• スポンサードリンク

    「シスプラス」こんな妹が欲しかった

    コメント(0)
    「はなまる幼稚園」最終巻発売から2ヵ月強。今思い返すと、山本先生と草野先生に勝るとも劣らない可愛さで僕らをブヒらせてくれた妹・さつきは近年稀に見る素晴らしい妹でした。山本先生の妹・真弓ちゃんもグッときたものです。そんな可愛い妹を描くのに定評のある勇人先生の新作は妹漫画である。

    シスプラス(1) (ビッグガンガンコミックス)
    勇人
    スクウェア・エニックス (2012-02-25)

    妹が大好きなお兄ちゃんと、お兄ちゃんが大好きな妹3姉妹によるキュートな物語。4兄妹はケーキ屋を営み生活する中で繰り広げられるドタバタコメディ。

    えー、率直な感想をずばり言います。

    1
    「…でも、お兄ちゃんが大好き」

    こんな妹が欲しかった!

    心からそう思ったものです。なんですかこの可愛らしい妹は。何事ですかこのキュートな妹は。3姉妹の次女であり、普段は「わ、わたしお兄ちゃんのことなんか好きじゃないんだからね!」という感じで絵に描いたようなツンデレキャラなんですが、本当は心の底からお兄ちゃん大好きなのがたまりません。お色気担当でもあります。しかもリアルアイドル声優というのもグッときます。

    おっと、次女だけじゃないぜ!
    長女も三女もクソ可愛い妹なのだからたまりませんよ。こんな可愛らしい妹がいたらお兄ちゃんも、毎日妹がいない間に部屋に忍び込んでパンツをチェックしちゃうのも仕方ないよね。

    とにかく3姉妹のシスターズがクソ可愛いに尽きるのです。
    簡単に紹介しますと…。

    3
    心奏(ここあ)
    三姉妹の長女。高校生。巨乳である。
    その愛くるしい笑顔と乳で母性溢れる。
    ほんわか天然のキャラでお兄ちゃん大好き。

    2
    詩穂(しほ)
    三姉妹の次女。高校生でアイドル声優。
    ないちちである。素直になれない性格を気にしたりする。
    ツンデレキャラで心の底からお兄ちゃん大好き。

    4
    姫苺(ひめか)
    三姉妹の三女。小学生でロリ担当。
    天才小学生で回りを弄りまくる。こんな娘に蔑まれたい!
    ドSキャラでお兄ちゃん大好き。

    …と、三姉妹それぞれ魅力溢れています。

    個人的なお気に入りはやっぱり次女・詩穂ですね。
    三姉妹で唯一のいじられ系キャラで、ないちちの為に着れる水着がなかったり、よく下着を見られたり、声優でエロゲの声を当てたのを聞かれたり…と、最初は素直になれないツンデレ系妹かと思ったら、話が進むにつれてすっかり「弄られキャラ」として、「オチキャラ」としての地位を不動のものにしました。

    そのせいでよく泣いているんですけど、むしろ誌穂は泣いてる姿がめがっさ可愛いのである。そして一つの結論に達する。誌穂は苛められてこそ魅力が光るキャラなんだな、と。

    5
    弄られキャラ

    誌穂は弄られる事によってその可愛らしさの存在能力が一気に爆発するな。本当に弄られ、オチキャラになって、脱がされてこそですよ。

    ストーリーは基本的にドタバタコメディでギャグ全開ですけど、「はなまる幼稚園」同様にホッコリする感じのちょっと温かい話になってるというからマーベラスじゃないですか。兄妹の絆を深めるいい話であり、妹達のお兄ちゃん大好きオーラをビンビン感じてしまいます。これは良い妹漫画だ!

    またお兄ちゃんの名前が不明で、お兄ちゃんはあなたですと言わんばかり。読者がお兄ちゃんで、このお兄ちゃん大好きな可愛い妹たちは俺の妹である、と。三姉妹の妹だけでなく、サラッとフラグを立ててハーレムを形成しつつあるのが凄い。

    普段は男装してるパティシエとキッチリフラグを立てて陥落としてしまったりと、思わず頬が緩んでニヤニヤしてしまいます。ラブコメ方面にも期待が持てる。もちろん妹と結ばれても一向に構わん事はここに記しておこう。そして常連客ともキッチリフラグを立て陥落としているのもグッド。というか、この客は「はなまる幼稚園」のロメオの飼い主なんですけどね。

    6
    ロメオの飼い主

    そもそも「シスプラス」の面々も「はなまる幼稚園」のさつき回で登場していますし(正確にはシスプラスのが先だけど)。スターシステムならぬ、世界が繋がっているですよ。勇人先生は、キャラを大事にするようでキャラがクロスオーバーしています。

    「シスプラス」だけでなく、ヤンガンで開始された「いろは坂、上がってすぐ。」でも「はなまる幼稚園」のキャラが登場したりました。今週のヤングガンガン(6号)は「はなまる幼稚園」ファンなら必見の内容となっています。坂の上にひっそりと建つ質屋(店主は女子高生)で起こるちょっと不思議なハートミングストーリー。

    つっちーが登場したわけですけど、山本先生と遠距離恋愛して色々と悩む中で山本先生から貰った目覚まし時計を質に入れようと思うも、山本先生の本心を聞いて…というもの。もうね、くそニヤニヤしたっつーの。

    8
    山本先生

    悶絶。

    てかね、「はなまる幼稚園」は山本先生とのラブがコメる話が足りなかった。どっちかといえば草野先生とのほうがラブコメしてたんですよ。その足りない山本先生分をっこれでもかと補足して、ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するっちゅーの。

    勇人先生の昔のキャラを大切にする姿勢。
    「シスプラス」でもそれは分かる通り。凄くいいと思います。

    なによりも「シスプラス」は「はなまる幼稚園」に比べるとお色気方面が強化されている。ぶっちゃけあざといんですよ。ありがたみが減少したっつーか、下着とか水着とかお風呂とかたまにやったからありがたかったと言いますか。ほぼ毎回のようにエッチなシチュが炸裂します。これじゃありがたみがないよ!

    えー、率直な感想をずばり言います。

    7
    お風呂

    ブヒィィィィィィィィィィ!! 

    <関連>
    「はなまる幼稚園」杏のがんばりにでっかい花丸だ
    「はなまる幼稚園」はなまるに最終回
    「はなまる幼稚園」今最も注目すべきラブコメ
    「はなまる幼稚園」草野先生が切なくて可愛すぎる件
    「はなまる幼稚園」その時歴史が動いた!

    シスプラス(1) (ビッグガンガンコミックス)
    勇人
    スクウェア・エニックス (2012-02-25)
    スポンサードリンク
  • 「楽園Le Paradis」凄く俺得です

    コメント(0)

    楽園 Le Paradis 第8号

    「楽園 Le Paradis」8号が発売されました。
    毎回毎回クソ面白く、作家陣も個人的に大好きな人が多いし、連載作品も安定してきているので、もっと発行ペース上がって欲しいと思うのは贅沢な悩みだろうか。今号から犬上すくね先生の新連載が開始されました。サンデーGX4月号から「恋愛ディストーション」の復活に楽園での新連載と目が離せないですね。

    「アパルトめいと」犬上すくね

    「アパルトめいと」は、アパートで1人暮らしをする男が寝ていたら、隣に美人のOLさんが寝ていたってんだからビックリですよ。

    アパートで寝てたら前の住人の美人のお姉さんが隣で寝ていた。
    なんて運命的な出会い方なのだろうか。僕も空から美少女が降ってくる、食パンを咥えて交差点でぶつかる転校生、パソコンの中から美少女が出てくる、ピュアな心の持ち主にしか見えないビデオ屋…など、様々な運命的な出会い方を見てきましたが、前の宿主が間違って転がり込んで来て隣で寝たいた。うん、ごく自然なありふれた出会い方ですね…って、ねーよ!

    どうやら部屋を間違った、前にこの部屋に住んでいた、飲み過ぎて引っ越した事が記憶から抜けていた、という事らしい。

    そういう事で、もう無断侵入しないように鍵をかえといてとお金を渡された青年は、そのお金を電気と水道とガスと食事代使ってしまいました。またまた美人のOLさんが部屋に訪れてきて、烈火のごとく怒り出し、そのまま青年を押し倒してしまいました。

    9
    押し倒され

    そのまま据え膳食って、美味しく頂きましたとさ。
    1話を読む限り突っ込みどころ満載な2人。前回の楽園の予告では「オトコがいて女がいて、呼吸するように恋をして―」というものでしたが、呼吸をするように出会ってヤって始まった2人。この先どろうなるのでしょうか。

    男のツボを押さえまくり理想の女性を描くのに定評のある犬上先生ですので、このOLさんもクソ甘いラブがコメる展開を見せてくれそうではありますが。個人的に気になったのは…。

    ・鍵を返せば捨てればと正論言われて焦った
    ・2度目の訪問は酔っぱらって無意識に訪れたわけでない

    の2点かな。このOLさんの過去とかなんでこんな行動取ったかとか色々気になるところではあります。
    <関連>
    「恋愛ディストーション」駆り立てるのは弄くりと苛め、横たわるのはまほ先生と江戸川

    「オムレツの思い出」沙村広明

    これはひどい(褒め言葉)。
    以前から思っていたんですが「楽園」の中で沙村先生の浮きっぷりは半端ない。「恋愛」をテーマにした漫画雑誌で、孤高に明後日の方向に突き進んでしました。で、今回の「オムレツの思い出」はちょっと「楽園」らしいのかもしれない。

    リアルタイムでアニメ「あの夏で待ってる」にハマっている身としては片思いの連鎖というのがグッときてしまいます。「オムレツの思い出」は未亡人の義理叔母・衿子さん、その義理叔母に恋する少年・文人と、その少年が好きな幼馴染・美晴という3人の片思いの連鎖だ。

    美晴→文人→衿子さん

    なんという恋愛相関図だろうか。まるで流しそうめんである。
    一方通行の恋愛模様を沙村先生が描く、切なく痛いでもニヤニヤするという実に「楽園」っぽい下地である。この未亡人の衿子さんも亡くなった旦那を未だに想う節もあるし。きっと甘く切ない感じになるんですよ。

    10
    未亡人・衿子さん

    甘く切ない一方通行の片思いだと思った?
    残念!バター犬オチでした!


    うん、本当に色々と酷いな!
    <関連>
    「ハルシオンランチ」完結

    「spotted flower」木尾士目

    こんなのほんの数年前の私だって考えもしなかったよ、あんたなんかただキモイとしか思ってなかったんだからね!

    11
    この夫婦は何なんだ!

    オタクの旦那とオタク嫌いな奥様。
    大学の時に同じサークルに所属していた、この夫婦には共通の友人がいる、奥さんはおばあちゃん娘だった、そもそも見た目がどう見てもあの2人である!

    「げんしけん」ファンはそろそろハッキリと言うべきなのですッッ
    この2人は咲ちゃんと斑目なの?


    今回の話は、生まれて来る子供が男の子かもしれないというもの。斑目旦那さんは子供が男の子かも知れないと聞いて大ショック。エロ漫画、エロゲー、エロ同人、ロリ系アニメ…と、息子だったらとても見せられるものじゃありません(娘ならいーのかよ)。生まれる子が「男かも」と聞いた途端、ぐちぐち言ってヘコム旦那さんにご立腹な咲ちゃん奥さん。

    健全に育てる自信がないという旦那さんを諌める奥さんの毅然とした女性像はグッときます。「不健全なオタになったあんたが、今、結婚してセックスして嫁を孕ませてる」「この人生大逆転をどう説明するわけ?」「2人で育てる」「2人の子供なんだからね」と怒られた上で旦那も納得するちょっと良い話。

    でも、最後に旦那さんが呟いた言葉に心の底から同意してしまします

    12
    斑目旦那さんの本音

    「幼女を育てたかったなぁ…」(どこか遠くを見て)
    <関連>
    「げんしけん」スーが可愛すぎる件
    「げんしけん二代目」斑目さんの地雷除去

    「お前は俺を殺す気か」シギサワカヤ

    ある有能デザイナーの元に雇われた1人の女性。
    彼女は色々と謎があり、色々と変なやつだと思うも、一緒に仕事をするうちに…というもの。ミステリアスのヒロイン、底が見えないからこそ惹かれちゃった主人公。

    13
    お前は俺を殺す気か

    ぶっちゃければ双子ものである。
    僕は「ときめきメモリアル2」で育った世代なので、いつの間にか入れ替わってるという双子の設定はグッときてしまうのも事実。ようやく双子だと気づく主人公と、気付くのが遅いと呟くヒロイン。連作のようで、なかなか先が楽しみですね。

    「お前は俺を殺す気か」というタイトルから、いつものように精神をズタズタにされるかと思いきやそんな事はない。ノーダメージで読み切ってしまった。

    僕は知らず知らずのうちにシギサワカヤ作品を読むと思わず身構えていたようだ。精神ダメージを想定していたのである。読後に、きっついな精神的に来るなと思いつつも、止められない止まらないっていう一種の麻薬のようにクセになってしまうのがシギサワカヤ作品の魅力なのに。読了後に「あ、俺ってマゾだったんだ」と確認せてくれる「痛さ」「切なさ」「辛さ」が1話じゃ薄いかな、と。当然サクッと読めて心理描写も良かったのですけど。次回から双子のド修羅場をご所望致す。当然散々悩んだ末の3PENDでも問題ない!
    <関連>
    「未必の恋」シギサワカヤ作品はウバーってなる

    「マイディア」かずまこを

    「ディアティア」の続きもので、付き合いだした桐ヶ谷と成田の2人を描いたのが「マイディア」。その内容はクソ甘いイチャラブっぷりで思わず頬を緩めてニヤニヤさせてしまうってもの。もうね、あま~い、クソ甘い、凄く甘い2人のイチャラブっぷりを堪能できるんですよ。

    14
    マイディア

    「キスさせて」
    「…」「…またそういう…」(髪の毛逆立って)
    「だめ?」
    「私、真剣に話してたんですけど…」
    「俺も真剣だよ」
    「…だめだ?」
    「そういうの…聞かなくていいです…」

    すみません、もう勘弁して下さい!

    と、土下座して謝ってしまいそうになるぐらいの甘々っぷりである。ここまで徹底的に甘い展開を持ってこられたら、白旗上げて降伏するしかないじゃないですか。「マイディア」を読んでる時の俺の頬は終始緩みっぱなしでニヤニヤしてしまうのである。

    そんなクソ甘いイチャラブ全開の「マイディア」なのですが、今回は成田の母親にスポットが当たり、ちょっと重い話になっています。それでも、桐ヶ谷&成田の甘いイチャラブの前では何て事はない些細な事に思えてしまうのは、2人から発せられるクソ甘いオーラのおかげか。ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録しかないっつーの。
    <関連>
    「ディアティア」甘く切なくもどかしく悶絶する
    「あらためましての月曜日」中村明日美子

    いい。凄くいい。
    「鉄道少女漫画」に掲載された「木曜日のサバラン」の中に登場する女子中学生の少女・倉木アコの話が連作として続いてるんですけど、めがっさ素晴らしいラブコメであると声を大にして言いたい。

    6号から開始された今作のシリーズは、アコがおっさんに恋したり、アコに恋する少年・小平と一緒に秩父旅行へ行ったりし、今回は小平に恋する少女まで登場。登場人物は、話が進むに連れてどんどん掘り下げられて目が離せなくなってきました。今までアコは小平の事なんて見向きもしなかったのに、小平に惚れてる少女の登場で、初めて小平の方へ視線をやった描写が凄くいい。そして目が合ってしまい、思わず逸らしてしまったのがめがっさ良かった。

    実質1話目の「木曜日の一通」でも、実質2話目の「金曜日の遠足」でも、小平は視線の先にアコを捉えているも、アコはどこか遠くを見ており一方通行の視線だったのに、ついに目が合った!

    なんつーかド直球にストレートを投げられた
    そのストレートが凄い球だったのです。球児の火の球ストレートも真っ青な、ド直球っぷり。小平の清々しいぐらいの直球っぷりと、それに反応するアコが俺の心の琴線に触れまくる。

    アコ「だからもうあんまり喋ったり近くにいたり…」
    小平「じゃあ付き合っちゃう?

    15
    アコ

    泣いた!アコが泣いた!
    今までアコが泣いたのは2度。一度目はおっさんにオテンバなとこを見られ悲しく、二度目はお土産を万引きする結果になって悲しくて。三度目は悲しくて泣いたわけではないっていう。よく分からなくなってグチャグチャになって泣いたっていう。

    始めて小平を見て、考え、悩んで、ぐちゃぐちゃになるアコの表情が俺の心の琴線を鷲掴みにしやがるってもの。「泣くな!泣いてんじゃねーよアコ」「あんな、おっさんのために…」と憤慨していた小平の為に泣いた

    頭がグチャグチャになって学校を休んだアコ。
    5日ぶりに登校すれば校門で待ち構えている小平。アコを見つめる小平と、小平を見上げるアコ。確かに目が合った。ちゃんと2人の目が合う描写はこれがはじめて。 風邪を引いて5日ぶりに登校するアコの心理描写は一切なし。ただ淡々と小平とのやり取りが語られるだけっていう。…言葉にならない。そして…

    「倉木さん」
    「お友達からお願いします」

    16



    17
    <関連>
    「鉄道少女漫画」がマーベラス極まりな件

    鉄道少女漫画
    鉄道少女漫画
    posted with amazlet at 12.03.04
    中村 明日美子
    白泉社

    ますます目が離せなくなってきた「楽園」の連載作品。
    そして6月の次回からは「妄想少年観測少女」の大月悠祐子先生が登場であるとか。

    18
    次号より大月悠祐登場

    以下の方程式の解を求めよ。
    少年×(美少女+美女)=???

    新連載は「彼女達の最終定理」。
    めがっさ楽しみである。というのも「妄想少年観測少女」が個人的に凄く好きだからなのですが。萌え萌えロリ絵でありながら、かなり際どく、フェチでいて。それでいて痛さもあるっていうゾクゾクしてしまうんですよ。先日「妄想少年観測少女」3巻が発売されましたが本当にグッド!ピンポイントで俺の好きな作家ばかり集めてくれますよ。
    <関連>
    「妄想少年観測少女」フェチに特化してエロくて素晴らしいな
    「妄想少年観測少女」人の夢は終わらねぇ!

    萌え絵でありながら痛さと変態成分のある漫画を期待したい!
    どうも俺の為に「楽園」があるとしか思えんぐらいにどんどん俺得雑誌となってきたな。もしかして、俺の為に「楽園」を発行してるんじゃないかしら。
    <関連>
    「楽園Le Paradis」まさにご褒美のごとくニヤリング
    「楽園 Le Paradis」あじゃぱーと叫ぶほど悶絶した
    「楽園 Le Paradis」がニヤニヤしすぎて頬が決壊する件

    楽園 Le Paradis 第8号楽園 Le Paradis 第8号
    白泉社





    Amazonで詳しい商品情報を見る
    powerd by Let's Tool