「こどものじかん」9巻が発売されました。
青木先生がりんの家で同居生活をするのがメインでビシッと決める青木△。しかし、深いですね。白井先生と小矢島先生のラブでコメる展開といい教育現場に踏み込んだ話といい。子供達だけでなく大人達も成長していく過程が良いです。精神的に未熟な大人達…改めて「こどものじかん」というタイトルの奥深さに気付きます。まあ、私の中のキモは女子小学生のエッチな話なのは言うまでもありませんが。

さて、ちょっと今週の週刊少年ジャンプ(8号)で気になった事がありました。「バクマン。」で、天才現る的な漫画が月例賞に送られジャンプ編集部が会議をしていました。しかし内容はかなり大人向けというかジャンプ向きではないという…。

画力、構成力、話作りは申し分ないけど、少年向けではないとか。

20
ジャンプ編集部

「でも今の平均読者の年齢ってもう18歳以上ですよね…」
「だからと言って我々が青年誌向けの作品を推していっては駄目だ。18歳以上なら尚更下げるべき努力をするべきだろう」

どうなんこれ?
何時の間にジャンプは平均読者年齢が18歳オーバーになっていたのでしょうか。実は同じ「バクマン。」で2年前はアンケを送る平均年齢が17歳以上で高すぎるとか言ってたのに、1歳上がっちゃいましたでござるの巻きですよ!

少子化とか子供が漫画を読まくなったと言われている中で、18歳以上なら尚更下げるべきだとか、もう無理じゃね?

私はジャンプは今でも小・中学生が主な読者層と思っており、30近いおっさんが読むのは異常かなとも思いましたが全然大丈夫じゃんという!

そもそもジャンプはどうやって読者の年齢を見極めているのかと言えばアンケート葉書でしょう。ジャンプのアンケート葉書を見てみると「年齢」という項目があります。

21
ジャンプのアンケ

「年齢」という項目のみで読者の平均年齢を尋ねています。私はけっこうな数の漫画雑誌を購読しており、どの雑誌も似たり寄ったりなアンケ葉書です。しかし、ジャンプのアンケート葉書は実は他誌と決定的な違いがあります。

ヤングジャンプのアンケと比べれば一目瞭然でしょう。

gif
ヤンジャンのアンケ

「年齢」という項目にプラスして「職業」という項目があります。
つまり、我々のようないい歳したおっさんである社会人が読んでいる事を前提とした項目です。青年誌では当たり前のようについている「職業」という項目。

実はジャンプと同じ少年誌であるマガジンもサンデーも「職業」という項目があります。

23
サンデー / マガジン

少年誌を名乗っても社会人が読んでいる事を前提として「職業」という項目があるのです。

どうでもいいけど、先週のサンデー(8号)のアンケひでぇなオイ!「揉み払い師」の影響か「お色気の少年漫画をどう思うか」などに留まらず「今まであなたが読んだ少年漫画の中で、お色気シーンが印象に残ってる作品があれば、作品名を具体的お答え下さい(他誌含む)」って。そんなん聞いてどうするつもりなんでしょうか。「電影少女」のオシッコシーンとでも答えればいいんでしょうか。サンデーは何処目指してるんだ…。

話が逸れましたが、青年誌だけでなくジャンプと同じ少年誌のマガジンやサンデーにすら「職業」という項目があります。社会人を読者対象としている事の現れなのですが、読者平均年齢18歳オーバーしたジャンプは頑なに「職業」という項目がありません。

つまり学生がメイン読者だから「職業」なんて項目いらねーよという事なんだろうと思いますが、平均18歳以上が読者になっても絶対に「職業」という項目をつけないジャンプは、やっぱり永遠の少年漫画なんだとろうな、と。

唯一「職業」を聞かないジャンプ。学生があくまでもメイン読者という姿勢は凄いですね。やっぱり「少年誌」を真の意味で名乗れるのはジャンプだけですよ!



24
チャンピオンのアンケ

チャンピオンにも「職業」の項目がないだと…。
あくまでも学生をターゲットという姿勢を貫くチャンピオン。

真の少年誌はジャンプとチャンピオンだけです。