• スポンサードリンク

    「神のみぞ知るセカイ」なんか以前と違う

    コメント(0)
    「GAN☆KON」でマガミという名の猫の神様が登場しました。しかもまだ代行者が見つかっていないとか。ほぼ確実に図書委員の三峰さんの大勝利である。1話の扉絵を改めて見ると、ウカ様とかハイカラな爺が登場する中でマガミも登場しているわけですが。

    1
    1話扉絵

    マガミは三峰さんの肩にシレッと乗っかっており、どう見ても代行者は三峰さんです。本当にありがとうございましたなわけで。イサナさんに加えて三峰さんもレギュラー化すればよい一層華やかになりますしね。目指せハーレム王国!

    さて、「神のみぞ知るセカイ」もあばばばばと思わず叫んでしまう状態なわけですよ。修羅場に突入しそうな感じなんですよ。神にーさまは「鬼になる」と宣言して次々と再攻略をし続けて最後の女神・メルクリウスを出す段階。ちひろに狙いを定めたら、ちひろに女神はいないと気づいてしまいました。桂木桂馬はこの時どうする!?

    1
    どうする!?

    「現実女をだましてやったんだよ。バーカ!!」

    バッサリだー!
    文字通りまさに鬼である。「もうボクに近づくな」とトドメを刺してちひろ退場である。最低とかクズと言われそうで、まさに鬼である。と思ったら、なんか「らしくない」んですよ。バッサリと傷つけまくったら、去るちひろを見守る神にーさまが罪悪感でいっぱいみたいな。

    2
    罪悪感ありまくる桂馬

    どういう事だってばよ!
    鬼になりきれてないよ神にーさま。どうも今までの神にーさまとは違いますね。以前にバンド入りの断り方と同じように(89話)最低最悪の断り方でフラグ処理を完了したのに、あの時とは桂馬の仕草や反応が明らかに違います。攻略の鬼が罪悪感背負ってるっていう。

    攻略もしてない…接点もない…なんで、それでボクが好きなんだよ!」と言うように、桂馬的にあり得ない展開の連続に混乱して自分で自分がよく分からないのか。ちひろをこの件に巻き込みたくないと思ったのか。初めてのガチ求愛に戸惑っているのか。「……」って何だよ!罪悪感を抱く神にーさま…何とも新鮮です。

    桂馬の反応が以前と違えば、ちひろも違うぞ。
    そもそもちひろは3話から登場しるクラスメイトなのに、エルシィの駆け魂センサーが反応したは28話という。他の娘はエルシィが出会った直後に反応してたのに、ちひろだけ何で1~2ヶ月も反応しなかったのかという謎があります。で、桂馬に振られて屋上から去るシーンが明らかにサッカー部のキャプテンに振られて去るのと同じ構図なわけで。それで去り方が同じようで全然違うわけで。

    3
    上28話 / 下167話

    屋上から階段降りて去るという同じ構図ですが全然違う!
    何が違うって擬音が違う。サッカー部のキャプテンに振られて屋上から去る時のちひろの階段降りる擬音が「カンカン」なのに、今回の桂馬にバッサリいかれて階段降りる擬音は「カッカッ」というもの。

    「神のみぞ知るセカイ」の移動の擬音には大きく2種類あるのです。
    歩くときに「カッカッ」で走る時に「カンカン」と若木先生は使い分けているのである。まあ、たまに「スタスタ」もあるけど、基本的には「カッカッ」という移動擬音は歩く、「カンカン」は走っているのです。

    4
    「カンカン」は走る、「カッカッ」は歩く

    つまり、今回神にーさまにバッサリ振られたちひろと、以前にサッカー部キャプテンに振られたのは同じ構図で同じようなシーンですけど、以前は走って階段降りてたのに今回は「カッカッ」としっかりと歩いて階段降りてるんですよ。この違いに、ちひろの乙女心とか本気の恋愛っぷりを見たのです。

    桂馬のフラグへし折った後の反応が違い、ちひろの屋上からの去り方が違えば、歩美の蹴りも違います。歩美はテンプレのツンデレヒロインのように、恥ずかしがったりヤキモチ焼いた時には伝家の宝刀の蹴りを桂馬に炸裂させていました。

    5
    歩美の蹴り

    その威力は人間を軽く数十メートル吹っ飛ばす。
    戦闘民族のような威力を誇る歩美の蹴り。今回は桂馬がちひろをバッサリ振るシーンを目撃して、今までの照れとかヤキモチとは別の感情で桂馬を蹴っ飛ばすんぼでした。その威力は…。

    6
    歩美の蹴り

    何十メートルも吹っ飛ぶ事はありませんでしたが、過去最高の威力じゃないか。そもそも恥ずかしい格好と言いつつ、なんで屋上にわざわざメイド服のまま歩美が覗きに来てるんだっていう。歩美の蹴りまで以前とは違いますよ。

    でも、以前と一番違うのは歩美の中のメルクリウス(?)ですけどね。
    他の女神と違って姿がまったく宿主に似てないという謎。女神なのかどうか不明ですけど、今回のメルクリウス(?)はさらに謎。なんというか儚いんですよ。

    7
    メルクリウス(?)

    人の夢と書いて儚(はかない)…何か物悲しいわね(アグリアス
    って、儚いというより「ザ、ザ」と鏡に映る姿が今にも消えそうやん。どういう事でしょう。歩美の中の愛が足りないのか。メルクリウス(?)消えそうなんですけど、これどうすんの?

    しかし、今回のキモはどう見ても修羅場回だと思ってたら、まさかのご褒美展開になってしまったディアナでしょう。「私、桂木さんを愛してしまったみたいなんです!」とか頬が緩みまくってニヤニヤするっちゅーの。


    神のみぞ知るセカイII ROUTE 5.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
    ジェネオン・ユニバーサル (2011-11-30)
    売り上げランキング: 955
    スポンサードリンク
  • 「AKB49~恋愛禁止条例~」ど真ん中に面白い件

    コメント(0)
    今後ブレイク確実のマンガは? 日経エンタが「先取りマンガ賞」発表。

    ほう、これは興味深い。来年ブレイクしそうな漫画に「先取り漫画賞」として3位「アゲイン!」、2位「銀の匙」ときて1位が「AKB49~恋愛禁止条例~」だったとか。

    まず、名前が挙がったのが、週刊少年マガジンの「AKB49~恋愛禁止条例~」(原案:元麻布ファクトリー/画:宮島礼吏)だ。そのタイトル通り、アイドルグループ・AKB48を題材に、女装&偽名で研究生となった男の子が奮闘するストーリーが描かれている作品だが、ただのAKB48人気にあやかったアイドルモノと思うことなかれ、熱血、スポ根のような展開、友情パワーなど、その内容から同誌は“王道熱血少年マンガ”と高く評価し、“超太鼓判”マークを付けた

    「AKB49」が来年ブレイクしそうな漫画であり、熱血&スポ根の王道熱血少年漫画だと…?まったく、分かってんじゃねーか!てか僕の中ではとっくに大ブレイクしているんですけどね。AKB48漫画で女装とか色物漫画と思われがちですが、これが非常に熱血漫画で面白いという。というわけで、先日「AKB49」5巻が発売されました。


    5巻では1万円チケットで250人の動員という課題のXデー公演。みのりは倒れた吉永さんを追いかけて病院に行ってしまい、センター不在の状態でみのりが公演に戻るという物語的には第一部完といえる内容。最高潮に盛り上がりまくりで私のテンションもだだ上がり。特にみのりが自分をアイドルと自覚、覚醒するシーンは印象的。

    11
    アイドルとして自覚

    俺はアイドル、浦川みのりでなきゃいけない!!

    みのりを奮い立たせたのは吉永さんが寝ながら握りしめていたもの。それは11話で2人一緒に大願成就のお守りに誓った願い事でした。みのりは、この時初めて「俺の願いはなんだ?」と、ノリと勢いで突っ走ってきた自分を振り返り、自分の夢を詳細に明記するのでした。「吉永がAKBのセンターに立てますように」、と。

    この時、吉永さの夢は結局謎のままでした。

    12
    11話「恋と夢」

    私にも絶対に叶えたい夢があるから

    吉永さんの夢。
    1話ではAKBのメンバーに入りたい、ライブに来る度にキラキラしたいと思っちゃう、自分の夢にくらいは素直になりたいと語っていました。当然、吉永さんの絶対叶えたい夢というものは「あっちゃんみたいに」と言うようにAKBのセンターだと思ってました。当然、みのりもそう思ったようで恋愛御法度上等と自分の恋愛感情を引っ込めて、「頑張れ吉永!俺も誓うぜ!」と「吉永がAKBのセンターに立てますように」と誓うのでした。

    みのり的には吉永さんの夢が自分の夢である、と。その夢は吉永さんがAKBのセンターに立つ事であるとみのりは思ってたわけです。しかし、本当の吉永さんの絶対に叶えたい夢というのは…。

    13
    吉永さんの夢

    みのりちゃんと一緒に選抜に入れますように

    自分と一緒に選抜メンバーに入る事が絶対叶えたい夢だったのでした。みのりの夢が吉永さんであると同じように、吉永さんの夢はみのりと一緒であった、と。だからこそアイドル・浦川みのりでなければならない。そして立ち上がるみのにに胸が熱くならざるを得ない。

    最後になるかもしれない公演、思い残すことがないように今までの練習を全てをぶつけるみのりは可愛く美しいという観客の言葉通りですよ。そしてみのりはアイドルについて語るのでした。

    14
    みのり

    「私…最初はアイドルになろうなんて思ったことありませんでした。お客さんを笑顔にしたいとか元気を与えたいとかステージに立ちたいとか。そんなこと考えたこともありませんでした。研究生オーディションを受けたのも、すっごい個人的な理由でした。だから、今の私がアイドルに見えるなら、それは私の力じゃありません

    思えば、初めて自分がアイドルであると自覚したのは熱狂的なファンである奥平先生の為に踊った生誕祭でした。「始めてファンだけのために踊った生誕祭。この日生まれたのは浦山(オレ)ではなく、アイドル―浦川みのりだったのかもしれない―!!」と思ったみのり。
    <関連>
    「AKB49~恋愛禁止条例~」イロモノ漫画が名作になる瞬間をはじめてみてしまった。まいったな…

    そして、ファンやスタッフや先輩や仲間やライバル(岡部さん)や大切な人(吉永さん)…色んな人がみのりをアイドルにしたと述べるのでした。Xデー公演で自分がアイドルとして自覚したみのり。熱いですね。燃えますね。熱血ですね。胸が熱くなるってもの。「挫折、立ち上がる、成長」が分かりやすく描かれまさに熱血少年漫画ですよ。

    そういえば、マガジン46号では「AKB49」の作者・宮島礼吏先生が登場しておりました。AKBの事、漫画家を目指した事、アシスタント時代、「AKB49」を始めるきっかけなど見所多かったです。その中でも「AKB49」をスポ魂ものとして描いてると述べてたのは印象的。

    15
    宮島礼吏先生

    AKB49はスポ根ものとして描いています

    何でも取材で研究生のオーディションを見て、アイドルを目指す娘たちの熱意を感じ、オーディションに落ちる娘も沢山いて、その厳しさはまるでスポ魂みたいだったとか。「AKB49」の超クソ熱い展開の連続には、宮島先生が実際にAKBオーディションを見て感じ取った実体験からくるものだったんですね。

    話が変わるんですけど、最近はみのり&吉永さん以上に熱いのが岡部さんですよ。初音ミクのコスプレを披露するなど、最近の岡部さんの活躍は留まる事を知りません。最近の「AKB49」は岡部推しが酷過ぎます。まったく、最高ですね!

    ツンデレライバルの岡部さん。そんな彼女が挫折してしまうわけです。今まで適役としてみのりにぎゃふんと言わされるライバルキャラが主人公的な視点で挫折。

    16
    岡部さん

    歌もダンスも得意な彼女ですが一つだけ今イチなものが。それがラブソング。自分で自分の歌を聞いて歌詞が心に入ってないと絶望してしまうのでした。秋Pには以下のように指摘されてしまいます。

    「おまえ恋したことあるか?」
    「聴く者の心に届く歌を歌うためには、何よりも歌い手が歌詞に入り込む事」
    「おまえに足りないのはそれだ」
    「デビューまでの時間もない今、超法規的措置も必要だろう」
    恋をしろ!

    17
    恋愛禁止条例解禁

    おまえたちの恋愛禁止条例を一時的に解除する!

    恋愛禁止条例が一時的に解除されました。
    そして岡部さんの恋愛という名のご褒美タイムが始まるのである。

    それは予定調和すぎるというかとってつけたような恋に陥落ちっぷりでした。「時計の国の針栖川」の咲といい、昨今のヒロインは絡まれたのを助ければ恋に落ちるのか、と。まったく!しかも相手はみのりの本来の姿、浦山実とか。どういうことだってばよ!

    18
    浦山…実…





    19