• スポンサードリンク

    『ジャンプ流!』vol.1「まるごと鳥山明」

    コメント(5)

    ジャンプ流! 2016年 1/21 号 [雑誌]

    『ジャンプ流!』vol01、「まるごと鳥山明」が超スゴイ!
    私はおっさんになってもジャンプ大好きっ子です。今でもジャンプといえば『ドラゴンボール』であり鳥山明先生なのです。もうね、現在でもドラゴンボールはバイブルで墓まで持っていきたい漫画なんです。そんな鳥山明先生がまるごととか最高かよ!

    『ジャンプ流!』は、伝説のジャンプ作家の秘密を大公開と銘打たれたDVD付きのマンガ講座である。まあ、私は漫画も絵も描きませんし読む専用ですけど、漫画を描くだけでなく読む上でも「へぇ~」って唸るような講座が収録されていますので、漫画家を目指したり描かない人でも十分に楽しめるのではないか、と。何より『ドラゴンボール』で育った世代には鳥山明先生の色々な語りがたまりません。

    <関連記事>
    『ドラゴンボールZ復活の「F」』、フリーザ様という悪のカリスマ
    「銀河パトロール ジャコ」、鳥山明ワールドを堪能した!

    DVDには「体感!カラー作画」「伝心!デビュー秘話」「悟空サインのできるまで」「実技!マンガテクニック」が収録。

    1

    2

    3

    4

    「体感!カラー作画」は、鳥山明世界展(1995年愛知県名古屋市民ギャラリー)に公開された作画映像を見ながらカラーイラストの作画ポイントを解説。DB三代目担当・武田冬門氏(魔人ブウのモデル)がインタビュアー。映像でどんどん孫悟空が描かれる様は感動的ですらあります。


    続きはココだよ!

    スポンサードリンク
  • 『木根さんの1人でキネマ』1巻

    コメント(12)

    木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

    全俺が泣いた!

    『木根さんの1人でキネマ!』は映画を題材にした映画ファンあるあるネタ。木根さんの魂の叫びはうんうん頷きつつ感心したり呆れたり。ただのオタクあるあるネタだけでなくギャグ漫画として昇華してるので、映画好きだけでなくとも楽しめると思います。自分はそんなに映画を見るほうではないけれど、大体の元ネタは分かる程度にメジャー作品を抑えている印象かな。

    30ン歳独身OL・木根さんの趣味は1人で映画を観ることと感想ブログ。映画愛がこもりすぎててこじらせちゃってる木根さんの生き様(笑)をみよ!ターミネーター、スター・ウォーズ、バッドボーイズ2バッド…、濃いラインナップ揃ってます♪

    <レッツ試し読み>
    『木根さんの1人でキネマ』(ヤングアニマルDensi)


    続きはココだよ!