成程
成程
posted with amazlet at 12.08.15
平方 イコルスン
白泉社

楽園連載の平方イコルスン先生の「成程」が発売されました。帯には「今、そこにあるはずの日常」と書かれている通り、日常を扱った作品。とはいえ、今流行りのゆるい日常系とは違い、独特の世界観のシュールな日常である。いわゆる何度も噛みしめたくなるスルメ漫画である。

また、巻末にはゲストイラストが掲載されています。
そこに「さよなら絶望先生」の久米田康治先生も!

1
久米田先生のイラストも

妙にクセになる「成程」。噛みしめて何度も読み返したくなるスルメ漫画であると同時に、目つきの悪い女の子も個性的で可愛くなってくる。個人的なお気に入りは「貫通」「性的寄り道」「発掘」あたり。

さて…。

あやかし古書庫と少女の魅宝 (1) (REXコミックス)

ドリヤス工場先生の「あやかし古書庫と少女の秘宝」1巻が発売されました。
どんなストーリーか簡単に説明すると、主人公国分寺イクオは祖父から古書店を譲り受け店番をする毎日。実はその古書店には、世界の英知の結晶とされる秘宝が眠っている事が発覚し、その秘宝を巡って次々と敵が襲って来て、イクオの平凡な生活は崩れ去った…というもの。美少女2人と一つ屋根の下だぞ!

…と、説明だけではありきたりなラノベでありそうな展開ですね。
いや、設定だけならまったくその通りなんですけどね。日本刀を使う美少女・八坂七星と英霊を使役する戦乙女(ワルキューレ)の能力者・中神先輩を交えたドッキドキ三角関係と、王道の異能力バトル展開。

…はい、ラノベとかでありそうな内容といったところですね。それが、なぜこんなに僕の心の琴線に触れるかといえば絵柄に尽きます。

9
絵柄に尽きます

水木しげる先生タッチ
水木しげる先生がラノベを漫画化したらこんな感じになるというのを地で行っています。この絵柄でバトルをしてハーレム展開である。随所に溢れる水木愛といい、一発で僕の心の琴線に触れます。というか面白いです。

元々同人で、水木しげる先生タッチでのパロディに定評があるドリヤス工場先生が初の(?)オリジナル漫画である。なんというか、シュールで笑えます。もはや全コマ笑を取りに来ているといっても過言ではありません。僕は笑いながら読みました。

10
シュールである

三角関係ものではお馴染みの、偶然押し倒す格好になってしまいその様子をもう一人に見られてしまう…というもの。ベッタベタである。水木タッチでベッタベタな展開をするというだけで、十分面白い。また、間の取り方や擬音など、水木しげる先生リスペクトを随所に感じるのもグッドです。

水木タッチで今風のバトル展開…。
これがダイナミックな緊迫感を生むかといえば、まったくない

11
バトル展開

大ゴマや見開きを駆使してドンっとかっこよい絵写とかそういうのはない。緊迫感が無いといえばその通りですが、逆にいえばテンポ良く進むのである。古き良き時代のサラッと読めるテンポの良さ。

また、主人公・イクオの能力も良い。
仲間である2人のヒロインズが刀鍛冶(ソードスミス)、戦乙女(ワルキューレ)という能力なのに対して、主人公は「一度だけの複製(コピーアットワンス)」の使い手である。この辺りの設定も王道である。いちいち横書きの必殺技が水木タッチで描かれるのも妙な面白さがあります。

で、やってる事は一つ屋根の下の三角関係である。
ヒロイン2人とも美少女という設定であるが、この絵で萌えられるかといえば無理です。それでも、説明できない可愛さがある

12
萌えとは違う可愛さがある

なによりも普通に続きが気になる構成なのがいいっすな。
秘宝を狙って迫りくる組織の敵を撃退し、サクサクと物語が進む。やってる事は現代風の厨二的な水木漫画なのですが、テンポが良くてダレません。2巻が普通に楽しみです。
<関連>
7月のお勧め漫画


キラ☆キラ 5th Anniversary Live Anime KICK START GENERATION [Blu-ray]