• スポンサードリンク

    『To LOVEる ダークネス』15巻を読んで

    コメント(12)

    To LOVEる―とらぶる― ダークネス 15 (ジャンプコミックス)

    『To LOVEる』は現在進行形で生きる伝説である。人生に疲れた我々に「生きる力」を与えてくれる存在といっていい。とらぶるがあるから僕らは生きていける。少年誌の限界に挑み続け、常に界王拳20倍の勢いで突っ走り続けています。矢吹先生は開き直って悟りを開いているからね。我々は読了後に「ありがとうございます」とただ感謝を述べるのみだ。

    続きはこっちだYO
  • 『銀魂』が燃えた話

    コメント(7)

    今にも泣き出しそうな雨が見えた。
    どうやら俺はそこから振ってきたらしい。

    おぼろげな記憶をさぐる。
    俺は仄暗い空がこらえきれなくなってこぼした最初の雨か。
    それとも散々泣き散らしてふみとどまろうとこぼした最後の雨か。

    どちらでもある気がするし、どちらでもない気がする。
    一つだけ確かに言えるのは
    もう雨はごめんだ

    32


    すごいポエムだ…。


    いやはや。最近はギャグが白夜叉(ぱくやしゃ)ぐらいしかない。シリアス一辺倒の『銀魂』でしたが、ここにきて特大の笑いを提供してくれるってんだから侮れません。最初読んだ時なんて、これ『銀魂』だよね?『ブリーチ』じゃないよね?ってタイトル確認したぐらいですから。

    続きはこっちだYO