• スポンサードリンク

    「弱虫ペダル」我慢の男・石垣光太郎に胸熱!

    コメント(0)
    バチバチ 10 (少年チャンピオン・コミックス)
    佐藤 タカヒロ
    秋田書店 (2011-05-06)

    今チャンピオンでも最も熱い漫画といえば「バチバチ」でしょう。「バチバチ」10巻では先輩力士・吽形の幕下優勝をかけた取り組みも終了し、主人公・鯉太郎にスポットが当たるようになりました。そしてまた挫折というか、弱点が浮き彫りになりました。初期から問題視された体格差がここにきて浮き彫りに。もちろん、それを補うようにさらにもう一段成長する事でしょうし、期待したいところです。

    さて、「弱虫ペダル」17巻が発売されました。

    1

    激動のインターハイ2日目クライマックス。
    ゴール直前のアシスト対決なのですがこれが熱くて震えるってもの。ぶっちゃけ田所が体調不良でそれを坂道が迎えに行くという展開で、「はぁ?体調不良を迎えに行くの?」と、一気に俺の中で冷めてしまったんですけど、そんなん関係なく熱く面白いですな。

    絶対に諦めない総北、王者・箱学、そしてことごとく計画が失敗に終わった御堂筋率いる京伏の3つ巴でレース終盤を迎えます。レース終盤はエースを発射させるアシスト対決。総北のアシスタントを務める今泉が、御堂筋にタックルを決められ転倒しそうになりながら立て直すのは熱い。

    11
    今泉

    「せっかく金城さんがもう一度チャンスをくれたのに」
    「せっかくあの時―オレの心をひろってくれたのに―」

    そして金城との会話の「1人でやらなくていいということだ」というを台詞を思い出し、心が折れかけたものの転倒だけでなく気持ちの面でも立て直すのでした。

    「そうだよオレはさ…こんなところでくたばってるワケにゃいかねーんだよ。エースとアシストってヤツはさ、チーム全員の意志を背負って飛び出してんだ。みんなの力をもらって走ってんだよ!!」

    絶対にゆずれねーんだよ!!もらったんだ力を意志を!先輩に鳴子に小野田に、この力を!!」

    燃えるな。
    1日目のレース終盤でエースはチーム全員の力を背負っていると言われ、エースを発射する時に背中を押していたのが印象的でした。どうやら、エースだけでなくアシスタントもチームの意志を背負っているようです。3つ巴のアシスト対決でも復活した今泉は絶対に譲れないという走りを見せるのでした。対して王者・箱学のアシスト新開はと言えば…。

    「絶対に譲れないって走りだな総北1年今泉クン。けどそれはうちも同じでね!!」

    チーム全員の意志を背負っているから絶対に譲れない、それは王者・箱学も同じである、と。総北と箱学が仲間の意志と力を貰っていると言うアシスト対決。一方の京都伏見はここまで仲間を切り捨てて走ってきました。アシストの石垣はかなり複雑そうだったのが印象的。

    13
    石垣

    軍隊のようなチームでお互いを番号か"クン付け"で呼ぶ京都伏見。そんなチームの雰囲気が好きじゃないと言っていました石垣。王者を追い詰めた(ように見えた)時も、「認めたくはないけど、こいつのやり方は正しかったかも知れん」と思いつつも項垂れていました。念願の優勝が見えても違和感を覚えていました。

    感傷的になっていた石垣に対して「働けへん兵隊はいつでもきるで!」、「きるで石垣くん」と脅し、感傷や思い出話など全て捨てろと言い出していた御堂筋。スプリントのグリーンゼッケン、山岳のレッドゼッケンを獲得した時には石垣は箱学の福富に本音を漏らしていました。

    14
    本音

    うらやましい

    箱学というチームを羨ましいと思った石垣。
    京都伏見というチームの雰囲気が好きになれず、ずーっと違和感があった石垣はお互いが信頼するチームを羨ましがっていました。今の京都伏見はあまり好きではない、と。

    そんな石垣もアシスト対決では、総北や箱学相手に必死で食らいつきます。石垣の心情は今泉や新開が仲間の想いを背負っているのとは違い、ただ京都伏見が勝ちたいの一心。

    15
    食らいつく石垣

    「御堂筋!おれは引くよ。おまえがその京都伏見のジャージを着とる限り。たとえ、ここで切り捨てられてもかまわんよ」


    御堂筋が京都伏見のジャージを着てるからアシストとして引く。そこにはチームの信頼とか仲間意識など微塵もありません。石垣は1人で走っているのです。御堂筋に対して大好きだった京都伏見のジャージをゴールに届けてくれ、と。京都伏見というチームが「大好きだった」と過去形で語るのも印象的です。

    そして滑って転倒しそうになってしまいました。石垣が転倒しそうな所を、御堂筋が助けるのですが、非情で仲間を切り捨てて来た御堂筋の台詞が震える。

    10
    御堂筋

    「石垣くぅんはボクのアシストなんやから!!」と言い出し、それを聞いた石垣が嬉しそうに笑ったのが熱すぎです。「ここで切り捨てられてもかまわん」と思っていただけに、拾うように転倒を助けたのはグッときますね。今泉が金城に「心を拾ってもらえた」と言ったように、御堂筋は石垣の心を拾ったようです。笑顔で「わかった」と答え、石垣のド根性引きが半端じゃなねぇ!

    まあ御堂筋はアシストの役目として石垣が必要だから助けただけだと思いますが、今まで1人で走り、京都伏見というチームがあまり好きではなかった石垣は明らかに変わりました。落車しかかってから、みるみると総北と箱学に追いついて見せたのです。ド根性ここに極まりである。

    総北と箱学に3mの差をゴール前まで死守するが一杯一杯で限界だったのに。限界を越えた!石垣は御堂筋に乗っ取られる前の京伏というチームをお互いが信頼できて我慢が出来るチームにしたいと言っていたのが思い出されます。

    12
    がまん出来るチームに

    「自転車で大切なんはがまんやと思っとるんや。がまんしてがまんして勝利を掴むのがロードレースやからな」
    がまんは1人でやんのは大変や。けどみんななら耐えられる先に行けるんや!」

    1人じゃない!
    別に御堂筋は変わらないけど、石垣の中では御堂筋を仲間であると認め耐えて我慢して先に進むのです。「行くぞ御堂筋」と今まで1人で走っていたのが一緒に走り出した。1人じゃ我慢できないけど、一緒なら耐えられるし先に行ける。

    「道は違えど同じやゴールへ向かう気持ちは同じや御堂筋!!」

    ド根性引きをする石垣の変化は止まりません。

    16
    京都伏見というチーム

    見ろ総北、箱根学園!形は少しいびつかもしれんけどこれが―」
    オレたち京都伏見というチームや!!

    今まで、違和感を覚え、雰囲気が好きになれない、箱根学園というチームがうらやましい、過去形で「大好きだった」と語っていた石垣は京都伏見というチームを誇るのです。見ろと、これが京都伏見だ、と。

    今、石垣の中では「スラムダンク」の1年のメガネ(石井健太郎)が山王戦で涙ながらに呟いたのと同じ気持ちのはず。「京都伏見でよかった」と。熱すぎるぜ京都伏見・石垣光太郎!



    スポンサードリンク
  • 「リカ」点火(イグニッション)!

    コメント(0)
    レンアイ漫画家(1) (モーニングKC)
    山崎 紗也夏
    講談社 (2011-04-22)

    モーニング連載の「シマシマ」の山崎也夏先生の新作。葬儀屋に勤める久遠あいこ(22歳)が、昔好きだった男の葬儀で忘れ形見の無愛想な息子・レンと男の兄・清美に出会い、身寄りのないレンの叔父である清美に引き取る様にお願いしたら、条件を突きつけてきました。

    俺の下僕になれ!」すさまじい言い方ですけど、つまるところ清美は男でむさいおっさん(性別隠してる)ですけど少女漫画家の大御所であり、漫画の話作りの為にあいこの恋愛体験を参考にしたいので疑似恋愛しろと言うのです。あいこは、全然知らない人とメールで出会いから何まで指示されて疑似恋愛をしていく…というもの。昔テレビ「ウンナンのホントコ!」でやってた「未来日記」みたいな感じです。続きが楽しみです。

    さて、以前にも紹介しましたがヤングアニマル嵐で新連載を開始した「ゆびさきミルクティー」の宮野ともちか先生の「リカ」。第2話目「イグニッション」が凄いです。参考、宮野ともちか先生新連載「リカ」。俺の妹がこんなに変態なわけない!

    何でも出来る兄に劣等感を持った妹と、妹の着替えを覗いてハァハァする兄の心温まる実の兄妹物語である。前回で絶対服従を誓ったと思ったら、今回はゲームに勝ったら「あたしが勝ったら『絶対服従』取り消しだから」と言い出すリカ。ゲームのタイトルは「ハングアップ」というオートバイクレース

    なるほど今回のタイトルのイグニッションはバイクの点火を指していたのですね。そんなわけで、ゲームのレースをする兄妹ですが、2人ともテレビの画面を真正面から見ないとゲームが出来ないタイプである主張し出します。仕方がないので兄の前に妹が座る抱っこ座りの方法を取ります。

    うん、兄妹の抱っこ座りは仲の良さの象徴でもありますよね。例えば「神様ドォルズ」の匡平と詩緒の兄妹。

    5
    抱っこ座り

    玖吼理が動かせなくなってしまった詩緒を匡平は優しく抱っこ座りをして頭ナデナデしてあげていました。「神様ドォルズ」でも屈指の名シーンですね。なんとも心温まり和みます。この兄弟の抱っこ座りを見て誰もが思ったことでしょう。微笑ましい、と。

    「リカ」の兄弟も中睦まじく、「わーかったわかった、ほらこっち来いよ」と自然な流れで抱っこ座りです。

    6
    抱っこ座り

    テレビが正面から見えないからと、和哉はリカをカップルのように優しく抱っこ座り。手の位置が妹の太ももの上というのは素晴らしいと思います。正面からの堂々のパンチラがなんとも胸が熱くなります。この兄妹の抱っこ座りを見て誰もが思ったことでしょう。いやらしい、と。

    しかし、宮下ともちか先生の描くパンツは本当に芸術的な柔らかさですね。ついつい見とれてしまうというか、触りたくなってしまうという。

    宮野ともちか先生のパンツとは
    あるパンツ評論家のレポートより抜擢)
    この柔らかさこそが芸術である、と。
    ぱんつとはそもそも、柔らかい大事な部分を隠す為に生まれたものじゃないですか。そんなぱんつだからこそ、柔らかく包み込む存在であるべきなのです。柔らかさ×柔らかさ。そんな奇跡の掛け合わせが存在するからこそ、僕らはそこに惹かれるわけですよ、永遠に。(中略)そう、つまりぱんつに温もりを求めてるんですよ!!

    宮野ともちか先生の描くパンツにははいてる娘の温もりがある。柔らかそうでいて、よい臭いがしてきそうで、温かい…。確かに「リカ」でもパンツの描写は柔らかそうで、ついつい描かれているパンツのコマに手が伸びてしまいます

    体育座り型パンチラ最大の魅力は太ももにあり。美味しそうな太ももによって隠されるパンツの部分に浪漫が、見えているパンツの部分にがつまっています。太ももを柔らかくジューシーに描く事によって、パンチラの効果を何倍にも引き上げさせます。

    さらに今回のパンツの凄いところは、リラックスしたのか自然と足が開いていく事です。

    7
    徐々に視覚できるパンツ(夢)が広がっていく

    ええ、そうれは夢を叶えるかのような錯覚に陥っていきます。
    いつの間にかパンツをじっくりと堪能してガン見しているのです。宮野先生が描くパンツには魔性の魅力がありますね。

    そして、抱っこ座りをしてレースゲームに夢中の兄妹。
    和哉はふと妹の髪の匂いと体温に気付きます。

    「妹(リカ)の髪の匂い。っつーかこいつ柔らけーな」
    「妹の体温が身近に…って、この体勢やばい

    はい、和哉くん。妹の髪の匂いと柔らかさと体温によって何か変化が起きてしまったようです(主に下半身が)。「ぐっ」という擬音の後に…リカはお兄ちゃんの変化にビックリ仰天。

    8
    ビックリ仰天した妹


    !?


    9

    「お兄ちゃん…もしかして点火(イグニッション)しちゃったの?」

    点火(イグニッション)しちゃったの?」
    点火(イグニッション)しちゃったの?」
    点火(イグニッション)しちゃったの?」


    私は電車で漫画を読むのですが、電車で吹いたじゃねーかよ!
    どうなのコレ。いきなりバイクゲームやり出したのは、どう見ても「お兄ちゃん…もしかして点火(イグニッション)しちゃったの?」って言いたかっただけです。本当にありがとうございました。

    今回の話の流れは「バイクレースゲームする→抱っこ座り→点火(イグニッション)」というものでした。本当に頭がどうかしてます(褒め言葉)。ちなみに妹はお兄ちゃんが点火(イグニッション)した感想を以下のように。

    お兄ちゃんのおちんちん熱かったな

    点火(イグニッション)してしまった和哉は「妹に欲情するなんて、僕は異常なんじゃないのか…?」と自己嫌悪していました。いや、生活の唯一の楽しみが妹の着替えを覗くことのほうがよっぽど異常だと思います。

    いやー今回も頭のネジが数本飛んでて素晴らしかったですね。いつの間にか病みつきになるのが宮野ともちか先生クオリティーですよ。