• スポンサードリンク

    『干物妹!うまるちゃん』、海老名ちゃんが可愛いのだ

    コメント(4)

    干物妹! うまるちゃん 6 (ヤングジャンプコミックス)

    うむ。うまるちゃんは可愛い。
    『干物妹!うまるちゃん』は妹漫画の中でも群を抜いて大好きだ。家では二頭身になりワガママ放題、外面は良くて美少女のギャップ。6巻を読むとうまるんの「お兄ちゃん大好き」っぷりにホッコリしてしまうね。
    <関連記事>
    『干物妹!うまるちゃん』、俺の妹が圧倒的に可愛い件
    ヤンジャン新連載「干物妹!うまるちゃん」期待大である

    うまるちゃんの可愛さに撃沈しました。今まではうまるは愛でる分には可愛いけど、それは小動物を眺める可愛さだった。見てる分には面白可愛いって。で、6巻を読んで考えが変わりましたね。妹として可愛い。妹として俺の中で一段上になった。この子は紛れもない超ド級の本物の妹だ!

    6巻ではタイヘイが出張に行く事になり、それを聞いたうまるちゃんの「やだ…お兄ちゃんがいないとうまる困るよ…」と普段はワガママ放題なうまるちゃんのしおらしくなるジャブを放たれ、出張先まで付いてくるなどお兄ちゃん大好きっぷりの連続攻撃。

    何よりヤバかったのは98話「うまると帰宅」であろう。
    タイヘイが2週間ぶりに帰宅するわけですが…。

    19
    帰宅したら

    部屋は散らかし放題で、タイヘイがいない間にゲームをしまくってたわけである。なんだかんだで一人で楽しんでいた…と思ったら。それは不意打ちのように放たれた。「…」と一呼吸置いて、改めてタイヘイを見て…。

    20
    寂しかった

    お兄ぢゃん。うまるざみ…っざみじばっば!!」と泣きついてくるのであった。やられましたね。なんだよこの可愛さは。飛天妹流の甘え術は全てギャップ萌えを際立たせる二段構えであるが、今回のうまるの二段構えにはハートを撃ちぬかれる。

    今までの外面との二段構えより遥かに可愛い。最初にお兄ちゃんが帰ってきてもいつも通りの素振りを見せつつ、次に本当はお兄ちゃんいなくて超寂しかったという態度に撃沈するのみ。タイムラグを使った究極の甘えっぷりである。

    最初っから寂しかったと抱きつかれるより、特に寂しくなかったと思わせておいて、実は寂しかったとという方が遥かに威力が大きいね。二段構えのせいで、「実は必死に平常心を保とうとしていた」という可愛らしい真実まで明かされるし。タイヘイはタイヘイで出張中に料理をうまるの為に作ってると判明するし。家族愛が熱いぜ!この兄妹は最高だ。

    21
    最高の兄妹

    102話「うまるとワガママ」も良いな。
    ただ兄にワガママ言って甘えるだけなんだけど、甘えるのはお兄ちゃんだけなのだ。兄妹の何気ない日常の中でギャグテイストに家族愛を落とし込む。別に誰も死なないし誰も余命宣告されないけど、家族愛を突き詰めグッとこさせる。家族愛とは優しさだね。

    また、うまるちゃんの友達とのきゃきゃうふふも素晴らしい。

    22
    きゃきゃうふふ

    可愛いは正義である。毎日疲れきったおっさんにとって、可愛い女の子のきゃきゃうふふが物凄く効く。見ていて和むし癒される。黒く淀んだ我が心が浄化されるようだ。うまるちゃん達のきゃきゃうふふは疲れきった現代人のハートを癒してくれる。

    また、シルフィンフォードと切絵とは最初から仲良かったわけでなく段々と仲良くなっていったからね。うまるの成長物語でもある。兄妹の家族愛だけでなく、隣人愛もほっこりさせてくれる。ギャグ漫画なんだけど愛と優しさと温かさが満載である。

    そして『干物妹!うまるちゃん』のキモは海老名ちゃんである(断言)。

    23
    海老名ちゃん

    くそ可愛いな!
    この漫画は親愛友愛慈愛と「愛」が溢れてるんだが、一つだけ足りないものがある。それが「恋愛」なり。別に無くてもいいっちゃいいけど、あれば嬉しい(俺が)。そして海老名ちゃんが今目覚めようとしている。6巻描きおろしはニヤニヤするの一言であろう。

    クリスマスイブで壮絶な肩透かしを食らったと思ったら、この為の布石だったのか。恋する乙女になる下ごしらえか。

    24
    下ごしらえ

    タイヘイをお兄ちゃんに雰囲気が似てる、お兄ちゃんを重なると思いつつ「でも…」ですからね。来てるね。恋する乙女に覚醒しつつある。海老名ちゃんがデレたら、きっと「んめな~」な事でしょう。はやく海老名ちゃんを美味しく召し上がりたいぜ。愛溢れるこの漫画で最後のピース「恋愛」が満を持しての登場だ。え?叶課長?うん、別に…。

    アニメももうすぐだし今後が益々楽しみである。
    次の7巻はOVA付きの限定盤。
    【Amazon】『干物妹!うまるちゃん』第7巻OVA同梱版

    干物妹! うまるちゃん 6 (ヤングジャンプコミックス) 干物妹! うまるちゃん(6)
    【kindle】干物妹!うまるちゃん(6)
    [まとめ買い] 干物妹!うまるちゃん
    うまるの家での日常は…ゴロゴロバタバタ漫画にゲーム♪お腹がすいたらお菓子をムシャムシャ…お行儀悪い…だから楽しい干物妹ライフ。けれど、そんな日常を支える兄タイヘイが出張に!!?うまるに過去最大(?)の危機迫るッ!!気付けるか?兄の重要性!広がるか?世界!!海老名、切絵、シル フィンと友情深まる第6巻ッ!!!
  • 夏に読みたい漫画!

    コメント(3)
    もう7月ですね。夏が来たわけです。
    そんなわけで夏を感じる、夏がテーマ、夏に読みたいという漫画を紹介。爽やかな田舎だったり、海やひと夏の恋とか夏休みとか、これぞ夏だよってのをセレクト。

    『新世紀エヴァンゲリオン』
    [まとめ買い] 新世紀エヴァンゲリオン [まとめ買い] 新世紀エヴァンゲリオン
    西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

    夏といえば『エヴァンゲリオン』です(断言)。延々と夏が続くのがこの世界。なぜずーっと「夏」なのか。まあ、設定上はセカンドインパクトで地軸が曲がったからなんですけど。よく言われるけど『エヴァ』は庵野秀明氏のオタク的な願望と妄想を突っ込みまくったものである。そして少年の心!やはり「夏休み」がずっと続いて欲しいみたいな少年の願望が込められていたと思う。

    新世紀エヴァンゲリオン(14)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)

    漫画版14巻の表紙は夏しかない世界なのに冬である。ああ、夏休みが終ってしまったとセンチメタルブルーになる。でも希望があったね。完結までに20年。夏休みの宿題が終わった気分。

    『よつばと』
    よつばと! 1 (電撃コミックス) よつばと!(1)/よつばと!(2)
    よつばと!(3)/よつばと!(4)
    よつばと!(5)/よつばと!(6)
    よつばと!(7)/よつばと!(8)
    よつばと!(9)/よつばと!(10)
    よつばと!(11)/よつばと!(12)

    夏休みといえば『よるばと』!夏休み初日からはじまる幼い少女よつばの目線で描かれる夏休みの日常が超面白い。楽しい夏の毎日なり。まあ、夏休みは5巻までで、今なんて秋ですけど。それでも夏休みのようなキラキラした楽しい日は続く。いつでも今日がいちばん楽しい日なのだ。
    <関連記事>
    「よつばと」ちょーおもしれー
    「よつばと」人の夢は終わらねぇ!

    『子供はわかってあげない』
    [まとめ買い] 子供はわかってあげない [まとめ買い] 子供はわかってあげない
    水泳×書道×アニオタ×新興 宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)。モーニング誌上で思わぬ超大好評を博した甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガール。出会ったばかりの二人はお互いのことをまだ何も知らない。ああ、夏休み。

    新興宗教の教祖で金持ちだしてトンズラした実の父親を探す…と重そうなテーマだけど爽やかにふんわり心地よい雰囲気。何よりも甘酸っぱい青春が最高である。どこか懐かしい夏休みの大冒険なり。読後には何か大切なことを思い出すことでしょう。名著!

    『なつゆらぎ』
    なつゆらぎ (リュウコミックス) なつゆらぎ

    夏休み。渚は叔母のいる田舎に滞在することになりました。 彼女がそこで出会ったのは、亡き祖父が遺した「あるもの」でした。 日々の暮らしの中では忘れがちな日本人の原風景。家族、友人、 そして…あたりまえの存在があたりまえではなく、特別なものだった

    夏の田舎を感じさせてくれる。叔母の田舎に行けば、祖父が残した少女の人形(ロボット)。主人公以上に感情を出す人形の少女と触れ合い笑顔を作るようになる。ラストの展開はお約束なんだけどシンミリさせてくれる。ひと夏の出会いの成長物語。
    <関連記事>
    「なつゆらぎ」超ド田舎のひと夏の体験

    『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編』
    ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(1)<ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編> (角川コミックス・エース) ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(1)
    ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(2)

    話題のサウンドノベル「ひぐらしのなく頃に」の竜騎士07書き下ろしシナリオで贈るサスペンスホラー! 公由夏美に襲いかかる悲劇。かつて暮らしていた街を襲ったガス災害をきっかけに全ての歯車が狂い始めた!

    昔同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』にドハマりして、ゲームだけでなく漫画も小説も読み漁ったんですけど、漫画版外伝『鬼曝し編』は凄い。原作とは違うアナザーストリーですが、ひたすらスペクタル展開の中でラストのどんでん返し。思わず「嘘だッ!!」と叫びたくなるレベルです。いい意味で裏切られたね。

    『なつのロケット』
    なつのロケット (ジェッツコミックス) なつのロケット

    大好きな先生を引き止めようと、小学生がロケットの打ち上げを!? 少年たちの鮮やかな夏──夢は銀河を駆け巡る! 描きおろし16ページも収録。

    夏のロケット(AA)』(川端裕人)に触発されて描かれた『なつのロケット』。あっちがおっさんがロケットを作るなら、こっちは少年がロケットを作る。担任の先生の退職を阻止するためにロケットを作る物語。ラストは感動して胸を打つ。心に響く超名作。僕は夏に空を見上げる。新作『進め!なつのロケット団』の単行本まだかよ!

    『ねこむすめ道草日記』
    ねこむすめ道草日記(1) (RYU COMICS) ねこむすめ道草日記(1)
    ねこむすめ道草日記(2)
    ねこむすめ道草日記(3)
    ねこむすめ道草日記(4)
    ねこむすめ道草日記(5)
    ねこむすめ道草日記(6)
    ねこむすめ道草日記(7)
    ねこむすめ道草日記(8)
    ねこむすめ道草日記(9)
    ねこむすめ道草日記(10)
    ねこむすめ道草日記(11)

    最近はやってる美少女モンスター系娘の走りみたいな。可愛らしくあざとい妖怪娘。ど田舎の妖怪と人間のほのぼの系日常。まあ、夏だけじゃなくて四季あるんですけどね。それでも夏に始まり夏が多い。何よりも「田舎と妖怪」の組み合わせは夏を感じるってもの。

    『砂時計』
    [まとめ買い] 砂時計 [まとめ買い] 砂時計

    植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけるのだった。しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語

    オレ内部の少女漫画でも5本の指に入る名作。まあ、夏だけでなく春夏秋冬、現在過去未来と様々な時間軸で描かれるんですけど、やっぱりテーマというか主軸には島根の夏がある。夏に読みたい胸キュンと切なさとニヤニヤが満載の名作である。

    『夏のあらし』
    [まとめ買い] 夏のあらし! [まとめ買い] 夏のあらし!

    古くから営まれる街の喫茶店で、少年が出会う年上の女子高生。全てはそこから――…。少年と少女達の過去と現在(いま)が、交差する…。あの「スクールランブル」の小林尽が描くノスタルジックファンタジー、登場!!

    夏といえば…「戦争」。日本人として夏は終戦の季節でもある。スクランのようなラブコメ期待してたら正面からガツンと殴られた気がする。初期のラブコメ的な雰囲気から一変する後半のシリアス路線の大加速の熱量。空襲のシーンで読者をなぎ倒し燃やし尽くしていく。そしてラストの感動。過去があるから僕らは今ここにいる。

    『新ゴーマニズム宣言戦争論』
    [まとめ買い] 新ゴーマニズム宣言スペシャル 戦争論 [まとめ買い] 新ゴーマニズム宣言スペシャル戦争論

    戦後60余年の見えざる呪縛の鎖を断ち切る解放の書か?それとも戦争の悪夢を喚び起こす禁断の一冊か?戦争とは何か?国家とは何か?そして「個」とは? 384ページの傑作超大作!

    私が大学生の頃にゴー宣シリーズは大流行していた。何かの洗脳が解けた気がした。おかげで若い頃はかなり右に偏ったもの。社会に出て日々の仕事に追われ思想など右も左もどーでもいいと思うようになったけど。今でもたまに読み返す。ただただ祖父世代に敬意を持つ。右左、善悪を超えた名著。

    『青Ao-Natsu夏』
    [まとめ買い] 青Ao-Natsu夏 [まとめ買い] 青Ao-Natsu夏

    『隣のあたし』『スプラウト』の南波あつこが描くピュアラブストーリー!東京で合コン祭りのはずが、夏休みを田舎で過ごすことになった理緒(りお)。そこで出会ったのは、硬派だけど少しイジワルな男の子で!? 蝉の声と川のせせらぎの中、青春よりもっと青くて熱い、夏空みたいな恋、はじまる!!

    夏休みのひと夏の恋というストレートど真ん中。夏休みの帰省中の恋というのは夢と浪漫が溢れているよね。夏と青春の化学反応が素晴らしいの一言。最新刊4巻ではニヤニヤ指数がメーター振りきれるで。しかし、南波あつこ先生の描く「片想い」は芸術的ですらある。

    『ぼくらのよあけ』
    [まとめ買い] ぼくらのよあけ [まとめ買い] ぼくらのよあけ

    2010年、地球に“SH3・アールヴィル彗星”が接近した。時は流れ2038年、夏。宇宙大好き小学生、沢渡(さわたり)ゆうまは、謎にみちたモノと出会う。

    ひと夏の冒険が凝縮されている。「私が宇宙に帰るのを手伝ってもらえないだろうか?」と小学生の少年に宇宙からやってきた人工知能が述べる。彼を返す夏の物語。読めば胸が熱くなる夏の出来事なり。少年は大人になる。隠れた名作である。

    『サマー・ソルト・ターン』
    サマー・ソルト・ターン(1) 【kindle】サマー・ソルト・ターン(1)

    一度は水泳を諦めた「元神童」水野泳一郎。幾多の葛藤を経て、弱小・大浜高校水泳部に入部。幼馴染の古谷ハル、自称「ライ バル」海老名江洋、褐色の天然少女・鮎川ルカと共に、再びスイマーの道を歩みだす!水の中に戻ってきた元神童・水野泳一郎。幼馴染ハル、自称ライバル紅 洋、天然娘ルカなど賑やかな面々に囲まれ再び栄冠へと歩みだす!

    夏が始まる!
    青春水泳部活漫画なり。神童と呼ばれた主人公が身長同様に水泳のタイムも止まり、水泳を辞めてしまう。しかし、回りに触発されて再び泳ぎだすのであった。夏だ!プールだ!青春だ!名作になる匂いプンプン。
    <関連記事>
    『サマーソルトターン』、名作になる匂いがプンプンするぜ!

    『レッツラグーン』
    [まとめ買い] レッツ☆ラグーン [まとめ買い] レッツ☆ラグーン
    レッツ☆ラグーン(3)
    目が覚めたら、そこは無人島だった!!詳しい状況は不明、記憶もはっきりしない中、不意に現れたのは同級生の衣舞瀬(いまいせ)チカ!!そして始まる2人きりの無人島生活。ここは男の天国か、それとも…!?そして2人のあいだに暗黙のルールができはじめたころ、新たな漂流者が流れ着き…!?先読み不可能!新感覚無人島サバイバルストーリー!!

    無人島に女の子と2人きりとかうらやまシチュから、本格SF展開になり先が楽しみで止められない止まらないのかっぱえびせん状態。夏と海と制服美少女はりりんが生み出した浪漫だよ。
    <関連記事>
    「レッツ☆ラグーン」、神山ノリという最強ヒロイン
    「レッツ☆ラグーン」2週目スタート、面白すぎる!
    「レッツ☆ラグーン」が面白すぎて困る

    『To LOVEる』
    [まとめ買い] To LOVEる―とらぶる―ダークネス モノクロ版 [まとめ買い] To LOVEるダークネス
    [まとめ買い] To LOVEるカラー版

    リトのトラブルな日常が帰ってきた。ララの双子の妹・モモとナナが彩南高校に転入。モモは、「ハーレムを創る」という怪しい計画を練り、リトを肉食男子に変身させようとするが……!? 更には、謎の敵がリトを襲撃して!?

    夏!夏といえば美少女わんさか漫画なり!
    なぜかといえば、夏だ!海(プール)だ!水着だ!という人類の単純にして普遍的なものである。美少女の水着、それは僕等の生きるエネルギーなり。
    <関連記事>
    ラブコメ漫画とか好きだから!

    夏のビーチじゃ女の子も開放的になるんですよ。美少女の夏の水着こそ至高である。まあ、とらぶるは夏とか関係無しに年がら年中開放的なんですけどね!はちきれんばかりの水着姿を堪能する。とらぶるは毎回服がはちきれてるけど。だがそれがいい!夏にヨダレをたらして読もう。
    <関連記事>
    ヤマカムの『To LOVEる』の記事

    『CROSS†CHANNEL』
    CROSSCHANNEL ~For all people~ (通常版) Amazon.co.jp限定PC壁紙 付(2014/06/26注文分まで) CROSSCHANNEL ~For all people~ (通常版)
    CROSS † CHANNEL (クロスチャンネル) (通常版)

    群青学院の生徒たちによって繰り広げられる青春学園アドベンチャーとなり 夏休みに部活動に勤しむ青春の中で、放送部員たちの周りで起きる不可解な事件。 繰り返される日々のデジャヴ。深いミステリー要素のシナリオとなっています。

    生きてる人いますか?
    とらぶるでオチまで付けたんですけど、ラストはクロチャンなり。漫画じゃない上に小説ですらない。ノベルゲームである。しかし、おっさんのオタク戦士はみんなこれを通過してきたんじゃ。若者よ『クロスチャンネル』をやらずして夏は語れんぞ。名作の中の名作で最高傑作である。繰り返される夏の日々を堪能せよ。哲学でもあり文学でもあり芸術でもあり人生でもある。全てだ!未プレイならこの夏に是非。