• スポンサードリンク

    「楽園 Le Paradis」がニヤニヤしすぎて頬が決壊する件

    コメント(0)
    【Amazon】かってに改蔵 上巻(期間限定版) [Blu-ray]
    【Amazon】かってに改蔵 中巻(期間限定版) [Blu-ray]
    【Amazon】かってに改蔵 下巻(期間限定版) [Blu-ray]

    OVA「かってに改蔵」の予約受付が開始されました。上巻が4月、中巻が6月、下巻が8月に発売予定です。改蔵がアニメ化とか歴史が変わり過ぎです。
    関連、「かってに改蔵」がアニメ化とか胸が熱くなるな

    さて、「楽園 Le Paradis 第5」が発売されました。

    1
    楽園 Le Paradis 第5号

    なんというかピンポイントで私の好みの漫画があって頬が思わず緩んでニヤニヤとさせてしまいます。ラブがコメって、頬をニヤニヤさせる事こそ至高!「楽園 Le Paradis」公式サイトに発表されている通り、kashmir先生と志摩時緒先生が参戦してますます勢いを増してきた楽園。

    「てるみな」
    kashmir先生は、「○本の住人(AA)」によろしく商業誌では基本的にギャグ漫画ばかりですが、楽園の「てるみな」は「百合星人ナオコサン(AA)」でたまにやるような高尾山の不思議ワールドの一点突破。ある朝起きたら、ネコミミが生えていた少女。天狗の仕業(?)という事で電車に乗ってお払いへ行くという話。

    シュールな世界感がなんとも魅力的。1度読んだ感じでは内容を理解できません。しかし、2回、3回と読み返すうちに…考えるのをやめた。でもこの世界が癖になるという。あと、ネコミミ可愛いかった。

    「あまあま」
    志摩時緒先生は、「あまあま」というタイトル通りの甘々な内容。卒業を間近に控えた中学生カップルが高校入学するまでの話。ニヤニヤ成分もさることながら、ヒロイン美咲がヤバイ。眼鏡っ娘可愛い。まあ、楽園は圧倒的に眼鏡っ娘が多いのですが。何がヤバイって、ちょっとS入っているところ。

    1
    美咲さん

    主人公・祐司は眼鏡男子なわけですが美咲は分かっているな、と。そもそも眼鏡男子の魅力とは何か、かつて「恋愛ディストーション(AA)」のまほ先生は、以下のような素敵な発言をしました。

    「コンタクトにしたら、江戸川くんの"身につけているもの"を外す楽しみがひとつ減るもの。」

    眼鏡男子は眼鏡を外される為に眼鏡をかけていると言っても過言ではありません。そんな身につけているものを外す楽しみをよく分かっている美咲は、祐司がコンタクトにする事に「ダーメ」と断言。よく見えるのが恥ずかしいといいつつ、お楽しみを分かっている。つまり、自分も制服のリボンで縛られたい!

    「14歳の恋」
    圧倒的じゃないか。ほぼイキかけました
    というか、致死量を完全に超えた。死因、悶死
    クラスでは大人っぽい14歳の中学生がラブでコメる内容なのですが、ニヤニヤ指数がどんどん急上昇して4話で臨界点突破

    2
    4話

    ニヤニヤしすぎて悶絶打って部屋中ごろごろ転げ回る破壊力なのはいうまでもありません。何よりも、水谷フーカ先生って「間」というか「余白」の使い方が上手いんですが、特にラストの締めなどで1ページ丸々使って桜場コハル先生もビックリな白い背景の中に2人の人物のみを描く事が多々あります。これが実に清々しく心地良いのです。何というか、2人だけの世界って感じで。ちなみに、5話の裸足っぷりは足フェチにはたまりません。心の底から叫びたい。踏まれたい、と。
    関連、「この靴しりませんか?」ニヤニヤして幸せな気分

    「想いの欠片」
    ただの百合じゃありません。重いのです。

    竹宮ジン先生って切ない百合を描くのがピカ一で、主に同人誌をまとめた「Girlish Sweetアタシノ彼女(AA)」でもそうなんですが、話が進むにつれて加速する重さと痛さが只事じゃありません。そして、この重さと痛さがどツボにハマってしまう。何だか胸がザワつくのです。「何で、このモヤモヤは消えない…?」はこっちの台詞です

    「ディアティア」

    3

    かずまこを先生が百合ではなくヘテロを描いたら、まあ素晴らしいラブコメになったじゃないですか。モテモテだけど彼女を作らない先輩・成田と、成田に友人や先輩が振られるのを見て来た少女・桐ヶ谷のラブでコメる様子がボディーブローのように響きます。何が良いって、桐ヶ谷の可愛さに尽きるのです。

    4
    桐ヶ谷

    桐ヶ谷は困った顔可愛い!
    かずまこを先生って、百合を描こうがヘテロを描こうが最大の見所は「不器用さ」なのですが、「ディアティア」も素晴らしい程に頬をニヤニヤさせる不器用さだこと。ラブがコメる中での不器用っぷりで困った顔をするヒロインが直球ど真中。ハワハワというかテンパる困ったさんのスパゲティーっぷりが、何というか劣情を抱くのです。ラストの締めがトドメとなり、頬が完全決壊でニヤニヤしまくりである。

    今回で完結なんですが、単行本が出た時にじっくり取り上げたいところ。と思ったら、楽園の単行本の発売予定に載っていない。どうなってんだてばよ!

    しかし、「楽園」はニヤニヤ指数が加速する中でも、沙村広明先生は流石だわ。今回はまともな話かと思ったら、やっぱり全然そんな事無かった(褒め言葉)。 そして次号から、仙石寛子先生登場だとか。

    5
    仙石寛子登場!

    何やら、どんどん俺得雑誌になっていくな。
    4コマ漫画なのか、それともストーリー漫画なのか気になるところ。背徳感を背負うラブコメに期待したいところ。まあ一つだけいえるのはオチはないという事。それでも、ニヤニヤ指数は確実に上昇するはず。
    関連、「三日月と蜜」のトキメキがヤバイ!

    「楽園」はラブコメ読んで、小っ恥ずかしくなり思わず頬を緩めてしまうニヤニヤの歴史を変えるかもしれない。そんな気がするのです…。

    楽園 Le Paradis 第5号
    楽園 Le Paradis 第5号
    posted with amazlet at 11.02.27
    シギサワ カヤ 中村 明日美子 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明 木尾 士目 あさり よしとお
    白泉社

    楽園Le Paradis 第4号
    楽園Le Paradis 第4号
    posted with amazlet at 11.02.27
    シギサワ カヤ 日坂 水柯 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明 木尾 士目 あさり よしとお
    白泉社

    楽園Le Paradis 第3号
    楽園Le Paradis 第3号
    posted with amazlet at 11.02.27
    シギサワ カヤ 中村 明日美子 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明
    白泉社

    楽園Le Paradis 第2号
    楽園Le Paradis 第2号
    posted with amazlet at 11.02.27
    シギサワ カヤ 中村 明日美子 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明
    白泉社

    楽園Le Paradis 第1号
    楽園Le Paradis 第1号
    posted with amazlet at 11.02.27
    シギサワ カヤ 日坂 水柯 二宮 ひかる 宇仁田 ゆみ 中村 明日美子 かずま こを 黒咲 練導 竹宮 ジン 売野 機子 西 UKO
    白泉社
    スポンサードリンク
  • ねむようこ先生の短編集「少年少女」がマーベラス!

    コメント(0)
    銀のスプーン(1) (KCデラックス)
    小沢 真理
    講談社 (2011-02-10)

    「銀のスプーン」1巻が発売されました。
    ご飯を通して語られる家族愛満ちた温かい物語。裏表紙の説明は以下の通り。

    「あしたもきっと…おいしいごはん」
    律は受験を控える高校3年生。弟・調と妹・奏、そして父を亡くしてからも温かく自分たちを育ててくれた母と4人暮らし。ところがある日、母の病気が発覚。入院する母に代わり、律ははじめて台所に立つことに―。

    というわけで、母親の入院をきっかけに中1の弟と小6の妹にご飯を作る事になる、男子はじめて台所に立つという。レシピは、おかかご飯、餃子、野菜とチーズのケーキ、鶏鍋、おいなりさん、おでん。律がご飯を作る事を通して語られる「家族」というテーマが胸熱。腐女子の倉科さんやスグルも良い感じ。お勧めです。

    さて、ねむようこ先生の短編集「少年少女」が発売されました。

    少年少女 (フラワーコミックススペシャル)
    ねむようこ
    小学館 (2011-02-10)

    flowers掲載の「少年少女」、「ファミレス☆ナイト」、「ボーダーライン」、「県立マンモス西高等学校」、「トレジャールーム」、「赤コートのセルマ」の全6編収録。

    「恋は無防備なほど、いい」とオビに書かれていますが、むしろ恋愛要素よりもメタ世界というか、SF的な要素が多くビックリ。というのも、「午前3時の~」シリーズによろしく、ねむようこ先生はパチンコ専門のデザイン会社に勤めていたらしく(2巻のおまけ漫画より)、実体験からくるリアリティというか現実的なエピソードが多かったのですが、今回の短編集「少年少女」はすこしふしぎなSFが軸となっているのです。

    「ボーダーライン」は飼っている犬が擬人化、「県立マンモス西高等学校」は長期高等教育延長制度で爺さん婆さんになっても高校生、「トレジャールーム」では自分の部屋にブラックホールが現れ、「赤コートのセルマ」は6000千万年前の虫の生まれ変わりというおっさん…と、SFチックな内容。

    特に「県立マンモス西高等学校」が良かったのです。胸熱だったのです。69年前に駆け落ちを申し込んだ、爺さんカメ吉。恋文でツルちゃんに駆け落ちを申し込むも来る事はなく69年間待つ続ける…というもの。実は、手紙はちゃんと届いておらず、ツルちゃんも駆け落ちしたいぐらい好きだったという。実は、ちよじが横恋慕して手紙を破っていたという…。そんなこんなの69年後、爺さん婆さんになっても胸にときめく青春が私の心の琴線に触れまくり。

    21
    幾つになっても青春

    表題作となり短編のタイトルにもなる「少年少女」という名前。歳を取っても少年少女で胸熱。しかも、制服なのがより一層引き立つというもの。まさに幾つになっても少年少女。青春万歳!

    そして、現実的な「少年少女」と「ファミレス☆ナイト」。「ファミレス☆ナイト」は女子大生がレポート提出の為にファミレスでレポートを書きながら、恋のビッグウェーブが来て勘違いだったけど、それでも小さい波が来るという話。これも良かったけど、表題作「少年少女」が私の心を鷲掴みにしやがります。

    何が良いってヒロインが可愛い。ソバカスが素晴らしい。裏太ももを切って絆創膏を貼って貰うシーンがエロい。劣情を抱く!

    22
    エロい

    素晴らしい。
    無防備に裏太もも差し出す仕草がエロい。裏太ももに絆創膏を貼って貰って「あっ」て感じて赤面する姿がエロい。見事です!しかも、台所で絆創膏をなぞりながら物思い浸り、翌日はあえてズボンなところがマーベラス!

    「少年少女」の話は、祖父が危篤という事で、田舎に帰ってきた少女の物語。恋人から貰った指輪を防火槽に落としてしまい、それを捜すのを手伝ってくれた地元の少年。それがいつの間にか特別な存在に…というもの。

    冒頭で「セッソーつーもんがないよね大人って」と語るそばかす娘・ハンナ。前述の絆創膏によろしく、恋人が好きか嫌いか分からないのに付き合っているハンナにも、節操というものがないのです。そんな曖昧さがむしろ青春っぽくて良い。このセッソーの無さとか曖昧さが上手く描かれております。

    好きでもない彼氏に貰った指輪探す方が変と地元の少年に言われれば、「好きだもんっ」と声にならなかったり。ハンナは「私がこの生温かい水の中から探し出そうとしているのは一体何なんだろう?」とふと疑問に思うのですが、何を探したのか。

    指輪を捜す過程で何を捜しているのかという疑問を抱き、答えを見つけるのです。指輪を見つけて貰っても捨て去り、何か答えを得たようです。

    23
    指輪はもういい

    答えは得た。大丈夫だよ地元少年(ry
    節操というものが無いと思う少女が、指輪を落として見つける中で、答えを見つける過程の心の機微がマーベラス極まり。曖昧の中で、一つの答えを見つけるわけですが、やっぱり節操がありませんでした

    どの話も、切なさとかロマンチックさが溢れる、続きが読みたいと思わせる珠玉の短編。

    つまり総括すると、絆創膏貼って貰った後に、1人で洗面所で絆創膏を眺めるハンナが可愛いという結論になるのです。

    24
    絆創膏を見つめる

    そこには確かにパンチラが!
    パンツ有難味理論によると、青年漫画よりも少年漫画のパンチラのほうがありがたい。さらに、少女漫画のパンツはもっとありがたいという法則があります。少女漫画のパンチラには、夢と希望と浪漫があるってものですよ(答えは得た)。

    少年少女 (フラワーコミックススペシャル)
    ねむようこ
    小学館 (2011-02-10)



    パンドラ (Feelコミックス)
    ねむ ようこ
    祥伝社 (2010-08-07)