• スポンサードリンク

    「三日月とオレンジ」胸キュン&ニヤニヤ

    コメント(1)

    三日月とオレンジ 1 (花とゆめCOMICS)

    「三日月とオレンジ」1巻が発売されました。
    実に僕好みのほのぼの&ニヤリングを堪能できました。王道の胸キュンですね。カバー折り返しの作品解説は以下の通り。

    美月は友達のいない内気な高校一年生。ある日、机に書いた独り言に返事が来て!?相手は同じ机を使う定時制の陽太!出会うはずのなかった二人が繋がり、美月は少しずつ自分の世界を広げていく。正反対の陽太から人と関わる事の大切さを知った美月。新しい世界が今始まる―。

    主人公の女の子は遠藤美月。高校1年生で友達はいません。クラスメイトからも「美人で頭いいけどなんか近寄りがたいよね」「表情怖いし」と言われてしまいます。そんな彼女は机に「今日はいい天気だね」と独り言を書く。自分でも机に独り言は寂しいと思うも…次の日、学校へ行くと机に返事が書かれているのでした。

    「月がきれいだよ」という文面から察するに、返事をくれた相手は同じ学校へ通う、同じ机を使う定時制の人のようである。「どんな人なんだろう…」と思う美月で。そして、ある日、宿題を机に忘れて取りに学校へ行くと定時制の生徒にバッタリ。ガラ悪い&チャラい…不良?なんとこの相手が机の独り言に返事をくれた相手でした。同じ年の陽太。そして定時制の生徒達は美月をすんなり受け止めてくれました。それ以降、机にコメントするやり取りがはじまります。

    20
    机でのやり取り

    メールやLINE全盛の時代になんという古風なw
    しかし、この机のやり取りはいいね。僕の心の琴線に触れてきます。アナログ純愛…いいと思います。

    机の落書きで会話を交わす。
    全日制に通う美月。定時制に通う陽太。同じ学校で同じ年で同じ机。この設定はなかなかどうして。普段の学校生活では出会わない2人ですが、たまに会って話す程度の仲。でも、友達ができなかった美月も陽太と知り合い、会話を交わすうちに段々と成長していく…というもの。

    親との関係、学校での友人作り、球技大会…と、陽太と知り合って一歩進んでいきます。少しずつ成長する美月の様子に胸が熱くなるってもの。もちろん、美月の成長物語だけではなく、きちんとラブがコメるわけですが、これが僕の心の琴線を鷲掴みにするってもの。

    11
    なかなかのラブのコメりっぷりです

    「机でのやり取り」というポイントを上手に使っていると思う。
    陽太とはただの友達と聞かれれば「ヨータは友達っていうのとは違うかな…」と答えれば、それを陽太本人に聞かれてしまい以降机の落書きの返事が来なくなってしまいます。陽太は友達というのとは違うと聞いてへこんでいたのだ。実際は友達以上の特別な存在という事なんだけど年相応にへこむのであった。何気に年齢以上に大人びていた陽太だが、普通に年相応の反応をしていた。

    素晴らしき青春である。素敵なボーイミーツガールである。
    友達じゃないってのは誤解なんだけど、この誤解が解けるやり取りがニヤニヤもの。本人を目の前に「ヨータは存在が大きすぎて友達なんて言葉じゃ言い表せないよ」「私にとってヨータは友達以上に大事な存在なんだ」とか平然と言っちゃうわけです。可愛い女の子にこんなのこと言われたらドキマギするっつーの。なんという天然魔性の女っぷり

    12
    出たよ、魔性

    「三日月とオレンジ」のキモは振り回される陽太に有り!
    ピュアで純情でニヤニヤ&胸きゅんしまくるんですけど、美月の天然小悪魔っぷりよ。王道少女漫画のフォーマットで、全編通じて美月の視点で物語を転がしているんですけど、やってること少年漫画のラブコメです。つまり、ドキッ!可愛いあの娘に振り回されちゃうですよ。

    美月と陽太はどっからどう見ても100%両想いでお前ら早く付き合っちゃえよ状態なのですけど、主人公の美月が恋愛に「鈍い、疎い、興味ない」の三階級制覇している状態なのである。平然と「私はヨータのことが好き」とか言えちゃう魔性っぷりですよ。

    よくエロゲと少女漫画の違いで、エロゲは女がツンデレで少女漫画は男がツンデレという例えがある。ようするに好きな相手に振り回されるという事である。「三日月とオレンジ」の面白いところは、美月視点で王子様に振り回されるのをニヤニヤ楽しむではなく、美月視点でありながら振り回されるには陽太という少女漫画の体裁で少年漫画のラブコメやっているのがニヤニヤと楽しめる。

    もちろん少女漫画特有の胸キュンは抑えている。

    13
    胸キュンである

    手を伸ばしたくなる。触れてみたくなる。この気持ちは―

    完全に恋する乙女である。いちいち胸キュンする展開ですね。
    陽太と出会えて変わりました。明らかに恋する乙女。友達も出来、当て馬もいいよって来て、天文部も作りました。なのにこの気持ちが何かって気付かない。「ヨータが大好きで大切だってこの気持ちをどう扱えばいいのかよく分からならない」とか思っちゃうわけです。恋だよそれは!

    この鈍感っぷりよ。
    よくあるラブコメ作品の主人公に負けず劣らずの鈍チンっぷり。故に、この鈍チンに振り回されてしまうのは王子様であるはずの陽太である。少女漫画の基本フォーマットで少年漫画のラブコメをやる。これ至高なり。もうね、めがっさ胸キュン&ニヤニヤしちゃうじゃないの。溢れる思いがあると告白する様子は最高のシチュでしたね。

    ヨータの存在がいつも私に力をくれるの
    私ね、ヨータのことが好き。大好き
    だから―…

    きたきた。
    これぞ青春。これぞ恋愛。甘酸っぱい嬉し恥ずかしなラブコメっぷりよ。初々しいね。なんのかんの1巻終盤のお互いが惹かれ合っている中での美月の告白は最高の流れであったといえよう。

    14
    美月の告白

    「ヨータとずっと友達でいたい…!」

    なに言っちゃてるのこの娘…。
    大好きです友達でお願いしますって…なんだそれは。普通、友達宣言は告白とかを否定した後の台詞なのに。好きです、大好きです。ずっと友達でいたいって。そこは付き合って下さいだろ!

    素晴らしき鈍チンっぷりよ。王道少女漫画のフォーマットで振り回す役の美月の天然魔性っぷり。ニヤニヤできて胸キュンできる。今後の展開が楽しみってものです。まる。

    三日月とオレンジ 1 (花とゆめCOMICS)
    ふじつか雪
    白泉社 (2013-05-02)
    スポンサードリンク
  • 「春の包帯少女」傷つき傷つかれて

    コメント(0)

    春の包帯少女1 (メテオCOMICS)

    「春の包帯少女」1巻が発売されました。
    表紙見たまんまのヒロインが包帯少女であります。どうして包帯なのかと言えば、大火傷をしてしまったからであります。では何故、大火傷を負ってしまったのかといえば…。1巻の裏表紙の説明は以下の通りである。

    高校生の夜桜ハルと、星見ナツ。ふたりは恋人同士。誰もが羨むカップルとして、楽しい日々を過ごしていたハルとナツに、ある日、転機が訪れる。ハルの持つ謎の力。そのせいで、傷ついたナツ。その日からふたりの恋と想いは、予想だにしない軌跡を描き始める。

    燃やしたボクと、燃やされたキミ。
    変わるカラダ。変わらぬココロ―。
    炎のように燃え上がる、サスペンス・ラブ。

    今なら2話まで無料で読めるので是非
    ニヤニヤラブコメから一遍、痛い&切なさ全開の展開へ突き落してくれます。

    ハルとナツは幼なじみで恋人同士。
    もうね、見ていて頬が緩んでニヤニヤするラブラブ&イチャイチャっぷりであります。ああ、こんな青春送りたいと思わせてくれるぐらいの理想的なカップルです。一緒の登下校、チャリの2人乗り、炎天下にも負けないお熱い2人です。見てて微笑ましくなるぐらいの甘さと可愛さ全開です。

    2
    このラブラブっぷりよ

    読んでてムズ痒くなるぐらいのイチャラブっぷりよ。
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録して2人のバカップルっぷりを楽しんでいました。ところがである。物語は急転直下の大事変をもたらすのであった。2人のイチャラブっぷりを楽しむものと思いきや、とんでもない!甘いイチャラブを堪能するものではなかったのだ。

    どうも世の中物騒なようで、連続放火犯がこの町に潜んでいるのです。連夜ニュースになるぐらいの大事です。犯人はどんな奴なんでしょうか。

    3
    放火犯の犯人

    主人公・ハルが放火犯だった
    どういうわけかハルは右手がメラメラの実を食べたエースのような状態になってしまうのである。町中を騒がしていた放火犯は主人公だったのである。なぜこのような能力があるのかは不明ですが、この能力は自分ではコントロールできないようです。そのせいで恋人のナツを傷つけてしまうという…。そして重症を負ったナツは包帯少女となるのでした。

    とにかくインパクトが凄い。
    ラブラブのカップルの話かと思ったら一気に突き落されて、読んでて胸が締め付けられること必至であります。放火犯はハルだし、自分を傷つけたのもハルなのに庇っちゃうナツの愛がなかなかどうして。

    4
    ナツ

    傷つけた者と傷つけられた者の2人。
    今後どうなるのか…といった感じ。まだ1巻では全貌も明らかになっていないし、というか何もかも謎だらけな状況なのですけど、先が気になってしまう事は確かです。

    そして3話からは転校生・満月秋が登場するのですが、この娘は放火事件の被害者であったという過去があるようでそちらも気になるところ。まだまだ謎が謎を呼ぶ段階でどうやってストーリーが転がっていくのかも不明です。それでも、本当に先が気になるのですよね。

    この漫画のテーマは「」だと思うわけですが、心に傷を負ったボーイミーツガールを上手く描けており、読んでて胸がウバババとなること請け合い。もちろん精神的な傷だけでなく、ナツは肉体的にも傷を負っているのでどう繋げていくのかという見所があります。肉体を傷つけた方は精神に傷、肉体を傷つけられた方は肉体に傷。2人で「秘密」を共有するという設定もなかなかどうして。今後の展開が気になる状況であります。

    また、「傷」がテーマだろうと思いますがシリアス一辺倒というわけでもなく、日常の描写がいい感じにほのぼのさせてくれます。箸休めというか砂漠で見つけるオアシスのように、乾いた心が致されるというものです。

    5
    日常描写がいいよね

    とりあえず女の子は可愛いです。
    メインヒロインのナツも、転校生のアキちゃんも十分ペロペロできます。1巻の段階じゃ、まだまだ顔見せや伏線を張ったという段階なので面白いとかそんな評価はできませんが、先が気になることは確か。包帯少女になってからは、今までのイチャラブっぷりもどこか距離ができてしまいました。今後の関係はどうなのでしょうか。2巻が楽しみです。

    春の包帯少女1 (メテオCOMICS)
    佐藤ミト
    ほるぷ出版