【Amazon】魔女の宅急便 [Blu-ray]
【Amazon】おもひでぽろぽろ [Blu-ray]

スタジオジブリの「魔女の宅急便」と「おもひでぽろぽろ」2作品を12月5日にBlu-ray化。特典として絵コンテやアフレコ台本などがが収録。(参考

さて…。

グラゼニ(6) (モーニング KC) グラゼニ(5) (モーニング KC)

「グラゼニ」5巻&6巻が発売されました。
2ヶ月連続刊行。主にマネーを扱った野球漫画である「グラゼニ」ですが5&6巻の面白さはただ事ではありません。なんといってもオフシーズン到来である。シーズン中よりも見所満載すぎます!
<関連>
「グラゼニ」プロ野球選手の銭にスポットを当てて面白い
プロ野球選手の銭や金にスポットを当てた「グラセニ」は要チェック!

やはりマネーにスポットを当てている野球漫画なだけあって、オフシーズンこそが「グラゼニ」の魅力が凝縮されていると言っても過言ではありません。ちょっと5&6巻の見所を箇条書きすると…。

あくまで「グラゼニ」は架空のプロ野球チームを扱っていますが、当然元ネタのプロ野球チームはあります。凡田の神宮スパイダースはヤクルトスワローズですし、その他の球団も現実のプロ野球の元ネタがあります。そんな中で、今回は情緒あるのはテンプターズ(元ネタ阪神タイガース)の本拠地の甲子園話ですよ。

改修したテンプターズの本拠地の甲子園の話はグッときてしまいますね。イカの丸焼きの話をしていた。恐らくイカのゲソ焼きが元ネタなんでしょうが、そういう実在のプロ野球の話を絡めてくるのがいいっすなぁ。風情があります!

12
甲子園を語ります

あの"古さ"が良かった。あの"猥雑感"が良かった。やっぱ甲子園の照明塔はコレでなきゃ…

甲子園の良さを語るは、関西出身のテンプターズ是川。神宮スパイダーズから神戸オックスへトレードされ、子供頃から大阪テンプターズのフェンであった、甲子園は最高だと語るのであった。「グラゼニ」の面白いとこは現実のプロ野球同様に無情である事でもあります。

是清トレードのエピソードはいい話に語られ、新天地で活躍するのかと思いきや、まったくそんな風にならないっていうね。

13
是川

翌年の是川は…神戸オックスで1試合も登板することはなかった…。
その年、引退…。


えぇ!?
2話も使って凡田と飲んだりしたのに、無常にも是川はトレードされた翌年に1試合も登板すること無く引退したと語られるのである。そう、オフはトレードの時期でもあり、解雇の時期でもあります。

東光さんが戦力外通告を受けてトライアウトを受けるエピソードなんて、なんとも言えない気分になってしまいましら。無常なのがプロ野球でもあります。それは引退し解説者になっていたトクちゃんにも当てはまり、ラジオの解説を解雇されそうになる話など、興味深いです。

また、ファン感謝デーでは飲み屋の"ユキちゃん"と握手するというイベントが発生。

15
ユキちゃん

ユキltやんは、ただの一発キャラでなくちょくちょく再登場し、実は凡田との仲が進展しているんじゃないかと思えなくもない。ひょっとしたら将来、本当に凡田の嫁になる可能性が微粒子レベルで存在する…?

何よりもオフシーズンのキモは契約更改にあり!
かつて、現実のプロ野球でも幾多の伝説を生んだのが契約更改である。「誠意は言葉ではなく金額」、「おかしい…こんなことは許されない…」、「来年の5月に子供が生まれるんです。何とかミルク代として」、「携帯電話と同じ。新規加入者にはいい条件で、既存の人にはそのまま」…と、最高のネタを提供してくれました。

で、凡田の金額は…!

14
凡田の金額

2.450万円なり…。
といってここの金額は、仕込みで50万アップ前の金額。つまり球団から提示された金額は2500万である。ここから凡田はさらに100万アップを球団と交渉するのである。

16
希望額は2600万円

で、球団へのアピール、つまり銭闘が開始されるのだった。まあ、これが凄い面白いわけですよ。これこそゼニを扱う野球漫画「グラゼニ」というべきものでした。

凡田は最初は、スパイダースの記念スべき球団創設4千勝、ベテラン投手の150勝目に貢献したとアピール。球団側はそれ込みで2500万の評価であると説明すれば、ここから粘りのアピールである。そこからの銭闘っぷりは、納得できるような出来ないようなものでした。でも、このやり取りが半端無く面白かったです。プロ野球の醍醐味は契約更改に有り!

とりあえず1シーズン終了した「グラゼニ」。
来シーズンも本当に楽しみですね。
<関連>
「グラゼニ」プロ野球選手の銭にスポットを当てて面白い
プロ野球選手の銭や金にスポットを当てた「グラセニ」は要チェック!

グラゼニ(7) (モーニングKC)
アダチケイジ 森高夕次
講談社

グラゼニ(6) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-07-23)

グラゼニ(5) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-06-22)


魔女の宅急便 [Blu-ray] おもひでぽろぽろ [Blu-ray]