ!」の中では一番お母さん的な、導き手的な役割を担っていると思うんですよね。一番子供っぽいのに一番大人っぽいという相反するものがある。

    そして何よりぴかりは可愛い
    6巻読んで改めて知るぴかりの良さ&可愛さよ。
    36話「温泉丸」は、船の中に本物の温泉があり海で冷え切ったダイバー達を身体の芯から温めてくれる至福のスポットであり、僕等読者のハートまで温めてくれました

    19
    ハートも温めてくれます

    ドキッ!温泉に入ったら思わず上の水着まで脱いじゃった!ポロリは…?

    はじまったな!

    ぴかりはポロリを防ぐ為に頑張るお話である。
    これが僕の心の琴線を鷲掴みにしたのです。いやもちろん、ぴかりの乳も素晴らしかったのは言うまでもありません。というか姉ちゃん先輩には負けるけどぴかりもいいもの持ってますね!ぴかりのポロリを防ぐ為に、てこと姉ちゃん先輩の活躍なかなかどうして。ぴかりは導いたり見守る役割でありながら、てこに助けられるというエピソードで思わず胸が熱くなる。ハートも熱くなる

    総括するとぴかりペロペロという事である。
    ぴかりの乳を隠す仕草と、温泉から出られずのぼせる様子。ぴかりの一挙一動が最高であったと断言できる。色っぽかった!

    20
    のぼせたぴかり

    ブヒィィィィィィ!!

    あまんちゅ!(6) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)
    天野こずえ
    マッグガーデン (2013-05-10)

    あまんちゅ! 5 (BLADE COMICS)
    天野 こずえ
    マッグガーデン (2012-10-10)

    あまんちゅ! 4 (BLADE COMICS)
    天野 こずえ
    マッグガーデン (2012-03-10)

    あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)
    天野こずえ
    マッグガーデン (2010-08-10)

    あまんちゅ!(2) (BLADE COMICS)
    天野 こずえ
    マッグガーデン (2010-02-10)

    あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
    天野 こずえ
    マッグガーデン


    【Amazon.co.jp限定】劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版)(アニメ版権描きおろしブックカバー付き)[Blu-ray]