• スポンサードリンク

    「苺ましまろ」これから「悔しいけど面白い」の話をしよう。

    コメント(4)

    苺ましまろ 7 (電撃コミックス)

    これからの『かわいいは正義』の話をしよう。」(帯より)

    「苺ましまろ」7巻が発売されました。
    4年振りの新刊である。4年て…「ハンター×ハンター」も裸足で逃げ出すペースである。帯にも「もう、笑うしかない。」と書かれてますけど、本当に色んな意味で笑うしかない

    しかも中身はコピーのオンパレードである。コピーのオラオララッシュに度肝を抜かされる事請け合いですよ。さらに、ページを勧めるとあからさまに背景が減っていくのである。7巻は10話収録されているんですけど、回が進むにつれてどんどん白くなる。70話「蚊」では、「みなみけ」もビックリの白さです。

    いっそ清々しい!
    新刊出すペース、コピーの多様、背景の白さ。ばらスィー先生こそ「萌え漫画界の冨樫先生」と呼ぶに相応しい!だからこそ、心から叫びたいのです。悔しいけど面白い、と。

    61話「いいわけ」など、これでもかというコピーの多様である。学校に遅刻した事、宿題を忘れた事を美羽が先生に言い訳をするという話。美羽がボケた言い訳をし、千佳が突っ込みを入れるというもの。ほぼコピーで通す。しかし、これが悔しいけど面白いのだ。笑える。

    21
    悔しいけど面白い

    宿題を忘れた事を美羽がボケながら言い訳し、千佳が突っ込みいれる。後は、台詞変えるだけのコピーっぷり。昔のジャンプ放送局のコーナーのようなものだ。今なら「じょしらく」の巻末コーナー。これを漫画本編でやる。しかしこれが笑える。台詞変えるだけなんですけど「ぷっ」となるんですよね。悔しいけど面白いわ。

    64話「桃太郎」では、何の前触れもなく桃太郎をやり出す
    何だろう、この懐かしいノリ。漫画のキャラを使って描かれる「桃太郎」。週刊誌連載のギャグ漫画ではよく見かけたな。まあ、こういうのもたまに炸裂すると無性に面白いんですよね。

    22
    桃太郎

    美羽が桃太郎となって鬼退治をする。まあ、いちいち面白いんですけど、鬼を退治する所なんて思わず声出して吹き出してしまった。「可愛い」は正義である。「面白い」もまた正義である。普通にギャグ漫画として笑える。

    65話「4コマましまろ」では唐突に4コマをやり出す。これまた、僕の笑いの琴線に触れてしまう。面白い、面白いぞ。68話「スーパーマシマロ」は、さらにぶっ飛んでいた。

    23
    マリオ

    もはや意味不明である。
    なのにめちゃんこ面白い。完全にシュールな世界観が出来上がっている。そも「苺ましまろ」って可愛いキャラ達の日常をニマニマしながら読んでたのに、いつの間にか普通にギャグ漫画として面白くなってしまった。なんだこのシュールなギャグの切れ味は。7巻なんてごった煮のカオス状態のエピソード満載である。

    通常の日常がメインでたまに不意打ちのように変化球を投じるもんだから、もう打ち取られるしかありません。まいりました。笑いました。最高の手抜きなのに、手抜きの魅せ方が上手い。絶妙と言わざるを得ない。

    もちろん、通常の日常回だって最高である。
    相変わらずの美羽の言動にこいつバカだと思うしかない。

    24
    こいつバカです

    ふむ。やはり美羽のパンツは好きだな。嬉しいパンツとは違い、どちらかと言えば残念なパンチラなんだろうけど、僕は好きです。ただ美羽がパンチラするだけで、俺の頬を緩ませる程度の事が可能です。何より、みんな本当に可愛い。可愛いは正義である。面白いも正義である。まる。

    苺ましまろ 7 (電撃コミックス)
    ばらスィー
    アスキー・メディアワークス (2013-03-27)

    苺ましまろ 6 (電撃コミックス)
    ばらスィー
    アスキー・メディアワークス

    苺ましまろ 5 (電撃コミックス)
    ばらスィー
    角川(メディアワークス)

    苺ましまろ 3 (3)    電撃コミックス
    ばらスィー
    メディアワークス発行/角川書店発売

    苺ましまろ 2 (電撃コミックス)
    ばらスィー
    メディアワークス

    苺ましまろ 1 (電撃コミックス)
    ばらスィー
    メディアワークス
    スポンサードリンク
  • 「女の子の設計図」女の子同士+実の姉妹=アババババ

    コメント(12)
    【Amazon】「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」(8)アニメDVD付限定版
    アニメDVD付き限定版「とらぶるダークネス」8巻の予約受付がアマゾンで開始されました。8月19日発売予定です。

    さて…。

    女の子の設計図 (ひらり、コミックス)

    「女の子の設計図」が発売されました。
    一言で述べれば、素晴らしかった。
    テーマは「不毛な恋」である。それもダブルで。

    私はBL系漫画をほとんど、というかまったく読まない。ぶっちゃけ、紺野キタ先生の作品は「つづきはまた明日(AA)」しか読んでいない。で、「女の子の設計図」は百合漫画である。ズバリ言って最高であった。なんだろう、この胸の中にある幸せな気持ちは、でもざわざわする。黒い帯で紫文字で「神様、ごめんなさい」と書かかれるギュッと締め付けるような謳い文句である。

    簡単にストーリーを説明すると百合です。姉妹です。幼い頃に両親が離婚して、離ればなれで暮らす姉妹がまた一緒に暮らすようになるっていう。姉、花南は絵に描いたような美少女。妹、青音は高身長でイケメン少女。最初はどこかぎこちないんだけど…段々と…というもの。

    13
    妹・青音 / 姉・花南

    実の姉妹ですが同学年。
    姉・花南は4月生まれで、妹・青音は3月生まれ。
    幼い頃に両親の離婚で離ればなれになった姉妹。年に1~2度くらいしか会わない関係で、この度数年振りに再会&一緒に暮らす事になる。久々に再開し、一緒に過ごす姉妹がアレでコレってストーリーである。まあ、これが実に素晴らしいんだ。

    「女の子の設計図」は、群青劇で描かれる。
    1話目では姉・花南の視点で綴られる。再会した妹のおかげで、不安だった新生活も順調。妹の存在を心強いと思うし、一緒にいて楽しいと思うようになる。で、たまに実の妹にドキリしてしまう。この魅せ方が本当に凄い。

    14
    妹にドキリとしちゃう

    これが凄い印象的。
    花南視点で描かれ、ナレーションも花南がする。状況説明から、新生活の心情まで。イケメン妹のおかげで新生活も心強い、浮かれていると。でも、肝心な所は台詞一切無しである。ただ絵で魅せる。妹に言動に何度も何かある意味深な表情を浮かべる。この時の心の声ゼロ。何の心情の吐露もない。表情のみで魅せる。ただ「はっ」とする表情だけが描かれるわけです。

    あ、これは何かあるな。
    心の声で語られない重要な意味があったのだ。一目瞭然だ。
    実の妹である。イケメン妹である。お姉ちゃん大好きな妹である。久々に再開し楽しい新生活をスタートさせた。でも、なにかおかしい。真顔の表情の…その理由は…。

    15
    その理由は

    やだやだやだやだやだやだやだ
    何なのこれ――!!

    はじまったな!

    これが1話ラスト。
    心の声&ナレーションで、状況説明や新生活やその時の気持ちを発していたのに、妹に対する真顔のシーンでは何も語らず。で、1話ラストでスパークするわけです。「何なのこれ―!!」と。そりゃ、あれです。恋です!素晴らしい恋に堕ちるまでの過程である。いや、心の声で発したのがラストだけで、とっくに恋してたと思われ。「上手い、唸る、ペロペロ」と三拍子揃ったお姉ちゃんサイドの恋の過程である。

    2話目は妹の視点だー!
    青音にとって姉・花南は憧れの女の子像であった。サラサラの長い髪、白くふわふわなお姫様。お姉ちゃんみたいになりたいと常に思っていました。だからオープンにお姉ちゃん大好きなわけです。女子高のノリでベタベタするわけです。で、ちょっとヤキモチ妬いちゃったりするわけです。

    他の同級生とキャキャウフフをする姿が何だか面白くない。そもそも最近のお姉ちゃんはヨソヨソしい。問い詰めるわけです。ベタベタしたいと思うわけです。悪ふざけをしちゃうわけです。調子に乗ってデコチューしちゃうわけです。お姉ちゃんに怒られて顎に頭突きかまされるわけです。痛い。痛い。

    16
    痛い

    ふざけてデコチューしたら顎に頭突きである。
    そりゃ痛いわ。痛いわな。顎が痛い…それ以上に胸が痛い
    大好きな憧れのお姉ちゃんである。でもさ、それは姉妹としての好きのはずである。でも、おかしい。胸が痛いである。人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。まいったな…。

    これが2話。
    1話でお姉ちゃんサイドで恋するまでを描き、2話で妹サイドで恋するまでを描く。まあ、これが普通のラブコメならただニヤニヤするだけだろう。しかし、こいつは禁呪並みですぜ。

    3話、えこれどうすんの?答えなんてないんだよ!ベジータもこれからが本当の地獄だと言ってました。「女同士」「実の姉妹」ですよ。なんすかこのロッテの大松がバント失敗してダブルプレーだった時のような状況は!

    17
    大松がバント失敗してダブルプレー食らった時のようなアレ

    なんだろうこの胸にザワザワする気持ちは。
    ズバリ「切ない」である。愛しさと切なさと心強さとってやつですよ!
    で、ここからが凄いんだ。お互いの胸の内をさらけ出しニヤニヤ悶絶しつつ、え?これはどうすんの?っていうザワザワを残す。そのまま4話へ続き、もうページをめくるのがとめられなくなる。かっぱえびせんのように、止まらない。

    ただ一つ言えることはめがっさ素晴らしかった。
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録する。

    18
    ブヒブヒブヒー!!

    「実の姉妹+女同士」=プライレス!

    もうめがっさ良かった。「刹那的でいい」という台詞もグッとくる。「神様ごめんなさい」という帯が核心付く。でも覚悟も出来てる。なんつーの、「今」か「先」かというアレ。ぶっちゃけ答え出てるようで出てない。出てないようで出てる。「後ろめたさ」と「今が幸せ」の入り混じる。ただ一つ言える。最高だった

    19
    最高である

    オヤジの栄光時代はいつだよ。全日本の時か?
    花南と青音は…この姉妹は今なんだよ!


    最後の神様への語りも僕の心の琴線を鷲掴みにする。
    背徳感ある恋とでも止められない、しからばどうする…が実に素晴らしい。ニヤニヤ&切なさを全開にするっちゅーの。切ない恋なんだけど、優しさに溢れてたと思うの。ダークなようでホワイト。超ニヤニヤしてセンチメタルな気分にもなる。でも…っていう。

    表題作「女の子の設計図」の他にも、3つの短編が収録されてるんですけど、これまたどれも素晴らしいのなんの。紺野キタ先生、ホモばっか描いてる印象だったけど、百合最高やん!死にかけました(悶絶&切なさで)。超良かった!







    To LOVEる-とらぶる-ダークネス第8巻アニメDVD付予約限定版 (ジャンプコミックス)