キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2012-04-04)

キン肉・肉・肉・2×9=18(挨拶)
なんと元祖「キン肉マン」38巻が発売されました。「キン肉マンⅡ世」ではなく、正真正銘の元祖「キン肉マン」の続編です。帯には「超人伝説、再び!」「24年ぶり、元祖『キン肉マン』復活!」と震える言葉が躍っています。まあ、2年前にジェロニモが登場人物紹介でハブられた37巻が出たような気もしますが。こちらは読み切りを収録したもので、38巻は正真正銘の元祖「キン肉マン」の続編となっています。

元祖「キン肉マン」といえば、最後にキン肉マンスーパー・フェニックスとの王位争奪戦を制して死んだ超人を生き返らせて終わりました。そして2008年にジャンプでその後が読み切り掲載されたりしました。物語は王位争奪戦から1年半後…。いきなりテリーマンが子供と犬を助ける為に新幹線を止めていました

12
テリーマン

思い出すのは超人オリンピックでの新幹線アタック予選。迷い込んだ犬を助ける為に新幹線を止めて失格になってしまいました。世の中には勝利より勝ち誇るに値する敗北があるですよ。旧作ファンにな涙が止まらない演出です。

どうもテリーマンっていまいち恵まれない扱いなんですよね。
7人の悪魔超人戦での数少ない勝利やキン肉マンとのタッグでの成績など実力者である事は疑いようもありません。

でも、最終章の王位争奪トーナメントでレギュラー落ちしてしまったのはいかんともしがたいと思うんですよ。最終決戦でのレギュラー落ちして、その他の超人と一緒にキン肉マンの元へ駆けつける役だったのは泣けます。ウォーズマンのマスクが修正したてたり壊れてたりした以上にテリーマンの扱いが気になっていました。

そんな最終決戦でレギュラー落ちしたテリーマンが38巻、「キン肉マン」の続編では大活躍するというのだkらたまりません。正義超人&悪魔超人&完璧超人の間で平和条約が結ばれ真の平和が訪れる…と思ったら、真の完璧超人、エリート中のエリート「完璧・無量大数軍」の登場である。

13
完璧・無量大数軍

当時から放置されてた完璧超人軍。
ネプチューンマンが決死の自爆で終わってしまいましたが、その後にオメガマンが登場してネプチューンマンに対して完璧超人の裏切り者と言ったり、Ⅱ世では完璧&悪魔&残虐が手を組んでたりしましたが、完璧超人は滅んでなかったのかと謎でした。それを上手く使った新章であります。

真の悪魔超人を相手に、まずジェロニモがカマセ犬になってくれました。
Ⅱ世では伝説超人とか言われていましたが、冷静に振り返るとジェロニモの成績はしょっぱすぎです。ってかサンシャインに勝った1勝だけです。案の定のカマセ犬っぷりに涙が止まりません

14
ジェロニモ

先輩が行く必要はねぇ…
こんなやつら全員このオラがぶっ倒してやるだ!(キリッ)



3ページ後…



15
全員このオラがぶった押してやるだ…

どう考えてもジェロニモは人間だった時のほうが強かったと思うんだ…。
ジェロニモが見事にカマセ犬役になり、スペシャルマンとカナディアマンもお約束の如くやられてしまいました。残ったテリーマンは1人で真の完璧超人全員を相手にしてやると豪語。テリーマンかっこいいです。

マックス・ラジアル相手に大苦戦するものの見事な勝利を収めたテリーマン。やはり地味ながらも実力は相当なものですね。立つのがやっとのテリーマンの元にキン肉マンが駆けつけるとか胸に熱いものがこみ上げてきました。めちゃんこ燃える!

16
キン肉マンとテリーマン

めちゃ良い。
胸が熱くなる友情である。キン肉マンが駆けつけた事によって、瀕死のテリーマンも立ち上がる。これぞ「キン肉マン」伝家の筆頭友情パワーですよ。震える展開ですな。

そしてテリーマンに負けたラジアルは真の完璧超人として自害。
自害したラジアルに憤慨したのはテリーマンである。闘いを通して友情を深めてきたテリーマンにとっては信じられない光景なのでした。曰く…。

試合によってお互いがわかり合うために闘っているんじゃないのか
闘う事によって友になるかもしれない者
オレの闘いの理念は敵との闘いの後…そいつとわかり合うための闘いなんだ

さすがテリーマンである。
ちなみに、ラジアル戦ではゴング前に奇襲をかけるロビンマスク戦を彷彿させるえげつない反則速攻技でした。

17
分かり合う為に戦う男

ゴング前に襲い掛かる、そんな卑怯なマネ」をしておいて、闘いの後にお互い分かり合うと堂々と述べたテリーマン。さすがテリーマンである。と、読めば色々と突っ込みどころ満載な「キン肉マン」。ゆでたまごイズム炸裂です。

しかし、勢いとか熱は半端ない。
なんといっても、助っ人として登場した仲間(?)には震え上がるというもの。真の完璧超人に対するは何と、悪魔超人たちなのです。しかも最初の7人の悪魔超人が出てきたとなったら、僕の心の琴線を鷲掴みにするのは必至。

18
駆け付けた超人

ゲ―――――ッ!
ステカセキングとブラックホール!!


死んだんじゃなかったのか!
まさかの7人の悪魔超人が駆けつけてくれたのである。こいつら死んだはずじゃ…。少なくともブラックホールは超人墓場にいる事が確認できます。何の説明もなしに生き返った7人の悪魔超人。まあブラックホールなんて、首チョンパして腕取られても、超人タッグ戦で何の説明もなく生き返った実績がありますが。

さすがゆで先生である
悪魔超人では一番弱いと言われている(でもウォーズマンを葬ってる)ステカセキングといい、ブラックホールといい、なんて面白い組み合わせなんでしょうか。めがっさ燃えるというものですよ!先の事なんて知らん、1話入魂…いや1コマ入魂というパワーが溢れています。めちゃ熱く面白い!

キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2012-04-04)