• スポンサードリンク

    「恋愛暴君」ドキン…!!キスから始まる強制ラブコメ

    コメント(0)
    【Amazon】「ワールドエンブリオ」10巻ドラマCD付き特装版
    【Amazon】「ワールドエンブリオ」11巻ドラマCD付き特装版
    限定版「ワールドエンブリオ」10巻&11巻がアマゾンで予約受付開始されました。ドラマCD付きで5月30日同時発売予定。

    さて…。

    恋愛暴君 1 (メテオCOMICS)

    「恋愛暴君」1巻が発売されました。
    ジャンルを問われればハーレムものラブコメである。何より、昨今の溢れるハーレムものラブコメとは一味違った独特の魅力があります。面白いです。笑えます。もちろんニヤニヤもしますが、ギャグが秀逸なのである。コミック裏表紙の説明は以下のようなもの。

    男子高校生・藍野青司のもとに任意の二人を強制的にキスさせ、カップルにするという不思議アイテムを持った少女・グリが現れた。しかもグリは「青司が誰かにキスをしなければ一生童貞」だと言う。キス相手を求め、学校へと向かった二人は…?キスから始まる絶対(ハート)強制ラブコメディ!

    キスから始まる強制ラブコメ!
    「恋愛暴君」は死神…もとい天使・グリが主人公・藍野青司のもとへ「突然ですがあなたはキスをしないと死にます」と訪れ、キスノートを見せる。

    1
    キスノート

    真っ黒のノートに「KISS NOTE」。このノートに名前を書くと24時間以内に問答無用でキスをしてしまう。デザインといい設定といいどう見てもデスノートである。このパクり…もといオマージュからも分かる通り、パロディなどがなかなかどうして。で、このノートに名前を書かれた者が24時間以内にキスしないと死にます。グリが

    ふむ、掴みは一発でオーケーです。
    はっきり言ってギャグはかなり面白いです。ノリ、テンポ、キレ共に抜群で下手なギャグ漫画よりも笑えます。で、このテンションでラブがコメるのだ。まずはヒロインの品定めをしよう。

    2
    緋山茜

    ドキン…!!

    彼女の名は緋山茜。清純派である。可愛い
    胸がバクバクする。ここまで僕の心臓をドキンとさせるのは並の可愛さではありません。バルンと揺れる豊満な乳、登場するなり1ページ後にズボンを脱がされパンツを披露させるなど、一発で僕の心の琴線に触れる。またパンツがいいんだ。

    3
    パンツ

    地味すぎずエロすぎない見事なパンツであった。
    実に女子高生的なパンツだと思います。

    しかも緋山さんと主人公は両想いである。
    ずーっと片思いし、見つめている視線に気付き緋山さんも恋に落ちたのだと言う。いきなりゴールイン直前じゃないですか!

    「藍野くん私のこと好きだよね」
    「あんな熱のこもった目で見つめられて気付かないはずないじゃない」
    「うれしかった。誰よりも私を愛してくれてるんだと思った」
    「だから…君から告白してくれるのを、ずっと待ってたのに…」

    きたきた。
    ハートフルな展開が来ましたよ。こんな可愛い娘が主人公の視線に気付いて恋をし、告白を待っていてくれたなんて。でもね、主人公はちょっとした手違いでグリとキスしちゃっており、緋山さんに知られちゃったんだ。そりゃ悲しむというものですよ。

    4
    悲しむ緋山さん

    緋山さんペロペロ(^ω^)

    泣き顔もグンバツに可愛いんだな。乳良し、パンツ良し、泣き顔良し、恋する乙女…、なにこれ緋山さんパーフェクトじゃない。100点ですよ。可愛すぎますね。こんな娘が嫉妬してヤキモチ妬くんですよ!ドキドキするのも仕方ない。仕方ないよ。

    5
    ヤキモチ

    ドキン…!!

    緋山茜の真の姿。ヤンデレである。
    胸がバクバクする。ここまで僕の心臓をドキンとさせるのは並の怖さではありません。付き合ってもいないのに浮気は許さないと滅殺しに来ます。目の光が消え容赦なく刺します。パーフェクト少女なんだけどこれが玉に致命傷!

    そんな緋山さんとキスノートでキスをし未来永劫末永く結ばれる事になる。さらに天使・グリまで参戦し、緋山さんの実の妹(実の姉ラヴ)まで加わって順調にあんまり羨ましくないハーレムを結成するのである。

    ノリとテンポと勢いが兎に角凄い!
    ちなみに緋山さんは病んでてもめがっさ可愛い事をここに記しておこう。とにかくハチャメチャなラブコメです。面白い。お勧め!

    恋愛暴君 1 (メテオCOMICS)
    三星めがね
    ほるぷ出版

    恋愛暴君2 (メテオCOMICS)
    三星めがね
    ほるぷ出版


    ワールドエンブリオ 11巻ドラマCD付き特装版
    スポンサードリンク
  • 「ニセコイ」小野寺さんは勝つ!!

    コメント(11)

    16
    ニセコイ67話「オイシイ」

    冒頭、小野寺さんが妹と電話して何かを作るアドバイスをしている。そういえば、楽が小野寺家へ行った時に妹の存在が語られたものです。「妹はもともと寮生活してるから…」と。出番を心待ちにしているんですけど、今回は電話のみか。現在の「ニセコイ」は高1の三学期なので、来年度に小野寺さんの妹が新入生として登場すると踏んでるのですけど、早く出て欲しいです。

    小野寺さんは妹さんに料理の方法を聞いている。
    小野寺さんいわく「私もこんな風に料理上手だったらなぁ」とのこと。どうやら妹さんは料理が得意なようだ。もし小野寺さんそっくりで料理が得意なら…ごくり。期待が高まる。妹さん早く登場せいや!

    で、何の料理をアドバイスされているかと言うと…。

    「やっぱり私無茶だと思うなぁ。お姉ちゃんが手作りでおいしいチョコ作るなんて…」

    ふーん、小野寺さんはチョコを作っているのか。
    何でチョコを作ってるかって?そりゃ明日は特別スペシャルデイだからですよ。一年一度のチャンスなのだ。素敵なロマンスしちゃうんですよ!

    17
    美味しいチョコ出来ました

    ついに始まってしまったか。
    天下分け目の大合戦が!

    絶対に負けられない戦いが、そこにはある。
    昨日のサッカー日本代表なんて、ぶっちゃけ勝ち点的に勝っても負けても別にって感じですからね。対して、ランキング1位だったのに、いきなり死んでしまいザウスシェフの小野寺さんはもう負けられませんよ。

    チョコレート1万回に1回の奇跡を引き起こし美味しく出来ました。これは渡すしかありません。しかも、ライバル達は勝手に自爆して行きました。

    18
    自爆するライバルの図

    千棘は持ち前の素直になれない天邪鬼が炸裂してしまい見事に逆走していきました。「まさかあんた私に貰えるとでも思ってんじゃないでしょーね?」と素直になれない不器用さが爆発だ。普段だったら千棘のこの態度も可愛いものなんですけど、今日はバレンタインデー。ここは戦場だぜ?

    最大のライバルが壮大に自爆した。
    ふふふふ、確実に小野寺さんに風が吹いてるな。
    ザウスシェフの小野寺さんだろうと、実際ザウスシェフは生きてた事だし、小野寺さんも死んでばっかではいられない!つぐみはバレンタイン事態知らなかった。マリーはとっても残念な娘になっちゃったし

    20
    自爆するライバル達

    ふふふふ、勝ったな。
    どう見ても小野寺さんに流れ来てますね。
    すごい小野寺さん勝利を感じる。
    今までにない熱い小野寺さんの後押しを。
    風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、小野寺さんのほうに。

    21
    フッフッフッ、何がおかしいかって?
    この小野寺さんが真ん中にいる感じさ…フッフッフッ!
    千棘がメインヒロイン?小野寺さんがサブヒロイン?
    そんなもんはいくらでも塗り替えられて来た!「東京ラブストーリー」「冬物語」「変態仮面」「いちご100%」、アニメ「マクロス」「キミキス」「シャッフル」「ましろ色シンフォニー」…。

    正ヒロインは勝つって?そりゃそうだろう!
    勝者だけが正ヒロインだ!!



    22
    勝者は小野寺さん…!?


    グシャッ!

    …。
    転んだ拍子に一万回に一回の奇跡の美味しく出来たバレンタインチョコを潰してしまった。なんという星のめぐり合わせだろうか。他のライバルたちが壮大に自爆する中、小野寺さんも大自爆をしてしまった。

    潰れたチョコに涙目になりながら走り去って行ってしまった。
    「大丈夫だから~!」って全然大丈夫じゃないです。そして潰れたチョコレートを前に小野寺さんはただ切ない。

    「はぁせっかく作れたのに、これじゃもう渡せないなぁ…」
    「あ、やっぱりおいし…」
    「せっかくおいしく作れたのになぁ」
    「もったいないなぁ…」


    23
    小野寺さん


    24


    あまりにも切なすぎる。
    運の悪さに定評のあった小野寺さんですけど、これは酷い仕打ちだ。可哀想すぎるってレベルじゃないですよ。ですが、ちょっと待って欲しい。

    逆に考えるんだ。
    「小野寺さんは可哀想でいいさ」と考えるんだ。

    確かに今回の小野寺さんは可哀想過ぎる。
    だけどさ、今までの「ニセコイ」を冷静に振り返ってみましょうよ。
    今まで何度ぬか喜びしましたか?今回の話はむしろチャンスではないだろうか?だって、今まで散々「小野寺さんターンかと思った?残念千棘ちゃんでした!」というオフサイドトラップを仕掛けてきたじゃないですか。それがさ、今シリーズのバレンタインは前半で小野寺さんを地の底まで落とした。これは後半で盛り返す流れじゃないかな、かな。


    ニセコイ 6 (ジャンプコミックス)
    古味 直志
    集英社 (2013-03-04)


    天色*アイルノーツ【予約特典:複製色紙+ラフ画集+おかえりイチャラブCD】