ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2012-05-02)

「ワンピース」66巻が発売されました。
各話の感想はジャンプ掲載時に書いていますので、そちらを参考に!

647話、「ワンピース」止まれノア
648話、「ワンピース」タイヨウへと続く道/ジンベエ、おれの仲間になれよ
649話、「ワンピース」古代兵器ポセイドン
650話、「ワンピース」知っておくべき2つの変化
651話、「ワンピース」新世界からの声
652話、「ワンピース」新たな伝説の予感!
653話、「ワンピース」ヒーローの帽子
654話、「ワンピース」新世界へ
655話、「ワンピース」ポニーテールとシュシュ
656話、「ワンピース」スモーカーの正義

以前、海底に潜ったばかりでクラーケンに船が襲われる際にチョッパーが食う必要のないランブルボール食っとるがなと突っ込んだ事がありました。この疑問がSBSにも送られたようで、尾田っちは以下のような解答をしていました。

Q、64巻第636話198ページ、199ページで、チョッパーがランブルボールが必要なのは一つだけで、他の6つは、いつでも字勢に変形できると言っています。その中に"毛皮強化"も含まれてますよね?でも、62巻605話38ページに、ランブルボールを食べて"毛皮強化"しているチョッパーがいます。なぜですかー?
Aはい、確かにねー。65巻でランブルボールを使うとチョッパーはモンスター状態で戦える事がわかりました。―となると、他の変形にランブルボールがいるわけないよね!これはどういう事かというと…答えてくれたまえ!「P.N.逃げは一流の腰抜け」君!

62巻の第605話でチョッパーが"毛皮強化"の前にランブルボールらしきものを食べてますが、成長したチョッパーには必要ないハズです。僕はもちろんアレが最近はやりのランブルボールキャンディだとわかっていますが、大抵の読者はランブルボールだと勘違いしてしまったでしょう!まったくチョッパーめ、紛らわしい事しやがって…!!

な、なんだってー!
って「P.N逃げは一流の腰抜け」君はどう見ても尾田っちです。本当にありがとうございました。他にも、麦わら一味の血液型が載っていたりと見どころ満載でした。

そして、最近の単行本では恒例となっているキャラの若い頃の姿。64巻ではペローナ、ホグバック、シンドリーに加えてココロさんの若い頃が掲載されていました。ココロさんといえば、作中本編で初めて登場した人魚で僕らはサンジ同様に絶望させたものですが…。

15
若き日のココロさん

時の流れって残酷だな…

さて、今週の「ワンピース」666話"イエティ COOL BROTHERS"
扉絵シリーズ世界の甲板からでは「インペルダウン LEVEL5.5番地ニューカマーランド新女王ボン様」として、生死不明だったボンちゃんが登場。生きてて良かったものの、もうルフィ達と絡む事はないかもしれないと思うと寂しいですね。

冒頭から「死体が3つ転がってる…」と衝撃的なイエティの台詞。
前回にも述べましたが、どう見ても雪中で闘った形跡がないのは気になるところです。しかも「筈」って何だよ。ゾロ達が倒れてる付近に足跡があった事から目の前通ったはずなのに生きてるか死んでるか確認してないのかよ。ルフィが蹴りを空振りすれば「消えた!」と驚いていた事から何らかの能力者だと思われますが。それとも、崖の上で戦ったんだろうか。

しかし、今回の茶ひげの不憫さは半端じゃないですね。

16
茶ひげ

「ニセコイ」の小野寺さんに並に可哀相な扱いです。
てか、イエティ兄弟は銃で戦闘してますけどゾロ達を倒したんならば、もっとゾロ達の服がボロボロになっててもよさそうなものですが。

今回はローがパンクハザードに上陸してきたばかりの過去エピソードがありました。どうもローは政府の研究を探っている節が伺えます。

17
ロー

この研究所内には現在にも続く、世界政府の研究のあらゆる証跡が残ってるハズだ

―勿論、おれがここにいる事も他言するな『JOKER』にもだ

むむむむ、何とも意味深な発言ですね。
以前にルフィに対しては「お互いに取り返すべきものがある」、スモーカーに対して「お前らは何を企んでやがる?」「場所を変えなきゃ見えねェ景色もあるんだ」と述べていた事も気になります。

ローの取り返すべきものって未だに登場してないハートの海賊団の仲間達でしょうか。どうも数ヶ月前からパンクハザードに滞在してる事が判明し、ベポたちはどこ行っちゃったんだよ!

あと、何か政府が企んでると睨んでいるようで、パンクハザードで政府の研究あらゆる証跡を探っているとらしい。パンクハザードって元々ベガパンクの実験施設政府で毒ガスや兵器の開発をしてたらしいけど。ローは何を探っているのか。「JOKER」を知っているのも興味深いですね。

他に、シーザーが子供達を薬物中毒にしていると聞いて、「誰かを思い出す」と述べた台詞。

18
誰かを思い出す

趣味の悪ィ男だ…誰かを思い出す…

一体誰の事なのでしょうね。
趣味の悪さなら幼少時代にナイフ片手にカエルの解剖してたローも相当なものだと思いますけど。毎回のように意味深に謎めいた事を言うロー。何者なんだってばよ!そして勝手に動いて「どこへ行こうがおれの自由だ」と洞穴に向かうのでした。これは海軍がいる穴に繋がってるかしら。

また気になったのはモネ。
ローが来た時は人間でシーザーの助手のような立場だったこと。毒ガスにやられた元囚人ではなかったようです。手足も普通に動かしていました。たった数ヶ月で五体満足の人間が何で鳥人間になったのか…。脱走した犯罪者であるシーザーの助手?分からん。

色々と謎だらけで何一つ分かりません。
ただ一つ分かった事は…。

19
モネ

モネが凄くタイプだという事です(結論)。

ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2012-05-02)

ONE PIECE Log  Collection  “NICO・ROBIN
エイベックス・エンタテインメント (2012-07-27)
売り上げランキング: 237