• スポンサードリンク

    「パート怪人悪キューレ」奇跡の完結

    コメント(0)
    正義のヒーローとは、悪いヤツ等から正義の為に僕らを守ってくれる英雄です。しかし、正義のヒーローは、悪役がいなければはじまりません。

    例えば、「アウターゾーン(AA)」の「ブレイド・カイザー」という話では、正義のヒーローに変身できる子供の話がありました。ヒーローに変身しても活躍する機会がなく、カツアゲしている高校生を倒せば、重体を負わせ通り魔と呼ばれて、警察に追いかけられる羽目に。何でこんな目に合うかとミザリィに問えば、「悪役がいないからよ」という回答。

    6
    ミザリィ

    「ヒーローが、いくら強くてかっこよくても、それに釣り合う悪役がいないと、弱い者イジメになるわ。強くて悪い悪役がいてこそ、ヒーローも輝くものよ。」

    素晴らしい名言です。ヒーローが活躍するには、それに見合った悪役が必要だということです。

    他にも、石黒正数先生の短編集「PRESENT FOR ME(AA)」では、高校生の正義のヒーローが、悪の組織のボスが出稼ぎに出てた息子が戻ってきて、クリーニング屋を継いでもらい隠居生活を送るので、組織を解散。正義のヒーローの出番はなくなってしまいました。

    出番がなくなった正義のヒーローは、活躍の機会がなくイライラして「誰か俺を呼んでくれ!誰か俺に助けを求めてくれ!」と叫ぶのでした。悪役を倒す正義のヒーローが、いざ悪役がいなくなって…。

    7
    悪役がいなくなって

    「悪の組織がなくなったら…もう…正義の味方なんていらないんだよ。もう誰も、誰も必要としてくれねんだよ!!」と、泣きながら絶望するのでした。やはり、正義の味方には対になって悪役が必要なんです。

    さて、コミック・ガンボを覚えていますか。世界初となる無料の週刊漫画誌という触れ込みで、駅前などで無料で配布していました。残念ながら1年足らずで休刊してしまいました。そこで連載していた未完作品「パート怪人悪キューレ」という4コマ漫画が、先日、朝日新聞出版から1、2巻発売され無事に完結しました


    永遠の未完になるだろうと思っていたのに、未収録作品や情熱の描き下ろし36ページも収録されて、奇跡の完結。素晴らしい!マーベラスです。

    戦隊ヒーローの黄色で正義の味方である夫が不人気のためにリストラされそうになり、パートとして悪の組織の怪人悪キューレとして働いて、家計助ける妻の日常を描いた4コマ漫画です。悪の組織が町で求人チラシを配っているところに出くわし、時給に釣られて働くことに。

    8
    時給につられて…

    話しを聞けば、託児所なども完備されており、働き先としてはかなりの好条件。主婦は、悪の道に手を染めるのでした。夫は戦隊のヒーロー黄色(カレー好き)、妻は悪の組織の怪人という生活が始まるのでした。

    夫婦の仲は良いのですが、夫婦の間で何かあればストレスを仕事でぶつけるのです(悪の怪人として)。ある日、夫が怪我や疲労の回復が早まるという高気圧エアチェンバーを399万円で購入。妻は、無駄遣いにブチ切れ。この怒りを悪の怪人として、夫である戦隊の黄色にぶつけてボコボコに。しかし、実は、夫が無駄遣いしたのにはわけがあるのでした。

    「本当は…嫁が仕事でボロボロんなって帰宅するの見てらんなかったんす。でも働いている彼女はイキイキしてるし。だからせめて…体の負担が少なければと…オレなりの…気遣い…」

    それを聞いた妻である怪人は…。

    9
    「父ちゃん大好き!!!」

    …愛です

    そんな仲が良い夫婦でありながら、正義のヒーローと悪の組織の怪人というアレな関係な2人。そんな日常がとにかく面白いです。

    また、2人だけでなく、それを取り巻く人物もマーベラス!ほとんど役に立たない悪の組織の総裁、数ヶ国語を使いこなす有能でありながら、ストレスでとても痩せている苦労人の人事部長。戦隊ヒーローは、人気者だけど女性人気がないレッド、まったく目立たない空気のような存在のグリーン、若ハゲに苦しむブルー、など個性豊かな面子。特に逸材なのがピンク。初代ピンクが寿退職した為に、二代目として登場したピンクが逸材。

    10
    二代目ピンク

    オッケーイ!

    金髪ツインテールで、夢見る不思議っ娘ですよ。ロリっ娘ですよ。料理はダメですよ。ドジっ子ですよ。新ピンクは素晴らしいじゃないですか。戦隊物で紅一点の花を担当するピンクは、特に重要なんですが、この娘は素晴らしい。

    このピンクの登場で、敵も味方もピンクにメロメロ。まさに無敵の正義のヒーローです。しかし…爆発してタイツがボロボロになった時に、ピンクの秘密が明らかに。

    11
    ピンク

    男だーッ!!

    ピンクはオカマだったのです。正義の味方である戦隊ヒーロー側には男しかいなかったのです。逆に、悪の組織の怪人である悪キューレは29歳で子持ちとはいえ、唯一の紅一点で光ります。また、2人の子供も良い味出しまくっており、出てくる人物が味のあるキャラばかり。

    個人的にかなりマーベラスな4コマだったんですが、朝日出版社から2巻が出て、未収録作品や描き下ろしも沢山あって無事に完結なんて、素晴らしい。マーベラス!

    スポンサードリンク
  • 「新テニスの王子様」AHAHAHAHAスーパーテニスの出番だべさ

    コメント(0)
    「エンマ」の3巻が発売されました。あらゆる時代、あらゆる場所に、冥界より現れる少女エンマ。無駄な殺生を止める為に、今後、無駄な殺生をする者の骨を抜く、1話完結物。


    3巻では、今までになかった未来の世界の話があったり、初めてエンマが骨を抜く事が出来なかったりと、今までになかった出来事があり、1話完結物なのに、まったくマンネリ化していません。マーベラス!

    さて、ジャンプスクエアで好評連載中の「新テニスの王子様」は、また2話同時掲載で、ファンには堪らない素晴らしい内容です。桃城と5番コートの鬼十次郎が入れ替え戦をすることに。鬼に桃って、桃太郎のつもりなんでしょうか。相変わらず、許斐先生のセンスには脱帽です。ちなみに、鬼のラケットはといえば…。

    18
    鬼のラケット

    …え。
    ガット2本張ってあるだけのラケット。こんなラケット見ても 「随分スカスカしたラケットっすね?」とサラリと流す桃城。流石、許斐先生です。まさか開始1ページで笑わせてくれるなんて。なにかがおかしい(主に頭が)。

    桃城は得意気に「この『入れ替え戦』勝ったら俺5番コートっすね」と言い出せば、鬼は「無い」と一蹴。無いのは鬼のラケットのほうですが、いよいよ試合開始。どうやら、この入れ替え戦は、コーチが独断で、試合する面子を決めてるようで、それを羨ましがる中学生軍団。その様子を見て…。

    19
    様子を見て…

    「おいおい」
    「何も判っちゃいねーな鬼さんを…」

    と、平理とん平(高2)と天神耕介(高2)が汗をかきながら解説をはじめます。って、お前らまだいたのかよ。と思ったら、この2人はボールが取れなくて帰ったように見せかけて、前回の話で鳳にボールを恵んで貰っていました。

    20
    ボールを恵んで貰う雑魚

    あれだけバカにしていた中坊にボールを恵んでもらい、お情けでこの場に残った、とん平と耕介。にも拘わらず、偉そうに鬼の凄さを「何も判っちゃいねーな」と、この2人の神経が判らないです。2人曰く…。

    「5番コートにいるものの何故か上のコートとの対戦がなく、下から上がって来る者をことごとくブチ落としてる。付いたあだ名が『地獄の番人』」

    上との対戦がないって、コーチに嫌われているんでしょうか。しかも、周りには地獄の番人なんて面白いあだ名まで付けられて。地獄の番人って…。

    鬼を見た桃城は「…なるほど。この人、今までの高校生とは明らかに違う」。何がなるほどなのかはまったく分かりませんが、桃城は鬼の強さを見ただけで肌で感じています。ただ単に、見た目が強そうだっただけかもしれませんが。桃城は全国大会を前に天気が分かる、クソの役にも立たなかった特技を身に着けましたが、その類なのかもしれません。

    いよいよ試合開始。弾丸サーブを叩き込むも、簡単に打ち返されてしまいます。というか鬼のかけ声が面白すぎです。「上げて来いやぁ!!」、「逃げずに来いやぁーっ!!」、「ハッハァーッ!」。対して桃城は必殺技のジャックナイフを繰り出します。

    「オレ達、中学生選抜を…ナメないでくださいよ!!」

    ボールを取れなかった高校生をバカにしたり、「このU-17合宿、思ったよりも化物がいる様ですねぇ」など、完全にナメていたのは中学選抜のほうな気がしますが、鬼はジャックナイフを、威力が桁違いのジャックナイフで打ち返します。ガット2本で。これが本物のジャックナイフだそうです。

    21
    本物のジャックナイフ

    本物なのに「ブラックジャックナイフ」とは…。本物は黒いということでしょうか。センスが分かりません。威力は桃城がラケット握れなくなる程度。ショボっ…

    もはや、数十メートル人間が吹っ飛び、柵に人間がめり込み、悪魔に変身したり、早すぎてショットを打つのが見えない世界で、今更この程度の破壊力ではガッカリです。結局、手も足も出なくなり、桃城は「1球でいい。1球だけでも」と勝負を諦めてしまいました。50人と言っても、上と下の戦闘能力の差はフリーザとタンバリンぐらい離れているしなぁ。

    で、新しいコーチ斎藤至43歳(2m16㎝)が現れ2人組を作れと言いだします。ダブルスと勘違いした中学生軍団は、仲が良い奴と組みます。そして組んだ相手と試合し、負けたほうが脱落と言い出しました。取りあえず、判明している組み合わせは以下の通り。

    忍足-向日
    仁王-柳生
    大石-菊丸
    神尾-伊武
    蔵兎座-リチャード・坂田
    幸村-真田
    宍戸-鳳
    裕太-周助
    甲斐-木手

    跡部-日吉
    手塚-海堂
    乾-観月
    亜久津-河村
    桐原-柳
    金太郎-千歳
    橘-門脇
    樺地-芥川
    知念-田仁志






    仁王と柳生とか、乾と観月など地味の良カードです。しかし、兄弟対決とか黄金ペアの対決が霞んで見える謎の組み合わせが出来上がりました。

    クラウスさんの対戦相手が、リチャード・坂田です。さらに、橘吉平の相手はスーパーテニスの門脇悟と、なんでお前らが選ばれてるんだよという凄い面子です。

    22
    門脇 / リチャード・坂田

    AHAHAHAHAHA、黄金カードってレベルじゃねーぞ。

    「俺のスピードには誰もついて来れねぇだべさ」と「AHAHAHAHA!」と笑うくせに東北弁なまりだったリチャード・坂田(3ページしか試合シーンなかった)。伊武相手に1コマで敗れ去りスーパーテニスを披露できなかったように見せかけ、「…なんだよスーパーテニスって普通じゃん」と言われてしまった門脇。やべぇ、この2人の試合が超楽しみなんですけど。