• スポンサードリンク

    「女の子の設計図」女の子同士+実の姉妹=アババババ

    コメント(12)
    【Amazon】「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」(8)アニメDVD付限定版
    アニメDVD付き限定版「とらぶるダークネス」8巻の予約受付がアマゾンで開始されました。8月19日発売予定です。

    さて…。

    女の子の設計図 (ひらり、コミックス)

    「女の子の設計図」が発売されました。
    一言で述べれば、素晴らしかった。
    テーマは「不毛な恋」である。それもダブルで。

    私はBL系漫画をほとんど、というかまったく読まない。ぶっちゃけ、紺野キタ先生の作品は「つづきはまた明日(AA)」しか読んでいない。で、「女の子の設計図」は百合漫画である。ズバリ言って最高であった。なんだろう、この胸の中にある幸せな気持ちは、でもざわざわする。黒い帯で紫文字で「神様、ごめんなさい」と書かかれるギュッと締め付けるような謳い文句である。

    簡単にストーリーを説明すると百合です。姉妹です。幼い頃に両親が離婚して、離ればなれで暮らす姉妹がまた一緒に暮らすようになるっていう。姉、花南は絵に描いたような美少女。妹、青音は高身長でイケメン少女。最初はどこかぎこちないんだけど…段々と…というもの。

    13
    妹・青音 / 姉・花南

    実の姉妹ですが同学年。
    姉・花南は4月生まれで、妹・青音は3月生まれ。
    幼い頃に両親の離婚で離ればなれになった姉妹。年に1~2度くらいしか会わない関係で、この度数年振りに再会&一緒に暮らす事になる。久々に再開し、一緒に過ごす姉妹がアレでコレってストーリーである。まあ、これが実に素晴らしいんだ。

    「女の子の設計図」は、群青劇で描かれる。
    1話目では姉・花南の視点で綴られる。再会した妹のおかげで、不安だった新生活も順調。妹の存在を心強いと思うし、一緒にいて楽しいと思うようになる。で、たまに実の妹にドキリしてしまう。この魅せ方が本当に凄い。

    14
    妹にドキリとしちゃう

    これが凄い印象的。
    花南視点で描かれ、ナレーションも花南がする。状況説明から、新生活の心情まで。イケメン妹のおかげで新生活も心強い、浮かれていると。でも、肝心な所は台詞一切無しである。ただ絵で魅せる。妹に言動に何度も何かある意味深な表情を浮かべる。この時の心の声ゼロ。何の心情の吐露もない。表情のみで魅せる。ただ「はっ」とする表情だけが描かれるわけです。

    あ、これは何かあるな。
    心の声で語られない重要な意味があったのだ。一目瞭然だ。
    実の妹である。イケメン妹である。お姉ちゃん大好きな妹である。久々に再開し楽しい新生活をスタートさせた。でも、なにかおかしい。真顔の表情の…その理由は…。

    15
    その理由は

    やだやだやだやだやだやだやだ
    何なのこれ――!!

    はじまったな!

    これが1話ラスト。
    心の声&ナレーションで、状況説明や新生活やその時の気持ちを発していたのに、妹に対する真顔のシーンでは何も語らず。で、1話ラストでスパークするわけです。「何なのこれ―!!」と。そりゃ、あれです。恋です!素晴らしい恋に堕ちるまでの過程である。いや、心の声で発したのがラストだけで、とっくに恋してたと思われ。「上手い、唸る、ペロペロ」と三拍子揃ったお姉ちゃんサイドの恋の過程である。

    2話目は妹の視点だー!
    青音にとって姉・花南は憧れの女の子像であった。サラサラの長い髪、白くふわふわなお姫様。お姉ちゃんみたいになりたいと常に思っていました。だからオープンにお姉ちゃん大好きなわけです。女子高のノリでベタベタするわけです。で、ちょっとヤキモチ妬いちゃったりするわけです。

    他の同級生とキャキャウフフをする姿が何だか面白くない。そもそも最近のお姉ちゃんはヨソヨソしい。問い詰めるわけです。ベタベタしたいと思うわけです。悪ふざけをしちゃうわけです。調子に乗ってデコチューしちゃうわけです。お姉ちゃんに怒られて顎に頭突きかまされるわけです。痛い。痛い。

    16
    痛い

    ふざけてデコチューしたら顎に頭突きである。
    そりゃ痛いわ。痛いわな。顎が痛い…それ以上に胸が痛い
    大好きな憧れのお姉ちゃんである。でもさ、それは姉妹としての好きのはずである。でも、おかしい。胸が痛いである。人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。まいったな…。

    これが2話。
    1話でお姉ちゃんサイドで恋するまでを描き、2話で妹サイドで恋するまでを描く。まあ、これが普通のラブコメならただニヤニヤするだけだろう。しかし、こいつは禁呪並みですぜ。

    3話、えこれどうすんの?答えなんてないんだよ!ベジータもこれからが本当の地獄だと言ってました。「女同士」「実の姉妹」ですよ。なんすかこのロッテの大松がバント失敗してダブルプレーだった時のような状況は!

    17
    大松がバント失敗してダブルプレー食らった時のようなアレ

    なんだろうこの胸にザワザワする気持ちは。
    ズバリ「切ない」である。愛しさと切なさと心強さとってやつですよ!
    で、ここからが凄いんだ。お互いの胸の内をさらけ出しニヤニヤ悶絶しつつ、え?これはどうすんの?っていうザワザワを残す。そのまま4話へ続き、もうページをめくるのがとめられなくなる。かっぱえびせんのように、止まらない。

    ただ一つ言えることはめがっさ素晴らしかった。
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録する。

    18
    ブヒブヒブヒー!!

    「実の姉妹+女同士」=プライレス!

    もうめがっさ良かった。「刹那的でいい」という台詞もグッとくる。「神様ごめんなさい」という帯が核心付く。でも覚悟も出来てる。なんつーの、「今」か「先」かというアレ。ぶっちゃけ答え出てるようで出てない。出てないようで出てる。「後ろめたさ」と「今が幸せ」の入り混じる。ただ一つ言える。最高だった

    19
    最高である

    オヤジの栄光時代はいつだよ。全日本の時か?
    花南と青音は…この姉妹は今なんだよ!


    最後の神様への語りも僕の心の琴線を鷲掴みにする。
    背徳感ある恋とでも止められない、しからばどうする…が実に素晴らしい。ニヤニヤ&切なさを全開にするっちゅーの。切ない恋なんだけど、優しさに溢れてたと思うの。ダークなようでホワイト。超ニヤニヤしてセンチメタルな気分にもなる。でも…っていう。

    表題作「女の子の設計図」の他にも、3つの短編が収録されてるんですけど、これまたどれも素晴らしいのなんの。紺野キタ先生、ホモばっか描いてる印象だったけど、百合最高やん!死にかけました(悶絶&切なさで)。超良かった!







    To LOVEる-とらぶる-ダークネス第8巻アニメDVD付予約限定版 (ジャンプコミックス)

    スポンサードリンク
  • 「わくらばん」刮目し覚悟せよ。汝等が目にするは目映い可愛い。

    コメント(1)

    わくらばん 1 (電撃コミックス EX 190-1)

    「わくらばん」1巻が発売されました。
    最高だ!超最高だ!「ハニカム」も素晴らしかったけど「わくらばん」も素晴らしいぞ。基本1話4ページなのでブヒれる密度が半端じゃないぜ!「わくらばん」はコーポわくらばというボロアパートで繰り広げられるアパートの住人にクセのある日常を1話4ページで描く共同生活漫画であります。

    主人公・増口真白が北海道から東京の大学に通う為に一人暮らしを始めるところからスタートします。住むアパート「コーポわくらば」の個性的な住人との日常生活がなかなかどうして。面白いです。

    何よりもヒロインが可愛い
    表紙に4人の美少女がいますがどの娘も個性的で可愛いです。そんな中で僕の心の琴線に触れるのは赤嶺伊紅青天目葵であります。僕はラブコメ脳なのでラブがコメる伊紅と葵が最高過ぎるとなるのです。

    12
    赤嶺伊紅と青天目葵

    この2人素晴らしい!
    素晴らしいぞー!!

    101号室の伊紅は二十歳のフリーター。
    風呂上りに全裸で下着を取ってとか言っちゃうちょっぴりエッチなお姉さんであります。何より括目したいのはその乳ですね。巨乳です。「ぶるん」「ぷるん」「ぶるるん」ですよ。こんな乳の持ち主が、あけっぴろげに生活してたら誰だってドキンとしちゃいますね。

    そりゃ胸に視線が釘付けになるのも仕方ありません。
    おおらかにあけっぴろげな性格で大きくあけっぴろげな乳。うん、女子力が高いか低いかで言えば低いんだろうけど、こういうお姉さん好きですね。でもね、伊紅の神髄は普段の大ざっぱな性格では考えられない乙女っぷりにあるのですよ。

    1
    伊紅

    素晴らしい!

    タオル1枚で堂々と出てきたり乳を当てるような伊紅が、テレビで濡れ場シーンなんて流れた日にゃこれですよ。これ。この不意打ちのような赤面には誰だってハートを盗まれるってものです。銭形のとっつあんも伊紅はとんでもないも盗んで行ったと言っていました。普段は半裸でも平然としてるのに、ここぞで発揮する火事場の乙女力のニヤニヤ強度は1億を超えます。

    これは伊紅にペロペロするしかないな!
    赤面を制する者がラブコメを制する」と言うように、ラブコメの世界ではバスケットにおけるリバウンドぐらい重要な要素である。伊紅の赤面っぷり最高でありました。ところがである。

    2
    葵ちゃん

    ブヒィィィィィ

    恐るべし葵ちゃんの破壊力!
    基本、地味で恥ずかしがり屋さんなものだからちょっとした事で直ぐに赤面しちゃうわけです。料理を褒められれば「かああああああ」と赤面ですよ。何かある度にゼロモーションで赤面するものだから、こちとら頬の筋肉が痙攣するぐらいニヤニヤするっちゅーの。

    葵ちゃんほど「可愛い」という形容詞フィットするキャラはなかなかいないんじゃないでしょうか。読んでて、何度となく叫びましたもん。あー、もう可愛いな、ちくしょう!

    3
    可愛い

    出会って4ページ後に「こ、困ります」と赤面する葵ちゃん。可愛い
    「葵さんのとろっとろ!」とか料理を褒めてるのにセクハラ紛いな事になってビクビク震えながら赤面する葵ちゃん。可愛い
    気持ち悪い人形を貰って頬を赤らめお礼する葵ちゃん。可愛い
    勉強中に問題分からず涙目になる葵ちゃん。可愛い
    食べてる時に「モフモフ」してそうと言われて、涙目に赤面しながら「お、怒りますよっ…!」と注意する葵ちゃん。可愛い

    なんなのこの娘の可愛さレベルは!
    一挙一動全て可愛い。「ほんとに可愛いなもおぉー!!」と何度も真白とシンクロしちゃいましたもん。「可愛い」が服着てるようなもんです。いや、「可愛い」を具現化させると葵ちゃんになっちゃったである。でね、ただでさえ「可愛い」葵ちゃんがさらに覚醒するんです。

    4
    覚醒

    おだやかな心を持ちながら、「可愛い」の一言で目覚めた伝説の恋する乙女である。

    信じられない悶絶能力を発揮する。
    1巻18話でそれは起こるのだ。基本1話4ページのショート漫画で起承転結を描いて密度が高い。その上、きっちりと葵ちゃんが恋するまでを説得力を持って描いている。つまり、18話はご褒美のようなものだ。

    そしてここからが凄いのだ。
    恋する乙女に覚醒した葵ちゃんの破壊力は半端ではない。ただでさえ、一挙一動が可愛かった葵ちゃんが、アルティメットな次元へ昇っていく。ここからが本当の悶絶地獄だ、とベジータも言っていた。

    5
    「普通の顔ってどうするんだっけ」

    イチロー流に言えば「ほぼイキかけました」である。
    圧倒的な可愛さ。完璧な恋する乙女。ここに究極の「可愛い」が完成したのだ!素晴らしい、素晴らしいぞ!!

    1話4ページできっちり話と笑いどころがある。テンポがいいね。その上でフラグを立てラブがコメる。終盤では葵ちゃんと伊紅を含めての三角関係が完成する。素晴らしい。素晴らしいぞ!他の個性豊かな住人の絡みもグッド。さらに前作「ハニカム」の面々まで登場である。完璧じゃないか!

    6

    わくらばん 1 (電撃コミックス EX 190-1)
    桂 明日香
    アスキー・メディアワークス

    ビリオネアガール(2) (アフタヌーンKC)
    桂 明日香
    講談社 (2013-02-07)

    ビリオネアガール(1) (アフタヌーンKC)
    桂 明日香
    講談社 (2010-11-05)

    ハニカム(5) (電撃コミックス)
    桂 明日香
    アスキー・メディアワークス (2011-06-27)

    ハニカム 1 (電撃コミックス)
    桂 明日香
    アスキー・メディアワークス