• スポンサードリンク

    「キミキス -various heroines-」読んで、ほぼイキかけました[

    コメント(0)
    色々なギャルゲやエロゲのコミカライズを見てきましたが、「キミキス」のコミカライズはマーベラス!アンソロを抜かして、「キミキス」の漫画版は結構あります。ガンガンパワードで連載していた、黒井みめい先生の「キミキス ~lyrical contact~」。佳月玲茅先生の「キミキス after days」。


    「キミキス ~lyrical contact~」は、星乃結美をヒロインとして、最終回のキスが結構エロいです。「キミキス after days」は、二見瑛理子ファンにはたまらない一品。ロリでエッチな展開に二見さんファンは拍手喝采するのです。

    他に、チャンピオンREDいちごに連載されていた、糸杉柾宏先生の「キミキス ~スウィートリップス~」。


    こちらはオムニバス形式で各ヒロインにスポットを当てており、特に二見さんがキスの後に服を脱ごうとしたり、祇条さんのシャワーシーンなど、サービスシーンにガッツポーズもの。もう一つはヤングアニマルで連載していた東雲太郎先生先生の「キミキス -various heroines-」。

    さて、先日、「キミキス -various heroines-(AA)」の最終巻が発売されました。もう、これは非常にマーベラス!あー、最高だ。青春だ。エロだ!ギャルゲーコミカライズの奇跡を見た!今までの東雲太郎版「キミキス」をちょっと振り返っていきましょう。


    全てはヤングアニマル増刊"あいらんど"no5でプレビュー編として、掲載された、主人公、相原光一の妹、奈々と里仲なるみの百合キスから始まったのです。お互いにキスした事がなく、練習としてキスの真似事したら、サッカーボールが飛んできて、くんずほぐれになってしまうという素晴らしい一品でした。

    1
    プレビュー編

    伝説は始まった…。
    お互いにノーカウントとし、家に帰れば、お兄ちゃん大好きっ娘、奈々がおデコにキスして貰うまで完璧です。マーベラスです。これが人気を博したのか、ヤングアニマル本誌で本格的に連載が始まるのでした。

    各ヒロインごとに単行本1巻分のオムニバスもの。一人目のヒロインは、幼馴染で一つ年上の水澤摩央。1話目でヒザにキスして、オレの心を鷲掴みにし、2話目でキス。その後、お泊りイベントでお風呂シーンのサービスなど、ニヤニヤに拍車をかけまくりやがりです。キモは、指を使った疑似フェラなのは日本国民の総意です。

    2
    指ちゃぷ

    マーベラス!

    また、注目したいのは二度目のキスですよ。「れる」って舌入れちゃいました。さくらんぼを舌で結ぶ摩央姉のキステクで、光一は「え…摩央姉ちゃん…?うわ!」と、大慌てで摩央姉の小悪魔っぷりにニヤニヤもの。特筆すべきは、擬音

    「れる」「ちゅる」「ちゅく」「ビク!」「ぷは」「はーはー」「は…」

    と、キスの擬音としては激しいものでした。「キミキス -various heroines-」の感想を書いていたサイトは口を揃えて、エロい!と誰しも同じ意見を言うのでした。


    2人目のヒロインは、咲野明日夏。見どころは、スパッツヒザにキスされたり見開きで足にキスしたりと、背筋がムズムズするぐらい何かが込み上げてきます。足にキスする時に、光一は明日夏のスパッツ姿を思い浮かべる所に、禍々しい共感を覚えるのです。今回の光一は、明日夏が棒状のアイスを食べるのを見て、何かを連想したのか赤面して照れたりと想像力豊かでした。

    個人的に推したいのは、旅館で三度目のキス。

    3
    三度目のキス

    擬音は、「はぷ」「れるん…」「ピククッ」「ピクッピクン」「ふるふる」「ちゅ…ちゅく」「ビクン」「…は…はーはー」と、とてもキスの擬音とは思えないほどエロいです。最高です。輝いています。マーベラスです。


    3人目のヒロインは祇条深月。不注意でぶつかってキスをして、その後友達となるお嬢様。お互いが純情系で、手が触れただけで赤面し合うようなウヴウヴカップル。言動が甘酸っぱくて、むず痒いラブでコメり具合でした。で、いざ純情同士の2人がキスすると…。

    4
    キスすると

    光一がキスすれば、「ふぁ…んっ…んぅ…」と言いながらビクンビクンと感じて、プルプル震えて、祇条さんは、ほぼイキかけました。何というテクニック。さっきまで、雨の中で手を繋いだだけで、お互いが赤面して、気まずくなって無言になるほど、ウヴな純情カップルだったのに。いざキスすれば、驚異のテクとエロさ。このギャップ。マーベラス!そう、摩央と6回、明日夏と4回キスをした光一のキステクニックは継承されている

    耳をはむはむする所が、最高の逸品なのは常識です。


    4人目のヒロインは、キスの実験をしている二見瑛理子。初めはクールビューティーの無表情系が、赤面するのは戦闘能力を一気に高めます。最初は、二見さんにではなく、キスされて赤面する光一きゅんに萌えるんですね。分かります。

    唇以外にキスをするという実験で、光一は首筋にキスをして、「…これが二見さんの匂い…」と、首筋ににキスをして、くんかくんかと匂いを嗅ぐ光一に漢を見た

    5
    首筋

    オッケーイ!(久々に)


    5人目のヒロインは星乃結美。「キミキス」のメインヒロインです。しかし、メインヒロインというのは飾りだったのか、原作ゲームでは地味すぎて地味子と呼ばれ、アニメ版では最後にサックリと捨てられてしまう報われない娘NO.1でした。

    それが、東雲太郎版「キミキス」では、とにかく輝いていました。泣きそうになりました。最高です。マーベラス!足にキスしたり、足にキスされたり、耳をはむはむしたり、首筋をレロレロするなど、変化球に富んでいる中で、地味子はほっぺにキスぐらいで、これといった変化球がなく直球勝負。何気なくブルマ姿を恥ずかしがるほどの清純派。

    6
    地味子

    だからこそ、ただのキスが映えるのです。まあ、それでも十分エロいんですけどね。また、後書きでは以下のように述べられています。

    おかげさまで、漫画キミキスは無事完結です。ありがとうございます。

    これにて無事完結。先生…すごく栗生恵編が読みたいです。


    あー、本当に素晴らしいコミカライズでした。ヤングアニマル増刊アイランドで、川田先生版と二見さんの読み切りもありますが、こちらも単行本に収録されておりマーベラスです。特に川田先生のスパッツ姿には、魂がある。

    で、先日、ヤングアニマル増刊あいらんどvol8が発売されました。そこには、東雲太郎先生先生の「キミキス -various heroines-」の描き下ろしが掲載されているのです。完結したはずなのに、描き下ろし読み切り…。

    アニマル…恐ろしいぜ。例えば「いぬみみ」完結後に、「いぬみみアフター」が読み切り掲載され、今だに単行本収録されていません。アニマルは完結し、単行本最終巻が出た後に、本誌か嵐かあいらんどで、その後のエピソードを読み切り掲載させる、恐ろしい雑誌なのです。つまり、雑誌を買わないと、未来永劫読めないのです。

    で、今回掲載された「キミキス」は、ほぼ確実に収録される事がないと思いますので、買っといたほうがいいんじゃないかな、かな。で、描き下ろしの読み切りは、伝説の始まったプレビュー編の続きもののようです。1番最初の話を、最後の最後に持ってくるなんて「BOYS BE…」を思い出します。

    奈々が光一にデコチューされたと聞いて、自分にもして欲しいと言ってデコチューする話。

    7
    うどん

    デコチューをここまでエロく描くなんて…最高です。感動です。マーベラスです。あー、マジで東雲版「キミキス」はギャルゲーコミカライズの奇跡でした。

    スポンサードリンク
  • 「テニプリ」が復活!

    コメント(0)
    「テニスの王子様」を覚えてらっしゃいますか。最高にマーベラスなスポーツ漫画です。単行本の帯でもNO1スポーツ漫画を自称し、常に斬新的なテニスの必殺技を披露し続け堂々の完結を迎えました。最終巻では以下のコメント。

    皆さん!最終巻です!!本当に長い間応援して下さってありがとうございました!!皆様と共に駆け抜けた熱く、そして夢のような9年間絶対忘れません!!さて次は何をしようかな(ニヤリ)

    果たして許斐先生は何をやってくれるのか。ドキドキして待っていたら、「テニスの王子様」が復活しました!

    今月号のジャンプスクエア(4月号)で、テニプリが見事に復活したのです。その名も「新テニスの王子様」。ジャンプスクエア公式サイトで壁紙も公開され、それがまんま表紙となりました。新たな伝説が始まる!

    6
    新テニスの王子様

    どこから突っ込んでいいものやら。とりあえず皇帝、真田の構えはただ事ではありません。もともとライベートでは家で日本刀を振っている猛者ですが、構えがキまりすぎててキモいです。あと手の大きさがおかしな事になっています。他にも左上の赤也のポーズも謎です。どうも、立海は面子はどうもツボにはまりすぎです。

    おまけに「新テニスの王子様」0.5巻がついており、そこには許斐先生のインタビューが掲載されており、「新テニスの王子様」というタイトルについて以下のようにコメントしていました。

    新しい世代に読んでもらいたいなと思ったんです。2にすると、1を読んでないコは読まないですよね。かといって新しいタイトルにするよりも、すでに浸透している「テニスの王子様」というタイトルを活かすのがベストの選択だと思いました。色々な案はありました。「テニスの王子様Vista」とか(笑)。でも"新"が一番しっくりきたんです。そこから読んでもらい、面白ければ旧作も読んでほしい、という想いを込めました。

    つまり、「新」から読んでも大丈夫な、一見様に優しい作りを心がけたということ。実際に一見様に優しいかと言えば、まったくそんな事がなく、テニプリファンのみニヤニヤと楽しめる出来。だが、それがいい。

    「新テニスの王子様」の新連載が発表されや12月号のポスターには、「今までのテニプリは序章に過ぎなかった」とコメントされていました。オーラをまといながらプレイし、人間が数十メートル吹っ飛び、プレイ中に空を飛んだり、悪魔に変身したり…と、既に限界突破しているような気もしましたが、それが序章と言われれば、我々の期待値も無我の境地に達してしまうというもの。

    さっそく本編を見ていきましょう。前テニプリで、どういう理由かは不明ですがアメリカに行った越前。新テニプリもアメリカから物語はスタートします。電車に乗り遅れそうなところで、駅員の笛をツイストサーブでふっ飛ばしラケットを投げてで扉が閉まるのを止め、滑り込んで電車に飛び乗りました。昔、手塚先輩は「ラケットは人を傷つける為にあるんじゃない!」と言っていましたね。

    7
    手塚先輩のラケットの使い方講座 / 越前のラケットの使い方

    ラケットは電車を止める為にあるわけでもないと思います。

    越前が超絶的に電車を止めるのを見ていたアメリカ人たちは、「オーマイガッ!」、「素晴らしい!」、「凄ぇーな!!」と大興奮。日本では人が天井に吹っ飛ぼうが、オーラが出ようが、ボールを打つ姿が早すぎて見えなかろうが、ここまで大げさに驚いてくれません。この程度で驚くなんて、アメリカはテニスの発展途上国なのでしょうか。

    何よりCOOLだったのは、越前が身につけているネックレス

    8
    越前のネックレス / かっぱ寿司のパーチ

    なぜ、かっぱ寿司…。
    意味不明ですが、とにかく「日本か…」といいながら空を哀愁漂らせながら見つめていました。かっぱ寿司の味でも懐かしんでいるのでしょうか。

    いきなりテニプリワールド全開で、クラクラっときていましました。で、「新テニスの王子様」のストーリーは、全日本高校選抜に中学生を50人参加させるようです。とりあえず、確認できたメンバーは以下の通り。

    ・青学
    手塚国光、大石秀一郎、不二周助、乾貞治、菊丸英二、河村隆 、桃城武、海堂薫、越前リョーマの9人。

    ・立海
    幸村精市、真田弦一郎、柳蓮二、柳生比呂士、仁王雅治、丸井ブン太、切原赤也の7人。ジャッカルが見当たりません。ジャッカル落選か…と思いきや、後ろ姿しのハゲを確認。

    6
    ハゲ

    どうみてもジャッカルですね。よかった、立海は全員選ばれたようです。さすが、全員が手塚クラスという初期設定です。

    ・氷帝
    跡部景吾、忍足侑士、向日岳人、日吉若、樺地祟弘の5人が本編で確認。ジローは扉絵にはいますが本編では登場せず。

    ・四天宝寺
    白石蔵ノ介、千歳千里、石田銀、金色小春、忍足謙也、遠山金太郎の6人。本編でまったく活躍できなかった天才、財前くん落選です。

    ・比嘉
    木手永四郎、田仁志慧、知念寛、平古場凛の4人を確認。

    ・不動峰
    橘桔平、伊武深司、神尾アキラの3人を確認。

    山吹は千石清純、六角は天根ヒカルの1人のみ確認できました。とりあえず、37人は確定でしょうか。残りのメンバーが気になる…って、ん!?

    7

    え、ひょっとして名古屋星徳のクラウザーさん?赤也を金網にめり込ませるものの、「ワカメ野郎」発言(クラウザーさんは本当は言ってない)でビクター化した赤也にふるぼっこにされたカマセ犬。こいつが日本代表だと…。こいつ外人の留学生だった気がしますが…。

    というわけで、38人を確認。あとの12人は誰なのでしょうか。で、新キャラの高校生も非常に魅力的。真田を見れば、高校生の新キャラも老け顔に驚いていました。

    「おい見ろよアイツ…!?」
    本当に中学生かよ

    8
    高校生

    お前も高校生に見えねーよ!
    真田を中学生に見えないといいつつ、どうみても30超えたおっさんにしか見えない天神耕介(高2)くん。さすが、許斐先生です。こんな普通の会話にまで高度なギャグがあります。

    今回の選抜メンバーは、韓国に遠征している1軍20名、2軍246名、中学生50人の人数のようです。コーチが監督からの伝言でメンバーを減らす主のコメントをします。

    「監督から伝言があります。300名は少々多すぎるようですよ。
    ボールを250個落とす。取れなかった46名は速やかに帰れ』と。」

    250名も十分多い気がしますが、ヘリコプターからボールを落として、取ったものが生き残り…と、比嘉中もビックリの選抜方式。ボールを多くとれと一言も言われていないのに、大量のボールを取るものが一人。金太郎です

    相変わらずバカだな、と思いきや、もう一人大量にボールをゲットしているやつがいました。

    9
    跡部様

    跡部様の知能指数は金太郎並ということが理論的に証明されました。しかし、ついにテニプリ復活ですか。次回が、本当に楽しみです。

    そういえば、異次元変態サッカー漫画「キャプテン翼」がリアル路線になってがっかりした方も多いと思いますが、我らの許斐先生はそんな事はけっしてありません。

    読者が見たいスカッとする爽快感と、ここまでやっちゃって大丈夫!?というギリギリのラインを、出し惜しまずに行くことで、スポーツマンガの限界に挑戦したいと思います!

    マーベラス。いいぞ許斐先生、俺たちテニプリファンはいつだって、超次元で革新的なオピニオンリーダーの後塵を拝したいと願っていた。さすが。さすがコミックでボタンを外して胸をはだけてCOOLなポーズの写真とポエムを載せる男は違うな!

    1話で笑い過ぎて腹筋痛いのに、2話目以降はもっと面白くなるとコメント。テニプリはじまったな!(当社比100倍で)