【Amazon】DVD付き ああっ女神さまっ(43)限定版

オリジナルアニメDVD付き。9月22日発売予定。

さて、中山敦支先生を御存じでしょうか。
6年程前に月刊少年ジャンプで「レジェンズ」の4コマ漫画を描いていた人です。その後、2作程月ジャンで連載を持つも泣かず飛ばず。月刊少年ジャンプが休載しジャンプSQに変わった時に、サックリと集英社に切られました

このまま消えるかと思ったら、ところがどっこい。中山先生は週刊少年サンデーに持ち込みをして、見事に連載をゲット!その名も「トラウマイスタ」。


地味に良作だったのですが、これも全5巻という短命で終了してしまいました。今度こそこのまま僕等の前から消えてしまうのかと思ったら…帰ってきたのです。しかも、ヤンジャンに!

月ジャン→サンデー→ヤンジャンって、何気に格が上がっているのはビックリ。発行部数が多いほうにどんどんステップアップしています。そんなわけで、昨年33号のヤンジャンで「ねじまきカギュー」という読み切りが掲載されたのです。

簡単にストーリーを説明すると、女難体質で無条件に怪物的にヤバイ女子を惚れさせてしまう星の下にいる葱沢鴨。新米教師で通称・カモ先生。何故か痛い女子にばかり惚れられちゃい彼の下に、鉤生十兵衛という螺施拳の使い手が現れ、女子ボディービル部部長に惚れられて大変な目に合うカモ先生を助け出すというものでした。

なんでも、螺施拳というのは柔らかい肉体を持つ女にしか体得出来ない伝説の秘拳だとか。そう、鉤生十兵衛は女の子だったのです

11
鉤生十兵衛

実は10年前に別れた幼馴染だったという。
何が良かった鉤生十兵衛がすんごい可愛かった事に尽きます。

12
すんごい可愛いよ

女難の教師→ゴリラに惚れられる→鉤生十兵衛が助ける→実は10年前に別れたすんごい可愛い幼馴染だった

というものでした。そして、鉤生十兵衛の赤面っぷりが物凄く私のハートを鷲掴みにしたのです。とにかく、この読み切りは素晴らしかった!

そして、今週のヤングジャンプ(13号)で「ねじまきカギュー」が新連載を開始したのです。はじまりまくりだろ!「B型H系」が終了して、今週は「華麗なる食卓」も休載で死んだ魚の様な目だったのに、ヤンジャンを開くと私の目は燃えたぎっていました。みなぎってきたー!

基本的なプロットは読み切りとほぼ一緒。変更点はボディービルダー部のゴリラ女がヤンキーになっていたというぐらい。あ、見た目はまったく一緒ですのでご安心下さい。

13
読み切り / 連載

そんわけで、読み切りを読んだ人には特に真新しい事はありませんが、これが連載化されたというのは素晴らしい。マーベラス!刮目すべきは次回からなのです。一体どのように話を回すのか。

しかし、改めて見てもカギューちゃんは可愛い!
インパクトこそ、真新しさ的に読み切りの時程ではありませんが、サラシから解放される乳の素晴らしさよ。もはや芸術の域です。

14
サラシがはち切れた乳

なんて大きなおっぱいなんだ!
そして見事なパンツ。完璧です。本当は、女の子だったと正体バレにプラスアルファで乳とパンツのコンボ。もう見事としか言いようがありません。

しかも、今まで隠してきたデレが一気に開放されて卍解ときたものだ。俺の頬も開放した卍解ですよ。ようするに、頬が決壊して満面のニヤニヤした気持ち悪い面をしてしまうという…。

「そんなに近づいちゃ、は…はずかしいよぉ」と見開きデレ赤面に死にかけました。あぶねー軽く12回死んでしまいます。もはyバーサカーすら楽勝で殺せる破壊力を持っています。死因は全て悶死

とにかくカギューちゃんの赤面がヤバイ!

15
このデレ具合である

カギューちゃんのデレっぷりは歴史を変えるかもしれません。
とにかくカギューちゃんが超可愛いの一点突破に尽きると思います。なんというか、はじまり過ぎだろという。

1話はほぼ読み切り通りだったので、むしお次回からが超楽しみってものですよ。カギューちゃんのデレた赤面は100点満点。これは見逃せません。