• スポンサードリンク

    「ひみこい」半端なくニヤニヤする

    コメント(0)
    今日はちょっと漫画でも紹介しておきましょうか。

    1

    ひみこい

    秘密の恋で「ひみこい」、作者はろびこ先生。1巻とついていますが短編集みたいなものです。収録されているのは「タイムリミット」、「あらしの夜に」、「ビー玉の橋」、「先輩の彼女」。どれもこれぞ少女漫画っていうぐらいニヤニヤできるんですが、プラスして話を作るのが凄く上手いな、と。

    「タイムリミット」をちょっと見ていきましょうか。受験を控えた高校3年生なのに、授業をよくサボる男女。男は吉井、女は山田

    1
    山田まこ

    ヒロインの名前が山田というだけで反応してしまうのは、条件反射みたいなものです。山田と吉井はよく校内の避難場所で授業をサボる仲間。進級したばかりの頃に避難場所で教師の情事を覗くようになってから、2人の間では常にトランプを使って勝負を決めます。

    2
    トランプで勝負

    「ねえ、ところで小腹すかない?」と言ってトランプ差し出して、赤か黒かを決め、ハートの4(赤)が出ました。吉井は「またオレかよ」と言ってパシリに出るのでした。特に会話もなく、ちょっとしたやり取りでパシリに使うか使われるかを決めるやり取り。しょっちゅうトランプ勝負をしているようです。また、「またオレかよ」ということは吉井はいつも勝負に負けているようです。

    山田は一緒に登下校とか手作り弁当とか、そういう甘酸っぱい思いでもなく、アホらしいこと(教師の情事を覗く)して青春が終わる事を嘆いています。それを吉井に「そんなに後悔するなら、思い出作りでもしてこいよ ひとりで」と言われ、「そうよね、このさい相手なんて誰でも」と一人納得するのでした。そして山田は勝負を申し出るのでした。

    次の授業、カヨちゃんは下着をつけてるかどうか。

    勝負は山田が勝ったようで、思い出作りに付き合せられる吉井。「カヨコ、アレはいったいどういうことだ」とブツブツ言っていた事から、カヨちゃんは下着をつけていなかったようです。カヨちゃん…君は一体どんな教師なんだ。

    そして思い出という名のもとで擬似デートをすることに。アイスを一緒に食べたり、手を繋いだり、弁当作り合ったり、映画に一緒に行ったり…、キスしちゃったり

    うっひょーっ!甘酸っぺー!

    ちょっと上手く説明出来ないのですが、山田が「そうだ!吉井、キスしてみよっか」という台詞から3ページ使ってキスするまでのお互いの言動とか間が上手く描かれており、絶妙でオッケーイ!

    キスした後、お互い口元をごしごし拭いた後に…。「こ、今回はさすがに、ちょっとドキドキしちゃったわ」「は、オレも」というやり取りがニヤニヤもの。うっひょーっ!甘酸っぺー!

    翌日、山田は勝負を持ちかけます。

    あたしが勝ったら、吉井はカヨちゃんをあきらめて、あたしを好きになるの

    オッケーイ!この後の山田の「…どうやらあたし、あんたのこと好きだったみたいよ」という台詞が甘酸っぱいこと甘酸っぱいこと。

    まあ、自分も様々な娘の恋の行方を見てきました。落とし神のごとく、一気に恋の行方をシュミレーションできます。その経験から申し上げますと、この恋は成就しますよ。吉井も山田が好きです。擬似デートの仕草で吉井の思いは自然の定理のように分ります。この恋は完璧両思い。

    4
    ごめん

    振ったー!?

    …ごめん山田。その賭けにはのれない」と言って山田を振ってしまいました。えー!どう見ても脈アリに見えたんですが。こうして山田は、最後にの甘酸っぱい思い出が出来上がるのでした。好きだと気付いた瞬間に終わったそうです。つまり、吉井がカヨちゃんを見つめる姿を見て好きだと気付いたんですか。うっひょー!甘酸っぺー!

    甘酸っぱい思い出を作り、受験を突破し卒業式。卒業式へ向かう途中に吉井から「勝負」という件名のメール。「赤だったら来て。」という本件。山田のトランプは、ダイヤのA、ダイヤの7、ハートの10、ハートの3、ダイヤのQ…って赤しかありません

    3
    卒業式

    山田「…こんな日まで、勝負を持ちだすなんて。吉井はきっと賭けごとで身を滅ぼすタイプね」
    吉井「…イカサマ常習犯に言われたくないよ」

    ちょ、ちょーとまって!今、吉井が何か言ったから静かにして!!イカサマって気付いている…。何時も分っててパシリをしてたんですか。何ていい人なんでしょうか。将来、運よくいい人ってだけでライテックスで出世しそうです。

    そして吉井から「山田、オレを好きになって」と言い出す始末ですよ。イカサマに気付いていたという事は、以前に山田を振った時は、イカサマの勝負じゃなく、オレ様の愛は本物だってことか。オッケーイ!

    「タイムリミット」というタイトル。1ページ目から、ナレーションで「残された時間は、もうわずか」と言っており、これは山田が卒業するまでの期間がもうわずかだったのが、ラストでは同じナレーションで、山田に熱烈な愛の告白して欲しいと言われて、吉井が考え込んで、卒業式終わっちゃいそう、という締まらないオチで、タイトル通りタイムリミット。うめぇ。ニヤニヤが止まらん。

    スポンサードリンク
  • 「エム×ゼロ」連載終了

    コメント(0)
    エム×ゼロ」の連載が終了してしまいました。突然の転校話でどう見ても打ち切りでした。今の週刊少年ジャンプでラブコメ路線を生き残るには、美少女宇宙人が気付くと全裸で隣に寝ていたりローアングルから無駄にパンチラしまくって主人公が可愛い女の子になるぐらいじゃないと生き残れないのでしょうか。

    さて、「エム×ゼロ」にはヒロインが2人いました。

    9
    柊愛花 / 観月尚美

    メインヒロインは柊愛花ちゃん。九澄が入試試験の面接で一目ぼれした親父ギャグに弱い天然娘。もう一人は観月尚美ちゃん、部活勧誘の時に知り合って大賀に惚れてしまったツンデレ娘です。

    愛花は入試で九澄が魔法を使えたらという質問に「世界征服」と解答して笑ってしまった事をずっと気にしていたようです。九澄が転入して来てもいきなり抱きついてきた事でツンツン態度で接していました。話しかければ「私に話しかけないで!!!」と完全拒絶。しかし体育倉庫に閉じ込められた時に、九澄が魔法を使わないで自力で脱出しようとする姿を見て態度が軟化。まあ九澄は魔法が使えないんですが。九澄の必死の姿を見て泣きながら感動するのでした。

    「私…恥かしい…九澄くんがこんなに実直な人だなんて知らなかった…。ヒドイ人って決めつけて勝手に怒って意固地になって…」

    九澄の設定はゴールドプレートを持っているほど凄い魔法の使い手ということになっていますので、あえて魔法を使わない手を血まみれにしてでも自力で脱出しようとする九澄の姿を見て感激し、いきなり抱き付いた事は有耶無耶に。

    別に魔法を使わない実直な人というのと、いきなり抱き付いたというのは微塵も関係ないと思いますが。「抱き付いた→ヒドイ人→実直な人」ときて抱き付いた事は不問ですか。そして「九澄くんの事…信じてるから」と言い出してしまいました。お前は、もし凶悪犯罪者が捨て犬拾っている姿を見て、実は優しい人と全て不問にするのか、と。まあ、可愛いからいっか。そして乳を揉もうものなら…。

    10
    乳揉まれ…

    …もー…今回だけだよ?つ…つぎは怒るからね!!

    オッケーイ!

    そして、九澄が執行部に入るとクラスに殆どいなくなってしまい、寂しそうな顔をしたり、友人にも冷やかされたりするのでした。

    気にしてんのは執行部の黒髪の先輩だろ?
    「ちょっ…何言ってんの久美」

    冷やかされるって事は、回りから見ても愛花も九澄に対していい感じの態度だと感じているって事ですよね。オッケーイ!そんなニヤニヤしてしまう関係の2人でしたが、もう一人のヒロインが登場です。薬品部のホーレンゲ草という、ホレ薬にも使える薬品を嗅いでしまった九澄は、観月に「ムッハァ~(ハート)好きだ~!!!ずっといっしょにいて!!」と抱きつきながら愛の告白。そこを目撃する愛花。

    11
    目撃

    どう見ても怒っています。そして怒って走り去ってしまうのでした。九澄が誰と仲良くしても関係ないといいながら、怒った態度を取りながらも「あの九澄くんを見た瞬間、湧き出たイヤな気持ちは…」と思う愛花。超オッケーイ!ラブコメでニヤニヤできる三大原則は、エロ、赤面ともうひとつは嫉妬です。また嫉妬こそが最も重要なファクターであることは「うる星やつら」からの常識です。

    そして、愛花に誤解を解く為にホーレンゲ草を取る為に洞窟探検をする事になりました。九澄と観月が2人で取りに行くと聞いて自分も行くと言い出す愛花。後で「私…なんでついて来ちゃったんだろ」と言い出す愛花には、実にいい仕事してますねと言わざるを得ません。

    洞窟ではもう一人のヒロイン観月のターン。同時期にジャンプで連載開始されたもう一つのラブコメと違って、「エム×ゼロ」は基本的にサービスシーンが少ないのですが、観月はのっけからパンチラしたり、スカートの中に顔を埋め込まれたりゼリー状の液体ににゅるにゅるブルブルと襲われてしまいました。

    12
    にゅるにゅるブルブル

    なるほど観月はエロ担当ということですね。わかります。

    結局、洞窟での一見で観月は九澄に「この女陥落(おち)たッ!」状態となってしまいました。再登場した観月は髪型を変えてショートカットに。観月曰く「なんか昨日の私の印象サイアクっぽいからイメージ変えようかなー…なんて思ったりして…」とのことでしたが、作者叶恭弘先生は後に観月ショートカットについて以下のようにおっしゃってました。

    後に髪を切ったのは、元の髪型を描くのが案外手間取って大変だったからです。

    ミニスカートのくせに魔法は空飛ぶというエロ担当ヒロイン。クラス対抗戦では頭の中身がお花畑でした。実際に九澄と対峙すれば、想像通りの言動を取られれば、顔を真っ赤にして逆切れ。オッケーイ!

    夏休み前に九澄を取り合う愛花と観月にはニヤニヤ。DAIさん帝国さん風に言うならニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録ものです。

    13
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半

    こいつはヤバイですね。今までオーバーニーソックスで絶対領域を強調してたくせに、普通のソックスに変えるなよ!という突っ込みすらバカらしくなってしまいます。しかし、2人の記憶は消えてなかったことに。もっと、この2人で九澄を取り合う出来事があれば、ニヤリングしローリング&ワープして宇宙殺法出来たのに。

    結局夏休みの間に九澄とは一度も会えなかった観月。久々に会えばドキドキして顔真っ赤にしながら恥かしくて走り去ってしまいました。

    ど、ど、ど、ど~しよ。全然会ってなかったから、顔見たらテンパっちゃったー。カオがカオが熱い~~

    ダメな娘です。しかし、この空回りっぷりがまたニヤニヤしてしまうのも事実。

    こうして見ると柊愛花も観月尚美も甲乙つけがたいですね。こうなるとどちらと結ばれても満足です。愛花が本命ですが、かつてジャンプラブコメには「いちご100%」で正ヒロインが地味に最後を飾ったこともありますので、まだ分りません。そして迎えた最終回。突然、九澄に転校の話が出てきます。果たしてどちらと結ばれるのか…。

    14
    ラスト

    HappyEnd

    「エム×ゼロ」のヒロインはルーシーオッケーイ!