• スポンサードリンク

    「ナナマルサンバツ」競技クイズの真髄!

    コメント(0)
    ここで問題です。
    日曜日に動物園で最も多くいる動物はなんでしょうか?

    はい、答えは「人間」…。
    そんな小学生が考えそうな謎々…というかクイズ。たまにクイズ番組を見るとついついテレビの前で夢中になって答えてしまうという事は誰もが経験することでしょう。あ、ちなみにさっきの問題ですけど、その動物園は閑古鳥状態で潰れる寸前で人が全然いません。ひっかけ問題でしたー。ぎゃっふん。

    ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
    杉基 イクラ
    角川書店(角川グループパブリッシング)

    「ちはやふる」のように、かるたというマイナーで文化系な競技に青春をかけるのが大好きな私は、「ナナマルサンバツ」がストライクゾーンど真中すぎるのです。こいつはマジで面白い。

    競技として「クイズ」をする部活ものなのですが、これがめっちゃ面白くて手に汗握るというもの。単行本の裏表紙の説明は以下の通り。

    部活系<競技クイズ>ストーリー!!
    入学早々、高校一年の越山識が勧誘されたのは、怪しげな先輩が会長を務める「クイズ研究会」だった。同級生の真理に引きずられ、内気な本の虫だった識は。01秒を争う早押しクイズの世界に足を踏み入れる―。

    主人公・越山識は存在感が薄く内気で暗く、見てると思わずムカツいちゃうような感じのメガネ。そんな彼が部活勧誘のレクレーションで早押しクイズをする羽目になってしまいます。そこで、同じく早押しクイズをする同じクラスの美少女・深見真理の圧巻の早押しっぷりに茫然。

    21
    なんでこのコ…問題をわかっているんだ!?

    「"早押し"において重要なポイント、それは文字通り"早く押す"こと」だとか。いくら、答えがわかっても解答権が得られなければ正解にはなりません。確かに、日テレの高校生クイズとか見てると問題の途中で早押しして答えて正解という、素人の我々が見てビックリという事は多々あります。真理は「答えがわかってから押してたんじゃぜんぜん遅いのよ。"早押し"は0.1秒の差が勝敗を分けるわ」と熱弁。

    なんでも、クイズ大会などでは序盤ラウンドほど短文で易しい定番問題が出るらしく、"解答"以前に"出題パターン"をより多く知っている方が有利であり、パターンを知らないと的確な"答えの確定ポイント"では押せないとか。恐ろしく競技クイズは奥が深いです。

    バスケットにおける「リバウンドを制する者がゲームを制する」、ラブコメにおける「赤面を制する者が萌え豚を制する」…と同じくらい重要な、「ベタ問を制する者がクイズを制する」ですよ。しかし、ベタ問を制するのは初歩の初歩だと言うのです。ベタ問を制したくらいでクイズは制覇できないのです。

    22
    ベタ問が大事

    「ベタ中のベタになると、もう"前振り"がお決まりになってて…」
    「要するにクイズの第一段階はベタ問の暗記よ」

    つまるところ、ベタ問は庶民シュートぐらい基本中の基本。
    ちょっと、作中であるクイズで見てみましょうか。

    1、日本の非核三原則といえば、「持たず、作/らず、何?」
    2、「我思う/、ゆえに我あり」という言葉を残した、フランスの哲学者は誰?
    3、日本最南端の有人島があるのはど/この都道府県?
    4、春のおとずれを感じさせる花、サクラ、ウメ、モ/モは全て何科の植物?
    5、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」でセカンドインパクト後に遷都され、第2/新東京市となったのは何市?

    この問題文の「/」のところで答えを絞り早押しするのです。答えは「1、持ち込ませず」、「2、ルネ・デカルト」、「3、沖縄県」、「4、バラ科」、「5、松本市」。何がベタ問なのかは私には分かりません。というか「3」の問題は作中で「ど/こ」の間に「/」入れているのですがマジで謎。問題分が「どこ?」で終わったら波照間島と答えるんじゃねーのと思いつつ、これはベタ問題で県を聞かれると決まっているのでしょうか。クイズ奥が深い…

    競技クイズを知らない私でも、何度も唸るほど楽しめました。
    まったく知識がなくても、競技クイズというものを詳細に分かりやすく解説してくれて、ますますクイズ番組を見る時に色々と考えそうです。何よりも、そんなもの抜きでめちゃんこ競技クイズというものに燃える

    23
    燃えるでー

    私は「ちはやふる」を燃え漫画として読んでるんですが、「ナナマルサンバツ」もまさに燃える。まったく知識がなくても競技をする様が燃えまくるってものです。テンポ良く話も進み、先が楽しみってもの。また、外せないのは主人公のスペック。知識は一定以上あるけど、競技クイズはど素人。それでも運も含めて、才能の片鱗を見せまくるので、今後の成長を考えると胸熱ってもの。

    ちなみに10年以上前に高校生クイズに出場した事がある近代麻雀生活さんは「ナナマルサンバツ」を以下のように。

    「知識欲を持っている友人がおらず部員は実質的に私一人でした
    アツい部活漫画として充分に面白く、続きが楽しみで仕方ありません。」


    そんなわけで、「ちはやふる」同様にマイナー文化系部活漫画でも熱血スポーツ漫画のノリで非常にお勧めです。まあ、この作品のキモヒロイン・真理の可愛さに尽きるのは言うまでもない事なんですけどね。絶対領域もマーベラス極まりですけど、やっぱりパンツ丸見えシーンは奇蹟ともいえます。

    24
    奇蹟のパンツ丸見え

    やっぱり後ろパンツの良さは恥ずかしそうに赤面しつつ振り向いた時にありですよ!後ろパンツの後に、半べそで赤面しながら振り向いた瞬間。完璧じゃないか。

    ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
    杉基 イクラ
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    スポンサードリンク
  • 「BOYS BE…」「カブのイサキ」がはじまりまくりな件(おしっこ的な意味で

    コメント(0)
    「BOY BE…」を覚えていますか。私は中学&高校時代にマガジンを学校で回し読みする時はあえて読んでないフリをして飛ばし、家に帰ったらジックリを頬をニヤニヤさせながら読んでいました。初期はかなり真面目な恋愛漫画でしたが、回が進むににつれ頭の悪さブレーキの壊れたダンプカーのごとく加速していき絶対にありえなバカ漫画として君臨しました。

    パンチラ、おっぱいなど少しエッチなシーンを織り交ぜ、「告白→両想い」のスーパーワンパターンな話を量産し続けました。長き連載を終え終了したかと思えば速攻で帰ってきた「BOYS BE…2nd Season」。輪をかけて頭の悪い話で、もはや始めからブレーキのないダンプカー状態でした。そして、「BOYS BE…LCO-OP」と続き終了。本当にどうしようもない童貞が妄想する類のくだらない展開。

    そんな「BOYS BE…」が僕は大好きでした。
    というか、そもそも1話完結のお気楽に読めるラブコメというジャンルの漫画ですのでまったく問題ありません。大人になった今だからこそ叫べる。「BOYS BE…」は最高である

    現在、マガジンスペシャルで「BOYS BE… next season」として、あの「BOYS BE…」が復活をしているのです。

    BOYS BE… next season(1) (少年マガジンコミックス)   BOYS BE… next season(2) (少年マガジンコミックス)   BOYS BE… next season(3) (少年マガジンコミックス)

    相も変わらず、パンツとちょっとエッチな展開を織り交ぜ、告白したら両想い…という黄金パターンで変わらないモノが確かに存在します。今月号のタイトルは「恋のビッグバンは唐突に」というセンス溢れる素晴らしいもの。

    ヒロインは、沢口ヒロミ。成績優秀で科学部のメガネっ娘です。既に新シリーズでもメガネっ娘は2話でキスしようとしたらメガネとメガネがこっつんこを使ってしまっていますが、ここはちょっと変化をつけてきました。開始早々に主人公の頭をクンクンと匂いを嗅ぎます。

    「いつも思ってたけど、あなた…リラックス効果のあるカフェ酸のニオイがするわね…」(クンクン頭を嗅ぎながら

    ホント訳わかんねぇと主人公も言っていますが、こっちの台詞です。そんなわけでちょっと不思議系なヒロインですが、理科室に閉じ込められてしまいます。窓や換気口から脱出出来ないかと試みますが無理でした。あ、お約束のパンチラは大丈夫でした。さらに火を起こす綿としてブラジャーを脱ぎ脱ぎし出したのも問題ありません。

    12
    大丈夫だ、問題ない

    このブラジャーのパットの中にあるクッションを使って

    パンチラ、ノーブラで乳首が浮くなど…ここまでは何時もの「BOYS BE…」でした。しかし、今回はいままでの「BOYS BE…」とひと味もふた味も違うのです。

    今回は閉じ込められて密室。
    はい、密室といえば殺人事件とおしっこに行きたくなるですよね!どうやらヒロインの様子がおかしいです。プルプルと震えだしました。暗くて怖いという事ですが、どうも震え方がおかしいです。

    とりあえずコーヒーを飲んでほっと一息。
    コーヒーを飲んで安心したらヒロインが「ビクッ」と震えだしました。一体どうしたというのでしょうか…。

    「あ、安心したら…危機的状況になったわ…」
    「つまり、その…生理的行為というか…その…」

    14
    生理的行為

    おしっこ…したくなっちゃった…

    はじまったな。
    最高の赤面姿はおしっこを我慢する時だと何度も提言してきましたが、「BOYS BE…」も期待通りです。もう限界です。、このヤバイ危機的状況に主人公は咄嗟に機転を利かせるのです。

    沢口、これを使え!!

    15
    ビーカー

    バカじゃねーのw

    結局漏らさないでギリギリセーフでしたが、ベッタベッタなおしっこ我慢を見れて私は大満足です。やっぱり、おしっこを我慢する娘は可愛いという結論になるのです。ただ一つ残念なのは、ここまできたら漏らしても良いのではないかという。以前、オナラをして結ばれたカップルもありましたし、別におしっこ漏らして結ばれるカップルカップルラーメン食ったっていいじゃないか!

    そんな皆様、ご安心ください
    先日「カブのイサキ」4巻が発売されました。

    カブのイサキ(4) (アフタヌーンKC)
    芦奈野 ひとし
    講談社 (2011-04-22)

    「ヨコハマ買い出し紀行」の芦奈野ひとし先生の新作。
    今作も非常にマッタリとした心地良い良い作品です。「ヨコハマ買い出し紀行」もそうなのですが、なんといっても世界感が魅力的。文明が衰退した(?)どこか懐かしさのある田舎のような雰囲気でノスタルジーな感じを味わえます。

    何よりも、スケールが大きいというか広大な世界感ではあるもの、その中での日常とか小さな発見とか冒険というのが魅力でたまりません。で、今作「カブのイサキ」は文字通り壮大な世界なのです。巨大日本です。地面が10倍になった世界!この世界では移動手段は飛行機が一般的。

    はい、ここで話が本題に戻るわけですが、飛行機ですよ。飛行機。
    古来より、おしっこがしたくなるのはトイレのない密室か車の中と相場が決まっています。これが飛行中の飛行機だったら…。

    「カブのイサキ」にはサヨリというキャラがいます。
    初登場でおしっこ我慢して強行着陸するというインパクト絶大な登場をかまし、その後も出てくれば尿意を催しているというおしっ娘のエリートです。

    18
    サヨリ

    いやあのっ…ホントもれそうだったので!!

    サヨリといえばおしっこを我慢している娘。
    4巻でもサヨリはまたまたまたまた尿意を催してしまいます。イサキも慣れたもので「小便だな」と達観していました。

    「カブのイサキ」の素晴らしいところは、そのゆったり&のんびりとした雰囲気。以前から思っていたのですが、尿意を頻繁に催すサヨリは、スローテンポの中で急を要する尿意というものは明らかに異彩に写ります。サヨリが尿意を催せば、世界が急ピッチで動き出す!サヨリ恐ろしい娘です。

    のんびりと描かれる作品で、急いでおしっこいきたいサヨリは尿意の催し具合が段々と波がくるように詳細に描かれ、我慢する表情に劣情を抱くのは仕方がありませんね。

    17
    大丈夫じゃない

    「大丈夫だから…」

    全然大丈夫じゃありません。
    我慢の限界です。すでにゆったりとした流れを変える事に定評のあるおしっ娘サヨリですが、今回ばかりはデッドラインを越えそうです。

    話が変わるんですけど、「カブのイサキ」の見所の一つに空から眺めた広大な地面とか風景というのもあります。違うかもしれませんが、これってパイロットからの視点と同じなんじゃないのかと思ったり。サヨリがパイロットで今まで眺めて来た風景は…。

    16
    サヨリパイロットで眺める背景

    しっかりと地面や回りが描かれています。
    飛行機に乗っても、ほとんど目で見ている「カブとイサキ」。描かれる背景はパイロットが飛行機から眺めたものと同じ様子である、と。だって今回、尿意が限界まで達した時のサヨリが着陸しようとした時の地上がボヤけまくっているんだもん。

    19
    ボヤけまくってる

    これは、サヨリがおしっこ我慢の限界で見ている風景がボヤけているという考えもありなんじゃないかな、かな。もしそうなら、我々は尿意の限界にあるサヨリと同じものを見れたという事で夢と希望がある

    結局、漏れる寸前で着陸。なんとか漏らさずにすみましたね。ちっ。
    まあ、おしっこを我慢するサヨリが凄く可愛かったので満足ですよ。無事着陸してあとはトイレへ向かうだけ…



    !?




    20
    トイレへ向かうだけ…




    2


    カブのイサキ(4) (アフタヌーンKC)
    芦奈野 ひとし
    講談社 (2011-04-22)

    カブのイサキ(3) (アフタヌーンKC)
    芦奈野 ひとし
    講談社 (2010-09-22)