• スポンサードリンク

    「1/11 じゅういちぶんのいち」目頭と胸が熱くなる!

    コメント(0)

    なんか一気に大ブレークした「進撃の巨人」3巻が発売されました。オビに「これが21世紀の王道少年漫画だ!」と堂々の宣言。3巻も尚勢いあて面白い!エレンが巨人にる理由など、色々と謎が個人的にツボなのですが、3巻は痺れました。幼馴染アルミン△!さらに、家族を思って戻って来る兵士とか燃える。でも、最大のキモはミカサであると断言せざるを得ません。

    12
    ミカサ

    「恋人を守るためだからな」、「…家族です」の流れとミカサの表情で絶望だらけの「進撃の巨人」で、確かに生きる希望を見た。

    さて、以前にW杯に便乗してサッカー漫画を紹介しました。その中で、中村尚儁先生の「1/11 じゅういちぶんのいち」。ジャンプSQ19という季刊誌掲載で単行本になるのを非常に楽しみにしていましたが、ようやく待望の1巻が発売されました。

    「サッカーをする時、俺は1人じゃない―」(1話)
    「それでも私は全力でやり遂げたい…無駄かもしれない今を」(2話)
    「今―ようやく一歩だけ近づけたたんだ。あの頃のおまえがずっと夢見ていた、見せかけだけじゃないキラキラした自分に―」(3話)

    マジでマーベラスだな!


    1巻発売に合わせて本誌にも出張して今月号のジャンプスクエアに読み切り掲載もされていますが、こちらもマジで泣ける感動する、つまりマーベラスなのです。1巻の後書きで中村先生は「1/11 じゅういちぶんのいち」を以下のようにコメントされています。

    この漫画は季刊誌という、漫画雑誌としてはなかなか特殊なスパンで発行される雑誌に連載されています。ですので、前の号の話を忘れてしまっている人が読んでも大丈夫なように、それぞれ各話がひとつの独立した読み切りとして読めるようにしながらも、全部でひとつの物語としても読めるように作ったつもりの、ちょっと変てこな連作漫画となっています。

    ようするに、オムニバス形式になっているので、途中からいきなり読んでも楽しめます。そんなわけで、今月号(1月号)のジャンプスクエアに出張掲載されてますので、「新テニプリ」立ち読みするついでに是非とも一緒に読んでみて欲しいもの。笑ったあとに泣く!

    で、1巻は「若宮四季」、「篠森仁菜」、「越川凛哉」の3編と、アフタヌーン四季賞佳作「エロメガネ男子×女子」が掲載。本編の3作はどれもジーンと心に染みる傑作揃い。

    全体の物語の主人公は安藤ソラという1人のサッカー選手とその回りの人々を描いたもの。中学時代に日本代表候補の選手と対戦して別次元のプレーで、格の違いを目の当たりにして一度はサッカーを諦めるものの、中学生で女子プロサッカー選手の若宮四季と出会い、再びサッカーに打ち込むようになる話。

    13
    安藤ソラ

    そして、2話目からは主人公が変わって安藤ソラの周りの人々の物語。2話の篠森仁菜はソラが進学した高校のサッカー部の女子マネージャーで家族の話が中心。3話の越川凛哉は、高校デビューしでリア充しつつも何かが足りない、忘れている…んで、サッカー部に途中入部し青春に打ち込むようになる話。どれもサッカーという題材ですが、描かれるのは人間ドラマ。しかもどれも傑作揃いという。

    1話ごとに見所満載でそれだけでマーベラスなのですが、物語全体の主人公ソラの成長も胸が熱くなると言うもの。1話で若宮四季がインタビューで語っていた幼馴染(ソラ)の話を踏まえて読めばさらに濃厚ってものです。

    14
    四季のインタビュー

    もう一度彼が楽しそうにサッカーするとこを見てみたい…

    そして、高校進学してサッカー部の初陣で「楽しんでこーぜ!」とかけ声掛けたり、楽しそうにサッカーしている姿に何だか込み上げてきます。篠森仁菜に言った台詞が胸熱すぎる。

    15
    楽しいです

    無駄かもかもしれないことを全力でやることがきっと、面白いサッカーに繋がっていく

    名言すぎるぜ!
    しかも、若宮四季に気付かされた「面白い」「楽しい」を実路するばかりでなく、安藤ソラの台詞で篠森仁菜が何かに気付いて…という感じで人と人との繋がりが良すぎる。でも、始まりはソラから四季でもあり…マーベラスですよぉぉぉ!

    また、1話では「簡単にプロになれるとかホイホイ言うんじゃねぇよ!」と言っていたのが、3話では越川凛哉にちょっと小馬鹿にされ「何か立派な夢とか目標とかあるわけ?」と言われれば堂々と。

    16
    夢とか目標

    はい、プロを目指してます

    熱いな!1話以降は脇役となるソラですが、それでもソラの成長っぷりがマーベラス極まりないのです。これを踏まえて今月号のジャンプスクエアで堂々の脇役をしているソラを見て、頬がニヤけるというもの。

    また、個人的に気になる点といえばサブタイトル。2話、3話と各話の主人公の名前がサブタイトルになっていますが、1話はどう見てもソラが主人公なのに「若宮四季」となっています。「安藤ソラ」ってサブタイトルはつかないのかよ!

    恐らく最終回で付くんじゃないかと思いますが、今からソラがどんな成長をして終着するのか、オラなんだかワクワクしてきたぞ!

    またッ個人的に外せないのは女の子の可愛さ。2話の篠森仁菜は家族の話で感動しますが、どう見てもソラに惚れており、その様子もニヤニヤ出来て2度美味しい!

    17
    篠森仁菜

    サッカーの試合の勝敗とかアクションが見所ではなくサッカーを通じて描かれる人間ドラマがグンバツに最高ってもんです!感動して目頭が熱くなってきたり、何か忘れていた何かが思い出すというもの。これは良い物だ!マジで超お勧めです

    スポンサードリンク
  • 「ワンピース」新魚人海賊団

    コメント(0)

    「となりの怪物くん」6巻が発売されました。「頑張りたい。人が、恋が、私を変える」というのは雫の言葉でしょうか。そんなわけで、夏目さんも大島さんも可愛いけど、やっぱり雫が一番だな…。

    1
    ユウちゃん

    な、なんだと…。
    ちびっ子ユウちゃんが彼氏がいると言い出し。そこから紡ぐ5ページちょっとの回想に、甘酸っぱい青春とニヤニヤ展開が詰まっていた。すみません、大島さんのオマケのマスコットキャラだと思っていたら、どえらい戦闘能力でした。

    さて、「ワンピース」607話"海底1万m"。海底火山が爆発するという事で、麦わら一味もバンデー・ダッケン海賊団も一目散に逃げ出しますスルメが物凄い形相で走る姿は、滑稽そのものでロビンも「ひどい走り方ね」と酷い事をさらりと。そして辿り着くのです。海底1万m海淵(海溝の底)に…。

    2
    魚人島

    ついに魚人島まで来ました。今まで散々「次は魚人島だー!」と言いながら、一向に辿り着く気配がありませんでした。これでは行く行く詐欺ですよ!しかし、ようやく辿り着いたとなると胸が熱くなります。

    まず驚いたのは巨大なシャボンに包まれている事。初めて魚人島の名前が出た時、サンジは"偉大なる航路"の名スポットと言っていました。どうやら観光地として有名なようです。有名な観光地だけあってシャボンが貼られているという事は、人間などの種族が来れるようになっているのでしょうか…

    しかし、大海賊時代が到来した頃は魚人島は大荒れだったとか。

    3
    魚人島は大荒れだったらしい

    人間の海賊とそれを追う海軍のせいで魚人島は大荒れになり、魚人と人魚の多くは攫われ売られたとか。白ひげのナワバリ宣言で平穏を取り戻したらしいですが、見ての通り魚人島はシャボンで囲まれて人間も上陸できます。荒れてた時代、シャボン割ればよくない?

    魚人はご存知の通り海中でもシャボン無しでも普通に活動できますが、人間は海底1万mなら即死します。魚人島を包むシャボンは割れないのでしょうか。魚人島のシャボンは半永久的に自然のもの?謎です。

    で、新章からスルー展開でしたが、ようやく物語が動いた感じ。魚人島の目の前で新魚人海賊団が登場しました。3人組の魚人ですが、まず注目すべきは左側のタコだかイカの魚人

    4
    タコだかイカの魚人

    何だか凄そうな剣を持っています。
    覚えているでしょうか。ルフィ達がアーロン一味と闘った時、ゾロの相手をしたのはハチでした。当時、ハチは剣を使っており、自分の事を魚人NO2の剣士であると言っていました。

    5
    ハチは魚人島でNO2の剣士

    「おれ様は魚人島で1人を除けばNo.1の剣豪"六刀流のハチ"と知っているのかァ!!貴様ら人間など天地がひっくり返っても、このオレには勝てねェんだぞォ!!」

    しかも剣を披露する前に「人間の剣士じゃあ絶対におれに勝てない」と強調しており、オチが六刀流だった事からハチよりも上の魚人島の剣士は八刀流のイカの魚人と思われていました。で、このイカ(?)の魚人足がイカで手は2本で刀は1本です。しかし、風格から凄い剣士のオーラがビンビンしますが、果たしてコイツがNO1の魚人剣士なのか。
    ※追記
    すみません。下が魚なのは人魚で魚人ではありません。コイツはイカの人魚です。


    そして、最も刮目すべきは真ん中のハモの魚人ハモンドです。

    7
    ハモンド

    所属が「新魚人海賊団」となっています。
    「新」って何だよ!今まで登場した魚人海賊団は、アーロン一味にしてもマクロ一味にしても、劇場版のウィリー一味にしても全員が「魚人海賊団○○一味」となっていました。

    魚人海賊団は謎が多過ぎるのですが、ちょっと振り返ってみると…。まず、魚人海賊団(タイヨウの海賊団)は今からたった15年前に結成されました(ハンコック達が13年前に保護+2年経過)。

    8
    15年前タイヨウの海賊団結成

    奴隷だった魚人を開放してフィッシャー・タイガーは魚人達とタイヨウの海賊団を結成します。大海賊時代の到来が今から24年前で、フィッシャー・タイガーがタイヨウの海賊団を結成するまで…

    24年前 魚人島が大荒れ
    多くの魚人&人魚が攫われ売られた
    15年前 フィッシャー・タイガーが奴隷の魚人を開放
    タイヨウの海賊団結成
    ?年前 白ひげが魚人島をナワバリ宣言
    魚人島に誰も手出し出来なくなる

    問題は白ひげが何年前に魚人島をナワバリ宣言したのかという事。ハモンドはフィッシャー・タイガーを以下のように言っていました。

    「お前達…"麦わらの一味"だなァ…よく知ってるとも…かつて"アーロン一味"の野望を打ち砕いた海賊達。―それで済めば答えは簡単だったふぁ…!よりによって2年前、元"アーロン一味"幹部ハチさんを庇い…あの憎き"天竜人"をぶちのめしたとも聞いている…!まるで我々の敬愛する魚人島の英雄"フィッシャー・タイガー"の様にハモハモハモ!まったく扱いに困る」

    この台詞は意味深すぎる。
    魚人島の英雄」となっているフィッシャー・タイガー。「魚人海賊団」とか「魚人」の英雄というのなら分かりますが、「魚人島」の英雄なのかよ!だってどう考えても魚人島の英雄は白ひげじゃん。

    荒れ放題の魚人島に平穏をもたらしたのは白ひげのナワバリ宣言じゃなかったのでしょうか。白ひげが人間だから英雄にしたくないのでしょうか。しかし、ハモンドの言い回からしてフィッシャー・タイガーも魚人ではなく人間っぽいのですが。まあ、言ってないだけで白ひげも英雄扱いされているかもしれませんが。

    白ひげのナワバリ宣言がタイヨウの海賊団結成以前・以後なのか。タイヨウの海賊団結成前なら、白ひげの発言を間近で見たジンベエは初期のタイヨウの海賊団メンバーじゃなくなります。以後なら、タイヨウの海賊団結成後も魚人島が荒れてた事になります。そうなるとフィッシャー・タイガーが魚人島の英雄というのはちょっと…。

    というか、ジンベエ程の戦闘能力があれば、捕まったり売られたりする事もなさそうなので、ジンベエは元奴隷の初期タイヨウの海賊団のメンバーではない可能性が高いです。ハチも後からタイヨウの海賊団に入ったようですし…。エースの回想で5年前以降では既にジンベエが魚人海賊団の船長をしてた様子(七武海に加盟してたかは不明)。

    また、8年前にはアーロン一味が東の海に現れるのでした。

    24年前 魚人島が大荒れ
    多くの魚人&人魚が攫われ売られた
    15年前 フィッシャー・タイガーが奴隷の魚人を開放
    タイヨウの海賊団結成
    15年前~ 白ひげが魚人島をナワバリ宣言
    魚人島に誰も手出し出来なくなる
    8年前 魚人海賊団分裂
    アーロン一味が東の海へ
    5年前~ 魚人海賊団船長はジンベエ
    (七武海に加盟してたかは不明)

    ココヤシ村の人々は「魚人海賊団が分裂したって噂は…本当だたのか…!」と驚いていました。

    9
    アーロン一味東の海へ

    「まさか…"偉大なる航路"の魚人海賊団が分裂したって噂は…本当だったのか…!!」

    8年前に魚人海賊団分裂!
    一体、魚人海賊団に何が起こって分裂したのかは分かりませんが、フィッシャー・タイガーの死後に魚人海賊団には色々あった事が伺えます。ジンベエ率いる魚人海賊団はどういう組織形態だったのか気になるところです。

    で、8年前のアーロン一味ココヤシ村襲撃を読み返すと…。

    10
    海賊旗だけでアーロン一味と把握

    ポイントはアーロン達が上陸前に、アーロン一味の海賊旗を見ただけの村人が「アーロン一味だ…!」、「アーロン!?」、「そんなバカな!」と叫んでいた点。つまり、魚人海賊団アーロン一味は分裂前から海賊旗を見ただけで分かる程名前を知られていたという事です。

    さらに気になるのは、「魚人海賊団が分裂したって噂は…本当だったのか」と断言。アーロン一味の船の海賊旗にはタイヨウのマークが一切ありませんが、これだけで分裂と断言したのか。気になります。

    んで、今回のハモンドとか言う新魚人海賊団の戦闘員。どういう訳かアーロン一味の刺青があります。ご存知の通り、アーロン一味は全員、海軍にしょっぴかれてハチ以外は捕まっています。2年で出れるとは思えませんので、ハモンドは元々アーロン一味で魚人島に残ったのではないかと思われます。

    「"アーロン一味"の野望を打ち砕いた」という事ですが。アーロンて最弱の海"東の海"を支配するアーロン帝国を作ろうとしてただけで、今考えるとショボイ野望でしたが…。

    何にしてもいよいよ魚人の登場で期待したいところ。ジンベエはルフィがアーロンを倒した事を感謝してるっぽかったですけど、この新魚人海賊団はまた違うようです。また「海賊船も言わば人間の敵」という言い方。新魚人海賊団は人間を敵視してるのでしょうか。ハモンドにはアーロン一味の刺青の他に、人間が首チョンパしている刺青があります。斜線が入ってるのでそれを否定しているようでもありますし…。何にしても次回が気になる所。

    ・魚人島を包む巨大シャボン
    ・イカっぽい魚人剣士
    ・ジンベエの今
    ・新魚人海賊団
    ・謎の首チョンパの刺青
    ・フィッシャー・タイガー
    ・白ひげのナワバリでなくなった魚人島の治安

    うーむ、気になる点が多数です。次回が待ち遠しい。
    個人的には人魚姫早く出ろという感じですが。んで、今回のキモはアーロン一味の刺青に気付いて何とも言えない表情を浮かべていたナミ

    11
    何とも言えない表情のナミ

    なんというか切ない表情で、正直申しましてナミのこの表情で劣情を抱きました!(最低か)

    ワンピース最強考察
    ワンピース最強考察
    posted with amazlet at 10.12.14
    ワンピ漫研団
    晋遊舎
    売り上げランキング: 4479

    ONEPIECE  LOG BOX マリンフォード篇 前篇 (BOX)
    メガハウス (2011-02-28)
    売り上げランキング: 239