• スポンサードリンク

    「ハンター×ハンター」ゴンさんの瞳に胸が熱くなったんだ

    コメント(0)
    アニメ化も決まって突っ走る「バクマン。」の8巻が発売されました。オビには「少年達は恋愛の泥沼する漫画へ糧とした」と書かれています。


    オビに描かれている通り、恋愛方面が強いです。いや、私は「バクマン。」の恋愛についてはちょっと否定的だったのですが、8巻を読んで考えが変わりました。つまり、蒼樹嬢が最高に可愛いという事です。

    28
    蒼樹嬢

    なんだか乙女パワーが跳ね上がってしまいました。パンチラを顔を真っ赤にして一生懸命描いて、担当さんに「君はエッチだね」と言われて、涙目に(ry

    さて、週刊少年ジャンプの三大テーマとは何でしょうか。そう「努力、友情、勝利」ですね。しかし、本当にそうなのかと問われればNOです。「勝利」は分かります。「友情」は一部の女子に間違って捉えられている気もしますし、「努力」はほとんど見かけなくなってきました。ジャンプには「努力」と「友情」の看板を下げて頂きたいものです。これからは…。

    「激怒」「覚醒」「勝利」の3つを掲げるべきなのです。「激怒」は「苦戦」に変えてもいいです。しかし、週刊少年ジャンプは「覚醒」がつきものなのです。

    例えば、かの「ドラゴンボール」ではフリーザにクリリンが殺されて、孫悟空は怒りによってスーパーサイヤ人に目覚めてしまいました。「オレはおこったぞ―!フリーザーッ!」と大激怒して覚醒したのです。

    29
    スーパーサイヤ人

    そう、激怒して覚醒するというのは週刊少年ジャンプでは常識なのです。

    「ダイの大冒険」の初期ではドラゴンの紋章を使いこなせないダイは、激怒した時に覚醒してドラゴンの紋章を使うのです。他にも「ジャングの王者ターちゃん」でも激怒してターちゃんがキレて(パンツの紐も)パワーアップしたのです。努力なんてめんどうな物要りません、覚醒してパワーアップして子供たちの票をゲットですよ。

    ジャンプのヒーロー達は何時も覚醒している!今の連載陣の覚醒っぷりには、頭が上がりません。あまりに多くて読んでて、はいはい覚醒きました、と思ってしまうのも事実。

    過去から現在でも、週刊少年ジャンプにおいて「激怒」→「覚醒」は腐るほどありました。そう、冨樫先生の前作「幽遊白書」でも戸愚呂(弟)に対して、親友桑原が殺されたと思い込み、激怒して覚醒して勝利という、ジャンプ真の三大テーマを見せてくれました。

    そして、「HUNTER×HUNTER(AA)」でもゴンが激怒して覚醒したのです。一体、冨樫先生は何時まで連続して掲載するんだと読者に心配されるほど連載が続いています。カイトを直す約束をピトーとしていたのに、カイトが死んでいるから直せない、さらにゴンを殺すと言われ…「嘘つき…」と激怒して覚醒したのです。

    しかも、冨樫先生はただのパワーアップなんて覚醒はしませんでした。命を圧縮する事でしか成し得ない能力と成長。二度と念能力が使えなくてもいいという程の決意と覚悟で覚醒したのです。

    己の命を縮める覚醒。マーベラス!緊張感が半端じゃないですよ。何とは言いませんが…

    前回で胸を貫かれる→平然と立って「…来たか」→逆に胸を貫き「…ぐ…」→後ろで平然と立って「六杖光牢」→爆発→また後ろで平然と立ってる→斬る→平然と立って「…封ッス」→続く

    絶対来週も平然とているよね☆
    まあ、オサレでかっこいいと思いますけど、やはり30近いおっさんになると緊張感が無さすぎると盛り上がれないんですよ。というわけで、「ハンター×ハンター」の緊張感がヤバすぎなんです。

    命を削っての覚醒とか燃えるぜ!

    30
    ゴン覚醒

    …何ぞコレ。

    えっと…これ笑うとこ?
    あ、これが「バクマン。」82話で語られていたシリアスな笑いというやつですね。分かります。やった、さすが冨樫先生!俺たちに考えつかない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

    まさに真のジャンプ三大テーマ「激怒、覚醒、勝利」でピトーをサクッとぶっ殺して、シリアスな笑いを堪能していたのです。ええ、ゴンさんはパねぇなとか笑って「ハンター×ハンター」を読んでいたんです。

    まあ、そんなわけでゴンさんのコラ画像とか見たりして大笑いしていたんですよ。冨樫先生のシリアスな笑いを堪能しながら、ゴンさん強ぇぇぇぇとか笑っていたのに…。

    31
    ゴンさん

    ずーと…哀しい、つぶらな瞳のゴンさんを見てると、何だか笑えなくなってしまったのです。眼が虚ろすぎる。あれ、オレ泣いてるよ…。このガタイでこの目、これが目力ですね(違います)

    ゴンさんに瞳を見てると、胸が熱くなったんだ…

    スポンサードリンク
  • 時計野はり先生の描く女の子は顔がニヤニヤしてしまうんだ

    コメント(0)
    男の娘で最高に可愛かったのは「るいは智を呼ぶ」の智なのは一般常識ですね。ストーリーも面白くて「るい智」にド嵌りしたものです。9月に発売されるファンディスクが超楽しみです。
    【Amazon】「るいは智を呼ぶファンディスク」初回ねんどろいど『智』同梱版

    あと、長編読み切り2本収録された「心臓より高く」がなかなかマーベラス。


    表題作の「心臓より高く」は手タレの主人公と、顔に傷のある高校時代の同級生の話。タイトルの「心臓より高く」と意味不明だったのですが読了して納得。序盤は暗い話ですが、終盤には気持ちの良い流れになり、胸が熱くなります。

    さて、時計野はり先生の新刊が発売されました。「学園ベビーシッターズ」というスクール子育て(?)漫画です。


    両親が死んでしまって孤独になった竜一と幼い虎太郎が、森ノ宮学園の理事長に引き取られ、交換条件としてベビシッターをするという話。子供は可愛いので癒されますし、話もほのぼのした雰囲気でありながら悲しい出来事もあり面白いです。

    幼子は本当に癒されますし、子育てって大変なんだなと思いますが、個人的には出てくる女キャラのツンデレっぷりが好きです。理事長含め。特に刮目すべきは、猪俣さんです。

    13
    猪俣さん

    絵に描いたような見事なツンデレっぷり。そう、時計野はり先生の女の子キャラは可愛いのです。萌えるのです。胸きゅんするのです。「学園ベビーシッターズ」も良いお話で好きですが、私は時計野はり先生の描いた胸きゅんしまくるラブコメが読みたいのです。

    例えば「逆転ハニー」。幼馴染の2人が性転換する話で、ラブコメとしては非常にニヤニヤできます。


    不良系の健吾と天然おっとり系の密香が、助けた亀に呪われて入れ替わってしまうのですが、見た目も性格も真逆の2人が入れ替わったら、なぜか異性にモテモテという王道的な設定で、非常にニヤニヤできます。

    しかもキスをしたら元に戻るって、まったくマーベラスすぎる設定なのです。健吾となって照れる密香も可愛いのですが、元のままの密香が照れた時の表情のなんとマーベラスな事か!

    14
    密香

    中身が健吾の時の照れた表情も可愛いのですが、元のままで照れた時の密香の可愛さはマーベラスすぎるのです。普段は天然なので、顔を真っ赤にした時の破壊力はグンバツなのです。

    ただ欲を言えば、密香視点で描かれる話も見たい、と。「逆転ハニー」はほぼ全て健吾の視点で描かれており、密香が何を思っているのかがいまいち分かりません。というのも、女の子が恋に悩む内面とか照れている時の心情などを、時計野はり先生が描くと胸きゅんしまくって悶えてしまうのです。

    で、「ひたいに三日月」が最高にニヤニヤして胸きゅん必須なのですよ。


    10歳の頃にゆたかを追い回していたら木から落ちてしまったゆたか。それが原因で、額に三日月の傷が出来てしまいました。そのまま離れ離れになった2人。そして梓は忍者になって戻ってきて、ニヤニヤなラブでコメりっぷりが始まるのです。

    これがべらぼうにヒロインの心情がニヤニヤさせてくれるのです。はじめ、額の傷は自分のせいだと思っている梓は、なかなかゆたかに会ってくれなくて…。

    15
    ゆたか

    何よ、子供の頃と違って、今は他のコ達とは仲良くやってるんじゃない

    「きゅ」と唇噛みながら悔しがっているのがポイントです。表情隠しながらも、会いたいという思いがビシビシ伝わってきます。こういう微笑ましいというか可愛らしい女の子の心理描写こそが、最大の魅力なのです。甘酸っぱく胸キュンしてしまうのです。最近のはり先生の作品は男視点ばかりで、胸キュン出来ないのが残念なのです。

    特に甘々展開になった時の戦闘能力は一気に跳ね上がり、ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するのです。

    16
    ニヤリングする甘々展開

    この時の心情は「シャイでシャイでどうしようもない私の一番大好きな人」というもの。微笑ましくてニヤニヤしてしまうのです。時計野はり先生の描く女の子は可愛いし、心理描写が甘酸っぱくて、思わず頑張れと応援したい気持ちになってしまうのです。

    思わず応援してしまうのがはり作品のヒロインの魅力なのですよ。そう、名作「お兄ちゃんと一緒」ではニヤニヤしまくり、胸キュンしまくって、それでも頑張れと思ってしまうのです。胸が熱くなるのです


    主人公の桜ちゃんはグンバツに可愛く悶えまくるのは言うまでもありません。ここでポイントとなるのは、脇役で高校の先輩だった、双子の小塚兄妹の妹音々なのです。普段は無表情のクールビューティーなのですが、サッカー部部長の寺田が好きだったようで、その恋模様はニヤニヤして微笑ましくて応援してしまうのです。

    17
    音々

    遊園地で寺田に「さすが俺の音々ちゃん」と言われて照れる図。普段は無表情なのに「かあ」と赤くなったのです。やはり、はり先生の描く女の子は可愛い。見た目も勿論可愛いのですが女の子像とでも言いましょうか、不器用さが微笑ましくてニヤけるのです。

    遊園地では顔を赤くしたかと思えば、次のコマでは「―そんな事より」と話題を変えて、何時もの無表情に戻るのです。桜は照れた音々を見て「―あれ」と、恋心に気付いたと思ったら、何時ものクールな表情に戻り「あれ?」と思ってしまっていました。音々の不器用さに微笑ましくなるのです。

    特に音々の視点で描かれる事は一度もありませんでしたし、音々の心情は分かりませんが、表情や態度で音々はとっても分かりやすいのです。そのくせ不器用なので、こちとらニヤニヤしつつもハラハラドキドキなのです。

    特にバレンタインデーなんてマーベラスすぎです。

    18
    バレンタインデー

    おまけでチョコレート貰ったけど甘い物が苦手だから貰ってくれとか、これまた不器用な渡し方で全力でニヤニヤするのです。で、貰ってくれたら「ホッ」としている表情のなんと可愛いことか!

    態度でバレバレなのに不器用な所が最大のニヤニヤポイントなのです。終盤の文化祭ではファンシーな服装で寺田の前に出にくく、可愛いと言われて真っ赤になった表情に頬を全力で緩めてニヤニヤして悶えるのです。

    「お兄ちゃんと一緒」は、ホームコメディとして感動する話でラブコメ要素がなくてもという意見も分かりますが、不器用な女の子が天下一品なのです。つまり何が言いたいかと言うと、時計野はり先生の描く胸きゅん必須のラブコメが読みたいのです。