• スポンサードリンク

    「惑星のさみだれ」面白すぎ!

    コメント(1)
    さて、「惑星のさみだれ 」の6巻が発売されました。10月29日に。今更なのですが、この「惑星のさみだれ」6巻の面白さは、ただごとではありません。年間ベストの単行本を選ぶとするなら、2008年は「惑星のさみだれ」6巻を1位に選びます。発売日に更新できなかった事が残念でありません。


    表紙はカマキリの騎士・宇野花子とネズミの騎士・日下部太朗の二人。表紙を飾った太朗と花子。二人は家が隣同士で、ずっと一緒に育った幼馴染。部屋の窓から行き来できる羨ましい環境で、のっけから古典的なラブコメをやっていた太朗と花子。

    28
    古典的ラブコメ

    あーくそ羨ましいな

    毎日青春を謳歌する太朗の悩みは、今のまま幼馴染でいるか告って現状を変えるか悩む青春野郎。そんな青春街道を走るとき、九つ眼の泥人形が現れます。戦力を分断された獣の騎士団は、攻守のソツがない9つ眼にジリ貧。花子は自分が囮となって敵の目を引くと言い出しました。

    そういえば、花子は七つ眼との戦いでも、真っ先に「じゃあ私が囮になります」と、あっさりと敵に突っ込んだことがありました。そういえば、ねずみのランスはカマキリのキルが付く人間は、いつも怖いもの知らずと言っていました。確かに花子は怖いもの知らずのうです。ねずみのランスのつく人間は…臆病者

    そんな臆病者の太朗は「おれがやる」と、花子の代わりに囮になります。しかし九つ眼は囮となった太朗ではなく、花子を攻撃。花子のもとへ走る太朗…。

    29
    太朗と花子

    うわぁぁぁぁ。死んだ。
    死の間際に「すきだ」と告白し、「しってる」と答える花子。半端ねーな。そして、さらなる衝撃に、こちとらショックで茫然自失ですよ。

    太朗が願った願いは、花子が即死以外の致命傷を即座に回復させるというもの。臆病者がガタガタ震えながら男になった願い事。その願い通り、花子は回復。太朗は花子を庇わなければ死ぬこともなく、花子は願い事で死なずにすんだ。花子は一度攻撃を受けても死なない事を知っていても、花子を助けに行った。

    結果だけ見れば完全に無駄死に…。それでも花子を守りに行った。まさに勇者。「惑星のさみだれ」の単行本には各巻に副題があり、1巻「トカゲの騎士」、2巻「犬の騎士」、3巻「獣の騎士団」、4巻「指輪の騎士」、5巻「精霊」と付いていました。6巻の副題は「勇者」。

    カマキリのキルは「最も勇敢なる者」を勇者と言い、ねずみのランスは、ガタガタ震えながら願いを言った太郎に「勇者(おとこ)だぜ」と返していました。太朗は最も勇敢で男である、と。

    しかし、凄いショックです。半月が死んだ2巻のおまけページでは、「…お先。諸君らは後でゆっくり来るがいい。目上より遅く、子供より早くな」と言っていたのに、高3の太朗が逝くなんて。

    その後、仲間が悲しむ中で南雲が太朗のことを「戦友(とも)だ」と言っていたのが印象的です。

    また各話のタイトルも特徴的で、獣の騎士の中で個人にスポットが当たった時には、「騎士 ○○○」となっていました。しかし今回の太朗には「騎士」ではなく「勇者」と付けられていました。そして40話と41話では…。

    40話「騎士 宙野花子(前編)」
    41話「騎士 宙野花子(後編)」


    タイトルが不吉すぎて、太朗に続いて花子も死ぬと思いましたが、太朗の死を乗り越えて花子は成長しました。特に掌握領域で必殺技をつけた時のシーンは感動もの。

    30
    必殺技

    勇者の剣(クサカベ)

    この名前で号泣。これはキます。あー、年取ると涙腺弱くなって駄目ですね。また、「騎士 ○○」というタイトルで生存したのは、夕日以来二人目の快挙です。

    「騎士 雨宮夕日」(生存)
    「騎士 東雲半月」(死亡)
    「秋谷稲近(前編)」(死亡)
    「勇者 日下部太朗」(死亡)
    「騎士 宙野花子」(生存)

    気になるのは、太朗と師匠には「騎士」とつかなかったこと。もちろん太朗は立派な勇者でしたが、騎士とつかない事が気になります。騎士とは、姫を守り地球を救うことでしたが太朗と師匠はちょっと違うのかな、と。太朗は花子を守ると宣言して「姫を守れ」と突っ込まれたり、師匠は最後の弟子を育てる…、と違った目的があったし。

    6巻の見所は、太朗と花子だけではありません。6巻では前回の最後の戦いで残っていたのは、カラスのムー、犬のルド、フクロウのロキ、馬のダンスの4匹だとか。ルドは退場する時に「ふくろうに気をつけろ」と一言残していました。前回の戦いでロキとルドに何かあったようですが、気になります。

    また白道さんの告白も一ラブコメ好きとして今後の展開にニヤニヤできます。そして相変わらず何を考えているのか分らないアニマ。

    31
    アニマ

    氷雨は、アニマが眠っている時から夢の世界(?)で「…あんたどっかで会ったことなかったっけ…」と意味深な事を言っていましたし、目覚めたアニマもコスプレした友人と勘違いしたり、一緒に飯食ったり…と、バッチリ見えてます。5巻の表紙からしてアニマと関係ありそうです。

    そもそもアニマはさみだれの地球を砕くという目的を知っているのでしょうか。謎だらけです。また、未来の出来事を500年前から知っていた師匠は、夕日へ残した手紙でアニマについて以下のような文章を残していました。

    32
    師匠が残した手紙

    アニマは君に賭けている

    アニマは夕日に賭けている…。何を?地球の運命を?そもそも、なぜ師匠はアニマが夕日に賭けていると分ったのか。神通力で未来が見え、何でも分っていた師匠ですが、アニマの事も分ったのでしょうか。しかし、師匠は夕日への手紙の冒頭で以下のように言い切っています。

    私が死ぬことになる年の7月の終わり。この山で穴を掘る君の姿を視た。それが私の未来視の行き止まり

    つまり師匠は、7月の終わりの夕日が穴掘って手紙を見つけるまでの未来しか分からなかったはず。アニマが目覚めたのは、8月以降。師匠が視える未来では、アニマは爆睡中だったはず。なぜ、アニマは夕日に賭けていると師匠はなぜ分ったのか…。寝ているアニマに考えも分ったのでしょうか。

    やはりアニマの動向が気になります。そして、私服姿のアニマは凄く可愛い(結論)。

    スポンサードリンク
  • 「新テニスの王子様」の岳人にニヤニヤした件

    コメント(1)
    水無月すう先生の「へ~ん・しん!!~そなたバーディ・ラッシュ(AA)」の2巻が発売されました。これは本当に頭が悪いですな(褒め言葉)。今回はそなたの活躍もさることながら、貧乳の佐野さんが素晴らしいな。さらに、円宗寺と鷹さんの対決が、大変なことになっていました。

    6
    大変なことに

    オッケーイ!
    私は、この漫画は可愛い女の子がエッチな格好でパンチラなどをして恥ずかしがっている姿をニヤニヤして楽しむ、一種のセクハラのような楽しみ方をしていました。もちろん、それも正しいのですが、エッチなシーン自体が非常にマーベラスなのです。貧乳も巨乳も素晴らしいという結論に達しました。

    というかノリが完全にゲーセンにある脱衣麻雀ですよ。脱衣ゴルフです。いいぞ、もっとやれ。一つ気になる点は、円宗寺はスポーツをする時でも非常にエロい下着姿なんだな、と。素晴らしい。

    さて、スポーツといえばコミック37巻んのオビで、NO.1スポーツ漫画と自称してしまった「テニスの王子様」が真っ先に思い浮かびます。先日「新テニスの王子様」の1巻も発売され、ますます盛り上がりを見せています。(オレの中で)


    コンビを組んだ相手とシングルス対決をして、負けた方が退場という無情な対決始められたのです。来て鬼先輩のあり得ない筋トレを目撃して、逃げだしたばかりの1年生トリオが、コートに到着したばかりなのにも関わらず、こんな事を言い出します。

    7
    壇くん

    ダダダダーン大変ですっ!!ペア同士でタイブレークを行い…負けた方は脱落って!?」

    1コマ前では必至で鬼先輩から逃げていただけなのに、金網越しでコートを覗き見しただけで、状況を把握。素晴らしい状況把握能力です。ダダダダーン

    忍足(メガネ)VS日向の氷帝ダブルスの対決は、7-0という圧倒的な差でオッシーが勝利。負けたがっくんは、悔しがりながら敗北の理由を述べていました。

    8
    岳人

    「くそっくそっ侑士め!!心を閉ざしやがって

    心を閉ざしたからテニスの試合に負けただと…。
    …、何度読んでも意味が分かりません。岳人の敗北の理由は侑士が心を閉ざしたことのようです。これは、桃城が全国大会で心を読めるという設定が出来、それに対抗して侑士が心を閉ざしたという、許斐先生の一発ネタだったと思っていましたが…。とてもテニス漫画の台詞とは思えない、ハイレベルなセンス。しかし、この発言は一体全体どういうことなのでしょう。

    岳人は、関東大会の青学戦で菊丸のアクロバティックの更に上をいく動きで、コート上でピョンピョン飛び跳ねていました。岳人は、一気に試合を決める速効型のムーンサルト殺法の使い手だったのです。コート上を無駄に飛び回る技で、スタミナのロスが激しいのでした。

    9
    関東大会の岳人

    岳人の奴、もう体力落ちてるぜ

    接戦になり、序盤から無駄にコート上で飛んでしまいスタミナ切れで敗北してしまいました。同じチームメイトの跡部様には「接戦になる事くらい考えとけっての」、宍戸には「相手をナメてかかるとこうなる」とボロクソに言われていました。

    さらに、宍戸&鳳ペアには油断して負けたと言えば跡部様からは「油断?だから負けんだよ!バーカ」と、バカにされてしまいました。

    岳人は、関東大会でスタミナ切れをし、チームメイトからボロクソに扱下ろされるという散々な内容でした。この敗北を糧にし、全国大会で再び青学と戦うことに。

    岳人は、関東大会でスタミナ切れという弱点を露見。弱点がはっきりしたので、そこを強化するのかと思いきや、この男は全国大会ではスタミナが切れる前に勝負を終わらせるという方法を取るのでした。そして、案の定ズタミナ切れ

    10
    全国大会の岳人

    まるで成長していない…。(安西先生)

    持久戦に持っていくという同じ策略にはまり、再びスタミナ切れを起こして敗れてしまいました。スタミナが弱点なら、普通スタミナ強化をしそうなものですが、がっくんはそんな事を一切しません。流石です

    岳人の思考回路は「スタミナ切れで負けた→スタミナが切れる前に勝つ」というものでした。そして、「新テニスの王子様」の岳人は、恐らく、さらに考えたことでしょう。

    スタミナが弱点で、スタミナが切れる前に試合を決めようとしても、相手が持久戦をしきて結局スタミナ切れを起こす。それでは、どうするのか…。岳人は一つの方法を導き出したのではないでしょうか。相手が持久戦狙いかどうか分かれば勝てるのではないか、と。

    そう考えれば、「心を閉ざしやがって」という謎の台詞が繋がるのです。 「心を閉ざしやがって」と悔しがるということは、逆に考えると、岳人は心を読むということ。きっと岳人は心が読めるようになったんですよ!

    スタミナが弱点→スタミナが切れる前に勝つ→持久戦でこられると勝てない→相手が持久戦を狙っているかどうか分かればいい→心を読めるようになる

    恐らく、相手の心を読めるようになる為に、想像も出来ない努力をしたことでしょう。

    あ、ちなみに全国大会編で、岳人と同じくスタミナ切れをした日吉はスタミナ切れを起こした事で、あれから成長して普通にスタミナを強化して跡部様に関心されていました。

    11
    跡部様

    日吉よ…キサマが苦手な持久戦は、もう克服できたようだな

    来年の氷帝を引っ張る日吉は、弱点であるスタミナを強化して持久戦も出来るようにしました。これがナンバーワンを目指す男ですね。というか、これが普通です。我らの岳人は、関東大会の時点でスタミナが弱点だと判明したのに、スタミナを強化するということを一切せずに、スタミナ切れる前に勝つ、相手の心を読むと、斜めに努力したのです。これがオンリーワンの男ですよ。

    さすが岳人!俺たちに出来ない事を平然とやってのける(ry

    いや、やっぱ岳人は面白いわー。これで退場はもったいないですよ。あと、すげぇ気になるのは、岳人と侑士の怪しい関係

    12
    ガックン&オッシー

    「そーいや侑士…さっきコーチがボール取れなかった人は帰れって言ってたよな?」
    岳人…声デカいでぇ」

    そして試合後の 「くそっくそっ侑士め!!心を閉ざしやがって」、「堪忍な岳人…残念やったなぁ」。お前らいちいち会話する度に、下の名前を呼び合うのな。本当に仲が良いこと

    と、そんなやり取りを見て、何故かニヤニヤしてしまいました。あー、ヤバイ、俺も重症です