最近の絶望少女達は太ももが大変素晴らしいですよね。もう、前回の可符香の四つん這い太ももはご褒美以外のなにものでもありませんでした。スカートがめくれパンツが見えるか見えないかのギリギリの太ももの素晴らしさは究極と言っても過言ではありません。

そして僕らが望むものはただひとつ。加賀愛の至高の太ももである。
あの水着回で着替え(パンツ含む)が何者かに盗まれて以来、1ヶ月近くなりますが加賀愛は未だに登場しません。3年生に進級してから、まだ未登場なのです。そろそろ登場するはずです。3年に進級し、卒業まであと半年…一体春になったら何が起こるというのか。もう「さよなら絶望先生」から目が離せませんよ!

さあ今週の「さよなら絶望先生」は…!

5
今週の絶望先生

作者「手足口病」のため、休載させていただきます。
久米田先生お大事に!

さて、「モテキ」の久保ミツロウ先生がマガジンに帰ってきて「アゲイン」を連載中なんですけど、今週の話がすげぇ良かったすげぇ良かった(大事な事なので2回言いました)。

連載が始まった時に少し取り上げましたけど。
何もなかった高校生活3年間もようやく卒業、友達もいなかったし思い出もなかった金一郎。ふと思い出すのは、高1の時に潰れてしまった応援団…。そして卒業式の日、階段で転んで気付けば高校入学式。3年前にタイムスリップしちゃったでござるの巻きですよ!やり直す高校生活、応援団に入り人生アゲイン!先日1巻が発売されましたけど、マジお勧め!

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
久保 ミツロウ
講談社 (2011-09-16)

で、今は弱小野球部の応援をする事になり、今年の野球部には凄い1年生ピッチャーがいます。七色の変化球を投げるエース鈴木の投球練習を見て勝てると思うも…、2度目の高校生活の金一郎は何かを思い出すのでした。鈴木は膝をケガして野球部辞めたということを。

サラッと1話に鈴木がいた事にもビックリ。

6
1話

野球部で、すぐ膝壊してずっと彼女もできなかった鈴木

まだ、膝を壊してない鈴木に未来を変えるのかと思いきや、実際は好きだったマネージャーがキャプテンと付き合っていると知って心が折れたというしょうもない話でした。このマネージャーがうざいんですけど、ビジュアル的にはすげぇ可愛いから余計に悔しいという。

7
マネージャー

まさに10年に1人の逸材である。
しかも幼馴染だったとなれば、アゲインする前の鈴木の心が折れた気持ちが分かる。分かりますよー。んで、しょうもない恋愛相談とか金一郎にしたり、自爆したりと…こりゃギャグエピソードかと思いきや、これが凄くいい話になってしまって胸が熱くなるってものですよ!

学校サボってAV見て「死にたい」とかメールした鈴木。
というか、今週の扉絵がどう見ても「もしドラ」のパロだったんですけど、鈴木が見てたAVはもっと酷い

8
鈴木の見てたAV

パッケージが「もしドラ」で、AVのタイトルが「俺の高校野球の女子マネジャーがこんなに『ヤリマン』なわけがない」と「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のパロディ。このAVのい内容が「わたし…せんぱいのボール欲しいの…」「インコース…えぐって…」「内角で…せんぱーい」と、普通にありそうなのが凄い。というか、そのうち普通に.TMAで出そうなAVですよね!

また、今回の22話サブタイ「ヘビーローテンション」とか、そのうちAVデビューする娘というのが山口りことしか思えないし、色々アレで非常に楽しめますね。で、鈴木にもとにキャプテンとマネージャー登場である。

キャプテン「鈴木…気が済むまで俺を殴ってくれ」

うぜぇ…!キャプテン100%善意でやってる行動なんだけど、死ぬほどうざいです。そのままキャプテンとマネージャーが鈴木を抱きしめて野球を辞めるなとか色々と言い出すのでした。

9
鈴木を抱きしめ説得


「気が済むまで俺を殴ってくれ」「野球の才能があればいいじゃないか。俺はそっちがうらやましいよ」「お前こんなことで終わっちまう訳ないだろ?」とキャプテン。マネージャーは「私は野球やってる鈴木が一番好き」「私のでいで夢をあきらめて欲しくないよ」と…。完全に茶番です。そんな茶番に金一郎は割って入ってきました。

「鈴木、何そんな青春ごっこつき合ってんの?」。
「よってたかって鈴木のこと可哀想だの決めつけやがって。それを決めるのは鈴木自身なんだよ。他人じゃねえ」

10
金一郎

野球やってない鈴木をクズ扱いすんなっボケが

リア充(キャプテン、マネージャー)VS非リア充(金一郎、鈴木)のような構図。もちろん僕たちは金一郎の側に立って読んでしまいますね。しかし、あの「無気力、無意味、無駄」の3Mだった金一郎が熱いっすな。青春してんのは金一郎と鈴木のほうじゃねーのっていう。もちろん「ごっこ」ではなく「ガチ」の青春

そして、アゲインする前の世界では鈴木は女の為に野球をやっていたのですが、アゲインした世界の鈴木は野球部へ戻ってきました。

11
鈴木&金一郎

鈴木「次の定期戦、絶対俺投げるから。今村応援してよ
今村「応援するよ

もう女の為に野球やる鈴木じゃねー。
そして応援団としてか私的からか金一郎も「応援するよ」と。いい話だな、おい。はじめて出来た金一郎にとっての友達の鈴木。こいつら、最高じゃねーか!胸が熱くなったんだってばよ。しかし、金一郎は彼女候補のレオといい、親友になりそうな鈴木といい何気にリア充まっしぐらですな。

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
久保 ミツロウ
講談社 (2011-09-16)