• スポンサードリンク

    「山田くんと7人の魔女」お漏らしは心を潤してくれる。リリンが生み出した文化の極みだよ

    コメント(2)
    【Amazon】攻殻機動隊ARISE 1 [Blu-ray]
    アマゾンで「攻殻機動隊ARISE」1巻の予約受付が開始されました。キャラデザからキャストまで一新して思い切っていますねぇ。7月26日発売予定です。

    さて、マガジン連載の「山田くんと7人の魔女」が連載1週年だとか。
    事件は「金田一少年の事件簿」ではなく「山田くんと7人の魔女」1周年で起きたのだ。マガジンの表紙を飾り大々的に「一挙2話掲載」ともなれば、現在のエピソードのヒロイン・ノア編解決でちょっといい話にでもまとめるかと思ったら斜め上をいった(褒めてます)。

    20
    山田くんと7人の魔女

    きたか…。
    ご存知のように(?)私はおしっこを我慢する女の子が大好きです。同時に、漏らす女の子も大好きです。おしっこを漏らす娘というのは、羞恥心混じりの我慢している表情漏らしてる時の快感と羞恥心が交差した表情漏らした後のやっちゃった…と羞恥心が交差する表情、ひと通り全て楽しめる。

    突き詰めれば、お漏らしとは恥ずかしがる表情に行き着く。
    もちろん、女の子が恥ずかしがる表情だけとっても珠玉であり、そんな中でお漏らしの恥ずかしさは超弩級なのです。

    で、今回のノアのお漏らし。
    率直な感想を述べれば、素晴らしいの一言に尽きます。

    21
    素晴らしい!

    見てくださいよ!
    ノアのお漏らしシーンを。漏らした際にプルプルと震えてしまっています。これは悔しさから来るものなのか、尿意を脱した快楽からくるものなか。また見えない表情がいいね。「悔しい…でも感じちゃう」を実に良く表現で出来てる。おしっこを漏らした悔しさ、でもおしっこをして気持ちいい、でもでもそれが悔しい…といったところか。さらに冬でも無いのにおしっこから湯気が出てるのもポイント高いです。

    そして、最も活目すべき点は漏らした位置です。
    超常現象研究部クラブハウス倉庫に閉じ込められたノアですけど、閉じ込められた時のシーンを思い出して欲しい。

    23
    閉じ込められた時

    お気づきだろうか。
    ノアは閉じ込められてからお漏らしするまで一歩も動いてません。部室に閉じ込められ何時間も過ごして夜中に見回りの先生が来るまで動かないでそのまま漏らしたのだ。この意味分かります?

    だって、倉庫見ればダンボール筆頭に簡易トイレになりそうな物は転がってるし、隅っこで申し訳程度に漏らすだろうに、ノアはそれをしなかった。真ん中で机の上で堂々と漏らしたのだ。動かざること山の如しならぬ…動かざること机上で放尿の如しである。しかもパンツ履いたまま微動だにせずにそのまま漏らしたのだ。せめてパンツぐらい脱いで漏らせよ!



    22
    一体君は…何と戦ったんだ。…完敗だぜ。

    あまりも見事なノアのお漏らしに、全米が拍手喝采に包まれた。
    そのまま漏らしてくれてありがとう!!

    今回の話は高飛車生意気娘ノアがイジメに合ったという重い話なのに、なんで軽くサラッと読めたかといえば「お漏らし」に他なりません。重い陰鬱なエピソードに「お漏らし」が加わるだけであら不思議!シニカルがコミカルな内容になっちゃいました。やっぱりお漏らしする娘は最高だな。




    にょうけんっ! (MUJIN COMICS)
    高城ごーや
    ティーアイネット (2012-11-30)

    天使のおしっこ (MUJIN COMICS)
    高城 ごーや
    ティーアイネット (2011-11-04)

    にょう☆どう? (MUJIN COMICS)
    高城 ごーや
    ティーアイネット (2010-10-08)

    スポンサードリンク
  • 「屋上姫」さよなら結子、君の事は忘れない

    コメント(0)

    屋上姫 4 (フレックスコミックス)

    「屋上姫」4巻が発売されました。
    これで完結です。表紙は涙を流す霞上先輩。確かに霞上先輩の涙は強烈に印象に残るシーンであります。最終巻ですし、この表紙のチョイスは間違っていないであろう。ですが、あえて言おう。表紙に異議有り!である、と。

    まあ、確かに霞上先輩の涙は美しかった。
    屋上で独白するその姿に切なさ全開であった。ああ、なんて綺麗な涙を流すんだ、と。あまりにも美しいその涙に胸が締め付けられたのもの。誰もが思ったものでしょう、霞上先輩の涙をペロペロしたい、と。

    7
    霞上先輩の涙

    この涙をペロペロしたいと心から思ったものです。
    やはり「美少女+涙」の方程式は素晴らしいものがあります。悲し涙が、途中で嬉し涙に変わっていたのもなかなかどうして。まあ、大団円であったと思います。霞上先輩美しいペロペロ…となる。

    だがしかしである。
    霞上先輩を差し置いて強烈に僕の心の琴線に触れたキャラがいた事もここに記しておく必要がある。それこそが、伊集院結子である。まさに絵に描いたような当て馬であり、最後まで当て馬であり続けた

    結子は「幼なじみ」という"約束された勝利のヒロイン"というべきカードを持っていながら敗れ去った。敗れた以前に最初から勝負にすらなっていなかったこの前も言ったように幼馴染というのは「青い鳥」なのだ。

    【正しい幼馴染の進化】
    「遊び仲間」→「腐れ縁」→「友達以上で恋人未満」→「青い鳥」

    これが幼馴染の正しいバージョンアップです。

    一途に片想いし続けた結子であるが、「幼馴染」として圧倒的に大切なものが抜けていた。それこそ「思い出」である(妹含む)。「思い出は億千万」である。かの名作「みゆき」で鹿島みゆきは何故、敗れ去ったのか。現在進行形で着々と仲が深まるのに、最後に敗れた。それこそ「思い出」の差である

    8
    結子

    確かに結子は恋する乙女として可愛かった。
    だが圧倒的に"幼馴染オーラ"が足りなかった。幼馴染(妹)とは一緒に居て当たり前の腐れ縁となるだけの思い出を共有してこそである。時は無限の繋がりで、終わりを思いもしないのだ。そりゃH2Oも「思い出がいっぱい」と歌うっちゅーものです。

    もちろん、結子にも「思い出」はあるんだろうけど、作中で残念ながらほとんど描かれなかった。もっと、幼い頃の思い出が描かれば、結子にも勝機はあっただろうに。悲しいかな、霞上先輩の兄様との「思い出」のほうが詳細に描かれていた。

    これでは勝てんよ。
    はっきり言って、結子が敗れ去ったのは必然である。
    だけど、結子は勝てない事を知りながらカミカゼ特攻を決めたのだ

    勝ち目0の告白。
    しかし、その散り際はやはり最高に輝いていたのだ。
    線香花火が消える直前が最も綺麗であるように、乙女の恋も消える瞬間が最も光り輝くのである。

    9
    散った

    見事な涙である。
    もっと可愛いヤキモチ妬けばいいのにドス黒い感情を露わにして嫉妬してしまった結子。その末の、最後の涙は最高であった。当て馬の散り際なんて一瞬。だからこそ結果が見えてたって特攻する。
     
    一瞬…!だけど…閃光のように…!
    それが当て馬の生き方だっ!!


    だからこそ、僕らはセンチメンタルな思いで答えるのだ。
    ペロペロ(^ω^)




    屋上姫 ① (フレックスコミックス)
    TOBI
    ソフトバンククリエイティブ