ばもら! 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
長田 佳巳
メディアファクトリー (2010-12-22)

「ばもら!」3巻が発売され完結しました。
ロンリー少女だった釜崎さんも部活の仲間を通して、学校が楽しくなるという。「ばもら!」は「学校の時間(AA)」の焼き直し的な面もありましたが、「学校の時間」の服部さんが教師として登場してビックリ。

ごっちゃん同様に楽しそうにしている釜崎さんの向けて「…何だ心配ないか、あの子も十分楽しそうにしてるじゃん」という台詞に胸が熱くなったんだ。しかし、服部さんと久米さんの共演は映えるな。

22
服部&久米

なんてワンダフルななのか。
もちろん、釜崎さんの乳が一番ですけどね!終盤のラブコメ展開など、何という俺得という感じでひたすらニヤニヤしていました。いやこれは本当に面白かったです。

さて、「こえでおしごと!」5巻が発売されました。



サクッと読了。いや本当に素晴らしい!
「こえでおしごと!」って、情無垢な女子高生がエロゲの声優をして恥ずかしがって赤面する姿をニヤニヤ楽しむという出オチのような設定でありながら、まだまだ話は膨らむし俺の頬は崩れてニヤニヤするという。

まず、5巻の裏表紙の紹介が凄い。

「お…お尻でエッチして…イ…イけちゃうもんなの…?」
柑奈と葉月と小鳥による新作ゲームは巫女さんのお話。
巫女さんは処女でないといけない。
            ↓
じゃあ、お尻でエッチすれば問題ないじゃん!
未体験の感覚に柑奈も激しくトランス。ついに元樹との一線を越えるのか?禁断の羞恥コメディ第5巻登場!

僕も様々なエロゲをプレイしてきました。巫女さんだけでなく良家のお嬢様も、処女でなくてはいけないと言い出し自ら進んでお尻を差し出す展開に何度も出くわしました。しかし、お尻自体は大好きな私もお尻エッチへの興味はそれほどありません。エロゲでひたすらお尻エッチを繰り返すのはある意味寸止めのようなもの。

そんなわけで「こえでおしごと!」5巻のメインテーマはお尻エッチのエロゲ作品「巫女みこクレイジーズ」の話がメイン。そもそも「巫女みこクレイジーズ」は、作者・紺野あずれ先生の成人漫画「思春期クレイジーズ」そのまんまだという。


紺野あずれ先生といえばお尻エッチに定評があるわけで。
「思春期クレイジー」のオビにが「お尻にかける青春」と銘打たれたわけですが、これがそのまんま「こえでおしごと!」に描き下ろしされているのです。新たに描き下ろしですが、そのまんまっぷりにビックリ。

23
「こえでおしごと!」 / 「思春期クレイジー」

以前に描いた自分の青年漫画をエロゲの作品として再登場させるなんてパねぇ!

ちなみに、台詞や描写などそのまんまですが、さすがに「こえでおしごと!」は一般誌ですので、あまりえっちぃ表現は台詞のみの焼き回しとなっております。さすがに一般誌ではえっちぃ過ぎるかなという内容は台詞のみ焼き直し。ちなみに「アナルセックス」を「アナルセッ○ス」と表記したり。

他に気になったのは「巫女みこクレイジーズ」(思春期クレイジー)における衣装の変化。そもそもおソノに友人二人が目の前でアナルセックスを披露するという内容なのですが、全裸から巫女さん衣装に変化しています。

25
「こえでおしごと!」 / 「思春期クレイジー」

エロゲでいうところのCG回収シーンにおいて、「思春期クレイジー」では裸体が基本でしたが、「巫女みこクレイジーズ」では巫女さん衣装と変化しています。…って、何を必死になって間違い探しをしてるんだ俺は…。

えっと、何の話でしたっけ…?
そうそう、僕はそれほどアナにときめかないという話でした。しかし「こえでおしごと!」の柑奈の声優っぷりを見て考えを改めないといけないのかもしれません。それほど、柑奈の演技っぷりは素晴らしかったのです。

しかし柑奈は相変わらずエッチな娘です。
一見すれば純情無垢な生娘なのですが、トランスと呼ばれるエロの卍解が起これば、エロゲキャラになりきって突っ走るという特技は胸を熱くさせます。

トランス状態の柑奈はエッチ!
じゃあ通常状態の柑奈はそうではないのかといえばとんでもない!通常状態の柑奈だってエロい。

巫女衣装+水着でマーベラスなポーズを元樹に見られ「ぞくっ」と震えながら。

24
柑奈

「あ…梅津くん見てる…。あたしの…恥ずかしいところ…。死んじゃうくらい恥ずかしいけど…なんだか…

「なんだか…」の続きは?考えられるのは以下の通り。

1、なんだか…気もいい…
2、なんだか…感じる…
3、なんだか…嬉しい…
4、なんだか…く、悔しい!でも感じちゃう(ビクンビクン)

うん、1~4のどれでも有りだよね。って4じゃ変態じゃん…いや、1~3でも十分アレですけどね。柑奈は凄くエッチな娘なんですよ。むしろ変態…?望むところだ!

でも柑奈の純情っぷりを忘れて貰っちゃ困るぜ。
アナルセックスの意味も知らずに説明を聞けば「そ…そんなに気持ちいいんだ…」と興味津津。例えるなら「はじめの一歩」の主人公・一歩。一見すればナヨナヨしたヘタレに見えますが内に秘めた闘志は誰にも負けません。

普段はヘタレ。でも、いざとなれば奥底にマグマのような闘士を燃えたぎらせているという。これが柑奈にもあるのです。普段は何も知らない純情な女子高生。でも、いざとなれば奥底にマグマのような性的好奇心を燃えたぎらせているという。

「巫女みこクレイジーズ」の中でお尻でイっちゃうシーンがあれば、もじもじしつつも質問します。

26
内に秘めたエロ娘

お…お尻でエッチしてて…あの…イ…イけちゃもんなの…?

あ゛ー!!(キーボード叩きつけて)
もう、柑奈の純情っぷりと赤面っぷりの可愛さが本当にヤバイ。
もじもじしながら性的知識に興味津津なのが本当にヤバイ。
そもそもお尻でエッチしてイけるかどうかとか、想像だけでイける娘が何言ってるのって感じですよ。

しかし、柑奈無双っぷりは留まるところがありませんね。
注射器の先にスーパーボールをくっつけた道具でイマラ○オの練習して牛乳プリンが顔面にかかって疑似顔射状態で「おいしいよ?」と言う柑奈がヤバイ。

いやー本当に「こえでおしごと!」は限界ギリギリのデッドラインを越えるか超えないかの絶妙なポジショニングに浪漫がありますね。そして、今巻の見所は元樹の家のエロゲの声優を当てて卍解(トランス)してスカートを脱ぎ棄てて迫った事です。

もちろん柑奈がシンプルな初期万乗パンツだった事も外せませんが、元樹への迫りっぷりが俺のハートを直撃です。

27
柑奈の卍解

「お願いします…ハ…ハメてください…」
「新堂くんの…チ…チ○ポを…私の…エ…エロマ○コに…」
「この雌犬のはしたないエロマ○コに…」
「ご主人様のチ○ポを…恵んでやって下さいませ…」

エロの卍解をした柑奈。
元樹に迫る柑奈は雌犬というよりも雌豹です。
そのままパンツをズリ下ろそうとするのです。エロゲの主人公を演じる元樹の取る行動は一つですね。

 喜んで
 仕方ない、恵んでやろう
ちょっと待ったぁああああああ!!

って、おい!
そこは特攻だろ元樹。本当にヘタレなんだから。人前でも突撃する気概が欲しいところです。

んで、今回のキモといえば前述した巫女衣装でエッチなポーズを元樹にとって興奮する柑奈。この時こそ最大のキモですよ!

柑奈がエロの卍解をするトランス状態と通常状態の区別は瞳の輝きです。

28
通常 / トランス

一目瞭然。
通常状態の柑奈は瞳に輝きがあります。対してトランス状態になれば死んだ魚の様な目になるのです。巫女衣装+スク水でエッチなポーズを元樹に取った柑奈は…。

24
巫女+スク水の柑奈

目がトランス状態と同じでありながら自我を保っているのです。
つまり、日常生活でもトランス状態に入っちゃうと危惧された柑奈。このまま突き進めば行く末は痴女なのですが、ここに解決策があるのです。自我を保ちつつトランス状態…、この時の柑奈はキャラになりきってエロくなるのではなく、自らエロの道を進んだのです。

声優としてキャラに没頭してトランスに入るのではなく、自分がエッチになれば自我を保ったままトランスに入れるのです。この辺りに物語の柑奈の性癖の解決策があるのです。

…ただ柑奈の瞳がそこに存在するだけで、山田にはこの程度の推理が可能です。如何でしょうか?皆様方。

って、この道の行く末も痴女じゃん。(ぎゃふん)



こえでおしごと!  take .1 初回生産限定版 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2010-11-17)
売り上げランキング: 5540