ディアティア
ディアティア
posted with amazlet at 11.05.30
かずま こを
白泉社

純水アドレッセンス(AA)」を筆頭に百合漫画家として知られるかずまこを先生の新作。僕は以前から乙ひより先生とかずまこを先生は百合も良いけどヘテロを読んでみたと思っていました。そしたら「楽園 Le Paradis」でかずまこを先生が初々しい高校生男女のラブコメが連載され、これが実に素晴らしかったという(ニヤニヤ的な意味で)。またコミックのカバーの涙がスゴイ凝りっぷりで感動もの。

「楽園」本誌で号を重ねるごとに評価を高めた作品が待望のコミックス化!
ラブラブあつあつな後日談&カバーイラストなど描きおろし多数。
読み手の顔が思わず緩む甘酸っぱさ全開の一冊です。

モテて女の子によく告白されるけど全て振ってきた成田くんと、先輩や友人が彼に振られるのを見てきた桐ヶ谷さん。桐ヶ谷は知り合いがみんな成田を好きになって振られる事で、成田に興味を持って一緒に帰るようになります。そうこうしている内に成田が桐ヶ谷に惚れてしまい、桐ヶ谷は…というもの。

いや、これめちゃくちゃニヤニヤしますよ。
特に成田と桐ヶ谷の関係というか距離が絶妙。初々しさ全開で自然と頬が緩んでニヤニヤとしてしまう。2人の想いを繊細な心描写で綴られており素晴らしすぎる。

特に3話から、一気に面白くなりグイグイと引き込まれます。1話と2話は成田の視線で物語が描かれていたのですが、3話では葉月鈴音が主人公として描かれ、第三者から見た成田と桐ヶ谷、葉月の片思いっぷりがマーベラス極まりない。そして3話で、その時歴史が動くのでした。

5
歴史が動いた

桐ヶ谷の見事な誤爆でおかしな雰囲気になり、葉月が走って逃げだしてしまうのを追いかける成田。それを見ていた桐ヶ谷が「先輩…ちゃんと追いかけてくれて、よかった…」と想いつつも寂しげに「よかったはずでしょ?」と自分に問いかけるとか!なに何かが芽生えた感。この心の機微が俺の心を鷲掴みにします。

成田と桐ヶ谷の上手くいかない感じが、「そーじゃねぇだろ」と読んでるこっちまでもどかしくなってしまい2人を応援してしまうというもの。そして振られた美佳先輩も葉月も2人を応援するのがグッド。だって応援したくなりますよ、この不器用さ

6
不器用

会いたい(かもしれない)けど、ちゃんと自分でわかるまで、会いたくないな…

どっちだよ!
この一途なのにもどかしさ全開の不器用な恋。これこそ百合を描こうがヘテロを描こうが、かずまこを先生の真骨頂であり真っ直ぐなのに不器用な恋が俺の心の琴線を鷲掴みにするのです。そこまで重くはないけど、真剣に苦悩する。だから、結ばれた時にはニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するってもの。

しかし桐ヶ谷は本当に可愛いな。
困った顔も、赤面する姿も、テンパる姿も100点満点であるといえます。特に泣き顔が良すぎる。120点です!「ディアティア」というタイトル通りに愛しい涙なのです。

1
泣き顔

かずまこを先生が描く女の子の泣き顔の破壊力は半端じゃありません。桐ヶ谷だけでなく、成田に振られてしまった美佳先輩葉月も泣き顔が可愛すぎてつらい。そして泣き顔なのに目力が強い

目の表情や視線が相手に与える印象で、目力が強い人は内面が強そうに見えるという。桐ヶ谷は勿論、美佳先輩も葉月も泣き顔なのに目力の強さが半端じゃありません。

3
葉月 / 美佳

泣いているのに真っ直ぐ視線を向け、その目力の強さに圧倒されるばかり。そして、成田はこの泣き顔2コンボの視線をしっかりと受け止めて、真っ直ぐ見つめ返すのでした。

これはビックリです。というのも成田は女の涙が苦手というか怖いようで、その原因はアレな母親にあるらしく、母親が泣き顔を真っ直ぐに見れませんでした。

母は、いつも泣いてる人だった。家に帰らない父のせいだとは知っていた。
別れた今でも、誰かを待ってよく泣いている。
俺は幼い頃から何も出来ずに、ただ声を聞いている
いつも、目を合わせられずに竦んでしまう

と、母親のダメ英才教育のせいで泣き顔の女性を真っ直ぐ見れない男に育ってしまいました。しかし、桐ヶ谷のいつか見た強い瞳の泣き顔の目力で成田は一変。

いつも、真っ直ぐ目を見れずに
どれだけ、とりこぼしてきただろう
ああ、俺の指はちゃんと女の子の涙を拭えるんだ

桐ヶ谷の泣き顔のおかげで、目を逸らさずに受け止め、苦手だった涙も愛おしく思うようになるのでした。「ディアティア」というタイトル通り泣き顔が素晴らしく愛おしいんですけど、やっぱり悲しんで泣くよりも嬉し涙が一番です。そして桐ヶ谷の嬉し涙の破壊力は超ド級

涙も良かったですけど、個人的には何か掴めないものを掴もうとしているところも良かったです。女の子の泣き顔を真っ直ぐ見れず「どれだけ、とりこぼしてきただろう」って何を…涙を掴もうというのか。そんな抽象的なものも良いけど、とりあえず桐ヶ谷の手でも掴もうか。

2
手を繋ごう

成田「手…繋いで帰ろうか」
桐ヶ谷「恥ずかしいからいやです

デスヨネー。
何で手を繋ごうとしたかというと「考えてると気持ちが勝手に…」と。そして手を掴むまでの演出が素晴らしすぎる。手と手の距離が刮目せよですよ。

桐ヶ谷の後ろ姿を見つめて、「凛としたあの背中に俺の手は届かないかもしれない」と考える成田。でも、文化祭の門を作る時に2人きりで微妙な空気になり席を立つ桐ヶ谷に対して「どうすればいい?」と思うも、気持ちが勝手に動いたのか咄嗟に手を掴むのでした。

7
掴んだ-

ついに桐ヶ谷の手を掴む事に成功。
しかし、手を掴むものの届かないという。手を掴んで告白する成田ですが、「こ…困ります…」と言われて手を離してしまいました。そして最後にもう一度手を掴み、今度は手も想いも届くという。ラストの手繋ぎは全力で頬を緩めるのみ。

8
手繋ぎ

桐ヶ谷「恥ずかしいから嫌です

1話ラストで手を繋ごうと言われて「恥ずかしいから嫌です」と断った台詞。最後は手を繋いだ状態で、手を成田のポケットに入れるか聞かれ「恥ずかしいから嫌です」っとまったく同じ台詞。ハードル上がってるな、おい。このまま、どんどんハードル上がる度に「恥ずかしいから嫌です」と言いつつも駆けあがっていくのか。あー後日談読みてぇー。

後日談あるんですよ、奥さん。
WEB楽園に掲載された分と描き下ろしの後日談こそ「ディアティア」のキモ。「私チューとかしません」と大赤面して言い放つ桐ヶ谷に、成田もそういうの興味ないと相槌を打つものの、初メールでは。

ナリタです。
やっぱりそのうちキスとかしたいです。

9
初メール貰って

おいおいおい!
キスしたいと書かれた初メールを貰った時の桐ヶ谷の可愛さときたらなんたることか。耳まで大赤面して圧倒的な破壊力を計測。もう止まりません。

描き下ろしの「マイディア2」は初チューの話



10

ディアティア
ディアティア
posted with amazlet at 11.05.31
かずま こを
白泉社



楽園Le Paradis 第6号
楽園Le Paradis 第6号
posted with amazlet at 11.05.31
シギサワ カヤ 中村 明日美子 黒咲 練導 水谷 フーカ 二宮 ひかる 宇仁田 ゆみ 木尾 士目 沙村 広明 かずま こを
白泉社

楽園 Le Paradis 第5号
楽園 Le Paradis 第5号
posted with amazlet at 11.05.31
シギサワ カヤ 中村 明日美子 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明 木尾 士目 あさり よしとお
白泉社