みんなが大好きな「ラルΩグラド」3話は、唐突に13歳の幼女を仲間にして裸にエプロンにしました…って、もはや意味不明です

さて、「テニスの王子様」なのですが、入れ替わっていたと思っていたら実は入れ替わっていなっかたというオチで青学が見事に勝利…。ってお互い普通に相方の必殺技出していたんですけど。全国大会に行く前に桃城も海堂も必死でトレーニングしたのに…。

10
必死のトレーニング

桃城は滝の前に座って何もやってなさそうで、天気を当てると胡散臭い予言師みたな能力を手に入れますが、海堂は上半身裸で雨に濡れながら川を割るトレーニング。そうして編み出したトルネードスネーク。桃城があっさりと放っていました

11
トルネードスネイク

海堂の半裸の努力は一体何だったのか…。

すかさず手塚先輩がフォローをします。

「2人はライバル同士故にお互いの必殺技をずっと意識していた様だな。だからこそお互いがコツを教える程度で打てたと言う事か」

まったくフォローになってませんが、こんなんでいいのでしょうか。ずっと意識してたと言いますが、トルネードスネイクなんて、前の氷帝戦の時に初めてお披露目して、沖縄のハブのほうが凄いと突っ込まれたほどたいして時間が立ってないのに。

そしてお笑いコンビは素直に敗北を認めるのでした。「悔しいけど負けや…。試合も笑いも…なっ!」笑いに関しては圧勝していたように見えますが、高度なギャグがあったのでしょうか。

1勝1敗で監督も「重いぞこの試合」と気を引き締めています。青学は、タカさんこと河村先輩。ちなみに河村先輩の今までの成績はといえばダブルスで2勝2敗でシングルシは樺地と相打ちの2勝2敗1引き分け。あんまりパッとしません

対する石田銀は河村がパクった波動球の生みの親。いきなり手を合わせ「哀れやな…」とお慈悲をかけれていました。まるで織田無道みたいです。後輩からは師範と呼ばれています。

8
師範

この面、仇名は師範、コイツ本当に中坊なのでしょうか。本当の年齢が気になって仕方ないです。コイツに年齢を聞くと、「禁則事項です☆」と笑顔でウインクするのでしょうか…、それはそれでアリだと思います。

いよいよ試合が始まりました。師範は何か意味不明なことを言い出します。

強き力を持つと、人は使わずにいられへん――それが人の常なり!

もうわけ分かりませんが、何か車田漫画の敵キャラに出てきそうなバトル漫画のノリです。河村先輩がダッシュ波動球で球を返しても「哀れやな」とあっさりラケットを吹っ飛ばされてしまいました。

師範の応援も盛り上がってきて「怪我する前に止めときゃーっ!」と謎の言葉。テニスで怪我はつきものですが、そのままの意味で河村先輩は腹に強烈な一撃を受けて這いつくばるのでした…。

さらに師範のパワーは増していきます。

9
ぶっ飛ばされる

見事に車田漫画の必殺技を食らったときのように豪快に吹っ飛ばされました分身したり、空中浮遊する菊丸先輩も「バ、バケモンだ…」と石田の強さに驚くばかり。

さらに石田は「ワシの波動球は百八式まであるぞ」とフリーザ様の後2回の変身を越える圧倒的な力を見せ付けました。河村先輩は流血しまくりで今にも死にそうです。ついに死人が出そうです