• スポンサードリンク

    「ワールドエンブリオ」輝き=おっぱい

    コメント(0)
    輝き=メガネ!

    初めて、輝きが眼鏡にあると説いたのは、和月伸宏先生なのですが、数多のメガネキャラが登場する「ワールドエンブリオ(AA)」の5巻が発売されました。

    2
    ワールドエンブリオ5巻

    他人に連載中の漫画を進める時に、途中まで面白いのにラストがつまらない。伏線張りめぐらせているのに、広げた風呂敷をまったく畳まず終わったりすると何とも気まずい雰囲気になります。それを考えると「クロノクルセイド(AA) 」を見事にまとめて、感動的なラストだった森山大輔先生の作品なら安心して人に薦められるもの。

    5巻のオビは、みつみ美里さんが担当。「メガネ男子萌え!」と陸の魅力を語るのかと思いきや、裏返せば以下の謝罪文が。

    すいません、ツンデレ萌えですね!わかります。

    と、みつみ美里さんの描いたレナが。

    15

    レナ

    メガネがない…(そこかよ)。

    さて、5巻はネーネの成長と可愛さから始まり、親父が帰ってきたり、風間冬悟が再登場して刃旗使いになったりと見所満載なのですが、久々に現れたタカオに注目してみようかと。

    血の卒業式をはじめ、数多くの殺人事件を起こしてきた殺人犯。未成年でも実名報道され、怪物と呼ばれているほどの化け物。F・L・A・Gからは刀旗狩と呼ばれています。刀旗を集めているようですが、詳細な目的は不明で謎だらけの人物。携帯電話で誰かと連絡を取っていることから、仲間がいると思われますが、組織なのか2人組みなのかは分かりません。

    以前、電話を終えた後に、「…果てがねえよな…いつになったら到達できる…。教えてくれ…ジュリ…」とつぶやいていましたが、ジュリとは一体何者なのか

    謎だらけで意味深な台詞ばかり言っていましたが、再登場し何か収穫はあるかと思いましたが、やはり謎だらけです。

    17
    去るタカオ

    …柩姫はずっと連れとけ、宿主…。手間がはぶける…色々とな。必ずだ」

    やはり謎だらけの台詞。陸を宿主と呼び、ネーネを柩姫と呼ぶなど何か重要な事を知っていそうですが。そもそもタカオの発言は前から意味深すぎます。

    「柩姫…それが、そいつらの呼び名だ」

    ネーネを柩姫と呼び、「そいつら」と言い出します。ということは、柩姫というのは複数いるということでしょうか。タカオの目的は、柩姫の能力を貸してもらうことと、全ての刀旗を奪うこと。刀旗を貸してくれと言われれば「盗人猛々しい」とキレるなど、相当ワケありです。そして、タカオのもう一つの目的は…。

    18
    語るタカオ

    「奴を…感染源を倒すため、そのガキを連れて行く…お前もだ宿主。」

    感染源を倒すことがタカオの目的。感染源とは、F・L・A・Gも追っている最重要人物。棺守を伝染・発生させている源でラスボスのような存在。何度か陸に接触してきて、ネーネを狙っているようですが、その目的は不明。この前、接触してきた時は意味深な台詞を述べていました。

    16
    感染源

    「じゃあ、また会おうネーネ君も。今度はウチの姫様も交えて

    …姫様って。やはり柩姫の事なのでしょうか。タカオが「そいつら」と言っていたことから、ネーネの他にも複数いそうでしたが。感染源は謎が多すぎます。

    また、レナが断片的に過去を思い出すわけですが、この過去もかなり意味深。暑いのにコートを着続けるレナ。そのコートは、かつてレナを連れて各地を転々と旅した人物が着ていたものと同じ

    19
    コートが同じ

    これはどういう意味なのでしょうか。形見とかなのでしょうか。さらに、レナはフェリー乗り場で、失われた記憶を断片的に思い出すのですが、その記憶に出てくる人物が怪しさ全開

    「なんだ、これは。イメージ、残像、言葉、におい、気持ち。これが記憶…。しってる…しってるぞ…この…先には…」

    階段の先には仮面を被った巫女のような少女がいるのですが、その巫女少女の被るお面は、感染源の被っているものとまったく同じ

    20
    お面が同じ

    これはどういう事なのでしょうか…。レナの過去に登場する謎の巫女少女の被るお面と、感染源が被るお面がまったく同じです。どういう繋がりがあるというのか…。

    ちょっと伏線が多すぎて混乱しまくりですが、ここまでで判明した事柄を時評にしてまとめてみましょうか。

    年代 事柄
    ?年前 唐沢が刃旗使いの組織F・L・A・Gを作る
    7年前 初実島が忘れ去られる
    レナは初実島にいたらしい
    最初の棺守発生記録を更新
    6年前 風間病院で陸と武部洋平が入院し出会う
    以後、互いに再開するまで連絡なし
    ?年前
    (陸が小学生時代)
    陸の母親が他界
    陸が風間冬悟たちと一緒に万引きする
    陸にウソツキと仇名がつけられる
    万引きを天音と一緒に謝罪しに行く
    2年以上前
    (陸が中学時代)
    中学まで陸はウソツキと呼ばれていた
    ?年(2年以上)前~ レナがロストリバウンドになる
    レナが老子と各地を転々とする
    3年前 天音が剣道で全国上位入賞
    天音が剣道を止める
    2年前 <陸>
    陸が天音に誕生日プレゼントに携帯を貰う
    陸が天音に告白
    風間病院火災事故
    風間委員長行方不明
    天音が失踪

    21
    「私ね、やっぱりまちがってなかった」
    天音が陸に謎の言葉を残す
    陸が教室で乱闘騒ぎを起こし2週間の停学

    <F・L・A・G分室>

    洋平が刃旗使いになる
    洋平がF・L・A・G分室に加入
    洋平が加入してからF・L・A・G分室は輝いていた
    隼人が怪我で現役を退く

    <タカオ>
    三島孝雄(タカオ)が52名を惨殺、血の終業式
    三島孝雄という人間は存在しない事が判明
    池袋の連続辻斬り
    三鷹駅七人殺し

    10人の刃旗使い殺害事件
    (2年前のもう一つの脅威)
    22
    この時、タカオに唐沢は殺される
    同僚(神崎)が棺守となった唐沢を発見
    タカオが刃旗狩りと呼ばれるようになる

    連続殺人を続け、3ヵ月後にタカオの姿が消える

    <F・L・A・G(唐沢)>

    23
    風間病院で唐沢に関する事件が発生

    唐沢が20号棺守となる
    棺守となって72時間意識を保っていた

    20号棺守による感染拡大
    その後の、総力戦は取り返せない悲劇となる
    行方不明の天音からメールが届く
    「ワタシヲミツケテ」

    伏線と謎だらけですが、2年前に起こった事件はとにかく重要そう。ところで、ちょくちょく名前が出てくる唐沢という男が謎すぎます。F・L・A・Gを結成し、刃旗使いだったようですが、タカオに襲撃され、20号棺守となり72時間意識を保ち、その後F・L・A・Gと総力戦を展開させたとか。本社の刃旗使いと同じスーツだし。感染源が明らかに唐沢の匂いがプンプンするぜー。タカオ、F・L・A・Gが共に追っている感染源が唐沢ではないか、と。

    24
    感染源=唐沢?

    また、隼人は感染源の特徴「狐のお面」、「本社組みと同じスーツ」、「天海に接触」という単語に何か思い当たる節があったようです。何にしても点と点が線になった時が楽しみです。

    で、5巻で表紙を飾った吾妻結衣が最大のキモであると。今までは、断然レナ派だったのですが、5巻を読んで結衣の可愛さがただ事ではない事に気付きました。

    25
    ユイ

    今まで、レナの無乳こそが至高であると思っていましたが、考えを改めます。輝きはメガネではなく、輝きはおっぱいだったのです

    輝き=おっぱい!

    今後はユイにニヤニヤしようと思います。この乳は凶器です。4巻のオビにも書かれてましたが、きっと次のメガネはユイに決まってます。「ワールドエンブリオ」の正ヒロインは吾妻結衣である、と。まさかあんな事になるなんて…

    スポンサードリンク
  • 「ワールドエンブリオ」有栖川レナ成分が圧倒的に足りない

    コメント(0)
    今月号の「ワールドエンブリオ(AA)」では、新たな刃旗使いが生まれました。新たに目覚めた戦士の名前は風間冬悟。そういえば、いたなぁ…こいつ重要キャラだったんですか。再登場したらパシリになっていたところが素敵です。煽り文には「刃旗核を得た冬悟!!何故、どうして!?」と書かれていました。本当に何故なんでしょうか。

    しかし今回は有栖川レナ分が足りません。例え作者が「もう一人の主人公」とか「ネーネが正ルートでレナは裏ルート」と言おうと、有栖川レナこそが超ド級のヒロインであり、「ワンブリ」のメインヒロインなのです。クールキャラで誰にでも敬語を使う口調、「星」と書いて「かがやき」と独特な言い回しをするミステリーさ、無乳(それを気にしている)…と、中々ポイントが高いです。そんな彼女が一度戦闘態勢に入れば、羽織っている赤いコート姿から、超薄着の黒いボディースーツに変身。

    8
    有栖川レナ

    エロい格好です。コートの下にエロい薄着と、突っ込みどころ満載な服装。パートナーの刃旗使いだった洋平に「カッコはヘン」と言い切られていました。

    普段が無表情なのが、大泣きしたり、顔を赤くして照れると、その破壊力は通常の3倍になるのは一般常識です。しかし、レナは普段クールという皮を被っただけで、かなり表情は豊かなのです。その行動がいちいちツボに嵌るわけで。

    例えば主人公・陸が大泣きしてへたれていれば、手を握って引っ張っていきます。目的地に到着しても無意識でずっと手を握っており、それを「お二人、仲がいいですね~、だってそんなにギューっと(手を)握って」指摘されれば、「あ、いや…」と頬を赤くしながら焦って手を離すのでした。まるで付き合い始めた中学生のような反応がナイスです。また、刃旗というものを説明するのに、無駄に張り切って実演するところが素敵です。

    そんな彼女ですが、初めはクールキャラのように見せた表情豊かな娘でした。それが、序章が終わり本編になった時に、眼鏡っ娘委員長に変身してしまうのでした。

    9
    眼鏡っ娘に変身

    『星(かがやき)』=メガネ。

    単行本2巻の帯を書いたのは和月伸宏先生。「ワンブリ」にはメガネをかけたヤツが非常に多い事を上げ、以下のようなコメント。

    なんかメガネ多い。これでこの先、レナまでかけ出したらこの漫画の
    「『星(かがやき)』=メガネ。」

    何という名言

    ちなみに、単行本にはおまけページで作者・森山先生のあとがき漫画が掲載されているのですが、そこによると帯の内容は、本になるまで見せて貰えないとかあとがき描くまで教えて貰えないと森山先生の愚痴がありました。

    和月先生の書いたオビがついた単行本2巻の発売日が2006年11月27日。ヤングキングアワーズの発売日は30日です。初めてレナが眼鏡っ娘・委員長に変身したのは2006年11月30日発売のアワーズでした。殆ど発売日が同じなんですよね、つまり和月先生のオビのコメントを見てから、レナの眼鏡っ娘に変身する話を描くというのは物理的に不可能に近いのです…。

    10
    和月先生の描いたオビ

    『星(かがやき)』=メガネ。」が証明されてしまいました。

    華麗に眼鏡っ娘・委員長に変身したレナ。シャワーシーンでは、無乳に目が釘付けです。学校で敵が襲ってくれば制服姿で顕醒して戦い、初めてパンチラするのでした。普段は赤いコートの下にエロい薄着のボディースーツでしたので、制服でパンチラというのはありがたみを通常の3倍になります。

    また、正ヒロインの幼女・ネーネは陸の事を「パーパ」と呼ぶのですが、レナの事を「マーマ」と呼び出したら、「え…えええ!?」と顔を真っ赤に照れ照れな表情が、とんでもない戦闘力を生み出すのです。

    照れるレナは最高に可愛いと胸を張って主張したいです。しかしファッションセンス玉に致命傷です。寒かろうと、暑かろうと、毎日同じ赤いコートを着用しています。しかし、2年前の写真に写るレナは今の赤いコートではありません。

    11
    暑くても着る / 2年前のレナ

    今よりも無表情でクールっぽいですが、着ている服が違います。他の2年前のコマでも、着ている服が写真の服装と違います。ようするに2年前は普通に毎日違う服を着ていたようです。しかも下はスパッツのようです。

    また、ロストリバウンドという記憶の忘却という設定があるのですが、レナがモロにそれで昔の記憶がありません。レナは記憶を取り戻すと約束した人がいるそうです。その人が着ている服は、今のレナが毎日着ている赤いコートと同じなのが気になります。

    12
    謎の人

    まあ今でも、たまに違う服を着ていますけど、勿論下はエロい服ですが。レナが薄着のエロい服を着用しないのは、制服姿と風呂上り時の裸にYシャツのみというのも、妙にエロスです。

    気になる点は2つ。何時から毎日同じ赤いコートを着ているのかと、何時から下スパッツを止めたのか…。しかし、回りが半そでの中で赤いコートいうのも映えますね。

    今月7コマしか登場しないのでは、有栖川レナ分が足りませんよ。