O/A (4) (角川コミックス・エース 216-7)
渡会 けいじ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-07-01)

バカな表紙がツカちゃんじゃないだと…。
1巻ゆたか、2巻はるみ、3巻ミホ…ときたら4巻の表紙を飾るのはゆたかのマネージャーである大塚さん以外あり得ない…と思ったらポッと出のアナウンサー如月文代が表紙だったでござるの巻き。

無表情で一部から"反骨機械"の異名を取る彼女がオーロラ作戦に参加して変なやり取りをして楽しみ笑い出すのは胸熱でした。というかこの放送がまた色々と酷い(褒め言葉)。

17
酷い

「毛が生えたのはいつごと?」
「昔です。覚えてません」
「あっちの毛は剃ってますか?」
「ってもフツーは剃りませんよね!!」
「死んで下さい」

久々に初期の下ネタのノリでテンポ良いやり取り。あと、エヴァやハルヒを始めとするパロディが面白かったです。

さて、「新テニスの王子様」は高校生選抜の1軍メンバーが帰ってきました。色々と突っ込みたい事は多々ありますが、No.11~20のただの老けたおっさん達のいかにも使い捨て臭いキャラに比べて、No.1~10の連中はイケメンが揃っています。

顔の良さがテニスの実力に直結するテニプリ世界において、イケメンというのは最重要なこと。その中でも3人程、雑種というかおっさんが紛れているのがテニプリらしさよ。No.1の平等院鳳凰とNo.6の大曲竜次、No.3デューク渡邊の3人。

18
日本の頂点(トップオブザトップ)

ただのおっさん…というより何か汚いおっさん
平等院鳳凰と大曲竜次なんて本当にジャージが似合うというか様になっていますね。普段からジャージを着ている者の着こなしですよ。普段着はジャージですみたないな。

しかしデューク渡邊の髪型と風貌は既におっさんとか老けているというレベルを超越しています。なんだこのオニギリ頭のホッコリ笑顔は…たまげたなぁ。コーチも「益々いい面構えになってきた」とか言ってますが、デューク渡辺の面構えもいい感じに成長したのでしょうか。

しかし、1軍メンバーは半端ないですな。何がって、まだ高校生のガキンチョのくせに年上で目上のコーチ陣に普通にタメ口で話す事ですよ。で、今月の内容は前回の中学生軍団VS一軍No11~20の続き。

気を失った仲間を放って行くんですか!?」
「だったら俺はあなた達を許さない!!」

と、仲間が気を失うまでただ見てただけの大石&仁王ペア。
私は気を失った仲間をコートからどかして試合でもするんだろうと思ってましたが、考えが甘かった。気を失うとかそんなレベルではありませんでした。本当に許斐先生は半端じゃありません。

19
そんなレベルじゃなかった

心肺停止してました

まさかの心臓マッサージです。
「器用じゃのぅタマゴ(大石)」とかサラッと流していますけど、テニスの試合で心肺停止するとかまじでパネェな!気を失った仲間を放置するのは許さないとかそういうレベルじゃありません。危うく死んでました。気を失うどころか心臓が停止してる仲間を放置ですよ。本当に命の危機が訪れる高校生テニスはすげぇな、おい。

そのまま試合をしようとする大石&仁王。
危うく命を落とすところだった高校生が注意をします。

「あんたたち中学生が適う相手じゃなかけんっ!」
まずは『同調』というのが出来るようにならんと…」

20
同調

それ得意なんです…なあ

仁王はイリュージョンで菊丸に変身なんだってばよ!
仁王大石はこの為だったのか。へぇーこんな事も出来るんですね。なら菊丸本人が別にいらないじゃんという気もしますけど、菊丸に変身するより真田とか幸村とか越前に変身したほうが強くね

というか、まずは同調とかじゃなくてまずは救急車呼んで下さい
さっきまで心臓停止してた人がいるのに試合をしている場合なのでしょうか。

「おい謙也さん知り合いか?」
「せや…ヒラゼンとハラテツ言うたら、元四天宝寺中テニス部伝説の部長達や

21
伝説の部長らしい

意味不明である。
なんで背中にラケット…と、いちいち突っ込んでたらキリがありませんが、この絵ズラはマヌケそのものですね。

しかし、四天宝寺の伝説の部長と言われてもいまいちピンと来ません。そもそも四天宝寺中学自体が昨年の全国大会の実績が二転三転した学校ですからね。
関連、「テニプリ」昨年全国大会準優勝校四天宝寺登場

昨年の準優勝校と見せかけ、それはスーパーテニス(笑)の牧ノ藤学院であったわけで。その後、昨年の王者・立海を最も苦しめた学校であるとい設定になりました。でも最終的には四天宝寺は去年の全国大会はベスト4で立海を最も苦しめつつも実際はストレートで負けていた学校になりました。

高2のヒラゼンは伝説の部長でもいいですけど、高校1年のハラテツこと原哲也は昨年の四天宝寺の部長ということですよね。つまり、立海にストレートで全敗を喫した代の部長です。ハラテツがなんで伝説呼ばわりなんだってばよ!恥を晒した伝説なのでしょうか。

一方、タカさん樺地の誰得コンビ
青学お荷物ことタカさんがだと思われて伊達男児に「男児の春」という技で吹っ飛ばされてしまいました。凄いネーミングセンスですね。男児の必殺技は自分の下の名前から取って「男児の春」。

23
男児の必殺技『男児の春』

自分の下の名前を必殺技に付けるって…、リョーマなら「リョーマの春」、ジャッカルなら「ジャッカルの春」…と叫ぶようなものです。とても恥ずかしいですね。額の十文字の傷といい、厨二病臭さが半端じゃありません。

穴で無能で身の程知らず扱いされたタカさんは、案の定『男児の春(笑)』で吹っ飛ばされてしまいました。しかしタカさんの目は死んでいませんでした。

22
タカさん

「今のスーパーショットも樺地くんの目に焼きつきました…よ(ドヤ」

あの…凄くかっこ悪いです。
地獄のミサワ先生の「女に惚れさせる名言」みたいな。タカさんは最高にかっこいいポーズを取りつつも、最高にかっこ悪い台詞をドヤ顔で言い放ちました。

タカさんは最初から壁役になる気だったのです。確かに全国大会準決勝でも、今にも死んでもおかしくない虫の息だったくせに相手の腕一本折っただけで勝ってしまったタフネスだけが売りの男。
関連、「テニスの王子様」命をかけた試合決着

三津谷あくとVS柳蓮二、袴田伊蔵VS遠山金太郎…と、魅力的組み合わせも外せません。特に伊蔵なんて金太郎にいきなり頭突きをかまして自分が出血するなど、のっけから美味しいです。

24
袴田伊蔵

自分から頭突きを試みるも、自分の額が割れてしまいました。
あの…凄くかっこ悪いです

やばいですね。高校生軍団。どいつもこいつも突っ込みきれない感が半端じゃありません。というか先月から引っ張っておいて、ほとんど試合すら始まっていません


テニスの王子様 ぎゅっと! ドキドキサバイバル 海と山のLove Passion
コナミデジタルエンタテインメント (2011-06-23)
売り上げランキング: 75