もやしもん(13)限定版 ([特装版コミック])

レミニセンス Re:collect

天秤のLa DEA。 ~戦女神MEMORIA~【予約特典:天秤のLa DEA。

ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (6) 初回限定特装版 ねんどろいどぷち付き (SEコミックスプレミアム)

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

初回限定版 あまんちゅ! (8) (MGCスペシャル)

アオハライド10巻 ドラマCD同梱版 (マルチメディア)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (7) 初回限定特装版 オリジナルアニメDVD付き (SEコミックスプレミアム)

ニセコイ 1(完全生産限定版)【イベント優先販売申込券付】 [Blu-ray]
記事検索
スポンサー
管理人
管理人:山田
Mail:yamada0823@hotmail.com
(@は半角に直して送って下さい)



 
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazon
「ひとつ屋根の下の」、堂々の完結
20140414 # ひとつ屋根の下の, 藤こよみ, レビュー 



ひとつ屋根の下の(3) (アクションコミックス(コミックハイ! ))

「ひとつ屋根の下の」堂々の完結である。
全3巻で見事にまとまっており、読後感が最高だよね。頬をニヤニヤさせ悶絶して部屋をゴロゴロ転げまわるイチャラブっぷり。幸せに向けて突き進む爽快感。最高であったと断ずるに些かの躊躇もないわ!
<関連>
「ひとつ屋根の下の」ボクのこと忘れないでください!

だけど私たちこのままで、本当に幸せになれるの?
幼き日の約束を果たすべく再会し、恋人関係となった梨々子と久太。2人の交際に反対する久太の祖父をはじめ、周囲に認めてもらえるよう奔走するが、ついには全寮生に2人の関係がバレて…!?ひとつ屋根の下で繰り広げられる、キリッとしてデレッとするラブコメ、完結の第3巻!!

3巻裏表紙より。
オビの「お姉ちゃん、あなたの赤ちゃん産みたいの!」の煽り文句が扇情的ですが、たしかにりり姉ちゃんの可愛さは半端ではありませんでした(性的な意味で)。

8
半端じゃないぜ!

悶絶。

幾多の困難を完結して久々にデートという名のイチャラブタイムのひと時である。デート中にラブホテルの前で大赤面してテンパり、カラオケで「はっぱくんの赤ちゃんは生みたいの!本当よ?」ときたものです。ここで重要な事は主に3つだ。

テンパって日本語を発せなく「@#*☆♪!!?」とよく分からない叫びをするりり姉ちゃんが可愛いということと、清い交際を決めセックスが怖いと言ってるくせに赤ちゃん生みたいとかアトミック級な事を言いだすりり姉ちゃんが可愛いこと、そして自分の好きな事していいと言われ不意打ちのキスをするりり姉ちゃんが可愛いってことである。ようするに、何が言いたいのかといえばりり姉ちゃんは可愛いという事である。

ていうかさ、りり姉ちゃんは自分が何かされるのは嫌がる癖に、どう見ても誘ってるとしか思えない言動を繰り返すからね。ただごとではない魔性の女ですよ!

9
なにこれ?

天然でこんなことするのは何事ですか!
「やってみたいのある」「顔が見えるし怖くないよ」じゃねーよ。こんな事されたら健全な男子はたまりませんよ。まったくけしからん!(笑顔

やはりこの2人のイチャラブは至高なり。
とはいえ、最終3巻はまあ当然ですけど物語が収束に向かうわけです。数々の困難や障害を2人で立ち向かっていく様は、爽快感があり気持ちのいいものでした。だけど、シナリオは面白いんですけど、私が求める頬を緩めてニヤニヤして部屋中ゴロゴロ転げまわる悶絶的なものは減ってしまう。もちろん、上記に述べたようにご褒美展開はあるのですけど、イチャラブ展開は少ないかな。あくまでシナリオメインという感じ。

だ・け・ど!
そうなれば恋の決着も付けなくてはいけないのだ。当然アテ馬的役割をになっていた第二のヒロインときをちゃんにもFF風に言えば死の宣告しなくてはいけないのだ。デスを唱えなくては、ザキを唱えなきゃいけないのだ。それが可哀相な娘の運命なのだ。

10
ときをちゃん

ブヒィィィィィィ!!

やばい。ペロペロするしかないわコレ
やはりね、恋に破れし女の子の涙は素晴らしいね。これ究極なり。
むしろ最終巻はときをちゃんによるときをちゃんのための物語だったと言っても過言ではありません。はっぱ君が幼少時代からの王子様だったという過去の回想といい、ラブラブアタックを一直線にしてきたのに、無残に「悪・即・斬」のごとし斬られるときをちゃんである。彼女の一挙一動、恋する乙女っぷりは最高すぎるぜ。この涙は俺がペロペロする

しかもね、見事にフラれちゃったときをちゃんですけど、恋破れし乙女がそこから立ち直ってりり姉ちゃんとはっぱくんを応援するというね。恋破れし乙女が2人を励ますような後押しするような役割をしてみせるのですよ

11
後押しはじめちゃうときをちゃん

フラれる→涙→立ち直る?→応援
この流れが芸術的ですらありますね。俺の中でときをちゃんが報われない可哀想なヒロインの殿堂入りをした瞬間でもあります。本当に良い娘だったよね。可愛い娘だったよね。だから、ラストのエピローグは絶許!

もうさ、余り者同士をくっ付ける止めてくれんかね。ドラクエ5がなぜ、「ビアンカ>(超えられない壁)>フローラ」だったのかと言えば、「幼なじみ」という単純なものではないのだよ。例え選ばれなくても何年経っても独身を貫いたビアンカにプレイヤーは涙したのだよ。フローラを選んで居た堪れない気持ちになったのだよ。だから俺はリセットしてビアンカしか選べなくなってしまったのだよ。

とはいえ、1話丸々使ったエピローグは最高でありました。
もうね、胸がポカポカと温かくなるしかないね。10年後の話は素晴らしかったね。こういうきっちりEDを描くのは私は大好きなのである。グッとくる感動的な感動的なエピソードを交えつつ、いつまでも変わらない2人のイチャラブっぷりは素晴らしいとしか言いようがありません。泣ける。

12
エピローグ

素晴らしい。実に素晴らしいです。
なんのかんの言っても、りり姉ちゃんは可愛い。キリッとした顔も可愛いし、赤面してテンパる顔も可愛いし、ヤキモチ焼いて怒る顔も可愛い。でも、一番可愛いのはどう考えても泣き顔なのである。成長して大人になっても、変わらぬ無き顔に僕の心の琴線は鷲掴みでありました。りり姉ちゃんほど泣き顔が可愛い娘を僕は見た事がないね。本当に絶妙な泣き顔を描くのである。

いやー見事な大団円だったね。
大変良かったです。読めば読む程グイグイと「ひとつ屋根の下の」ワールドに引き込まれてしまいましたね。だって、そこは困難や壁はあっても、みんな優しい世界だから。笑い良し!泣き良し!萌えよし!あとは、その、エッチというかあざとさもよし!素晴らしかったのです。読後の感想を言葉に述べるのはちょっと難しいかな。えっとね、絵にするとこんな感じかな。


13


ひとつ屋根の下の(3) (アクションコミックス(コミックハイ! )) ひとつ屋根の下の(3)
ひとつ屋根の下の(2)
ひとつ屋根の下の(1)

著書:藤こよみ

Kindle版:ひとつ屋根の下の(1)46%off
Kindle版:ひとつ屋根の下の(2)46%off

このこここのこ: 1 (REXコミックス) Kindle版:このこここのこ(1)53%off
Kindle版:このこここのこ(2)53%off
Kindle版:このこここのこ(3)53%off

著書:藤こよみ

個人的に前々作の「このこここのこ」はめがっさお勧め。未読なら是非。今ならKindkeで280円と超お得なので。


Kindle おすすめ

関連記事

この記事のコメントを読む
「インスタントバレット」、これは正義の物語ではなく悪者の物語でもない
20140413 # インスタントバレット.ib, 赤坂アカ, お勧め漫画 | カドカワ系



ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT) ib -インスタントバレット- (2) やさしくなりたい、優しくない人々 (電撃コミックスNEXT)

ラスボスは君か僕」(1巻オビ)
人は絶対に変われない」(2巻オビ)

なんというストーリー回し。「インスタントバレット」がヤバイ。面白かったです。厨二病的なよくある能力バトルものかと思って読み進めたら二転三転するシナリオ展開に圧倒されるばかりでした。読後の感想は「続きが気になる」の一言だろう。圧巻のストーリー回しでありました。「金色のガッシュ」「Fate」「未来日記」同様の選ばれし者のバトルロワイヤル漫画ではある。だが、この発想はなかったかなという展開と設定でしょうかね。もしドラクエやFFのような魔法が使えたらどうしますかね?僕ならレムオルを使って女風呂を覗きたいですね。しかし、全員頭のネジが飛んでる異常者が魔法を使えたら…例えばそんなメルヘン。

この世界のすべては敵だ。
周囲から疎まれ、孤立している深瀬クロはクリスマスイブの夜に魔法使いを名乗る少女・セラと出会う。セラの魔法が「見えた」クロは彼女に誘われ、街なかに現れた化け物を協力して退治することになる。しかしその化け物の正体はクロと関係があり…。
――これは、まもなく壊れる世界の追憶。

1巻裏表紙より。
今なら無料で1~3話が丸々読めるのでとりあえず読んでみて下さい。1話だけで「お?」というどんでん返しが炸裂である。圧巻のシナリオ回しがご理解頂けるでしょう。
<まずは3話まで読むべし>
ib-インスタントバレット-公式サイト

主人公の深瀬クロは、友達いない喧嘩ばかりするヤンキーでオタクである。「この世界は敵だらけだ」「こんな世界とっとと終わればいい」などと思う少年である。そんな彼がクリスマスで同じくボッチの1人の少女・セラと出会う。出会いは一匹の怪物を倒す為…。

1
出会った

セラは「私たちは運命に選ばれたんだよ!」と述べる。
それはクロとセラにしか怪物が見えないからである。ついでにセラの持つ爆弾も2人にしか見えない。選ばれた者にしか見えない物体と生物。しかも、怪物はそこら辺のものを破壊していく。セラは「見つけた、私の敵」と歓喜に震えるのであった。なぜなら彼女は正義のヒーローに憧れていたから。そして、2人にしか見えない怪物を倒す為に、孤独だった少年は少女の手を取るのである。

2
行こ?世界を救いに…だよ

1話で彼女の手を取ったクロ。
世界は敵だらけで滅んでしまえばいいとすら思ってた少年クロは、セラの伸ばした手を取ったのである。2人にか見えない怪物を倒すのであった。私は世界に反骨心を抱く孤独な少年が少女に手を取られ、一緒に怪物を倒すのを見て、「インスタントバレット」という漫画は王道少年漫画なのだと思ったものです。だって、ぼっちな少年が仲間を得たような王道展開のオンパレードなんですもん。魔法のような能力「ib-インスタントバレット-」という特殊能力に目覚めし少年少女の物語である。

よくあるじゃないですか。世界に絶望した少年が運命の出会いをして正義に目覚めるっていうのは。だから私もそういう漫画なのだと思ったものです。正義のヒーローになりたいセラと、それに引っ張られ世界を救う主人公。ほう王道バトル漫画なのか、と。ところがどっこい、クロとセラ2人が協力してやっとこさ倒した怪物というものの正体がクロの能力のよって生まれたものだったのである。

3
やっとこさ倒した怪物の正体は…!?

彼女の「力」が爆弾であるように
僕の「力」はこれなんだろう
僕の最悪な願いの形
セラ、僕はキミの敵だ


1話「悪者とヒーロー」。
怪物はクロが召喚ししていたのであった。つまり、主人公クロが悪者の方でだったのである。セラと一緒に怪物を倒してハッピーエンド、これから2人で世界を救う物語が開始されるかと思いきや、主人公が破壊する怪物を召喚していた悪者であったでござるの巻きですよ。なるほどねぇ、主人公クロはダークヒーローなのか、と。正義の味方でなくラスボスなのか、と。1話でいきなりの大どんでん返しである。その後も読めば読む程、正義の味方とは程遠い言動を繰り返すクロ。

4
主人公が「悪者」であった

「僕は君の悪意(ねがい)を引き継ぐよ」
「君が絶望した、この世界は僕が全部壊すから」


「インスタントバレット」は主人公がこの世界を壊す悪者なのである。
この友達居なく孤独で過去にトラウマがあり、もはやとっくに世界に絶望し滅んでしまえばいいとすら思った主人公・クロは魔法のような能力に目覚め、世界を滅ぼす事を決意したのである。そして世界を救いたいと願うヒロイン・セラとのボーイミーツガール的な展開になると思ったものです。

だがしかーし!
「インスタントバレット」の面白いとこところはどんでん返しなのである。読み進めれば読み進める程、「なんだってー!?」と思わせる展開こそがキモである。1~3話を読むと、世界を救いたいヒロイン・セラと、世界をぶっ壊したい主人公・クロの物語を予感させてくれます。ところがねぇ、この漫画の凄いところは正義の味方なんていないところである。ヒロイン・セラが正義の味方で主人公・クロが悪者という構図で描かれて、そこからまら大どんでん返しが起こるのだ。(以降4話からのネタバレ全開なので自己責任でお願いします)

この街に核を積んだ人口衛星が落ちてくる

この世界は滅んでいい、むしろ自分が滅ぼしてやると心に決めていたクロ。自分が世界を滅ぼすから、だから、誰かが落とす核を積んだ人工衛星を止めるのである。まるで正義のヒーローのような行動をして、墜落する人工衛星を食い止めてしまった。理不尽そのものの、滅んだっていいこの世界を救ってしまったのである。理由は単純明快、自分が滅ぼすから。で、核を積んだ人工衛星を落とした犯人がね、なかなかどうしてよ。

5
あの衛星を落としたのは私で、悪者は私みたいな感じじゃない

あれ?正義のヒロインかと思ったセラが黒いぞ…。

ラスボスは君か僕」のオビが響くね。
1話でクロの手を引っ張り、正義の味方に憧れていたと言っていたセラ。この世に絶望した主人公を引っ張る導き手として活躍するように描かれてたのに。眩しいぐらいに輝いていたのに。英雄、正義の味方、世界を救うと目をキラキラさせてたのに。実はセラも頭のネジはクロ同様にぶっ飛んでいた異常者だったのである。

それもそのはず。
だって「ib-インスタントバレット-」という魔法のような能力はある条件下で選ばれたものにだけ備わる能力なのである。この力を授かる者には、共通した源がある。それが、失望、恐怖、絶望、醜悪、孤立、軽蔑、孤独、嫌悪、不安、無力、嫉妬、不審…その果てにあるもの、破壊願望。世界に悪意を抱く者にだけに目覚めし能力なのであります。家族や過去や生い立ち…この世界を恨んでいる者にのみ与えられた能力。能力者には誰も友達とかそういう温かいものなど理解できない。温かさって何ですか?人を傷つける事を何とも思わない。だからインスタントバレットに目覚めし者はすべからく全員が頭のネジがどこかぶっ飛んでいる孤独な者なのである。闇やトラウマを持った、世界を恨む者にのみ与えられし能力。

6
インスタントバレットに目覚めし者

家族…なにそれ食えんの?
友達…いたことないので分かりません。
温かさ…意味不明ですね。
過去…思い出すとゲロ吐きますね。
現実…クソゲー。滅んじゃえば?


そんな者達…。

インスタントバレット、この世を滅ぼす事すらできる魔法のような超特殊能力。現実や世界を恨む1人ぼっちの20人がインスタントバレットという特殊能力に目覚めたのである。何しますか?もちろん決まってますよね。この世界を滅ぼします

100年後の地球は滅んでいました。人間は誰も生きていません。それはインスタントバレットの魔法によって引き起こされた結末だそうです。めでたい話じゃねーか!人類滅亡?地球が滅ぶ?大歓迎だ!

だけど、それは俺&私がやる。邪魔すんな!
この世界に絶望した20人のバトルロワイヤルが開始されたのである。全員いい感じに狂ってる。正義の味方がいねぇ!

2巻まで一気に読破してしまいました。ストーリー回しが本当に上手いと感じましたね。どんでん返しの連続でページをめくるのが止められない止まらないのかっぱえびせん状態。え、これ続きどうなるのという単純な好奇心を湧きたてます。また、1人1人のキャラがなかなかどうしてよ

7
キャラ立っとるのぉ

魅力的なキャラ勢揃いである。
だって、こいつら全員頭イカれてるからね。世界をぶっ壊そうとしてるからね。そういう行動理念を説得力ある過去の回想を上手に挟んで納得させてくれます。破壊願望、インスタントバレットに目覚めるには壮絶な出来事があるわけで。過去の回想がエゲツナイわけで、こういう理由でインスタントバレットになったのかと思うと色々とアレですわ。

といっても「インスタントバレット」は全員が異常者のバトルロワイヤルなんだけど、それだけに収まらず、主人公クロがきちんと正義の味方のような王道展開をかますのである。ある意味、少年漫画のような王道を突っ走りカタルシスを味わう気持ちよさすらある。行動理念は俺が世界を滅ぼすからというものだけど。

2巻まで読みましたが本当に続きが気になるの一言。
今後どうなるねんというワクワク感が半端じゃないっすわ。また気になるのは1話1ページ目の冒頭のシーンでしょう。

1
1話1ページ目の冒頭

かくして僕は世界の完全破壊に成功した
なんて吐き捨てるのは簡単だけど
それはヒーローと敵と使い捨ての僕らの戦いの話だ

1話1ページ目の冒頭。そこは世界を完全破壊したと述べられ、崩壊した世界でセラとタイマン対決(?)をしているシーンである。この冒頭のシーンに今後繋がっていくのでしょうかね。非常に今後の展開に期待である。「インスタントバレット」面白かったです。お勧めです。

ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT) 「ib -インスタントバレット-」(1)

著書:赤坂アカ

世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール
この世界は敵だらけだ。そんな世界で生きる僕らは「悪意」による魔法-ib-を手に入れる。そして僕らは世界を滅ぼすことにした。――これは、まもなく壊れる世界の追憶。

ib -インスタントバレット- (2) やさしくなりたい、優しくない人々 (電撃コミックスNEXT) 「ib -インスタントバレット-」(2)

著書:赤坂アカ

やさしくなりたい、優しくない人々
「悪意」を力の根源とする、世界を壊すこともできる魔法-ib-を手に入れたクロは、同じくibを使える者たちと出会う。しかし、お互いの主張を認め合えなかったクロたちは、対立し――。