• スポンサードリンク

    「百舌谷さん逆上する」五島さんの可愛さと樺島の視点

    コメント(0)
    百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)
    篠房 六郎
    講談社 (2010-09-22)

    「百舌谷さん逆上する」の5巻が発売されました。よくある属性としてのツンデレではなく、病気としてのツンデレを描いた傑作でネタとテンポが素晴らしいの一言。特に5巻ではギャグのキレが抜群で、吹き出す恐れあり!

    オビには「ツンデレVS委員長」と綴られており、百舌谷さん対五島さんが対決…するというわけです。五島さんが百舌谷さんへ行動を移す…ついに山が動いたのです。クラスメイトを集めVS百舌谷さんに向けて作戦会議をしているようで、斜めの方向に突っ走るのも一興。もうイジメかっこ悪いとか言ってられません。そして、五島さんが取る行動とは…。

    6
    五島さん
    「逆にあの子に対して、どんどん優しくして親切にしてやるのよ。そうすれば、人の心の温かさに慣れてないあの子は戸惑い混乱し、やがて無様に自滅しちゃうに違いないわ」

    ドキッ☆百舌谷さんに親切にお友達になろう大作戦。とりあえず百舌谷さんの弱点を探そうと樺島に聞こうものなら、悪巧みをしようと思うともじもじしてしまい、それは恋する乙女のような行動でした。しかし、それが逆に百舌谷さんに効いてしまいました。それは転んだ拍子に改心の一撃を繰り出す役立たずトルネコのようにマグレの一撃。現場をたまたま目撃した百舌谷さんは大混乱です。

    7
    魔性の女・五島さん

    効いてる…効いてるよ!
    百舌谷さんは何気にダメージを食らっていました。しかし、樺島にモジモジしながら弱点を探ろうとしたり、保健室で竜田の良いところを述べて庇う姿といい…五島さんはオデコ可愛い!(←結論)

    でも、5巻は見所満載ですね。五島さんだけでなく、樺島といい、竜田といい、モブだった女子生徒もキャラが立ってきて良い感じです。さらに百舌谷さんの実家の事情も垣間見れて目が離せません。しかも祖父も、中々のツンデレのような気配。

    で、「百舌谷さん逆上する」5巻ラストでは、久々に樺島がナレーションを担当していました。というのも、単行本では3巻あたりからは特に物語のナレーションはなく、出来事を淡々と描かれていました。しかし、思い返すと初期は樺島のナレーションで物語を綴っていました。

    8
    樺島が物語を語る

    初期はほぼ毎回、樺島がナレーションをしながら物語が語られていました。例えば、第一話では樺島が学校に来ていないのに、樺島の視点でナレーション。

    僕が彼女と初めて出会ったのは、彼女が転校して来てから1週間後の事でした

    その場にいないのに樺島の視点でナレーション。初めて百舌谷さんと出会えば、「―それが、僕と彼女の初めての出会い―だったわけで」とナレーションされると共に、百舌谷さんにボッコボコにされて血まみれになる樺島。その後も、樺島がナレーターを担当。

    そして5巻では、百舌谷さんや五島さんや韮沢合歓などの視点でナレーションをし始め、まるで群像劇のような構成になっています。そして樺島の視点でのナレーションと他のキャラの視点でのナレーションには、明確な違いがあるのです。

    例えば、五島さんの視点で物語がナレーションされた時…。

    10
    五島が物語を語る
    問題は、百舌谷さんのために他の人が色々、気を回して特別扱いしているのに、本人がそれを当たり前のようにして、何も気にかけていない事だと思います

    ナレーションは現在の五島さんの心情を吐露する形で綴られています。百舌谷さんの靴がクラスメイトに汚されているのを目撃したら、「それにこれをいい機会に百舌谷さんに想い知ってもらうのも、いい事なんじゃないでしょうか」とナレーターするなど現在の出来事をナレーション。

    他にも、韮沢合歓の視点でナレーションがされれば…。

    11
    韮沢が物語を語る

    韮沢さんの視点で物語が語られる時は、「でも、私は信じてます。ちーちゃんは本当はすごくいい子だって」とか悪巧みを見て「さあ、止めなきゃ」と、こちらも現在の韮沢の心情などでナレーションされています。

    そして、樺島の視点で語られるナレーションだけは明らかに他のキャラの視点のナレーションと異なっているのです。1話の1コマ目から本人がいなくてもナレーションをしていた樺島。他のキャラが今の出来事を語るのとは違い、樺島の視点はもっと未来から過去を振り返るように語られているのです。

    13
    樺島が物語を語る

    樺島の視点でナレーションをする時、未来からの視点において過去形で昔を振り返るような口調で物語は語られています。初期の「百舌谷さん逆上する」は、樺島がまるで過去を振り返るようなナレーションでストーリーが進められていたのです。

    5巻では、百舌谷さんに金属バットで撲殺されそうになる樺島。その時、久々に樺島視点でのナレーションがされるのですが…。

    12
    久々に樺島の視点で物語が語られる
    そして、百舌谷さんがどうしてああも変わってしまい、あんな事を始めたのか。僕がその全てを知るのは、もっと―。ずっと後になってからに事だった。

    樺島は、どう見ても未来から過去を見た視点でナレーションをしています。これが一体何時の樺島なのかは分かりませんが、「百舌谷さん逆上する」は樺島の過去を振り返るようなナレーションから、今までの話が樺島の過去を振り返る構成となっている感じ。FF10のように、現在に繋がるのか、終わってしまった話を振り返っているのか。何にしても、樺島のはあなどれないキャラです。

    スポンサードリンク
  • 「ワンピース」ロジャー海賊団はラフテルに上陸したのか!?

    コメント(13)
    もうすぐ「ワンピース」の連載が再会されます。今から胸が熱くなってドキドキしているというもの。果たして、どのような2年後の世界はどのような展開になるのか期待したいところ。

    で、若竹さんの597話の感想。なんと、ロジャー海賊団はラフテルへ到達していないのではないかという目から鱗のような記事。海賊王と呼ばれたロジャー海賊団。本当に、ラフテルへ到達したのでしょうか…。唯一グランドラインを制覇したと言われているロジャー海賊団。

    海賊王は本当に海賊王だったのか!

    14
    ロジャー

    大冒険「ワンピース」の1話1コマ目。それはロジャーの処刑から始まりました。全ての物語は、海賊王の公開処刑に幕を開けたのです。ロジャー処刑時には以下のようにナレーションされて物語が開始されました。
    富、名声、力
    かつて、この世の全てを手に入れた男"海賊王"ゴールド・ロジャー
    彼の死に際に放った一言は全世界の人々を海へと駆り立てた
    ロジャーが死に際に言い放った一言とは「おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ…探してみと。この世の全てをそこに置いてきた」。そして、世は大海賊時代を迎えるのでした。それが22年前のこと。ロジャーは財宝をラフテルへ置いて来たと最後に言い残しました。ロジャーの宝は、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)と言われ、人々は夢を持ってロジャーの財宝を目指しました。

    今の「ワンピース」のルフィを含めた海賊達は海賊王になる事を最大の目標としています。ルフィも当然のようにひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つける事を目標としています。幼き日のルフィは、海賊王になる事を誓いました。

    15
    幼き日のルフィ

    「おれはいつか、この一味にも負けない仲間を集めて!世界一の財宝をみつけて!海賊王になってやる!!

    ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけて海賊王になる事を宣言したルフィ。今、1話を読み返して刮目すべきは、海賊王になると宣言したルフィに対してのシャンクスの台詞です。

    16
    ルフィの台詞を聞いて

    ほう…!!おれ達を越えるのか

    幼き日のルフィが言い放ったひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけて海賊王になると聞けば、シャンクスは「おれ達を越えるのか」と嬉しそうに言い放ち、麦わら帽子をルフィに預けるのでした。

    「おれ達を越えるのか」とはどういう事なのか。シャンクス率いる赤髪海賊団は、今では四皇の一角として大海賊です。海賊王に近いと言っても過言ではありません。それなのに、「おれ達を越えるのか」とは。海賊王を目指す事を諦めているのか、はたまた海賊王になれないと知っているのか。

    海賊王とはそもそも何なのか。ロジャーが残したという財宝を見つける事なのか、グランドラインの終着点であるラフテルへ至る事なのか。そして、物語りが進みシャンクスが海賊王と呼ばれたロジャーの船員だった事が明らかになります。

    17
    シャンクスは海賊王の船に乗っていた

    「おめェもよく成り上がったモンだぜ…ゴール・D・ロジャーの船の…ただの見習いだった小僧がよ…!」

    海賊王の船の一員だったというシャンクス。という事は、ロジャーの残した財宝であるひとつなぎの大秘宝(ワンピース)の存在を知っているはず…。それなのに、ルフィが「海賊王になる」と宣言すれば、「おれ達を越えるのか」と言い放ちました。おれ達とは、赤髪海賊団ではなく、ロジャー海賊団だったのではないか、と。「新しい時代に懸けてきた」と、意味深に語ったシャンクスですが、何を駆けたのか。

    そもそも、ロジャーは本当にラフテルで財宝を残したのか!

    海賊王ロジャーの相棒で副船長だったレイリー。「"偉大なる航路(グランドライン)"制覇を成し遂げた」「そこからロジャーは世間から"海賊王"と呼ばれる様になった…」とコメントしていました。ロジャーはグランドラインを制覇して海賊王と世間から呼ばれるようになったのです。注目すべきは、グランドラインを制覇したという言い方。グランドラインを制覇ってなんやねん。

    ロジャーは不治の病にかかって、誰も治せない手の打ち様がなかったそうです。そんな中で、当時の海で一番という評判だった灯台守の双子岬の医師・クロッカスだけが苦しみを和らげる腕を持っていたそうです。そしてクロッカスに付き添って貰ったとか。

    18
    海賊王の最後の航海

    不治の病にかかってしまったというロジャー。苦しみを和らげる腕を持っていたクロッカスに頼み込み「最後の航海」に船医として付き添ってもたっらそうです。そして3年後、ロジャーの命を取り止めつつ、"偉大なる航路(グランドライン)"制覇を成し遂げたのでした。

    クロッカスはたった3年だけど仲間だったと振り返ったレイリー。その3年というのが、グランドラインを制覇するまでの3年間。最後の航海に船医として船上したクロッカスは、ラフテルへ至っているはずなのです。海賊王と呼ばれたロジャー海賊団で解散までのラスト3年間を共にした船医。だがしかし…。

    20
    海賊王の最後の航海に付き合ったはずのクロカッス

    ウソップが「じゃ…そこにあんのか!?"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"は!」と、ラフテルにひとつなぎの大秘宝があるのかどうかを聞けば「さァな」と言い出してしまいました。

    「その説が最も有力だが誰もそこに、たどり着けずにいる」

    クロッカスはラフテルへ辿り着いたのではないのでしょうか。誰も辿り着けずにいるというのはどういう事なのか。そもそも、グランドラインの最終地点であるラフテルについては、さらに意味深な発言をしていました。

    19
    ラフテルとは…

    「歴史上にも、その島を確認したのは海賊王の一団だけだ。伝説の島なのだ

    ロジャーと共に最後の航海をしたクロッカスは、ラフテルを「確認した」のは海賊王の一団だけだと言い放ったのでした。ロジャー海賊団はラフテルを確認しただけなのか。グランドライン制覇を成し遂げたと世間では言われていますが、終着点に上陸したのかどうかは不明

    シャンクスがルフィの「海賊王になる」という台詞に「おれ達を越えるのか」と言い放ったのは、ラフテルへ上陸していないラフテルへ上陸出来なかったロジャー海賊団という可能性もあります。ロジャー海賊団の最後の航海に付き合ったクロッカスが「誰も辿り着けていない」「その島を確認したのは海賊王の一団だけだ」と、言っていたのはロジャーはラフテルに上陸していないという事なのか。

    副船長だったレイリーはグランドラインを制覇して900年前に始まる空白の100年について知っていると述べていました。

    21
    歴史の全てを知る

    我々は…歴史の全てを知った…

    歴史の全てを知ったと述べるレイリー。その後の、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)の存在については有耶無耶になってしまいましたが、少なくともレイリーは、グランドラインを制覇した歴史の全てを知ったと述べていました。ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは、空白の100年を知るものなのか…。

    そもそも、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは、現在では海賊王ロジャーが残した財宝という事になっています。しかし、ロジャー海賊団の最後の航海まで付き合ったクロッカスは「(ラフテルを)確認した」「誰も辿り着けずにいる」と述べていました。レイリーも海を制覇したと言っていただけで、ラフテルへ辿りついたとは言っていません。これはグランドラインの制覇=ラフテルを確認というだけの可能性が非常に高いです。

    ロジャーはグランドライン制覇後に白ひげと花見をしながら酒を飲み交わしていました。

    22
    ロジャーと白ひげ

    ラフテルへの行き方でも教えようか白ひげ」
    聞いても行かねェ。興味ねェからな…」

    ロジャーはラフテルへの行き方を教えようとしていました。行き方を知っていれば、誰でもラフテルへは行けるという事なのでしょうが、上陸とは言っていません

    しかし、白ひげはラフテルへの行き方を聞かなかったのに、死に際に「あの宝を見つければ世界はひっくり返る」「"ひとつなぎの大秘宝"は実在する」とも言っていました。それは、ひとつなぎの大秘宝が何なのかを知っている感じでした。

    23
    白ひげ

    「興味はねェは…あの宝を誰かがみつけた時…世界はひっくり返るのさ…!誰かが見つけ出す。その日は必ず来る…"ひとつなぎの大秘宝"は実在する!

    クロッカスの台詞ではロジャー海賊団はラフテルを確認しただけという感じ。しかし、白ひげの台詞ではロジャーはラフテルで何かを残したという印象。うーん、良く分かりません。ロジャーは海賊団解散後に自首するまで空白の1年がありますので、ロジャー海賊団はラフテルを確認するも上陸出来ず、しかしロジャーは海賊団解散後にラフテルへ辿り着いたのか。レイリーの歴史を全て知ったという言い方も気になる点。「ラフテルの行き方=歴史を知る」というのはありそうですが、それがラフテルへ上陸したのかどうかは不明。

    果たしてロジャー海賊団はラフテルに上陸したのか!?