• スポンサードリンク

    「シグルイ」堂々の完結

    コメント(5)
    「タビと道づれ」「鋼の錬金術師」「惑星のさみだれ」…今年は、私が大好きな漫画が堂々の終了を次々と迎えてしまい寂しい気持ちと見事に完結して清々しい気持ちが入り混じっています。

    10月も私が大好きな漫画の最終巻がどんどん発売されました。寂しいけど、ちゃんと上手く完結してくれてよかったのです。

    シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)
    南條 範夫
    秋田書店 (2010-10-20)

    残酷無残時代絵巻ここに堂々の完結!私は原作未読で漫画のみしか読んでいなかったのですが、最後の藤木源之助と伊良子清玄の対決は静かながらも魂がビシビシと籠った半端ない熱さでした。全ては1巻第1景の冒頭に繋がる壮絶な前フリ!

    1巻に比べて源之助が清玄と向き合うまでの描写が詳細に描かれていた事は興味深いです。1巻ではサラッと清玄を見たのですが、実は宿敵を見るまでのタメが半端じゃなかったのです。

    1
    1話45~46ページ

    1景45~46ページの間の源之助が清玄を見るまでは並々ならぬ想いが溢れていたようです。

    源之助はまだ宿敵を見ようとしなかった
    足を引きずる音は、さらなる剣技を予感させた
    何かがあふれそうで
    何かがちぎれそうな想いが張り詰めてゆく
    ついに源之助は清玄を見た!

    何事も皆偽りの世の中に
    死ぬばかりぞ 誠なりける


    ついに、1話の冒頭に繋がった「シグルイ」。静かながら両者の戦いはヤバイ。特に両者の刀がぶつかり合い鍔迫り合いの形になった時は胸が熱くなるというもの。鍔迫り合いは、源之助の得意技でもあるものの、思い出すのは7年前。道場破りにやってきた伊良子清玄と手合わせした時。始めて出会って剣を交わした時。あの時も鍔迫り合いになりました。

    2
    7年前と同じ鍔迫り合い

    両者が始めて戦った7年前。7年前は、骨子術で動きを封じられぶん投げられた挙句に指の骨を折られました。源之助の惨敗でした。あれから7年…骨子術は左腕を無くし、清玄は跛足で盲目、何よりお互い真剣。

    源之助の鍔迫りが
    胸骨もろとも心臓を瓜の如く両断した


    決着は一瞬でした。盲目の伊良子清玄が最期に見たのは母でした。そのまま源之助を母と思ったのか優しく抱擁。裸で抱く清玄と源之助801的に美味しい展開で、女性読者が増えるかもと思いましたが「シグルイ」は背景が腸や臓器という。

    ついに決着がついた両者。源之助の勝利した時、三重の深部に潜む「魔」は跡形もなく消滅し、あとはハッピーEND一直線。そんな風に考えていた時期が俺にもありました…。

    最終回「真紅」。まじヤバイ。まず、清玄を追っていくが自決。いくの背中の刺青は眼の無い龍が老虎を屠る様というもの。

    3
    いくの刺青

    盲目の伊良子清玄が老虎・岩本虎眼を屠る刺青ですが、15巻のタイトルに刮目すると。80景のタイトルは「竜門」。鯉が龍になると例えられた源之助。そして81景「虎口前」。虎口(こぐち)は狭い道という意味らしく、それを「誠の道」と例えた清玄。

    そう、竜虎相打つ御前試合において、竜が藤木源之助虎が伊良子清玄に例えられているのです。そして刺青通りに虎(清玄)の首を切断する事に…。

    獄門に処すゆえ、ただちに清玄の首を切り落とせ!

    戸惑う源之助に「士(サムライ)ならば、士の本分を全うすべし!」と追い打ち。サムライに憧れし農民出身の源之助は葛藤の末に清玄の首を切断。サムライに憧れていた。しかし、瞳の無い龍のようにその瞳は…。

    4
    瞳が無い

    清玄の首を切断し、"誇り"など全てを無くしてしまった源之助。全て奪われ残ったものは約束だけ…と思ったら残酷なる結末。ハッピーエンド至上主義の私は大ダメージです。

    三重は自害していた!

    最後に三重の生きている姿を確認出来るのは首を切断するところ。しかも思い出したのは、三重に種付けさせようとしたシーン(9景)。この時、三重は以下のように心情を吐露していました。

    5
    傀儡に絶望…

    「幼き頃から嫌というほど見てきた。父の仰せとあらば意志をなくした傀儡となる高弟たち」
    「傀儡…男はみな傀儡」
    「死のう、舌をかんで死のう」

    源之助は誇りある士(サムライ)ではなく、ただの傀儡となって絶望して三重は自害したのか。だがしかし、源之助はただの傀儡だったのでしょうか。

    傀儡ではない男とは伊良子清玄。「伊良子清玄は傀儡ではない」とナレーションされていました。そんな清玄の本質を決戦前に見抜いた源之助。

    6
    清玄の本質

    舟木兄弟斬り捨てた後、清玄は嘔吐していました。当時は顔を剥ぐという残虐行為に吐いていたのかと思いましたが、そうではなかったのです。

    伊良子清玄は他者に命じられて殺めるという行為に吐き気を催したのだ
    何者にも操られぬ宿敵の自我を源之助は誇らしくさえ思えた

    伊良子清玄は他者に命じられて殺すという行為に嘔吐していたのです。それは傀儡では決してないという自我。そこに"誇り"がありました。対して源之助は他者に言われるがままの傀儡だったのかといえば、そうではありません。清玄の首を切断した後に嘔吐していたのです。

    7
    源之助は嘔吐した

    伊良子清玄と同じように、他者に命じられての殺めるという行為に嘔吐。源之助はただの傀儡ではなかった…。果たして、三重はいつ自害したのか。源之助が嘔吐したのを目撃していれば自害なんてしなかったのではないかな、とifの分岐を考えてしまいます。

    しかし、「シグレイ」は本当に半端ない物語でした。

    シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)
    南條 範夫
    秋田書店 (2010-10-20)

    シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)
    南條 範夫
    秋田書店 (2010-03-19)

    シグルイ 13 (チャンピオンREDコミックス)
    南條 範夫
    秋田書店 (2009-09-18)

    スポンサードリンク
  • BLACK徒然草書籍「なんだ!?このマンガは!?」がマーベラス!

    コメント(0)
    大人気レビューサイトのBLACK徒然草さんの漫画レビュー本「なんだ!?このマンガは!?」が発売されました。

    11

    表紙から半端ねーな!
    何が凄いって漫☆画太郎先生が表紙を描いている事ですよ。あの画太郎先生が表紙を描くってだけでインパクト絶大。何よりも、一見すれば漫☆画太郎先生の新作漫画と間違って手に取りそうな事。さすがじゃまおくんです。見事な戦略家

    この本バカ売れのようで、じゃまおくんの印税ガッポガポのようです。画太郎先生の新作と間違って買わせるという戦略が功を制したわけじゃなく、中身も面白いとなれば売れるのも必然かな、と。

    収録されているレビューは全4章に分かれています。

    ・第1章「なんだ!?このテーマは!?」
    「孤独のグルメ」「ビジネス太閤記 ごくらく王」「マタギ列伝」「ブラボー!ぼくのファミコン」「水道工事店物語」「ムツゴロウが征く」「超愛の人」「散歩もの」

    ・第2章「なんだ!?このアツさは!?」
    「超劇画 聖徳太子」「レース鳩0777」「超護流符伝ハルカ」「コンバット弾」「地上最強の男 竜」「スーパーくいしん坊」「あばれ!隼」

    ・第3章「なんだ!?この設定は!?」
    「いけない!ルナ先生」「5001年ヤクザウォーズ」「ぶかつどう」「飛べ ファッキンバード」「ケンペーくん」「愛星団徒」「アカテン教師梨本小鉄」「Oh!透明人間」

    ・第4章「なんだ!?この少年たちは!?」
    「釣りバカ大将」「グルマンくん」「激メカライダー陽太」「ぼくたちBOYSLIFE」「超香少年サトル」「とどろけ!一番」「藤子不二雄物語 ハムサラダくん」

    なんだ!?このラインナップは!?
    マイナーB級漫画の中に「いけない!ルナ先生」「Oh!透明人間」といってかつての少年の股間を直撃させたエロまであり、ふくしま政美作品まであり、もはやカオスです。書き下ろしとサイトの再掲載があるのですが、「いけない!ルナ先生」「Oh!透明人間」を収録させるところにじゃまおくんに拘りを見出しました。

    そして、各レビューが半端なく熱いです。ラブホテル経営漫画「ごらく王」では、面白レビューの後に以下のように締めくくられています。

    ビジネスのヒントが詰め込まれた経営のバイブルとして、起業家の皆様には特にお勧めすたい作品でございます。

    一体「ごらく王」で経営の何を学ぶというのか分かりませんが、極一部を狙い撃ちしたマイナー臭が胸を熱くさせます。ただでさえ、B級感満載の漫画をじゃまおくんの的確な突っ込みと共に読めば、爆笑確実です。

    個人的には、「いけない!ルナ先生」「Oh!透明人間」のレビューは外せません。この2つと「みんなあげちゃう」「やるっきゃ騎士」は少年誌の限界に挑戦し続けおっさんたちが少年の頃に下半身を熱くさせたエロ四天王で、月日が立っても色あせない夢と希望があります。今でいう「To LOVEる」のようなものです。

    私が始めてBLACK徒然草さんを訪れたのは「いけない!ルナ先生」を検索して辿り着いたのも、今では良い思い出です。「Oh!透明人間」では面白レビューに加えて、私のハートを鷲掴みにする突っ込みまで。

    12

    連載初期は貧乳スレンダー系だった良江ちゃんでしたが、後期には若干ぽっちゃりとした巨乳系へと変貌を遂げました。時代のニーズか?それとも先生の趣味か?

    私も「Oh!透明人間」は青春の1ページなのですが、ヒロイン良江ちゃんのおっぱいが大きくなっていったはじゃまおくんが指摘するまで、まったく気付きませんでした。サラッとこの変化に突っ込みを入れるなんて、いかにじゃまおくんが良江ちゃんのおっぱいに刮目していたのかが伺えます。

    何よりも、ただの突っ込み系レビューと違って、じゃまおくん独特の言い回しが輪を駆けて面白くさせています。例えば絶叫マシンでバトルする「激メカライダー陽太」のレビュー。出だしで絶叫マシンが苦手だと告白する著者・じゃまおくん。そして…。

    実際は絶叫マシーンの1つや2つ平気で乗りこなせなければ女子にモテないというのもまた事実。富士急ハイランドの「FUJIYAMA」なんかに両手放して乗れる人など、キムタクと同じレベルでモテるのではないかと思っております。

    絶叫マシーンに乗れるとモテるだと。勿論そんな事はまったくありませんが、こういうじゃまおくんの言い回しがB級漫画レビューに見事にアクセントとして加えられ、面白さが通常の3倍となっています。キモはじゃまおくんのテキストの面白さなのです。これは是非本書を読んで笑って下さい。

    じゃまおくんの面白テキストのおかげで、その漫画を知らなくても楽しめる仕様となっており、ついつい笑ってしまうこと確実です。こいつはB級漫画好きも、そうでない方もお勧めです。マジで笑えるというものです。素晴らしい著書です。マーベラス!

    気付けばBLACK徒然草さんとの付き合いも長いです。始めてお会いしたのは2005年のロジマトオフ会でした。始めて参加したオフ会だったのですが、酷いものでしたが良い思い出です。

    私はあの頃、ネットの駆け出し管理人で錚々たる面子に恐縮したものです。あのオフ会に参加した、ロジマトさんを始めカフェオレライターさんとかゴルゴ31さんとか一流ホームページさん、何よりBLACK徒然草さんは今でも目標でありライバルです。なんというか切磋琢磨してると勝手に思っているんです。BLACK徒然草さんも同じ気持ちのようで、後書きに以下のように書かれていました。

    多くのニュースサイトに紹介され、同ジャンルの漫画レビューサイトに刺激を受けてモチベーションを維持できたからこそ9年間も「BLACK徒然草」を続けることができ、そして「なんだ!?このマンガは!?」も出版できたのだと思っています。
    特に、サイトを更新するたびにほぼ毎回紹介していただいた大手ニュースサイトの「朝目新聞」さん、「ゴルゴ31」さん、また、テキストサイトとして切磋琢磨した「LOGIC&MATRIX」の遊星さんや、「カフェオレライター」のマルコさんにはとても感謝しております。




    13


    なんだ!?このマンガは!?
    なんだ!?このマンガは!?
    posted with amazlet at 10.10.31
    J君
    彩図社
    売り上げランキング: 268