18

「おれはこの2年で7つの変形点を強化一新したんだ!」
「"ランブルボール"が必要な変形は一つだけ!」
他の6つはいつでも自在に変形できる!!

!?

物言い!
物言いがかかりました。
チョッパーは、七形態の内で6つはいつでも自在に変形できるとドヤ顔で言い放ち。背景に毛皮強化がサラッとあります。描写だけなら毛皮強化がランブルボール無しで変形出来るという事のように受け取れます。これが物言いだー!!

海底に潜ったばかりで、スルメことクラーケンに船が襲われた時、チョッパーは迫り来るクラーケンの足から、毛皮強化で見事に船を守りました。この時のチョッパー…。

19
毛皮強化

ランブルボール食っとるがな…
もう何が何だかまったく分からないんだってばよ!

7つの変形の中でランブルボールが必要な変形は1つだという事ですけど、毛皮強化が唯一いつでも変形できないって事なんでしょうか。背景に堂々とあるのに。訳が分からないよ!

そもそもチョッパーの7変形は魚人島でカンフーを武器にする柔力強化が登場してさらに訳が分からなくなったんだってばよ!

チョッパーの元々の変身形態は3つでした。「人型(重量強化)、獣型(脚力強化)、基本形態である人獣型(頭脳強化)」の3形態がいつでも変形可能という、"ヒトヒトの実"を食った悪魔の実の能力によるもの。

20
チョッパーの3基本形態

人型(重量強化)
人獣型(頭脳強化)
獣型(脚力強化)

動物系悪魔の実を食うとスタンダードで3つの変身と3つの強化が可能。そしてチョッパーは長年の研究によってさらに4種類の変形を可能にしたのでした。それがランブルボールを食って変身する4形態。毛皮強化、腕力強化、角強化、飛力強化の4つ。どれも、人型と獣型と人獣型の間を取った変てこな変身。これに加えて魚人島で柔力強化まで飛び出して、チョッパーは8段変身状態になったかに思われました。

新章に入ってから使った強化は以前からあった"毛皮強化"と"角強化"、そしてカンフーの華麗なフットワークの"柔力強化"。でスタンダートの人型(重量強化)、獣型(脚力強化)、人獣型(頭脳強化)は標準装備でしょう。

多分、尾田っち的には作中で2年前にあったのに未だに使っていない"飛力強化"と"腕力強化"を基本3形態の"脚力強化"と"重量強化"で賄える的な成長で一緒にしたかっと思うんだ。チョッパーも「強化一新した」と述べてますし。

21
飛力強化と腕力強化

尾田っちの構想的には"飛力強化"と"腕力強化"の2つの変形を無くしてスタンダートの人型と獣型に組み込んむ事だったと思うんだ。強化一新したなら"飛力強化"と"腕力強化"は基本形態で賄えるし。

つまり、以下の7形態こそチョッパーの七形態という構想のはず。

1、人型(重量強化、腕力強化も賄う)
2、人獣型(頭脳強化)
3、獣型(脚力強化、飛力強化も賄う)
4、毛皮強化
5、角強化
6、柔力強化
7、??????

まだ見ぬ7つ目のチョッパーの変形こそランブルボールを使う変形だったと思われます。CP9戦で見せた巨大化なのか、まったく新しいものなのか。尾田っち的には、"飛力強化"と"腕力強化"は基本形態に含んで、新たな7つ目の形態…という考えだったと思うんですよ。

でも、冒頭で述べた通り。
毛皮強化でランブルボールを食ってるっていう…。
尾田っちは今後、Mr3が水に浮いたたバリの苦しい言い訳をSBSでしなくちゃいけないと思うんだ。それとも、毛皮強化が唯一ランブルボールを食う必要がある強化にするのか。どうすんねん!

でも、今回のチョッパーの重要なのは7変身じゃありません。
やっぱり個人的に、胸が熱くなったのは自らの変形を笑顔で「怪物(モンスター)だ!!」と言い放った事だと思うんですよ。

ヒトヒトの実を食った事で、トナカイとしても人としても中途半端な状態であり、「怪物」と呼ばれる事に思う事がありコンプレックスを持ってたチョッパー。それが笑顔で自分を怪物(モンスター)とか言い出すなんて胸熱すぎるじゃありませんか。

22
モンスター

「おれは人間の仲間でもないんだぞ!バケモノだし…!」
「お前の力になれるなら、おれは本物の怪物にだってなりたい」
おれは生意気な…"怪物"だ!!

最初の出会った時なんて、トナカイの身でヒトヒトの実を食べたせいで、トナカイでも人間でもない中途半端な存在で自分の居場所を見つけられなくて人間の仲間になんてなれないと言ってたチョッパー。「怪物」「化物」と言われて落ち込んだりした事もあったけれど、チョッパーは元気です

ルフィの強引な勧誘で、仲間になったチョッパーはルフィに力になれるならば「もう誰に何と言われても平気」「本物の怪物にだってなりたい」という心境の変化を見せ、ついに自ら笑って自分を怪物(モンスター)と言い出すのでした。

ルフィの力になれるなら、ルフィの仲間だかたこそ、種族とかそういう壁を乗り越えて卑下する事無く怪物(モンスター)と言うチョッパーに胸が熱くなるな。

あと、散々以前に述べたワポメタルがフランキーに使われてました。ワポルの雑食が成せる超合金も結構流通してるのでしょうか。
「ワンピース」ゾロがやる気満々な件
「ワンピース」人魚姫は三十路可愛い!

んで、今回の636話"未来国から来た将軍"というサブタイ。どうやら、ベガパンクの昔の夢の実現したという意味合いのようです。ベガパンクは500年かけて技術が到達するような頭脳の持ち主ですので、「未来国から来た」というのも間違いではないと思います。

で、フランキーが未来国の技術を導入して実現した鉄の海賊(アイアンブイレーツ)フランキー将軍。刮目すべきは変身シーン

23
フランキー将軍

どう見てもピラフ一味のピラフマシンです。本当に(ry
もともと「ドラゴンボール」をリスペクトしまくってる尾田っちでしたが、ピラフマシンの合体までワンピで炸裂するなんて。500年先をいくベガパンク…少年時代の夢はピラフマシンである。

※追記
ツイッターにて2点面白い意見を頂きました!

これはあれだな、「ランブルボールを噛んだのは変形するためでなく強化するため」だと思うな。変形自体には必要ないけど、強化目的で噛んだ。ESみたいな感じ?
毛皮強化はランブルなしでできるけど、あの時はあらゆる事を想定して一応ランブルしておいたんだと脳内補完しておきます・・・

面白い意見ですね!

ONE PIECE 63 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2011-08-04)

ワンピース最強考察
ワンピース最強考察
posted with amazlet at 11.08.30
ワンピ漫研団
晋遊舎
売り上げランキング: 12129