少年バンビ (マーガレットコミックス)

ドストライクだった。
タカハシマコ先生のマーガレット系で掲載された作品を集めた短編集。素晴らしい甘さとキュンキュン具合です。表題作「少年バンビ」の他に、「in vitro」「夏がくれば思い出」「CHOCOLATE TRIP」「picnic in the water」「水玉ホリデー」の計6本の短編の収録。タカシマコ先生はちょっとダークな話よりもど真ん中な甘い少女漫画が僕の心の琴線に触れるようである。

6つの内容は様々です。やはりタカハシマコ先生の描く女の子はクソ可愛い。もちろん男もかわいいんだけど。

【少年バンビ】
かわいいものが大好きな少女とかわいい系彼氏の話。「かわいい=好き」という思考回路で色々と挑戦するけどかわいい度というか女子力は負けている。彼氏に「かわいい」と思われたいのにいつも「かっこいい」と言われてしまう。もう勘弁して下さいという砂糖全開の甘さでした。

【in vitro】
高校の文化祭に見学に来た中学生の少女が美術部の展示された絵を描いた男に一目惚れ。キラキラに輝いていたそうな。翌年その高校入学し美術部に入部し一目惚れした相手を探す。しかし美術部にいるのは冴えない影の薄い男だけだった…というもの。

19
影うす

ポイントは主人公の娘は目が悪く中学の時の文化祭はメガネ無しで高校入学を機にメガネっ娘になったのでした。さらに相手の男も目が悪く1年前の文化祭ではメガネ無しで見学に来ていた娘に一目惚れしていた…。はい、オチまで直ぐに分かりますね。

メガネを取るとキラキラに映ります。
眼鏡を装備するとダサい。眼鏡を外すと素敵。それぼやけてよく見えないだけや!それでも段々お互いが惹かれていくのはキュンキュンするね。しかもベッタベタな眼鏡イベントまで炸裂である。

20
眼鏡イベントですよ!

キスしようとしたら眼鏡と眼鏡がゴッツンコ。
このシーンは丁寧に詳細に間の取り方と、お互いの顔が近くなってから両者の目が合いキスしようとする流れまで含め完璧であると言いたい。めがっさニヤニヤしたのであります。

これは素晴らしいメガネ漫画であった。
両者がメガネ無しの状態でアイテムとしての眼鏡がいい塩梅で効いています。アイテムを題材にしたというと前作のマーガレット系短編集「乙女座・スピカ・真珠星 -タカハシマコ短編集-(AA)」でもアイテムで物語を紡いでいたんですが、こちらは話の完成度などさらに上。メガネをここまでラブコメ的に活用できるのかと感心しました。終盤の「だって…眼鏡かけてるのにキラキラなんだもん」は辞世の句にしたい程の名言です。

【夏がくれば思い出】
ヤバイな!俺の頬がヤバイ。ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するっつーの。幼なじみものです。物忘れが酷い男と年上の女の子の幼なじみ。「いつの間にか成長してた」&「幼い頃の思い出」という幼馴染ものとしてのツボを押さえたもの。

21
幼き日の思い出

幼なじみはいいね。リリンが生み出した文化の極みだよ。
ぶっちゃけ少々パンチは弱かったんですけど、幼馴染補正がかかってニヤニヤ度は3割増しですよ。やはり恋する乙女は可愛いとししか言いようがありませんね。

【CHOCOLATE TRIP】
好きな人に本命チョコを渡そうと高級チョコを購入したら、好きな人は彼女持ちだった。チョコ買ったその場で判明し、無駄になった本命チョコを購入する時に譲って貰った男へ上げてしまう。で、その片想いだった相手&彼女と、無駄になったチョコを上げた男が翌年度クラスメイトになる。

仲良くなる4人。片想いで失恋した少女の心情を当てたもの。
まあ実に甘酸っぱい青春です。だけど、あの時失恋した少女が無駄になったチョコを上げた男は恋してたという。

22
恋してました

男がヒロインすぎた
少女漫画なので片想いを失恋した少女にスポットを当てて心情を吐露するように描かれてるけど、男の立場から見たものを読んでみたいと思います。だって見ず知らずの少女にバレンタインチョコ貰って、翌年度に同じクラスになって仲良くなる。これ少年漫画とかだったら男が主人公になって悶々とするだろ。

【picnic in the water】
魚屋の娘とコンビの息子の話。ある日、突然コンビニの息子からデートに誘われる。水族館デートを何度もするようになるんだけど、コンビニの息子は魚が苦手でそれを克服する為に魚屋の娘を誘っていた。

23
魚屋の娘

言葉の掛け合いが妙である。
いきなりデートに誘われて舞い上がって色々とお洒落したりと恋する乙女モード全開だけど男はデートは全て水族館で魚ばかり真剣に見ている。本当に自分の事が好きなのかと聞けば「…好きだよ」と戸惑いながら言われる。男は魚の事を聞かれたと思って答えたんだけど、終盤では本当は「(魚が)好きではない」と告白。自分の事が好きではないと言われたと思う主人公…というね。

(自分の事が)好きか嫌いかという女の子と、(魚の事が)好きか嫌いかという男の子による、素晴らしき勘違いによる会話であった。でも男は魚屋の娘に惚れたから魚を克服しようとしていたというね。ご馳走様でした

【水玉ホリデー】
公園でシャボン玉を披露する人が突然倒れ、後を任された3人の話。公園でシャボン玉を使った芸に3人で挑戦するというもの。いちおう恋愛要素はあるけど、オマケ程度かな。友情の話がキモです。

タカハシマコ先生は青年漫画でも百合漫画でもちょっと暗いというか影があるものをメインで描くんですけど、少女漫画でストレートど真ん中に甘いキュンキュンする話を描いたほうが個人的にフィットしました。今回の短編集で、特に良かったのは「in vitro」「CHOCOLATE TRIP」「picnic in the water」の3つかな。頬を緩めてニヤニヤするというものです。お勧めです。

少年バンビ (マーガレットコミックス)
タカハシ マコ
集英社 (2013-04-25)



それは私と少女は言った (KCx(ITAN))
タカハシ マコ
講談社 (2012-07-06)

荒野の恋(3)<完> (KCデラックス)
タカハシ マコ
講談社 (2012-10-05)

荒野の恋(2) (KCデラックス)
タカハシ マコ
講談社 (2012-07-06)

荒野の恋(1) (KCデラックス)
タカハシ マコ
講談社 (2012-02-06)


メモリーズオフ ゆびきりの記憶 (限定版) (サントラCD2枚組&ドラマCD1枚 同梱)