• スポンサードリンク

    『ニセコイ』なんだかなぁ(國府田マリ子)

    コメント(162)

    1



    ――――― ニセコイは小野寺さんで出来ている。





    幾たびの恋愛戦場を越えて不敗。



     ただの一度も敗北はなく、



    ただの一度の勝利もなし。




    0勝0敗すべてノーカウントの不敗神話。



    ならば小野寺さんの生涯に意味は不要ず。


    『ニセコイ』も最終回間近。
    ノンストップで物語を畳みにきていますね。

    ここ最近は怒涛の小野寺さんターンで、我々の願いが叶い小野寺さんが勝ったかと思わせたものです。しかし、訓練されたコサキニストは分かってたからね。最初にリードすると逆にヤバイってことをさ!

    『ニセコイ』名物オフサイドトラップである。


    2
    オフサイドトラップである


    はい。
    12年前に結婚の約束した女の子が小野寺さんだったと判明して、「やったね!小野寺さん大勝利!」…、なーんて浮かれるのは素人です。訓練された小野寺さん派は逆に罠だと分かってましたとも。

    今まで報われなかったのがウソのような小野寺さんの大攻勢。
    私は「ヤバイな…」と感じてました。
    そしてそれは現実のものとなったのです。



    3
    現実




    なんだかなぁ(國府田マリ子風に)

    12年前に結婚の約束をしたのは小野寺さんでした→今の好きな人は…?→小野寺さん「あ…!(察し)」

    なにこの完全に当て馬にされてしまった感じ。
    何が確信だっつーの?何が「気付いてしまっただっつーの?
    描写が完全に敗北者ヒロインのソレである。

    そして、小野寺さんは楽の本当の気持ちが千棘に向いてると悟り、最期の特攻をするのであった。



    4
    ずっとずっと好きでした


    完全に敗北することを悟った、されど生き様を燃やす神風特攻である。
    確かに敗けると分かって、それでも最終特攻をかける、自らの恋命を散らす姿は美しくもある。もはや勝機はほぼ無いとはいえ…。

    ドラゴンボールで例えれば、勝てるはずもないのにフリーザにたった1人で特攻したバーダックのような胸を打つ生き様があります。勝てないと知りつつも、ラストファイトとして最終特攻をする小野寺さんの姿は切なく美しいでしょう。しかしだなぁ…。

    小野寺さんの場合は、もっとはやくに告白すれば勝てた…、いや正確には神が邪魔しなければ…としか思えないのです。今回の告白は勝機がほとんど無いのは見て分かります。小野寺さんは悟ってます。自分の中で後悔しない為にラストファイトを仕掛けたのは理解できます。小野寺さんは敗北するでしょう。だからこそである。



    ―――だが無念よ。いや、あと一歩だったのだがなあ。

    そんな間桐臓硯のような気分ですよ!
    無念です。このまま小野寺さんが敗北しても納得できないのです。

    『いちご100%』の東城は約束された勝利の天空いちごパンツの持ち主だったけど、西野に電光石火の朝チュンを決められ敗れました。しかし、敗れてもまだ納得は出来ました。だって東城ってば告白するの17巻までズルズル伸ばしてるんだもん。

    5
    東城敗れる

    東城の場合は、悲しいけど納得できる散りっぷりでもありました。
    自ら勝てるはずの勝負をズルズルと引き延ばした結果なので。例えるなら、勝利は確実と言われながら最期にやらかした桶狭間における今川義元のようなものです。ある意味では自業自得で、これが歴史の必然ともいえるしょう。


    だ・け・ど!
    小野寺さんに至っては、東城のように自らのせいでズルズル引き延ばして勝機を失うということはありません。むしろ、積極的に動いていたからね。勝てる勝負だったのに、なぜか見えない力(作者の意志)のせいで全てノーカウントという…。

    6
    勝てる勝負だったのだが


    「UEFA EURO 2016」決勝の誤審ハンドからすぐにポルトガル得点で、イマイチ納得できない決着…いや、それ以上です!なんやねん?この決着?としか思えないんですよ。ふざけんな、と。これで終わりか、と。小野寺さん負けちゃうの?

    納得ができません!
    このまま千棘ENDならば、コサキニストは死んでも死にきれないのである。

    作者の都合で「いてつく波動」で無効化されまくって、最期に千棘がゴッツァンゴールを決める様は完全に白けてしまうのです。ドン引きでどっちらけもいいところ!


    だから古味先生…

    7
    小野寺さんを助けさせちゃくれねぇか

    スポンサードリンク
  • 『ハンター×ハンター』No.353◆冷徹、実況アナの娘を探して…

    コメント(72)

    3
    『ハンター×ハンター』No.353◆冷徹

    クロロ…観客を盾にして逃げながらヒットアンドアウェイ。
    ヒソカ…クロロを追いかける。

    クロロの戦法がセコくて、ヒソカはこんな戦いを望んでたのか?と疑問だったのですが、どうやらヒソカの性感は大満足で「素晴らしい」と悦んでいました。てっきりこんな闘いをしたかったわけじゃないとか怒ると思ったのに。いいんだこれで。そんなわけで2人の闘いは続く。

    <関連記事>
    『ハンター×ハンター』No.352◆厄介、クロロの戦法ってどうなん?
    『ハンター×ハンター』No350死闘、ヒソカとクロロの対戦がぐう熱い件
    『ハンター×ハンター』No.350王子、すこぶる続きが気になる件
    「ハンター×ハンター」、面白すぎるんだってばよ!
    「ハンター×ハンター」、くそ面白すぎて困る件
    クロロの隠れながら隙をついて攻める戦法は徹底しており、ヒソカはキョロキョロと観客からクロロを探します。

    4
    クロロはどこだ?

    巧妙に隠れるクロロ。
    観客はギャラリーフェイクで複製した人間コピーだらけです。複製した人間を使った一進一退の攻防は手に汗握る激しいものでした。

    確かにクロロは見つからない。
    しかしながら個人的にはクロロ以上に姿が見えない人がいます。
    実況の女の子である。

    5
    実況の娘

    今回の登場ゼロコマである。
    声は聞こえるのに姿は見えず。ヒソカがクロロを探す以上に何度も探したのですが発見できず。くっ!この「ヒソカVSクロロ」では唯一のオアシスだったのに。

    そもそも『ハンター×ハンター』にはこれといって明確なヒロインがいないからね。クラピカにペロペロしてたら…残念!男の子でした!ビスケにペロペロしてたら…残念!戸愚呂弟(筋肉ダルマ)でした!パームにペ…いやないな。サイコすぎた。

    ハンターには何度も天使を見つけたと思いきや斜めに裏切ってくれたものです。心の中で戸愚呂弟は言うんです。「おまえ、もしかしてまだ富樫は死なないとでも思ってるんじゃないか?」(冨樫でなく『てんで性悪キューピッド』はウ冠の富樫と本人は言う)

    はい!思ってます。
    『電影少女』と並ぶジャンプラブコメ史に輝く『てんで性悪キューピッド』を僕たちは忘れない!リメンバー『てんで性悪キューピッド』を描いてたころの冨樫先生である。なんのかんのでアルカとか究極の妹でしたからね。やはり冨樫先生は偉大だ。

    ジャンプ最長ラブコメになった『ニセコイ』の主人公も『てんで性悪キューピッド』みたいにヤクザの息子じゃん。冨樫先生の影響受けたんだよ(知らんけど)。きっと古味先生も子供の頃に『てんで性悪キューピッド』を読んで今回のヒソカみたいになってたに違いない。素晴らしい…(ハート)

    そんなわけで部分部分ではありますが、ハンターのサブキャラにペロペロするのが俺のジャスティス!実況の女の子は個人的にスマッシュヒットで期待してたのに。今回、姿が見えなかったのは残念でなりません。

    だがしかし!しかしである!
    姿が見えないからこそ、むしろ冨樫作品のヒロイン力は高まったね。途中で消えるヒロイン…そう!『幽☆遊☆白書』のメインヒロインだった雪村螢子である。

    6
    雪村螢子

    初期こそメインヒロインとしての活躍を見せていた螢子ですが、途中から霊圧の消えっぷりはチャドもビックリですよ。極めつけは四聖獣編での約束。

    「今度こんな事件があってどっか行くときは…」
    「行く前に幽助が教えて…!――できれば一番最初に…!」


    事件が起こったら一番最初に報告することを約束しました。
    しかし悲しいかな。この約束は守られることはありませんでした。

    遠くから見てるだけーだった暗黒武術会編などまだマシ。仙水編では事件そのものすら知らず、全てが解決して次の魔界云々の後に「オレ魔族になっちまった」「え?いきなり何言ってんの?」、「魔界に行こうと思ってんだ」「いつ?」「明日」「温子さんにはもう言ったの?」「ああ」完全に後回しにされた事後報告の数々はもはや伝説である。

    途中から消えたヒロイン。それが雪村螢子!
    とはいえ、途中で霊圧消えても最期はメインヒロインだったのも事実。

    7
    やっぱりメインヒロインだった

    螢子は終盤はメインヒロインだったよ。うん。
    ゆえに、今回の消えた実況アナはむしろ冨樫作品においてはヒロイン力が高まったとも解釈できます(ねーよ)。

    HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)
    冨樫 義博
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 9
    HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)
    集英社 (2016-06-03)
    売り上げランキング: 168