どんどん分厚くなって、本家の凶器まだあと少しのガンガンjoker。「アカメが斬る!」でもネタになった「はつきあい」の初々しいカップルにニヤニヤが止まらないのも事実。オムニバス形式の初々しいラブでコメりっぷりに悶絶もの。今月は初めて下の名前を呼びあうカップルの話だったのですが、とくかく赤面する女の子の可愛さが異常。

17
赤面

やばいニヤける。終いには男まで赤面し出して、両者赤面して恥ずかしい凄い空気になってしまいました。ニヤニヤしすぎてニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録してしまいました。そんな「はつきあい」の単行本1巻が8月21日に決定しました。2日後に誕生日なんですが、一足早い誕生日プレゼントでしょうか。これは楽しみですね。
【Amazon】「はつきあい」1巻

さて、590話の「ワンピース」ではジンベエのかっこ良さが光りまくったわけですが、ジンベエは本当にナイスガイですよ。そもそもジンベエは名前だけは七武海でミホークの次に作中で出ていたのですが、登場したのは七武海で最後とういうものでした。

18
名前だけ登場

魚人海賊団の頭"ジンベエ"
「ジンベエは"七武海"加盟と引き換えにとんでもねェ奴をこの東の海へ解き放っちまいやがった」

コミック8巻69話で名前だけ登場したジンベエは実際に登場したのは54巻528話「"海峡"のジンベエ」。名前登場から10年近く経ってのものでした。

そもそも魚人海賊団が結成されるまでには、なかなかの歴史がありました。たった200年までは魚人族と人魚族は人間から"魚系"と分類されており、差別されていました。

19
魚人は200年前まで差別されていた

たった200年まで実際にあった悪い歴史…。魚人族と人魚族は"魚類"と分類されて、世界中の人間達から迫害を受けていたの。みんなが彼らを蔑んでいた…」

ビックリしたのは、ナミまで200年まで魚人が差別されていた事を知らなかったこと。ナミはよく新聞を読んで、一般的な情報をほとんど把握しているのに、魚人が差別されていた歴史は知りませんでした。200年まで魚人を差別していた歴史を政府が公表せずに隠しているという事でしょうか。

差別されて魚類扱いだった魚人に対して、200年前に世界政府が魚人島への交友を発表するまで差別は続いていたようです。なんで世界政府は200年前に魚人と交友をしたのかは分かりませんが、魚人族にようやく平穏が訪れたのでしょうか。そして、22年前にロジャーが処刑され大海賊を迎えて、魚人島は荒れに荒れたのです。

22
22年前に荒れに荒れた

多くの魚人と人魚達が攫われて…売られて…もう、みんなが絶望に目を閉じた

魚人はグランドラインの名スポットとサンジも言っていたのに、わずか22年前に魚人と人魚が攫われ売られて荒れまくっていたというのは驚きです。

そして、攫われ売られた魚人達は天竜人に飼われる奴隷となっていたのです。それを解放したのは、フィッシャー・タイガー。ハンコックが16歳のという事は、今から13年前の出来事です。

21
フィッシャー・タイガー

天竜人の住むマリージョアへ一人で乗り込んで、魚人を虐げる奴隷解放の為に、力の限り暴れまわり、あらゆる種族の奴隷を解放したのでした。

冒険家フィッシャー・タイガーは解放した奴隷達とタイヨウの海賊団を結成。奴隷だった者とそうでない者の区別をわからなくする為に、天竜人の紋章を太陽のシンボルにするのでした。今ではフィッシャー・タイガーは死んだとされ、魚人海賊団はいくつかの一味に分裂したとか。本当のフィッシャー・タイガーが死んだかは分かりませんが。

ジンベエにも太陽のシンボルがあり、元々はタイヨウの海賊団に所属していた事は明らか。

23
元タイヨウの海賊団

しかし、ジンベエが元奴隷かといえば違うかな、と。ジンベエは魚人島で仲間が攫われ売られるという荒れた状況を目の当たりにしたものの。白ひげに「この島はおれのナワバリにする!」と宣言した事を、「あの日の事は忘れもせん」と語り、以降は誰も魚人島に手出しが出来なくなったとか。ジンベエ自信は人間に攫われてはいません。つまり、ジンベエはタイヨウの海賊団の初期メンバーではないという事。

20
タイヨウの海賊団

世界政府を敵に回したタイガーは、その者達(元奴隷)と"タイヨウの海賊団"を結成し、外海へ飛び出したのじゃ…!!」

魚人海賊団は世界政府を敵に回していました。天竜人がいるマリージョアを攻めたフィッシャー・タイガーは相当な犯罪者となった事でしょう。そして、タイヨウの海賊団はフィッシャー・タイガーの死後にいくつかの一味に分裂したそうですが、大本の魚人海賊団の船長はジンベエ。

魚人海賊団は、政府にとっては最悪の敵であるはずが、今では七武海に加盟しているというのはビックリです。あ、今は剥奪されたかな…。で、8年前に魚人海賊団が七武海に加盟と引き換えにアーロンが解き放たれたとか。

24
8年前に魚人海賊団分裂

まさか…グランドラインの魚人海賊団が分裂したって噂は本当だったのか…!

まとめると、魚人海賊団の歴史は以下のようになります。

200年以上前 魚人は"魚類"に分類され差別されていた。
200年前 世界政府が魚人島と交友を発表。
魚人の差別は表向きは無くなった。
22年前 大海賊時代到来。
魚人は攫われ売られ魚人島は荒れに荒れた。
?年前 白ひげが魚人島をナワバリにすると宣言。
魚人島には誰一人手出し出来なくなる。
13年前 フィッシャー・タイガーが奴隷を解放。
解放した魚人奴隷たちとタイヨウの海賊団結成。
8年前 フィッシャー・タイガーの死後、魚人海賊団分裂。
ジンベエが七武海に加盟。
アーロン一味が東の海に解き放たれる。

疑問なのは、フィッシャー・タイガーの死後に何で魚人海賊団が分裂したのかという点と、ジンベエはなぜ七武海に加盟したのかという点。

魚人海賊団(タイヨウの海賊団)の船長はフィッシャー・タイガーでしたが、ビックリするのはジンベエの懸賞金の高さです。「ワンピース」の海賊は船長の懸賞金が突出して高いです。

麦わら一味なら、船長のルフィが3億ベリーで2番目に高いゾロが1億2000万ベリー、キッド海賊団なら船長のキッドが3億1500万ベリーで戦闘員のキラーは1億6200万ベリーと、かなりの差があります。どうやら、船長はNO2の2~3倍ぐらいの懸賞金になるようですが…。

で、ジンベエの元懸賞金は2億5000万ベリーです。船長でもなかったくせにジンベエの懸賞金はちょっと高すぎです。フィッシャー・タイガーの懸賞金は5~7億ぐらいだったのでしょうか。高っ!勿論、フィッシャー・タイガーの死後に即七武海入りせずに、ジンベエ率いる魚人海賊団が何かでかい事をやらかした可能性もありますが。

まだまだ作中では明かされていませんが、ジンベエには謎が多いですね。今は剥奪されてしまった可能性が高いですが、七武海加盟と引き換えにアーロンが解き放たれたというのはどういう事なのでしょうか…。

25
ジンベエとアーロン

「お前さんにゃあ、感謝と謝罪の気持ちがあるが…」

ルフィがアーロンを倒した事を、感謝と謝罪の気持ちがあると述べるジンベエ。果たして、七武海に加盟した事とアーロンが解き放たれた事にどうのような出来事があったのでしょうか。

そもそも、魚人海賊団はマリージョアに攻めたフィッシャー・タイガーが船長で世界政府にとっては最悪の犯罪者だったはず。それが、七武海に加盟したというのがきな臭い話。ジンベエは何で七武海に加盟したのか。それ相応の利点があったのでしょうか。

例えば、クジャ海賊団は七武海に加盟している事に利点が沢山ありました。

26
クジャ海賊団

この国は、そなたの"七武海"という称号に守られておるニョじゃ」
そなたが"七武海"であるから、クジャが海賊を生業としようとも、彼らはこの島へ踏み込んで来ニュだけ」

と、ニョン婆さんは語っていました。同じように魚人海賊団にも何か利点があったのでしょうか。海賊と生業としても政府が手出ししないような。まあ、もうジンベエの七武海の称号は剥奪っぽいのですが。さらに、白ひげも死に魚人島はどうなってしまうのか…。魚人がどうなるか今後も注目です。