• スポンサードリンク

    「隣のあたし」約束されてなかった勝利の当て馬

    コメント(7)

    隣のあたし(10) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)

    この結末は知らなかった!(挨拶)

    「隣のあたし」10巻が発売されました。これが最終巻です。
    9巻までを読んでビンビン伝わってくる事は三宅くんマジ憐れすぎるという印象。ていうかさ、仁菜は京介と幼馴染で1巻からの構図を考えるとどう考えても三宅くんが「スプラウト」の先輩的な立ち位置になるのは目に見えていました。

    約束された敗者の当て馬である。

    今までの展開を簡単にフローチャートすると以下のようになります。

    「仁菜と京介は幼馴染」→「京介に彼女出来た」→「三宅くん登場」→「三宅くん仁菜に告白」→「仁菜は京介が好きだけどなんのかんので付き合う事に」→「仁菜は三宅くんに段々惹かれるけどやっぱり京介が気になる」→「兄妹みたいに思われてるのは俺の方BY京介」→「クリスマスイブに三宅くんと約束あるけど京介倒れる」→「京介を看病」→「三宅くんと別れる」→「京介は実は仁菜が好きらしい」

    振り返りおしまい。
    むむむ…三宅くんどう考えても当て馬すぎる
    誰もが思ったものです。三宅くんポイ捨てされる当て馬である、と。

    清々しいぐらいに敗者としての地位を不動のものとしている。レールがあるとしたら全てが予定調和の報われない男の子である。完全に当て馬としての外堀が埋まっている。もう三宅くん見てらんない。あまりに不憫すぎるポジションの三宅くんでしたが、最終巻で僕の予想を超える展開が待ち受けていた。後は京ちゃんと結ばれてお終いか…と思っていた時に事件は起こるのでした。

    1
    事件は起こる

    …もう一度片想いから始めます

    麻生さんである。京介は仁菜が好きだから羨ましくて見てられない、と。女子高生が女子中学生にマジ切れしてマジ泣きした時に仁菜は「あたし両想いなんかじゃありません」「…もう1回、片想いから始めます」と述べるのだった。

    まさかの三宅くん大勝利であった。この結末は知らなかった!
    いや「隣のあたし」を振り返ると、ずーっと三宅君と付き合っており最後にポス捨てされるんじゃないかという不安があり、大方予想通りになり、案の定であると思ってただけでにこの結末はグッときてしまった。今までの積み重ねは無駄じゃなかった!

    高校に合格した事を京介に告げる時に、自分の気持ちを吐露する時の仁菜がグッときますね。いつものようにベランダを飛び越えて行くわけで。しかも構図が完全に1話目と同じというね。

    2
    デジャブである

    京介の高校合格、仁菜の高校合格がデジャブる。
    仁菜がベランダに出る所から京介も出てくるところ、飛び移るところまで完全に1話と同じコマ割りと構図で描かれる。意識して1話と対比しているのだろう。まったく同じシーンの焼き直しだけど、1つだけ違うものがあるとすれば仁菜の気持ちでしょうか。

    1話じゃ京介ラブ(その気持ちも本当に好きではなかったらしいが)だったものの、37話じゃ結論でちゃってました。三宅くんが好きであると。1話とまったく同じ構図で描かれつつも、仁菜の変化が手に取るように分かる構図は上手い。

    3
    1話 / 37話

    同じ構図で展開のようでいて違う!
    もう仁菜は三宅くんに決めたのだ。未だに信じられません。
    だって、三宅君の外堀の埋められ方やストーリー上で、どう考えても三宅君は約束された敗者の当て馬のポジションに相応しかったのに。それがまさかの逆転っぷり。この結末は支持する(何故か上から目線)。

    卒業式の日に三宅を追いかける仁菜がいいんだ、可愛いんだ。
    しかも京介に背中押されて踏み出すってのがもうね。「隣のあたし」ってタイトルからして京介の隣の仁菜と思ってましたけど、まさか京介の隣にはいるけど、それはあくまで大事な幼馴染でお隣さんであり、本当に大事な人は三宅くんだったていう流れが俺の心の琴線を刺激する

    仁菜が泣きながら三宅くんに告白するシーンなんて最高だよ。

    4
    仁菜

    いやはやこの結末は知らんかった。
    まさかの三宅大勝利である。仁菜の告白に答える三宅くんがまたいいんだ。泣きながら「やめてよ。言ったじゃん。俺は『上村が笑ってるならなんでもいい』」「上村が誰といたって笑顔でいてくれんならいい」「だけど…俺に笑ってくれんのがやっぱ一番いい…」。

    なにこの感動的な大団円。
    あたし、男だけど三宅君すごい好きだな。

    そしてまた付き合い出した仁菜と三宅君。
    番外編はまさにイチャラブの極みでした。ただひたすらイチャイチャするだけのエピソードでしたけど、僕から言わせてもらえばもはやご褒美です!

    5
    ご褒美

    仁菜
    「三宅くんて(高校では)瞬て呼ばれてるんだね」(機嫌悪そうに)
    (って、あたし、ちっさー三宅君困ってるよ。でもなんだろ、このくやしい感!あたしなんて彼女なのに!!)

    三宅
    「(しばし沈黙し照れながら)仁菜」

    ヤバイ。俺の頬の筋肉が痙攣しそうなぐらいニヤニヤするんですけど。
    お互いが下の名前を呼び合うエピソードの破壊力が超ド級すぎて、部屋中ゴロゴロ転げまわって悶絶してしまいました。三宅君の生き様をネタにしようと読み続けてたらいい意味で期待を裏切ってくれました。最高じゃないでしょうか

    番外編後半はちょっとしたすれ違いをするもやっぱりイチャラブであり、僕はひたすら身悶えしまくるっていうね。

    6
    イチャラブの極み

    悶絶。

    大体、仁菜を笑わせたのが三宅くんの勝因でしたけど、本当の勝因は泣かせ事だと思うんですよ。京介は何度も仁菜を泣かせ(しかも自覚あるところが最低なんだが)ましたけど、三宅君も何度も仁菜を泣かせたものです。それでも三宅君は何度も泣かせたけど、違う泣かせ方をしたのであった。

    7
    何度も泣かせたけど

    そりゃ、嬉し涙ですよ!
    冷静に振り返ると京介も三宅君も何度も仁菜を泣かせたけど、嬉し涙を流させたのは三宅君だけです。これが決定的な勝敗を分けたと思うの。まさかであり、あまりにも芸術的な三宅君の大勝利と仁菜のくそ可愛さに何度も身悶えしてしまいました。この結末は評価する!(何故か上から目線)






    スポンサードリンク
  • 「じょしらく」アニメ化も決まってマガジン本誌に出張

    コメント(0)

    20
    じょしらく、特別編「権利衛狸」

    今週のマガジン(31号)で「じょしらく」が出張掲載されています!
    というのも「じょしらく」がアニメ化するから、マガジン本誌に出張してきたわけです。単行本1巻が発売された時にも出張してきましたしね。

    んで、「じょしらく」アニメ化記念に合わせてマガジン本誌に出張ってきたわけですけど、案の定まったく「じょしらく」という漫画の説明をしていません。どういう漫画か説明する気など毛頭ないのである…。

    とりあえず「じょしらく」メンバーが説明する気はないけど、気合入れた服装で登場したのはたぎるってものです・

    21
    気合入れた服装

    掴みはバッチリだ!
    マリーさんのスク水に、キグちゃんの制服、メガネの中世ヨーロッパ、防なんとかさんのチャイナドレス、くくるの普段通りの格好。うん…可愛い。

    「じょしらく」はヤス先生の描く可愛い女の子と、吹き出し係の久米田先生の毒のある掛け合いで成り立つ楽屋裏漫画である。大体、どんな漫画かといえば可愛い女の子たちが楽屋裏でただだべっているだけである。しかも、妙にキレのいい会話と毒で。このテンポがハマると癖になります。

    今回の出張版も、落語漫画なのに(?)なんの漫画か分からない服を着てきて、それが持っている中で一番高い服装であったという流れで、なんでスク水が一番高い服なのかと問われればこの発言である。

    22
    なんでスク水が高いんだよ

    高いんだよ。中古だから!

    そうか中古だから高いんだ。
    うん、なら仕方ないね

    と、まあこういう漫画である。ちなみに「じょしらく」というタイトルはナタリーさんの久米田先生インタビューで以下のように語られている。

    ─どこか他人事、という意味がだんだんわかってきました。「じょしらく」というタイトルも、近年流行のいわゆる"4文字タイトル"で、久米田作品にしては意外に思いましたが、ひょっとしてこれも……。

    ええ、M浦さんが決めました。「考えてください」って言われたんで僕も10個ぐらい真面目に考えたんですけど、結局M浦さんは自分の案を選んだの。 その時点で、この作品に対する僕のスタンスは決まりました。あまり深入りしてはいけないんだな、と(笑)。だから僕は「フキダシ係」って肩書きにしたんで す。


    …、そうか久米田先生は真面目に考えたのか。
    もしかしたら「じょしらくは」は「かってに女落」とか「さよならマリーさん」よいうタイトルになっていたかもしれませんね。ついでにナタリーのインタビューは色んな意味で面白かったです

    ──水島努監督とは何を話されたんですか。
    「とにかくお任せします」と。原作者が口を出すとロクなことにならない、というスタンスですので。

    ──水島監督からは何か言われました?
    質問の内容はもう忘れてしまったけど、聞かれたのに答えられなかったことがあったのは覚えています。「その設定決めてなかったなあ」みたいな。申し訳ないですよね。赤松健さんを見習わないとなーって

    ──キャラ設定をどこまで決め込むか、作家さんによってずいぶん違いますもんね。
    僕だって大雑把なものくらいは用意しますよ。けど設定とか、作品にはあんまり関係ないと思うんですよね。聞かれたらそのとき考えればいいだけで……。教室にいる生徒のひとりひとりまで、血液型とか誕生日なんかを最初から決めてる人もいるみたいですが。誰とは言わないけど。

    サラッと赤松健先生に対するデレ成分を忘れない久米田先生であった。まあ設定を特に決めていないってのは確かに納得である。だって「じょしらく」の面子を思い返してみると、みんなキャラ立ってる中でどうしても1人だけ微妙な…ゴホンゴホン、他のキャラに食われちゃってるのいるじゃないですか!

    しかも2年前に「じょしらく」の主人公と言っちゃったのが!

    3
    「じょしらく」の主人公

    防なんとかさんである。
    信じられないかもしれないんですけど、この娘が主人公です
    吹き出し係の久米田先生も言ってました。この娘が主人公だと。今週の出張版「じょしらく」を見れば分かる通り、ただ5人の中に何となくいるだけ状態である。どう見てもキャラ立ってないです。空気です。あれ?いたの?って感じ。

    いや冷静に見返せばちゃんといるんですよ。
    でも、マリーさん筆頭に濃いキャラばかりでマジ空気状態なんですけど。主人公らしいのに!

    じょしらく(4) (ワイドKC)
    ヤス
    講談社 (2012-06-08)


    しんうちっ!
    しんうちっ!
    posted with amazlet at 12.07.06
    オムニバス
    tearbridge (2010-03-17)
    売り上げランキング: 59201


    僕は友達が少ない 三日月夜空 ぷにMマウスパッド