• スポンサードリンク

    「からん」完結なんだってばよ。

    コメント(0)
    からん(7) <完> (アフタヌーンKC)
    木村 紺
    講談社 (2011-08-23)

    女子柔道の最高傑作になると思っていた「からん」の7巻が発売されました。これが最終巻です。ええ、「からん」も堂々の完結…って、アホか!納得できるか!むしろ、ここから盛り上がるんじゃないかってところで終了。

    7巻ですが、めちゃくちゃ面白いです。いやもう、くちゃくちゃ面白いのです。1年生も交えての対外試合や他校のの合同練習で、それぞれのライバル関係とか実力の程が大体把握でき、ここから団体戦に向けて行くぞってテンションダダ上がりっぱなし。熱いのです。

    特に、熱かったのは京の覚醒ですよ。

    14
    京覚醒

    これが九条京の柔道―いや、これが九条京!」と、最初に絞め落とされた金春先輩を相手に一本。最終回のエピソードで和解して、これから一致団結して団体戦モードというクソ燃えるテンションになったもの。

    「からん」の女子柔道部の面々は一癖も二癖もあって、これが集まったらどうなるのかというワクテカ感は初期からありました。部活動漫画というのは個性派の集団にどれだけ味があるのかが決め手となるわけで。経験者で実力者の主人公・雅を中心に、素人集団の1年、雑魚とそこそこ強い2年、化物と癒し系の3年…と面子は今後の成長や心情が楽しかったもの。

    部活動漫画の主人公には基本的に2種類います。

    1、ド素人(才能はある)
    2、経験者の強者

    等身大の主人公から入るか、最初からヒーローかという違い。
    どっちも、真っ直ぐ突き進むのが感情移入しまくりますね。

    で、「からん」の雅は中学時代には44 kg以下級で京都2位という実績のある経験者で強者。しかし、どうも雅は主人公らしくない。というか、終始自分が熱血するわけでもなく、常に周りの指導者という立場をとり続けます。読者が主人公目線でシンクロして燃えるという事がありません。

    徹底的にクレバーなのが雅。
    1年VS2・3年の団体勝負でちょっと勝ちに拘る雅を垣間見れました。

    15
    少しだけ見れた勝負に関する拘り

    あえて萌先輩との対戦を避け団体の星勘定優先。
    普通の主人公なら、強者と試合したいとか思って負けると分かっていてもあえて挑む展開になるもの。

    初期に、萌先輩をわざと挑発して寝技勝負を繰り広げたり、寝技には絶対の自信というか拘りがあるのかと思いきや、結局萌先輩の寝技を強化させるだけだったり。変わりに、そういう拘りを見せたのが金春だったり。

    16
    譲れない

    金春VS京で、肘つき背負いを拒否して高く投げる背負いに拘ったみたいな、そういう「譲れないモノ」がどうも雅にはない。むしろ、雅が自分の為とか拘った柔道した時こそ「雅の覚醒」と踏んでいたんだけど。でも徹底的にクールというのもそれはそれで面白いけど。

    徹底的にクレバーな頭脳・雅、強者に立ち向かう化物萌、ド素人だけど才能片鱗を見せ覚醒する京、等身大の苦悩など見せるも「譲れないもの」がある熱い金春…。やっぱり、望月女学院柔道は全員揃うと王道スポ根になるよな。だからこそ、団体戦が見たかった。

    あと、「渾身の描き下ろし71P」として本編殆どスポットライトが当たらなかった穂積喫のエピソード。そのエピソードを通して1年部員の心の結束を強くするという心温まる珠玉の話。

    17
    描き下ろし

    本当に良い話。
    というか改めて読み返すと、彼女は1年部員で唯一の内部進学者であり、初期にあった「内部進学者追試試験でやっと受かった」という殆ど忘れていた伏線が見事に回収されました。やっぱりしっかりとした設定のバッグボーンがあったんだろうなぁ。まだま読みたいエピソードや掘り下げて欲しいキャラがいるんだよなー。

    しかし、諦めない!
    「巨娘」が再開されたとなれば、数年後に「からん」が再開する可能性はあるはず!


    からん(6) (アフタヌーンKC)
    木村 紺
    講談社 (2011-04-22)

    からん(5) (アフタヌーンKC)
    木村 紺
    講談社 (2010-10-22)




    スポンサードリンク
  • 「神のみぞ知るセカイ」歩美がびしょびしょに濡れ濡れな件

    コメント(0)
    ヤバイ!
    「神のみぞ知るセカイ」が本当にヤバイ。
    私は「神のみぞ知るセカイ」を「神汁」と略して呼んでいましたが、まったく間違っていなかった。今回の「神汁」は汗まみれなんだってばよ!秋の風物詩といえばソフトバンクホークスの松中選手ですが、夏の風物詩といえば透けブラですよね。

    歩美が汗で透けブラして神展開なんだってよ!

    10
    神汁

    「大丈夫か!」って、全然大丈夫じゃありません(僕の下半身が)

    「神汁」とは文字通り神汁だったのです。
    歩美が文字通りびしょびしょの濡れ濡れですよ。今まで歩美をペロペロ(^ω^)したいとか半分冗談で言ってきましたが、初めて本気で歩美を舐めまわしたいと強く思った次第です。はい。

    しかし、今回の歩美カワユスな!
    「ボクならうまくやれるぞ」とWお見舞いイベント(という名の修羅場)を、僕等の神にーさまは一緒の布団で歩美を抱え込み、そのまま押し通してしまいました。

    11
    歩美の足が出てようと気付かれません

    まさに無理を通して道理を蹴っ飛ばすである。
    そんなわけで、歩美が汗でびしょびしょに濡れる展開に大満足である。ストップ高ですよ。神汁史上で最高話じゃないでしょうか。

    というか、歩美は上半身だけでなく下半身も濡れすぎじゃないですか?どう見ても汗だけでない汁で濡れてます。本当にありがとうございました。 155話のサブタイトル「シルエット・ロマンス」の「シルエット」とは影とかそういう意味でなく文字通り「」に違いない。「汁…えっと、浪漫」という意味合いなんでしょう。

    もはや歩美にブヒブヒ鳴くしかありません。
    ってか、いちいち表現が狙ってるのかツボすぎます。

    12
    歩美

    どう見ても事後である。

    歩美の汁ばかりに注目が集まってしまいますけど、普通にラブコメとして大イベントでもありました。いちいちヤキモチ妬く歩美に頬を全力で緩めてニヤニヤしてた、ちひろが攻勢をかけて告白。

    「言い忘れたことあるんだけどさー」とか、さもどうでもいい事に見せかける前置きしての告白。絶対に勇気100%であり、相当な葛藤があったと思われます。

    で、歩美いわく、いつも怒るのは「あんたが悪いんでしょ!」とか。確かに歩美は何時も怒ってます。でもね…久々再登場とか結衣編は100%桂馬が悪いけど、女神編の怒りは理不尽に怒ってるだろ、と。どう見てもただのヤキモチですよ!透けブラ見られた以上に怒りが歩美から滲み出てます。

    何に怒ってるかって?
    そりゃ、ちひろの新曲ですよ!

    13
    ちひろの新曲聞いて

    ちひろの新曲には歌詞がまだありません
    なのに、曲だけ聞いて凄く意味深な表情を浮かべた歩美。その後の「最低男」とか「あんたが悪いんでしょ」とかって、何か曲だけ聞いてちひろの想いに気付いちゃった感がありますよね。

    歩美とちひろを交えた三角関係の修羅場っぷり。
    まじで目が離せないんだってばよ!



    神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
    ジェネオン・ユニバーサル (2011-07-27)
    売り上げランキング: 2178

    神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
    ジェネオン・ユニバーサル (2011-01-26)
    売り上げランキング: 4938