• スポンサードリンク

    「新テニスの王子様」手塚VS大和決着なんて飾りです!

    コメント(1)
    白泉社「楽園」第4号のHPが更新

    10月30日に楽園4号が発売。木尾土目先生とあさりよしとお先生も参戦で、ますます楽しみになってくるというものです。

    楽園Le Paradis 第4号
    楽園Le Paradis 第4号
    posted with amazlet at 10.10.06
    シギサワ カヤ 日坂 水柯 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明 木尾 士目 あさり よしとお
    白泉社

    さて、今月号の「新テニスの王子様」が薄いです。いや、内容が薄いのはいつもの事なのですが、今月号はたったの17ページしか掲載されていませんでした。内容もページも薄いなんて、テニプリファンとしては物足りません。

    で、前回は青学の役立たずで置き物だったくせに、図々しくも青学全国優勝は自分が怪我を押してプレーしたからだと大きな勘違いをしてしまった手塚。怪我を押して試合に出れば全敗だったくせに、メガネの勘違いはさらに加速していくのでした。今までチームの為にプレーしても置き物だったのに、自分の為にプレーをしたら、あら不思議。大和の幻有夢現を破ってしまうのでした。

    q1
    幻有夢現を打ち破る手塚

    聖闘士に同じ技は二度と通用しないのは有名です。それはテニプリ戦士にも言える事で、聖闘士同様に一度目はなすすべなくやられても、次の回ではあっさり破られている事は良くある事。手塚には同じ技は通用しない!幻有夢現を打ち破るのは、伝家の宝刀・百錬自得の極み

    真田いわく「無我の爆発的に溢れるパワーを左腕一本に集めることにより、威力・回転等を倍返しで返球」という凄技です。百錬自得の極みとは、相手の打った球を倍返しで返すカウンター技。

    幻有夢現は、大和が手塚の先読みを見据えて、打つ瞬間にコースを変える地味なもの。ただコース変えてる打球を倍返しってどういうことなの?死ぬの?ヤバイ、のっけから理解できない応酬で読者が置いていかれますが、テニプリは理解するものではありません。感じるのです!そして手塚は自分の為にプレーし、今までの苦労を思い出すのです。

    「俺達の代では絶対に青学を全国へ導いてやろうぜ」
    手塚は何もせずにチームメイトが導いてくれました

    「手塚君キミには…青学の柱になってもらいます」
    青学の柱を1年坊に押しつけて、置き物になりました

    q2

    そうだ、俺がやるべき事は全て終わった―

    手塚が一体何をやったのか。決着のついた後に雑魚をボコるか肝心な試合で星を落とすという置き物の分際で青学全国制覇を自分の手柄のように勘違いして、吹っ切れていました。

    そして手塚も天衣無縫に目覚めるのでした。勘違いって怖いっ!
    天衣無縫は、ラスボスだった幸村が雑魚キャラへと変貌し、打球を打つのが早すぎて審判すら見えなかったインフレ激しいテニプリでもチート中のチート技。天衣無縫に目覚めた手塚はサクッと大和を倒してしまいました。結局、大和が高校デビューをした経緯は明かされませんでした。

    天衣無縫に目覚めた手塚に、ライバル達は驚くばかり。不二も跡部様も幸村も白石も千歳もビックリしていました。そして、何故か木手まで…

    q3
    キテレツ

    …追いついてあげますよ…必ず…

    いやいやいや。いくらなんでもキテレツ如きが何を抜かしているのでしょうか。流石に身の程知らずにも程があります。無我の極地には3つの扉があり、1つ目は百錬自得の極み、2つ目は才気煥発の極み、3つ目は天衣無縫。どうやら4つ目の扉があったようです。木手はその4つ目の扉を開けてしまったのです。その名も身分不相応の極み

    そんなわけで、手塚が勝利してしまい自動的に次の橘桔平&千歳千里ペアの負けが確定してしまいました。そしてコートを去る手塚に声をかけるのは、俺達の跡部様です!

    q4
    跡部様

    「ドイツ行きたいんだろ?あーん」と、足を上げて謎ポーズ。跡部様的には最高にかっこいいポーズなのでしょうか。というか、コレどっかで見た事あります。

    私は名作「めぞん一刻」の名エピソードである、五代くんが朱美とラブホを一緒に出て来たのを目撃した響子さんの勘違い&ヤキモチMAXとなった14巻10話の「好きだから…」を思い出しました。勘違いしまっくって、「あんたなんか…朱美さんのヒモになればいいのよ!!」と響子さんが怒りMAXになってバーを出て行こうとすれば、朱美が足を出して道を塞いでいました。

    q5
    朱美

    泣いてる飛び出そうとする響子さんに足を出して道を塞いで「お勘定」と冷静に言い放ち、泣きじゃくりながら財布からお金を出す響子さんに「みっともない顔…」と言いながらハンカチで涙を拭いてあげた朱美。「ろくに手も握らせない男のことで、泣くわわめくわ、どうなってんの。あんたみたいな面倒くさい女から男とるほど、あたし物好きじゃないわよ。バカ」と響子さんを焚きつけて、その後五代くんを追っかけさせ2人を結ばせた最高にカッコイイ名エピソード。

    朱美と同じように、跡部様も手塚を焚きつけていました。跡部様の言動には「めぞん一刻」の朱美を彷彿させてしまいます。つまり、跡部様は「めぞん一刻」の愛読者だったんだ!な、なんだってー!!

    そして、手塚を激励する跡部様。

    q6

    「何も言うな手塚。このチームは俺様に任せておけ

    おーおー好き勝手やりなさる!
    何が凄いって、跡部様が勝手にチームを仕切るのが凄い。別に手塚が中学生チームを率いていたわけでもないのに、上から目線で後は俺に任せろとか抜かす跡部様。意味が分かりません。メチャクチャだ…噂以上…。やっぱり跡部様は半端じゃないな。というか、今までこのチームを率いてきた鬼先輩が報われませんよ。

    そして手塚はその足で合宿を出て行くのでした…。

    q7
    そのまま出て行く手塚

    手塚はこの合宿に何しに来たのでしょうか…
    もはや、自分の為というよりも自分勝手なワガママです。しかも大和先輩も引退がどうとか意味不明な事を言っていますし、まったくついていけません。そして、手塚と跡部様に無視された鬼先輩以上に、手塚に敗北して負け組にいった海堂が報われません。まさか「手塚ーっ!」と後輩に呼び捨てにされた事を根に持って嫌がらせしているのでしょうか。


  • おすすめ「ラブコメ」マンガ3選

    コメント(0)
    n1


    「ヤマカム」管理人・山田のおすすめ「ラブコメ」マンガ3選

    CloseUp NetTubeさんのほうで、お勧めラブコメ漫画を3本レビューさせて頂きました。紹介したのは水谷フーカ先生の「GAME OVER」、カザマアヤミ先生の「はつきあい」、秋★枝先生の「煩悩寺」。3作とも珠玉のラブコメで、思わず頬を緩めてニヤニヤするどころか悶絶して部屋中ゴロゴロ転げ回る程の破壊力で超お勧めです。

    GAME OVER
    GAME OVER
    posted with amazlet at 10.10.05
    水谷 フーカ
    白泉社

    はつきあい 1 (ガンガンコミックスJOKER)
    カザマ アヤミ
    スクウェア・エニックス (2010-08-21)

    煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
    秋★枝
    メディアファクトリー (2010-08-23)