「ワンピース」671話"ガスガスの実"
今回の話は、ルフィ&ロビン&フランキーのサイド、ゾロ&サンジ(見た目ナミ)&ブルック&絹えもんのサイド、ロー&チョッパーのサイド…と3つの視点で物語が進んでいきます。

まずは、ゾロ達サイド。
湖周辺でスライムに出会っている。ブルックは、この怪物の名前がスライムであるとズバリ当て、本で読んだ事があるそうです。

11
意外と博識なブルック

スライムとは女性を好んで襲い、その体液で女性の服のみを溶かしてしまうハレンチ怪物

ブルックが読んだ本は「バスタード」の可能性が微レ存?
「ワンピ」のスライムも素晴らしい怪物ですね。
ていうか、スライムという生物が実在するらしい。

パンクハザードにいるスライムはガスを圧縮して作られたらしく、てっきり悪魔の実でも食ったから動いてるかと思いましたが、スライムという生物が存在するなら、圧縮したガスとスライムを合成させたのが、パンクハザードにいる巨大スライムなのだろうか。

一方でルフィ達のサイド。
予想以上にシーザー・クラウンが強くてビックリです。自然系"ガスガスの実"を食べてるといっても、所詮は科学者。戦闘能力はそれほど高くないと思ってましたが、普通にルフィと闘えている。意外と鍛えているんだろうか。

毒ガスを出せばルフィには効かなかった。

12
毒ガスが効かない?

ルフィはマゼランとの闘いで毒類に耐性が出来ていた。
実験を繰り返したおれのガスの殺傷能力」というシーザー・クラウンのガス。ただの"ガスガスの実"の能力者というだけではない事が伺えます。自分の能力を実験で引き上げている。それがルフィには効かない…?

否であった
毒ガスを食らった後にピンピンしていたルフィだが、突然苦しみだした。周囲の人たちは何が起きたか理解できない。ルフィは何で突然倒れたんだってばよ?シーザーはニヤリと笑い「ナメられたモンだぜ…」と言い出す。

13
ルフィ倒れる

誰もがルフィに何が起こったか分からない中でシーザーだけは分かっていた。「あァ~ナメられたモンだぜ」という台詞からシーザーが倒したようだ。いつの間に?

シーザー・クラウンは何故か"M(マスター)"という通称。
科学者らしくプロフェッサーとかドクターと呼ばれるなら分かります。それがなぜマスターなんだっていうね。マスタードガスwiki)という毒ガスからでしょうかね。

マスタードガス
残留性および浸透性が高いことが挙げられる。特にゴムを浸透することが特徴的で、ゴム引き布を用いた防護衣では十分な防御が不可能である。
マスタードガスは遅効性であり、曝露後すぐには被曝したことには気付かないとされる。

マスタードガスはゴムを浸透し遅効性なんですって。
どうもシーザーの毒ガスはマスタードガスの可能性が高そうである。

そしてロー&チョッパー。
研究室ではシーザーが外に出ておりモネ1人なのをチャンスと思ったロー。モネを連れ出すわけですけど、この時の台詞が引っ掛かる。

14
モネを連れ出す

「ちょっとお前の能力を借りてェんだが…一緒にいいか?」

モネって数か月前にローが来たときは普通の人間だったんですよね。少なくとも毒ガスで下半身が動けなくなった囚人達とは違いました。手術とか改造で半身動物になったわけではなく、「お前の能力」って言い方だと悪魔の実による鳥人間の可能性もありそうです。

そしてローは突如苦しみだす。
心臓を抑えて吐血し倒れてしまう。誰かにやられたようだ。

「…そこにいんのは誰だァ!!!」
「何でお前が…ここにいる゛」

15
謎の人物

何年振りだろうな、大きくなったなロー

誰だよコイツ!?
むむむ、次回休載なのに凄い引きで終わったぞ。生殺し状態で先が気になりまくる。こいつは誰なんだろうか。ちょっと考えると以下のパターンが思い浮かぶ。

1、青キジだよ(靴派)
2、ドフラミンゴだよ(スマイル派)
3、新キャラだよ(王道派)
4、その他(他の既存のキャラの可能性)


さあ、どれだ!
まず「1」の青キジじゃないかという根拠は靴。
見た感じ、青キジの履いてる靴と同じである。

16
靴が青キジと同じ

とはいえ、青キジだとしたらロー相手に「何年振りだろうな、大きくなったなロー」と言うだろうか。頂上戦争時でルフィを助けに来たロー相手に氷河時代(アイスエイジ)をぶっ放した事があったし。

「2」のドフラミンゴは海賊のシンボルマークが似ている点から、以前から何か関係があるのかと思ったものです。

17
ローのマーク / ドフラのマーク

ドフラミンゴといえば「時代はスマイルさ」などと謎の台詞を言い放ったり未だに謎だらけのキャラです。ドフラミンゴのシンボルマークはスマイル(斜線があるが)なので意味深すぎる。特に興味深いのは、新時代(白ひげが死んで均衡が崩れる)の到来を確信していた点。

本物の海賊だけが生き残れる世界がやってくる!力のねェ奴は逃げ出しな!手に追えねェうねりと共に豪傑共の…"新時代"がやって来るのさ!」(303話)

白ひげは頂上戦争で死んだけど、これを予め分かっていたというのだろうかドフラミンゴは。何よりも、白ひげは頂上戦争時点では最初から相当弱っていた。何かの病気になっていたのは明白である。初登場時は点滴を打っていました。何度も述べたけど、その点滴がスマイルマークだったりする。

18
白ひげの点滴

謎すぎる。
新時代の到来、白ひげの死を知っていたドフラミンゴ。そして白ひげの点滴と、何かある臭いがプンプンするぜ。シャボンディの人身売買の店が潰れそうになった時には「人身売買なんて古いんだよ、時代はスマイルさ」と述べていた。人身売買に代わる商売、スマイルというのは薬物的な何かなんだろうか。ローはドラッグキャンディを聞いて「趣味の悪い男だ、誰かを思い出す」と述べていたが。

とはいえ、シルエット的にドフラミンゴには見えない。
奴は足を広げてガニ股歩きで、シルエットの人物のような真っ直ぐカツンカツンという歩き方ではないと思う。この歩き方でなければ僕はドフラミンゴかなと思ったけど。

個人的には「4」新キャラかな。
モネはこの人物がいる事を知っている様子
「何年振りだろうな、大きくなったなロー」という台詞から、ローの子供時代に関係ある人物の可能性が高そう。ローの子供時代といえば、64巻のSBSではカエルを解剖している様子が伺えた。

19
ローの子供時代

カエルを解剖する子供。
少年時代に将来は医者になると決めていたのかもしれない。個人的に引っ掛かるのは着ている服装だろうか。他のキャラの少年時代の服装とは一線を画す。どう見ても金持ちである。そこらの金持ちではない。サボとかステリーのようないかにもな坊ちゃんの服装である。つまり、ローは貴族生まれの可能性がある

ローの出身である北の海(ノースブルー)といえば、400年前にはノーランドのルブニール王国があった。王族も貴族もいました。作中ではサンジ、ベラミーも北の海(ノースブルー)出身。ローは北の海の王国の貴族の可能性が微粒子レベルで存在する?

なんで海賊をやっているのだろうか。
貴族(少なくとも金持ち)で海賊になるとは余程の事があったのだろう。「お互いに取り返すべきものがある」「お前らは何を企んでやがる?」「場所を変えなきゃ見えねェ景色もあるんだ」など、パンクハザードで謎の台詞を連発していましたが、この台詞に関係ある人物でしょうか。

あと、ローの苦しむ様子あたし気になります
一見すると謎の人物の能力にやられたように見えるが、本当にそうなのだろうか。モネは平然としてローだけ苦しむし。モネは謎のキャラがいるのは知っていたようだけど、ローが苦しんで倒れるのはガチで驚いていた。

20
ロー苦しみだす

「誰だ…」「そこにいんのは誰だァ!!」と、誰かがいるのは気付いたけど近付いて顔を見せるまで誰だか分かっていなかった。謎の人物を知っているのに苦しんで吐血しても誰がいるか分からない…、つまりローが倒れたのは謎の人物の能力では無いっぽい。

じゃあ何かっていえば病気かなぁ、と。
そういえばVSスモーカー戦で、無駄に息切れしていた(スモーカーは心臓取られる時だけ息切れ)。一撃もスモーカーから食らってないのに「ハァハァ」と。ただローにスタミナが無いというだけではなさそう。たぶん心臓病である。

というか、ローの症状。
ハァハァ言って吐血する心臓の病…見たことあるぞ

21
どこかで見たことある症状

Dr.ヒルルクである。
たまに発作のように苦しみ「ハァハァ」息切れし吐血していた。心臓に重い病を持っており、世界中の名医を訪ねて回ったけど誰も直せる者はいなかった。"不治の病"だった。でも桜を見たら治った、と。しかし、実際には心臓病はまったく治っていなかった。

今のローの症状とまったく同じなんだが、Dr.ヒルルクとローは同じ不治の病の心臓病の可能性も微粒子レベルで存在する?近くにチョッパーがいるのも気になる。まあ色々考えても分かりません。次回は休載です。

ただ一つ分かることはルフィが無事(その後倒れたが)だと分かり「ほっ」と胸をなでおろすロビンが凄く可愛かったという事だけです。

22
ロビン

今回は、ナミ(中身サンジ)もモネも可愛かったけど、ロビンのこの「ほっ…」が一番だと思います。