• スポンサードリンク

    「俺たちに翼はない」が最高にマーベラスな件

    コメント(0)
    みなさんコンドルワ

    いやぁ更新もしないで、「俺たちに翼はない」をコンプしていました!もう最高に笑いまくりで腹筋が痛く、ニヤニヤも半端じゃないですよね。

    企画・シナリオ担当の王雀孫さんは、「それは舞い散る桜のように」から、新作「おれ翼」が出るまで7年経過し、前に富樫先生をネタにしたくせに、人の事言えないんじゃないか、と。しかし、これは素晴らしい。おれたちはゲラゲラニヤニヤできる新作を待ち望んでいた。最高だ!マーベラス!さすが。「それ散る」で富樫先生のサボリ癖をネタにしたくせに、新作に7年の月日かけた男の新作は違うな!

    というわけで、うちのサイトで需要があるか謎ですが、感想でも。以下ネタバレ全開です。しかしこれは衝撃を受けたな、と。エロゲで衝撃を受けたのは…クロスチャンネル以来かしら。ちょっと、ホーク、イーグル、ファルコンのそれぞれの日付ごとの感想でも。


    ・11月21日~23日
    隼人と鳴が初めて出会うわけですが、この2人こそ「おれ翼」でもっともニヤニヤし、まsないベストカップルである、と。あー胸が高鳴るー。文句あるか?ぶっ殺すぞコノヤロウ。

    ・11月24日
    で、11月24日から鷲介と隼人で、日付が被る事になるのですが。つまり、終の子が鷲介の前にも現れるということ。で、一度クリアしたから再び24日に注目すれば、皇帝の面白さがとんでもないのですよ。

    前日の夜中に隼人が工事現場で仕事しているところへ遊びに来て、カラスが手負いだと聞き、森里を「余計なことを喋るな…」とぶん殴って去っていき、翌日にアレキサンダーで合コンがどうとか、漫才しているのですよ!「死ねよ!腐れマ××」とか言っているんですよ。素晴らしい!んで、鷲介にパスタセットのお代として2千円渡し、釣りは翌日でいいと言い、払っておいてと頼むのでした。

    1
    皇帝の頼み

    じゃこれ、シュウちゃん会計よろしく。釣りは明日ちょうだい

    で、時間は20時になるところ。便所へ赴き、鷲介から隼人にコックピットを渡すのでした。で、隼人編の11月24日では、アレキサンダーの便所から1日が始まります。鷲介が飲んだコーヒーの伝票に気付き、お会計をすることに。

    2
    コーヒー代の会計

    隼人は、コーヒー代320円のみを支払います。店員ことヒノエリは「はい、丁度どうもー」と言って会計を済ませるのでした。そのまま、隼人はハードボイルにアレキサンダーを去っていくのでした。わおー、皇帝の分払っていかねー。皇帝、2千円まるまるパクられて、食い逃げした事になってしまいました。 シャアオウッ!

    ・11月25日
    食い逃げした事になってしまった皇帝がアレキサンダーでどのような仕打ちを受けたかは分かりませんが、相当ご立腹になってしまった事は間違いないようです。11月25日は、前日2千円パクられ食い逃げ犯にされた復讐を開始するのです。皇帝の復讐の日

    鷲介はライターのアルバイトをし、この日に元AV女優タレント、多摩いづみの「青春はそれを我慢できない」のレビュー記事を書くことに。会えば、超機嫌悪く「………」と睨んでいるような様子。かなり怒ってらっしゃいます。まるまる2千円パクり食い逃犯にしてしまった鷲介くんは事情なんて分からず「彼がただの照れ屋さん。(思いたいじゃないですか。)いちいち腹を立てたりはしません。」と見当違いな感想。そして、タマイズミを発見し、多摩いづみの記事を書くと、聞けば機嫌も直って復讐開始☆。皇帝ったら、満面の笑みで玉泉と多摩いづみの勘違いに付け込んでいました。玉泉日和子は腐った魚の目をして鷲介を見つめるのでした。あ、ベージュのパンツは虹色ブリリアントSKYでした。

    復讐完了

    3
    したり顔の皇帝

    あァ?知らねーよ。んで俺のせいなんだよ

    器小さいよ皇帝。シュイニング!フィンガァァァーッ!

    玉泉と多摩いづみの勘違いも1日でバレてしまい、そのショックでコックピットを鷲介から隼人に開けわすのでした。そのまま27日まで鷲介が這い上がってくる事はありませんでした。皇帝はその夜、銃で肩を撃たれながら愛の告白をするのでした。

    それァ俺ンだァァァッッッ!

    命がけで「そいつに手ェ出すんじゃねェェェェ!」と大絶叫です。健全です皇帝。清く正しく美しい告白です。しかし、愛の告白をしたものの、ただの照れ屋さん(鷲介談)の皇帝はちょっと、告白後に銃で撃たれたことを隼人に心配されてツンデレ入っちゃってました。

    4
    ツンデレ入った皇帝

    素晴らしい!素晴らしいです皇帝!土壇場でのツンデレ化。薬が切れてバッドに入った上での往生際の悪さ、これほど照れ屋なツンデレはエロゲの中でしか見た事がありません。ブラボー。

    11月25日は、昨日の復讐を完了し、夜には告白してツンデレ化すると大活躍な皇帝でした。

    11月26日
    どう進んでも、26日には隼人しか行動していません。鷲介はたまひよに、玉泉と多摩いづみを間違えた事がバレたショック浮上してこなかったのでしょうか。タカシくんはグレタガルドに旅立っているのか昼間はコックピット使っていたのか謎。日曜日の夜に、選択肢によって、鳴かコーダインとデートします。あー、胸パット攻略してぇ

    11月27日
    鷲介が電話して、本買いに行って終了。隼人もタカシも出番なし。あー、皇帝に会いたい

    11月28日
    鷲介がアレキサンダーでアルバイトを開始。ピンクのパンツがマーベラス。いや、いちごパンツも素晴らしいんですが。そして、3日前に肩を銃で撃たれた皇帝が無事発見できました。3日間もなにをしていたのでしょうか。しかし、3日ぶりに皇帝に会えて、胸がウキウキしています。これはなのでしょうか。で、引っかかるのは去り際の台詞。

    「うるせえのはお前だよ、腐れ×ンコ」ではなく、「じゃあマスター、毎度悪いけど、さっきの件よろしくね」です。さっきの件とは何なのか、毎度という事はこれまでも何回も使っているのでしょうか。モグリの病院とかか?謎です。軽部狩男め、歩く放送禁止用語と呼ばれながら、何とも謎めいた男です。

    11月29日
    私は、ベッタベッタなラブコメ好きなのですが、王道的パターンに、好きな人に「好きな人いる?」と聞くシーン。大抵、「いるよ」と答え、それが自分のことという場合か、(ちなみにこの場合の王道ラブコメのシチュエーションは、両想いである前提です)自爆。そして、皇帝は「シュウちゃんって、タマイズミ好きなの?」と、王道ラブコメのような台詞。ふむん。続けて。

    シュウちゃんは恋愛とかしない方がいいよ。ほら、いるじゃん。家庭とか財産とか平穏な日常とか、手放したくないものが出来ると途端につまらなくなっちゃうタイプ」

    見事なまでの、王道ラブコメのような台詞。素晴らしい。10年越しの片思いの伊丹伽楼羅が出なくなっては困るという意味なんでしょうが、ちょっとこの発言はドキドキですよ。タマイズミにヤキモチ妬いて拗ねているのではないか、と。スクランブルよりもビックリですよ。そりゃ、隼人にも薬でキメてないバージョンで出会うって話です。

    11月30日からは、皇帝大活躍。特に12月1日のツンデレっぷりは外せません。森里を捨てた理由を問われれば、以下のぶるっと素晴らしい発言。

    「騒々しい雌豚が黄色い声で喚きたてる。和馬はふたたび青い空を目指すらしいじゃないか。その時おれの存在は、やつを灰色の雲天に留めるらしい」

    ※訳「香田亜衣から、和馬が大学目指すと聞いたので、勉強に集中できる環境にしてあげました

    素晴らしい、さすが皇帝。目のつけどころが内角いっぱい。ナルシストで空気読まず優勝し表彰式で、いきなりクソ長い自分語りをした小比類巻太信が目に浮かぶようです!

    そして、12月3日。ようたくタカシ編です。って、12月3日といえば、我らが皇帝が、10年ごしの片思いの伊丹伽楼羅と再開した運命の日ではないですか。そのあと、ヨージくんも登場して小鳩と、お風呂場で兄妹水入らずで過ごした時じゃないですか。

    風呂場で、すげぇ、もう全然変な事を仕出かした直後にタカシ編スタートですか。やべぇ、羽田タカシ始まった。風呂場で目覚めた日の出来事マジ、パッねぇ。

    隼人が徹夜して早朝にハレム001こと、渡来明日香に遭遇。

    6
    わたらないさん

    で、自宅前で皇帝に拉致されたら、伊丹伽楼羅が出てきて大活躍。夜まで大暴れして、家に帰れば、ヨージくんがすげぇ、もう全然変じゃないよ。命かけてもいいよ。だって兄妹だもん。全然変じゃないよ。恥ずかしがるほうが変だよ、恥ずかしがるヤツは頭いかれてんだよ。全然変じゃないよ的な事をした直後に物語スタートですか。そりゃ、ポッポも裸で「お兄ちゃん」と言っちゃうってもんですわ。会った瞬間にガッカリした意味が分かりましたよ。やべぇ、何か繋がった。「おえ翼」すげぇー。夜に駄姫からの電話も話が繋がるってもんですよ。

    >「え、本当に羽田くん…?
    >鷹「だって、最近ずっと話してなかったじゃん…」、「ほう…
    >「ちょっとね。昼間、面白いことがあって。まだ興奮冷めやまぬって感じだよね。」

    と、最初は意味不明なでしたが、隼人に会ったからだったのか。これすげぇ。翌日、カラスが「誰だおまえ」の台詞も繋がったー。これマジ鳥肌もの。いやぁ、最初1章やった時は、あまりのつまらなさに挫折しかけましたが、改めて見るとすげぇ。複線大好き。

    しかし、渡来明日香はたまに見せる照れた表情がツボですね。照れりこ照れりこって…、あ、これは違う人か。で、気になる点。ラストに「ね、見た…?」「すごいよね…」「どうしよう、本物だ…」「この子、本物だ!」という台詞。これは明日夢くんに言った台詞なんでしょうけど、今は見えてないらしいのに。うーむ。

    で、改めてタカシ編が面白いかと聞かれれば…。うん、まあ、普通かな。パネ田くんで攻略したかったと思うのは私だけでしょうか。

    しかし、複線が本当に素晴らしいですな。あと、森里和馬はなかなか良いキャラである、と。タカシに対して言っていた台詞がオウム返しのように、まったく同じ台詞で返ってきたり。

    タカシがジュースを買いにパシっていき、一緒に弁当食おうとしたら。

    「あー…ああ、そうなん」
    「あー…じゃあ、まあ、座ればその辺…」

    7
    あー…じゃあ、まあ、座ればその辺…

    ヨージ編で、退院してないのにYFBのピンチに駆け付けた時のまわり反応。

    チケドン「あー…ああ、そうなん」
    バニィD「あー…じゃあ、まあ、座ればその辺…」

    5
    あー…じゃあ、まあ、座ればその辺…

    なにコレ。デジャブ?チョー受けるんですけど。

    あと外せないのは、12月2日。たまひよのライストのドーナッツ話ですよ。マニュアルを暗記した鷲介にほとんどあげるというエピソード。後に、実は3個中2個を紀奈子さんに食われており、ラスト1個を大事に食べていた事が判明。後に明かされた真実!最後の1個を鷲介に上げたんですよ。うっひょー。コレたまひよの中では凄い高感度上がっていることが、より一層明かされますよ。

    で、「俺たちに翼はない」最大のキモは、どう考えても皇帝ですよ。「俺たちに翼はない」ではギャルゲやエロゲでお馴染みで王道で正義の幼馴染がいないじゃないですか。ポッポは妹という分類です。

    なんだと。

    いや幼馴染いるじゃん。幼い日に、施設だか病院で出会っている皇帝ですよ。幼い日にちょっと会っただけの主人公を、10年以上も片思いしているのです。

    マジかよ。すげーじゃん翔。純愛翔じゃん。

    しかも、幼い日に交わした約束を守り続け、再開できる日を今か今かと純粋に待ちわびているんですよ。

    マジかよ。すげーじゃん翔。ロマンス翔じゃん。

    うぉぉー!最高だ、皇帝!
    ニワトリ!ニワトリ!サー・ニワトリ!ニワトリ!ニワトリ!サー・ニワトリ!

    「俺たちに翼はない」の真のヒロインは鳳翔!(結論)
    スポンサードリンク
  • 「ダブルアーツ」を打ち切る俺を舐めたジャンプ(2008年打ち切り特集)

    コメント(0)
    今週号の週刊少年ジャンプ(11号)の「バクマン。(AA)」が非常に興味深い内容でした。特に福田の台詞。

    「俺『ジャンプ』の中では『To LOVEる』が1番好きなんだけど」

    「To LOVEる」って…。私も大好きですけど。実在のジャンプ漫画を出した事にも驚きですが、その後の台詞が本当に興味深いです。

    あれ絶対アンケート不利だろ

    1
    アンケート不利…?

    ちょっとエッチだから面白かったもの3つの中に選んだの人に知られたくないんだよ。実際、俺も好きだった『I's』とか『いちご100%』の番号を書けずにアンケート出してた」

    コレは本当なのでしょうか。ただ単にガモウ先生福田の考えのような気もしますが、私はアンケートに「ドラゴンボール」「まじかるタルるートくん」「電影少女」とアンケートに書いていたものですが、ちょっとエッチなラブコメ漫画はアンケートで人気が出ないのでしょうか。

    確かに、「てんで性悪キューピッド」を筆頭に短期で打ち切られたちょっとエッチなラブコメ漫画は数多くありました。そう考えると、「初恋限定。」や「エム×ゼロ」を叩き潰して継続連載を勝ち取っている「To LOVEる」が凄い漫画のような気がしてきます。

    しかし、「ダイの大冒険」でレオナたちの着替えにガッツポーズを握り、「地獄先生ぬ~べ~」で女子たちの全裸をジャンプの海賊マークで隠すシーンに叫び、「ドラゴンボール」でぱふぱふという言葉を初めて覚えた青春は決して間違いではありません

    さて、特に刮目すべきは福田くんと編集の雄二郎さんのやりとり。福田は痛烈にジャンプの打ち切りシステムを批判していました。

    2
    ジャンプのアンケート至上主義を批判

    「アンケートの結果だけで人気マンガや打ち切りマンガが決まるのも気に入らない。編集部が面白いマンガ、面白くないマンガ、自分達で判断する能力ないって言ってるようなもんじゃないですか」

    ジャンプの連載漫画でここまで言わすとは…。そういえば、島本和彦先生がご自身のサイトで「バクマン。」について以下のような意見をおっしゃっていました。

    で、「バクマン」
    やっぱり絵がうまいし面白い
    直前に大ヒット飛ばしたペア(実際の作者が)だから上から目線で展開できるマンガ家マンガ

    誰も文句が言えない(笑)

    まったくその通りだと思います。

    そして、「バクマン。」でも痛烈に批判されていた週刊少年ジャンプの打ち切りシステム。アンケート絶対主義で、コミックが売れていようがアンケートが悪ければバッサリと打ち切られてしまいます。そして幾多もの伝説的な打ち切り漫画を生み出したのでした。

    去年は、「テニスの王子様」や「ムヒョとロージーのま法律相談事務所」が完結する陰で、沢山の漫画が打ち切られました。ちょっと2008年に、志半ばで打ち切られた作品を振り返ってみましょう。

    15号
    K.O.SEN(AA)」打ち切り。サッカーやバスケットと、当時ではマイナーなジャンルのスポーツ漫画を大ヒットさせてきたジャンプ。しかし、キックボクシングを題材というのはマイナーすぎます。私は格闘技が好きなので、ちょっとは分かるのですが、キックボクシングは団体によってルールも違い、今やK-1の2軍的なポジション。はっきり言ってキックボクシングでジャンプでヒットを飛ばすなど、「A・O・N」が大ヒットするようなもの

    3
    K.O.SEN

    打倒ムエタイなど、今のK-1の二軍的ポジションなキックではなく、正真正銘のキックでしたが、まさにわかる人にだけ分かるネタで、無残にも12週で打ち切られてしまいました。「空手小公子小日向」のようにK-1にスポットを当てれば違った結果になったのかもしれませんが。今、イブニングとgoodアフタヌーンでMMA(総合格闘技)の漫画が連載していますが、果たしてPRIDE以降ブームの去った総合に再び光が当たるのか、まったく受けずに打ち切られるか注目しています。

    16号
    金未来杯出身の「MUDDY(AA) 」が打ち切り。キメラの学者クレイが、偶然マディというキメラを造って旅に出るという話。ちなみに、マディは藍本松先生が「ジョジョ」ファンで、モデルはフー・ファイターズ。個人的には気に入っていたのですが、僅か12週で打ち切り

    1
    MUDDY

    しかし、金未来杯出身の漫画は「ムヒョとロージー」以外は鳴かず飛ばずですね。

    24号
    ジャンプでギャグ漫画をヒットさせるのは、宝くじを当てるぐらいレアです。「私立ポセイドン学園高等部(AA)」は、ポセ高の生徒や教師にスポットを当てて、オムニバス形式で短編ギャグを回していました。個人的にお気に入りだったのは、モヒカン校長。入学式の挨拶で携帯で合コンの約束を取り付けるなど、ハチャメチャぶりは「らんま1/2」の校長に通じるものがありました。

    4
    モヒカン校長

    パロディを中心に頑張っていましたが、18週で見事に散っていきました。「メゾンドペンギン」といい、ジャンプはショートギャグが好きなのでしょうか。

    25号
    私は叶恭弘先生の漫画が大好きである、と。というのも前作「プリティフェイス(AA)」がとても素晴らしかったからで。もともと読み切り作家としてファンの間で知られており、ついに連載をしたら、ツボにハマるナイスなラブコメでした。男が女として生活する…なんて素晴らしき人生。

    5
    素晴らしき人生

    もちろん話も面白かったのですが、パンチラやおっぱいと「いちご100%」とジャンプお色気漫画の二大巨頭として君臨。何よりも、ジャンプ掲載時では隠されていた乳首が単行本で解禁。つまり、「To LOVEる」の親みたいなものです。そんな叶先生の「エム×ゼロ(AA)」はサービスシーンがほとんどありませんでした。しかし、たまに見せるサービスシーンは必殺技以外の何物でもありません。

    6
    必殺技

    「To LOVEる」との覇権争いに敗れ全99話。短期打ち切りではありませんが、無念です。

    26号
    「いちご100%」が大ヒットした河下水希先生のオムニバス形式のラブコメ「初恋限定。(AA)」。色々なヒロインがおり、個人的なお気に入りは江ノ本慧が見事なツンデレだったな、と。

    7
    ヒロインたち

    マガジンで「BOYS BE…」、サンデーで「サラダデイズ」が席捲したものの、ジャンプではまったく受けず32週で打ち切られてしまいました。しかし、「いちご100%」が大ヒットし、コミックも売れていたのに容赦なくアンケートで打ち切るジャンプは本当にジャンプなんだな、と。

    33号
    好きだった漫画が打ち切られた時のショックは計り知れないのです。「サムライうさぎ(AA)」が逝った。享年67週

    8
    サムライうさぎ

    初めは若夫婦の人情話などが中心に話が展開していましたが、ジャンプ漫画らしくどんどんバトル漫画になっていき、最後には打ち切られてしまいました。無念

    35号
    ある日、学校に頭がどうかしていそうな転入生…ではなく、担任がやってくる「ぼくのわたしの勇者学(AA)」。勇者を目指す事もなく、ゲームやってばかりの部活動など、なかなかのキレ味でした。

    9
    勇者

    個人的に一番のエピソードは大食いかな、と。ジャンプでギャグ漫画を当てるのは宝くじを当てるようなもので、ギャグ漫画で66週というのは検討したほうです。アーメン。

    40号
    ジャンプには「スラムダンク」という偉大なバスケット漫画があったので、どうしても比較されるもの。「どがしかでん!(AA)」は果敢にもバスケット漫画を連載。結局対外試合をすることなく、13週で打ち切られてしまいました。意外とヒロインが可愛かったです。

    41号
    ジャンプのお家芸といえばバトルと冒険とファンタジー。「ダブルアーツ(AA)」はジャンプの王道的な漫画でした。特に冒険を通じて成長するあたりは古き良きジャンプ。キャラも魅力的でエルーは可愛かったし、キリも良いヤツでした。というかエルーが可愛すぎだろ常考。

    10
    エルー

    何よりも素晴らしいのはこの漫画の設定。
    トロイという奇病にかかったいるエルーは、キリと手を繋いでいる間だけは発作が止められ、トイレもお風呂も寝る時も、絶対に手を離さないという素晴らしいもの。

    11
    素晴らしき設定

    エルーにとってキリはガチで運命の人じゃないですか。ずーっと男女が手を繋いでいるなんて。冒険を楽しむも良し、強制的ラブコメを楽しむも良し。これは、本当に毎週楽しみにしていたのに、打ち切られた時のショックははかり知れませんでした。で、最大のキモといえばエルーがデレた時。本当にニヤニヤがとまりませんよ。

    12
    デレ

    「私は、この時…ようやく気付いた事がある。それがいつからあった思いなのか、分からなかったけど、多分私は―…(キリの手を見ながら)」

    オッケーイ!

    冒険を通じて成長していくもの良いなぁ、と。
    これが僅か23週で打ち切りというのだからジャンプまじ怖ぇー。「ダウブルアーツ」を打ち切るとか最悪すぎる…。古味直志先生の次回作に期待です。この前の読み切り「APPLE」も面白かったし、ジャンプのアンケートシステムに埋もれるのは実に惜しいです。

    49号
    「ボボボーボ・ボーボボ」で大ヒットを飛ばした澤井啓夫先生の次なる連載は「チャゲチャ(AA)」。ヤンキー漫画でいいのか…な。

    2
    チャゲチャ

    いくら前作で大ヒットを飛ばそうとも、新作のアンケートの結果だけで、情け容赦なく打ち切るジャンプ。「チャゲチャ」は、8週と超速効で打ち切られてしまいました。ジャンプさんマジパネェっす

    52号
    いくら前作でヒットを飛ばそうと(ry
    「Mr.FULLSWING」から2年後、鈴木信也先生がオタクとヤンキーを題材(?)にしたギャグ漫画を連載させ、33週で打ち切られたというお話でした。もう、何が何やらまったく分からない何かでしたが、鈴木先生は打ち切り時に以下のような巻末コメント。

    自分の好きな事がいっぱい描けてよかったです。ご愛読ありがとうございました。

    これはヤンキーとオタクという相容れない者が融合された何かでしたが、所々にあったオタクネタにはニヤリとさせられたり。

    実に11作品も打ち切ったジャンプ。今年は一体どれぐらいの作品がアンケートという名の裁判を受けて打ち切りをくらうのでしょうか。今年第一号の打ち切り作品は水内融先生の「アスクレピオス」でした。最期は死んだと思われていたキャラが、実は生きていたという、まあよくある打ち切りでした。

    「戦国乱破伝サソリ」、「カイン」に続いての3作連続短期打ち切りとなってしまいました。読み切りは凄い面白いのですが、なぜ連載は連続してコケるのでしょうか。「FOREST」なんてガチで号泣したのになぁ。ラストに「水内先生の次回作にご期待下さい」と書かれていましたが、次はあるのかな。