• スポンサードリンク

    「AKB49~恋愛禁止条例~」努力、根性、ど根性

    コメント(1)

    AKB49~恋愛禁止条例~(1) (少年マガジンコミックス)   AKB49~恋愛禁止条例~(2)特装版 (プレミアムKC)

    くそ面白れー!!
    「AKB49~恋愛禁止条例~」2巻が発売されました。
    男が女装してAKBのメンバー入りして、男の娘でありハーレムを形成しており、完全にイロモノ漫画が始まったと思いきや。面白さが回を重ねる毎に加速していき勢いがどんどん増していきました。公式サイトの説明は以下の通り。

    AKB48の研究生「浦川みのり」としての生活を始めた男子高生・浦山実は、研究生公演のセンターに抜擢されるも、実力不足から周りに迷惑をかけることを恐れ、レッスン中に逃げ出してしまう!しかし、みのりを信じて待ち続ける吉永の姿に胸を打たれ、決意を新たに劇場へと戻るのだった。ついに、みのりと吉永たち研究生のステージデビュー初日が幕を開ける!!

    マガジンの連載を毎週読んでいるんですけど、改めて単行本2巻を読んんで驚きがまず挙げられます。何にって、吉永さんの出番の多さですよ。

    14
    吉永さん

    この漫画の原点でありメインヒロイン。見たまんま可愛いのです。2巻の時点は、まさにメインヒロインというに相応しい出番の多さと活躍。それが空気化してモブキャラになってしまうなんて誰が予想出来ようか!

    また「AKB49」の凄さを語る上で外せないのはたかみな先輩。実際のAKB48のメンバーのようですが、私のアイドルの歴史はチェキッ娘で時計の針が止まり、アイマスで動き出したので実際のAKBをほとんど知りません。それでも十分楽しめます。そして、たかみな先輩は最高の萌えキャラである、と。

    15
    たかみな先輩

    「AKB49」の登場キャラはみんな可愛いのですが、たかみな先輩は個人的にぶっちぎり。次点が岡部さん。

    そんなわけで、魅力満載で半端じゃない面白さの「AKB49」。特筆すべきはその「熱さ」です。アイドル漫画と見せかけてやっている事は熱血スポーツ漫画と同じノリで繰り広げられ、燃えるっちゅーもの。もちろん萌えます。萌えて燃えまくる圧倒的熱量。壁を努力と根性で乗り越えていく様はマーベラス極まりというもの。まさに、これぞ少年漫画の王道なのです。

    かの週刊少年ジャンプの三大テーマは努力、友情、勝利です。しかし、今のジャンプ漫画には「努力」なんてほとんどありません。あるのは「覚醒」です。覚醒、友情、勝利。もはや、今時「努力」など古臭いのか。否である!

    今のトレンディーは努力、根性、ど根性!

    16
    努力、根性、ど根性!

    初公演で骨折というアクシデントが起ころうとも、気力を振り絞って見事に成功させます。

    「死ぬ気で頑張る!」「それが男ってもんだろ!」と、努力&根性論を突き通す様が古き良きマガジンを彷彿させてくれます。やってる事は完全に熱血漫画なのです。

    また、少年誌らしくインフレも当然発生。
    センターは太陽で回りを照らさなければいけない→みんなが太陽→太陽を照らすほど大きな星も在る…と、とんどんAKBのメンバーというものの肩書が壮大になっていきました。太陽すら照らす輝く星になっても、竜巻に掻き消される

    そして、みのりの成長っぷりも外せません。歌やダンスが上手くなる努力の描写も良いのですが、言葉に出来ない何かを掴んでいくのが凄い。最初は外からAKBを見てアイドルが凄いって感じていました。

    18
    外から見たAKB

    「す…すげぇ…!!!」
    「すげぇ、熱量…迫力…歓声…」
    これが…AKB48のライブ…!!

    と、外から見たAKBのライブに武者震いして圧倒的な迫力に押されていました。以降の物語において、みのりは解説役として外からAKBを語るのです。基本的に、解説役というのは読者が読んで欲しい道とか方向を導くのが役目。

    AKBがいかに凄いかを、みのりの視点で解説し続けてくれました。それが初公演で、外から凄い凄いと解説してたAKBを、中から解説し始めるのです。

    17
    中から見たAKB

    「なんだろう、この感覚」
    「これが公演」
    これがAKB48
    これがアイドル!!!!

    みのりは2度、鳥肌を立てて驚愕しました。
    1度目はライブを観客として生で見た時。2度目はステージに立って。
    外からAKBを見て、中からAKBを見て。外からの視点で解説役から実際にステージでの凄さに。等身大で見える成長というか感動を丁寧に描いた事によって「これがAKB」というものを感覚的に体現できて、こっちまで感動して鳥肌ものです。宇宙規模の圧倒的な熱量を感じます。

    でも、個人的に一番のキモはやっぱり女の子の可愛さ。宮島先生の描く女の子はめちゃくちゃ可愛いく、その中でも肉感がツボすぎます。率直に言って「やわらかさ」です。

    19
    やわらかそう

    なんというか衣装がフリフリなのにピチピチなわけで、衣装からちょっと食い込んでいたりムチムチっぷりが良い感じ。これが実にやわらかそうで。個人的に太ももの質感がお気に入りです。私は「太もも」推しです(ドヤ)



    スポンサードリンク
  • 「ワンピース」アーロンの貯金

    コメント(1)
    【Amazon】PSP「STEINS;GATE」(限定版)(仮称)
    【Amazon】PSP「STEINS;GATE」(通常版)(仮称)

    PSP版「シュタゲ」のアマゾン予約が開始されたようです。

    さて、「ワンピース」618話"プロポーズ"。もはや、しらほし姫の可愛さに尽きるのです。チョッパーはサンジに「"人魚姫"なんて見たら一巻の終わりだよォ!」と泣きながらしらほし姫を見るなと止めますが、サンジは振り返るのです。そして石化

    サンジは、ハンコックを見た時も石化しましたが、世界のトップレベルの美女を見ると石化するのでしょうか。謎です。ハンコックの時は、遠くから見ただけで石化しましたが、今回は至近距離で見てしまい、破壊力はさらに凄いようです。

    んで、しらほし姫の下にデッケン登場。桃白白の如く、ルフィやしらほし姫の所へやってきました。10年間ストーカーし続けた陰険さばかり浮き彫りでしたが、そもそもしらほし姫はデッケンが好きなのか嫌いなのか分かりませんでした。ひょっとしたら両想いで、デッケンの言う通りネプチューンに邪魔されただけという可能性もありましたが…。

    6
    しらほし姫

    タイプじゃないんですっ…!!

    タイプじゃない、なんて核心を突いた台詞。
    タイプじゃない、なんとも重い響き。
    タイプじゃない、清々しい程の表現。

    ぶっちゃけたー!
    何が驚いたって、これを聞いてデッケンもショックを受けている事ですよ。10年間一途に愛を送り続けた男は、しらほし姫の本音を知らなかったのか。恋破れた男は殺す事を決意。すごい喪男っぷりには感動的ですらあります。そんな喪男の神・デッケンもルフィの一撃で沈んでしまいました。弱っ

    ところで、ルフィはしらほし姫をやたらと「弱虫」だの「泣き虫」だのと呼びますね。まったくその通りの仇名ですけど、ルフィがあえて呼ぶと胸が熱くなってしまいます。

    7
    弱虫も泣き虫も大っ嫌い

    エースはルフィを「泣き虫」「弱虫」だから大っ嫌いと言っていました。
    サボもルフィの事を「弱くて泣き虫」と最後の手紙で綴っていました。そんなエースもサボも、ルフィは「泣き虫」「弱虫」で大嫌いと口で言っても、兄としてルフィを守っていました。ある意味ではツンデレみたいなものです。

    そんなルフィがしらほ姫に対して「弱虫」「泣き虫」「大嫌い」と言いながら守る姿に胸が熱くなるのです。エース&サボとルフィの過去と関係を考えたら、ルフィの「遠くへ行かれたら守れなくなる!」という台詞はなかなか胸に響きます。

    8
    弱虫で泣き虫なしらほし姫

    「泣き虫」「弱虫」だから大っ嫌いと言いながらツンデレ爆発して守っちゃう姿。エース&サボとルフィの関係と凄くデジャぶります。これぞまさに、出来の悪い弟を持つと苦労するの心境である。

    つまり、何が言いたいのかというとしらほし姫には天性の妹属性があるという事です。いや、もともとネプチューンの末娘なので妹属性はあったのですが、ルフィ兄弟に通じる"絆"の兄妹属性という。そう、義理の妹です(上手い事言ったつもり)。

    そんなわけで、ルフィとしらほし姫はサンジとチョッパーを引き連れて海の森を目指すのでした。一方で、竜宮城から脱出したナミとケイミーも海の森へ。

    9
    ナミとケイミー

    ジンベエからルフィへの伝言…『ホーディとは戦うな』―その意味は、わかった気がする
    「事件に巻き込まれるままに、ゾロ達がホーディを怒らせなきゃいいけど…」

    な、なんだってー!!
    ジンベエの「ホーディと戦うな」の意味、ナミは何となく分かっちゃったようです。ホーディが強いから戦うなという意味ではないようで、薬を使っていないとはいえゾロに一閃のもとに敗れ去っていました。そこで以前述べたように、ホーディのバックに何かいる可能性

    新魚人海賊団の手にある凶薬"E・S"。寿命を縮めて、力を何倍にもするものでした。

    10
    凶薬"E・S"

    大変なモノを手に入れたもんだっヒ!!凶薬"E・S"

    新魚人海賊団が開発したものではないようで、どこかから流して貰っているような口ぶり。ホーディの後ろには何かとんでもない者が潜んでいる感じでした。で、ナミは「ホーディとは戦うな」の意味が分かったと述べています。うーん謎です。

    そもそも、ホーディと主張とアーロンの主張に若干の食い違いがあります。アーロンの野望は東の海全体を支配するアーロン帝国の建設でした。しかし、ホーディは「彼が計画通り"東の海"から世界の支配に乗り出す頃に、おれはアーロンの右腕となれる様に力を蓄えていた」と言っていました。

    アーロン一味程度が世界征服?
    そんな大それた事をしようとしてたんですか。というか、その計画はアーロンが考えたのか計画ってなんぞ。。アーロンは世界征服に熱心だったのでしょうか。"東の海"支配は口に出してましたけど。

    11
    東の海を支配するという野望

    アーロンを思い起こすと、謎なのは金をひたすら集めていた事
    一体何に使うつもりだったんだってばよ!どこでどのように金を使うのでしょうか。恐怖政治によって支配して金巻き上げていたアーロンは金を使うところがなさすぎです。

    海軍に裏金渡してたぐらいしかお金使った様子がありません。
    アーロンパーク建設だって金を使ったかどうかあやしいもの。というか使ってないだろ。それでも、ひたすらお金を稼ぎまくっていました。

    おれには莫大な資金が要るのさ!」と言っていたアーロン。東の海を統べアーロン帝国の礎になる為に金が必要といった感じでした。「莫大な資金が要る」「やがて」というように、今必要ではなく将来的に必要だったようです。そう、アーロンは趣味・貯金なのです

    例えば、大人1匹10万ベリー、子供1匹5万ベリーとしてココヤシ村では2500万ベリー以上巻き上げました。これが毎月。単純計算で1年で3億ベリー以上。これを8年間で24億ベリー。ココヤシ村だけで8年間で24億ベリーも巻き上げていました。

    アーロン一味は20もの村や町を支配していたので「村」のココヤシ村で24億ベリーなら、町ではもっと上でしょうか。単純に町村の数20掛けても、480億ベリー以上稼いでいます。稼ぎ過ぎだろ!

    12
    稼ぎまくったアーロンの金品は

    ナミは、「アーロンパークに残った金品には一切関与しないこと!あれは島のお金なの」と海軍を脅していました。しかし、その後のココヤシ村の様子など、平和になった様子は伺えても金銭的に豊かになった感じは見受けられません。

    アーロンの稼いだお金は何処に行ったんでしょうか。アーロン最大の謎は稼いだ金の行方です。将来必要と言ってせっせと貯金してたくせに、金持ってなさすぎだろ。480億ベリー以上あるはずなのに。

    アーロンはどこかに預けるないし送金してた可能性があるわけです。何処にかは分かりませんが、ヤバそうな所かも。それならアーロン一味の幹部だったナミが金の用途を把握しており、ジンベエの「ホーディと戦うな」の意味を理解できるかも。

    つまり何が言いたいのかといえば、2年で成長したナミの胸をケイミーに押し当てて「あててんのよ」が、私のハートをキャッチしたという事です。

    13
    あててんのよ

    ただ一つケイミーに言いたい。羨ましい、と。

    ONE PIECE 62
    ONE PIECE 62
    posted with amazlet at 11.03.21

    集英社


    ワンピース最強考察
    ワンピース最強考察
    posted with amazlet at 11.03.21
    ワンピ漫研団
    晋遊舎
    売り上げランキング: 565