AKB49~恋愛禁止条例~(1) (少年マガジンコミックス)   AKB49~恋愛禁止条例~(2)特装版 (プレミアムKC)

くそ面白れー!!
「AKB49~恋愛禁止条例~」2巻が発売されました。
男が女装してAKBのメンバー入りして、男の娘でありハーレムを形成しており、完全にイロモノ漫画が始まったと思いきや。面白さが回を重ねる毎に加速していき勢いがどんどん増していきました。公式サイトの説明は以下の通り。

AKB48の研究生「浦川みのり」としての生活を始めた男子高生・浦山実は、研究生公演のセンターに抜擢されるも、実力不足から周りに迷惑をかけることを恐れ、レッスン中に逃げ出してしまう!しかし、みのりを信じて待ち続ける吉永の姿に胸を打たれ、決意を新たに劇場へと戻るのだった。ついに、みのりと吉永たち研究生のステージデビュー初日が幕を開ける!!

マガジンの連載を毎週読んでいるんですけど、改めて単行本2巻を読んんで驚きがまず挙げられます。何にって、吉永さんの出番の多さですよ。

14
吉永さん

この漫画の原点でありメインヒロイン。見たまんま可愛いのです。2巻の時点は、まさにメインヒロインというに相応しい出番の多さと活躍。それが空気化してモブキャラになってしまうなんて誰が予想出来ようか!

また「AKB49」の凄さを語る上で外せないのはたかみな先輩。実際のAKB48のメンバーのようですが、私のアイドルの歴史はチェキッ娘で時計の針が止まり、アイマスで動き出したので実際のAKBをほとんど知りません。それでも十分楽しめます。そして、たかみな先輩は最高の萌えキャラである、と。

15
たかみな先輩

「AKB49」の登場キャラはみんな可愛いのですが、たかみな先輩は個人的にぶっちぎり。次点が岡部さん。

そんなわけで、魅力満載で半端じゃない面白さの「AKB49」。特筆すべきはその「熱さ」です。アイドル漫画と見せかけてやっている事は熱血スポーツ漫画と同じノリで繰り広げられ、燃えるっちゅーもの。もちろん萌えます。萌えて燃えまくる圧倒的熱量。壁を努力と根性で乗り越えていく様はマーベラス極まりというもの。まさに、これぞ少年漫画の王道なのです。

かの週刊少年ジャンプの三大テーマは努力、友情、勝利です。しかし、今のジャンプ漫画には「努力」なんてほとんどありません。あるのは「覚醒」です。覚醒、友情、勝利。もはや、今時「努力」など古臭いのか。否である!

今のトレンディーは努力、根性、ど根性!

16
努力、根性、ど根性!

初公演で骨折というアクシデントが起ころうとも、気力を振り絞って見事に成功させます。

「死ぬ気で頑張る!」「それが男ってもんだろ!」と、努力&根性論を突き通す様が古き良きマガジンを彷彿させてくれます。やってる事は完全に熱血漫画なのです。

また、少年誌らしくインフレも当然発生。
センターは太陽で回りを照らさなければいけない→みんなが太陽→太陽を照らすほど大きな星も在る…と、とんどんAKBのメンバーというものの肩書が壮大になっていきました。太陽すら照らす輝く星になっても、竜巻に掻き消される

そして、みのりの成長っぷりも外せません。歌やダンスが上手くなる努力の描写も良いのですが、言葉に出来ない何かを掴んでいくのが凄い。最初は外からAKBを見てアイドルが凄いって感じていました。

18
外から見たAKB

「す…すげぇ…!!!」
「すげぇ、熱量…迫力…歓声…」
これが…AKB48のライブ…!!

と、外から見たAKBのライブに武者震いして圧倒的な迫力に押されていました。以降の物語において、みのりは解説役として外からAKBを語るのです。基本的に、解説役というのは読者が読んで欲しい道とか方向を導くのが役目。

AKBがいかに凄いかを、みのりの視点で解説し続けてくれました。それが初公演で、外から凄い凄いと解説してたAKBを、中から解説し始めるのです。

17
中から見たAKB

「なんだろう、この感覚」
「これが公演」
これがAKB48
これがアイドル!!!!

みのりは2度、鳥肌を立てて驚愕しました。
1度目はライブを観客として生で見た時。2度目はステージに立って。
外からAKBを見て、中からAKBを見て。外からの視点で解説役から実際にステージでの凄さに。等身大で見える成長というか感動を丁寧に描いた事によって「これがAKB」というものを感覚的に体現できて、こっちまで感動して鳥肌ものです。宇宙規模の圧倒的な熱量を感じます。

でも、個人的に一番のキモはやっぱり女の子の可愛さ。宮島先生の描く女の子はめちゃくちゃ可愛いく、その中でも肉感がツボすぎます。率直に言って「やわらかさ」です。

19
やわらかそう

なんというか衣装がフリフリなのにピチピチなわけで、衣装からちょっと食い込んでいたりムチムチっぷりが良い感じ。これが実にやわらかそうで。個人的に太ももの質感がお気に入りです。私は「太もも」推しです(ドヤ)