• スポンサードリンク

    「鉄風」が燃える

    コメント(0)
    アフタのおまけ、四季賞の冊子は家宝です。

    死刑制度が廃止された世界で、懲役300年など、人間の寿命を遥かに超える懲役年数が言い渡される法律。そこでは、罪を追った本人が死んでしまったら、クローン人間が変わって懲役年数を受け継ぎました。クローンと言っても、記憶や性格などは受け継いでいるわけでなく、遺伝子が同じというだけ。クローン人間の主人公は、オリジナルが犯した罪を償いながら葛藤するという、グンバツな設定で考えさせられた「囚われクローン」。

    四季大賞を取った「魔女が飛んだり飛ばなかったり」も逸材。世界に13人の魔女がおり、世界を守って来た魔女だけど、一般の人間からは排除されている感じ。そんな魔女たちに、地球に衝突する隕石から、自分の命と引き換えに世界を守るという最後の任務が。魔女の一人ナツオ様とあくまで一般人の主人公の関係が最高にマーベラスでした。どう考えてもニトロプラスの「スマガ」はこの漫画の影響受けたよな。

    さらにアフタ本誌に掲載された読み切り「都市伝説だよ都市子さん」も素晴らしい。と、ハイクオリティーの話を連発させまくりの太田モアレ先生が、初の連載もの「鉄風」の単行本が出ました!1、2巻同時発売です!


    総合格闘技をテーマにしているというのですから、たまりません。総合の漫画といえば、修斗を扱った「オールラウンダー廻(AA)」もお勧めですが、この「鉄風」は脳から変な汁が出てくるほどの面白さ。読んでて鳥肌立った!オビもテンション上がりまくるです。


    新・本格格闘技漫画!!!!


    なにが「新」なのでしょうか。女子高生の格闘技漫画というのは新しいっちゃ新しいですが。

    ちなみに、作者、太田モアレ先生は「昔ながらの熱血少年漫画のノリを目指して描きました」とコメント。なるほど、総合格闘技が大好きで、「リンジィと、リング上で闘いたい…」と親友と戦いたいがために、学校で部活を作ろうとし、実力も十分で楽しそうに総合格闘技に取り組む熱血バカ。うん、一直線の青春っぷりが、昔ながらの古き良き少年漫画のノリですね。

    19
    ↑主人公

    …ん。
    熱血一直線の天才、ゆず子。それを、倒してやろうとするライバルキャラ…、って主人公こっち?どう考えてもライバルキャラとしてキャラが立ちまくっている石堂夏央が主人公。「私は充実している人間を、許さない」とかナチュラルに黒いです。

    この黒さが際立ったのは、空手部へのかち込み。夏央は昔、空手をやっていたようで、過去の勘を取り戻す為に、空手部の主将(彼女とも因縁がありそう)を踏み台にしようと道場破りのようなことをしますが、あいにくの不在で、他の部員を「見た感じ他は論外かな…」と満面の笑顔で見下したり。すんごい黒いよ!どう見ても悪役としてキャラ立ちまくりです。本当にありがとうございました。このような悪役をプロレス用語ではヒールというのですが、彼女はヒール役がはまりすぎ

    また、ヒールに対して善玉をベビーフェイスといいます。プロレスならば、ベビーフェイスがヒールへ挑む姿に感情移入して、手に汗握るもの。が、「鉄風」は極悪ヒールがベビーフェイスにまったく歯が立ちません。で、潰しがいがある事を確認し、強大な相手へ挑戦する事を決心するのでした。

    21
    挑戦

    極悪ヒールが善玉ベビーフェイスに挑戦する!…なるほど「新」というだけあって新しいな、おい。で、これに感情移入できるかどうかは分かりませんが、展開的にはすんごく燃える

    試合に至る流れまでに、あらかじめ段取りや筋書きが決まっていて、リング外で注目を集めようとする事を、プロレス用語でアングルといいます。このアングルというのは、格闘技の世界でも存在し、「鉄風」は、このアングルまで描くのです。格闘漫画でアングルを描くなんて、新しいな。女子格闘技のトーナメントが開かれることがテレビで中継され。

    20
    女子高生に男の格闘家が失神KO

    去年引退した竹中理祐が、女子高生リンジィとのスパーリングで失神されるシーンが流れます。夏央は、ものの見事にアングルに乗せられて、ブルッと震えてしばらくテレビを睨みつけていました。世界最強の格闘家の娘が実力のある男格闘家を瞬殺。話題性十分です。そして失神された格闘家の弟子が、そのトーナメントへ出場を発表。ここまでは筋書き通り。

    アングルであったと語られるのに、竹中選手が実は骨折していたという、リアルでは考えられないハッタリも最高ですよおお。つき抜けも大事である、と。「キン肉マン」のゆでたまご先生は、格闘表現を以下のようにおしゃっていました。

    格闘マンガをもっと究めようと思ってます。絶対に、この分野では負けたくない。プロレスラーとか格闘家にも、ゆでたまごはすごいことを考えるな、と思ってもらえるようなものを描いていきたいです。だからといって、ただリアルに描くだけではダメなんですよ。「キン肉マン」に、プロのファンが多いのは、そこなんだと思う。僕らの描くものは、つき抜けてますから(笑)

    つき抜けも重要である、と。

    また、人によっては、やらせ感満載のアングルを嫌う人もいます。ボクシングの亀田兄弟なんて完璧TBSが描いたアングルです。逆に、アングルと分かっていても、あえて乗って楽しむというのも人それぞれ。

    で、話題を提供して注目させるようにするアングルの中にもガチのものが存在します。これをナチュラルアングルというのですが、「鉄風」はやらせのアングルに乗っかりながら、いつの間にかナチュラルアングルと化していく様が最高に燃える。

    トーナメントに参戦を表明した紺谷が、アングルに乗っかりながらも、「ヤラセだろうが、なんだろうが、あの子は竹中さんに勝っちゃったの。その事実は残るわ。そんなの許せないじゃない。」とスイッチオン。さらにテレビで失神KOを食らった竹中も、リンジィの親父の挑発にスイッチが入ってしまったようで、現役復帰を決意したようです。で、夏央とゆず子は、すでにナチュラルアングルが発生してました。

    で、両雄が見開きで対立。

    22
    相対する

    熱いな。アングルだった一連の話からナチュラルアングルに変化する流れ。それを、この見開きで完璧に対立していることを決定付けさせる。燃えるな。マーベラスですよおお。

    ちなみに、女の子わんさか出てくるのに、萌え要素がまったくないです。燃えですね。

    スポンサードリンク
  • 「となりの怪物くん」がはじまった

    コメント(0)
    「少女素数」読んでホクホク。ハーフの双子の妹でお兄ちゃん大好きというだけでお腹一杯なのに、一緒にお風呂でオレ野臨界点突破ですよおおお。


    さて、先月「となりの怪物くん」の第4巻が発売されました。1巻発売した時も、ちょこっと取り上げましたが。4巻読みました。はじまったな。「となりの怪物くん」がはじまった!


    ぶっちゃけ1巻が出た時の感想は「?」でした。勉強に一途で他の事に一切興味のない雫と、問題児ハルの掛け合いは、確かに面白いしニヤニヤできる。初期の「彼氏彼女の事情」のような設定で、変人ばかりの登場人物は確かに面白い。しかし、「ボーイ×ミーツ×ガール(AA) 」や「ひみこい(AA)」でニヤニヤどころか、胸キュンしまくって、あやうくキュン死しかけた身からすると、満足はではなかったのです。正直、もっと面白いはずだろ、と。

    どうやら、私は短編集でニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録したことで、ろびこ先生初の連載作品に、勝手に期待値をあげまくっていたんです。エロゲ体験版をプレイして、これは名作に違いないとワクワクして買ってみたら、それほどでもなかった感じ。

    しかし、「となりの怪物くん」は巻を追うごとに面白くなっていき、2巻ではハルが雫に異性として惚れ、3巻では期待していた通りにマーベラスな展開でニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録したのです。雫の可愛さがとんでもなかったのです。

    13

    この後、一人で雫の可愛さにほくそ笑んでいるハル同様に、オレも思わずニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべていました。この胸きゅんが俺の求めていたものですよぉぉぉ。学園祭の時点で、何かがはじまる感じはしました。「季刊S(エス)04月号(AA)」にろびこ先生のインタビューが掲載されているのですが、この何かがはじまった感を以下のようにおっしゃっていました。

    もともと青春群像劇をやりたいという気持ちはあったんです。でも最初はこんなに続くと思ってなかったし、自分がどういうものを描けるかも、よく分からなくて、まずは二人のキャラを立てなきゃ、と。でも少しずつキャラクターも出て、育ってきて、三巻くらいで、「そろそろ、いっちゃって良いですかね?」という感じでGOが出ました(笑)。

    はー、なるほど。青春群像劇をやりたかったんですか。オレのろびこ作品のイメージだと男女2人のエピソードを、絵とか構造とか話を上手く練り込んで丁寧に王道少女漫画に仕上げるというイメージだったので、いろいろな登場人物にまつわる、話を交錯して描いていく群青劇というのは対局のような感じでしたが。「彼女がいなくなった(AA)」に収録されている「カラクリ演劇堂」を拡大させた感じか。

    で、「となりの怪物くん」が青春群像劇の様になった3巻はグンバツに面白くなりました。期待どおりです。胸きゅん確実。で、4巻。オビには「役者は揃った。みんな、恋にはまりだす。

    ―降参、降参です!!
    とハルに初めて告白した雫のごとく白旗上げざるを得ない。期待値を遥かに突破してしまいましたよおお。ナニコレ、いい意味でやばすぎ。

    雫は相変わらず可愛い。そして、雫がついにハルに二度目(厳密には三度目)の告白をするのです。ここに至る流れがマーベラスすぎる。よく、雫がハルと過ごした出来事を唐突に回想する事が多々あります。今回の回想では、子供のころの金魚の思いでを語り、ふと回想。

    14
    雫の回想

    ―そういや、あの時も
    私は同じようなことを思わなかったか?―……

    雫が「あの時」といって、ハルとの思い出を回想するのは、何気に重要ですよおぉ。きちんと、「あの時」も絵写されています。例えば、学園祭ラストでニヤニヤしまくりのハルと向き合おうとした時。

    15
    あの時

    あの時、私は感じたのだ。」

    学園祭の時の回想の「あの時」とは、屋上で居眠りしてハルに膝枕された時。初めて授業をサボることになった雫は、午後の屋上の空が青いと気づき、世界が広がりました。今まで雑音(ノイズ)だったものが心地いいと思い、「気持ちいい」と思うのでした。

    雫の回想の「あの時」は、確かにあったエピソードで、13話「0と1」での「あの時」は、ハルの兄貴が登場して、ハルがいなくなってしまうかもというエピソードがあり、朝の登校風景でふと思うのです。

    16
    13話における、「あの時」(7話)

    「…いつからだろう。この光景が見慣れたものになったのは」
    「いつかのハルの言葉を思い出す。私が離れていくことを、怖いと言ったハル。今なら少しわかる気がする」

    ハルがいる事が当たり前の光景となったシーンを「あの時」と言って思い出しました。これだけでは正解に辿り着けない。まだ慌てるような時間じゃない。13話「0と1」でのキモは、子供時代の水がめで金魚を飼おうとしてダメになったことを話しながら、「あの時、私は、もしかして淋しかったか?」と自問する雫ですよ。

    また「あの時」か。「となりの怪物くん」を読む時は、雫の「あの時」は要チェックや!で、図書館でヤマケンと出会って、文化祭でヤマケンに言われた言葉に感動して人と向き合おうと思ったことを告白。ヤマケンが文化祭で言った言葉というのは。

    さみしいっつーのは、相手がいるから感じるもんだよ

    すんごい名言だな、おい。つまり、「淋しいと思う→相手がいる→ハルがいる→オッケーイ!」ですよ。13話「0と1」の収束しっぷりに感動。この流れで、14話で満を持しての告白ですよぉ。

    初めて告白して「ハルに私を好きになってもらってから、また言う」と言ったいました。心の中で「他人の気持ちは想像しかできない。想像でしかないなら、ぶつかってみるしかない」と思っていました。ハルが好きになりすぎて、勉強が手に付かなくなって、ハルをただの友達だと言いました。でも、やっぱり好きですんごい可愛い顔しながら「また勉強も手につかなくなるほど、ハルを好きになっちゃうのか?」と言っていた雫。

    恋愛と勉強と両立できると気持ちを整理して、満を持してハルに再び告白するのです。この流れは素晴らしい。マーベラスです。もう迷わない。ハルと頑張ろうと決めました。もう流れは完璧。私も万感の思いで、雫の再告白を見守り応援しました。雫がはじまった!もう、この2人が上手くいかないはずがない。

    行け、ドライアイスのガリ勉。出よ、何考えているか分からない問題児!

    17
    !?

    ―だめだった

    …、でも主役2人ははじまらなかったけど、他のキャラははじまりまくりですよ。例えば、メガネ学級委員長の大島さん。なんか相変わらず報われない感でも、一途にハルを思う言動にぐっときますよ。まあ、分をわきまえているんですが。そういえば、エスのインタビューでは、大島さんが登場した秘話が語られていました。

    基本的には、こういうタイプのキャラクターがこういう反応をしたら面白いなとか、キュンとするかもなという感じでやっているので。その一番が、大島さんみたいな委員長タイプに「キンタマついてんのか!!」って言わせるという(笑)。大島さんは、それを言わせたいがために生まれたキャラクターだったんですよ、もともとは(笑)

    12
    大島さん

    今明かされる衝撃の事実!
    大島さんは、はじまりがキンタマだったのか。

    ええと、4巻から何がはじまったのかといえば、夏目あさ子がはじまったんです。みっちゃんに陥落(おち)てしまったんです。その様子が可愛いんです。すんごい可愛いよ!4巻のキモは、夏目さんの可愛さにつきる。ぶっちゃけ原稿用紙100枚分ぐらい夏目さんの可愛さを語ろうかと思ったけど自重して。ずばり、夏目さん目線の構図にときめきがとまらない。

    絵の中に自分の視点が入ると言われた、「ワンピース」の尾田先生は構図について以下のように語っていました。

    「要するにカメラの位置なんですよね。同じものを描いても、カメラをどこに置くかで、絵はまったく変わってくる。(中略)
    カメラを引くと、近くの人も遠くの人も似たような大きさになってしまうんですよ。僕の場合は極端に大きく、遠くの人はすごく小さく描きたい。そうすることで奥行きも出てきますしね。」

    尾田先生の言葉で言えば、ろびこ作品はカメラの位置が近い。というか、キャラと同じ位置にカメラがあります。で、さっき回想にも使った7話。

    16
    7話

    上のコマどアップ。下のコマでは雫と同じ位置のカメラ。つまり、雫から見たまんまの目線。このキャラが見た目線が「となりの怪物くん」というかろびこ作品ではかなり多く使用されています。4話で夏目さんがみっちゃんをじーっとガン見したのと比べ、ファミレスでみっちゃんを見る目線がもうね。

    18
    夏目さんが見た

    みっちゃんを見る夏目さん視点、背景キラキラしてるよ。うん、これは陥落ちるね。しかも、みっちゃんを見つめる夏目さんの面構えの可愛いこと。すんごい可愛いよ。

    もう夏目さんの可愛さは完璧です。その後の、みっちゃんをまともに見れないのがマーベラスすぎて、床をゴロゴロと転げまわるほどの破壊力。オッケーイ!です。

    あ、4巻のキモはヤマケンのツンデレっぷりなんですけど、もう長くなったからいいや。カバーめくると公認で「あて馬」宣言されたヤマケンに幸あれ!とにかく、4巻ははじまりすぎてニヤニヤせざるを得ない。