止まらない!
俺の中でヤングジャンプ連載中の「源君物語」の快進撃が留まることを知りません。破竹の勢いである。その理由は現在のヒロイン花田さんにあります。圧倒的可愛さで毎週木曜日が養豚場と化してしまう。ただただブヒるのみです。毎週8ページじゃ足りないぜ…。
<関連>
「源君物語」おい、見てるか朝日…お前を超える逸材がここにいるのだ!
「源君物語」これから「花田さんは可愛い」の話をしよう。
「源君物語」いまこそ花田さんに学べ 「ブヒる」とはなにか

ちょっと軽く振り返ろう。
超初心の恥ずかしがり屋さんというだけで僕の心の琴線に触れる花田さんでしたが、その後に実は巨乳だった毎日姉に揉まれているという、超弩級のクリティカルヒットを連発して僕の心の琴線を鷲掴みにしやがります。小学生時代に男子に乳をからかわれた事がトラウマで男が苦手になってしまったわけだけど、そのトラウマを解消する為に一つの提案をする。

21
提案

「オレに胸を見せてみませんか」(←ファッ!?)
「男、苦手…治るかも」(←なんだこの超飛躍)
「どう思いますか花田さん!!」(←どうと聞かれても…)

なに言ってんだコイツ。
すさまじい論理の飛躍で乳を見せろと提案してしまった。源君の言っている事は一つ一つ突っ込みどころ満載なんだけど、細かい事を気にしなくなってくる。感覚がマヒしたというか…。ようするに何でもいいから早く花田さんのおっぱいが見たい!

こんなメチャクチャな源君の提案は当然断られるだろう…。

22
ムリムリムリ!

案の定である。
さすがに乳にトラウマを持つ花田さんに胸を見せろというのは無理がある。大赤面してオロオロする困ったさんの花田さん。しかし、その時歴史が動いたのだ。源君の必死な直向さを見つめて「ごめんなさい、私の為に色々提案してくださってるのに」と胸を見せる事を了承した。別に源君は花田さんの男嫌いの為にでなく、本能のままに乳を見たかっただけだと思いますが花田さんはOKしたー!!

恥ずかしがりながら服を脱ぐ花田さん。これ至高なり。
もうね僕の頬はユルユル下半身はカチカチですよ。しかも1話8ページしかないのに焦らしに焦らしてゆっくりと丁寧に服を脱ぐから溜まりません。「源君物語」は少し飢えたぐらいで読むぐらいがベストなんですけど、もう花田さんが脱ぐ頃には飢餓状態になっていました。

そして…。

24
えいっ!!

ブルルルルルル

でけー!
こいつは期待通り想像以上である。服の上からも感じられた圧倒的ボリューム感。なにが凄いって、恥ずかしがって体育座りしても乳がはみ出るの。圧倒的な可愛さ、圧巻の乳の大きさ。これぞ乳の境地である。さらに、奥の扉(ブラ)を開けると…どうなるんだってばよ!

23
どうなるの?

「そんな、悪いです。私ばっかり…」
「何か源さんのしたいこと…」

すごい期待感を感じる。今までにない何か熱い期待感を。
乳・・・なんだろう見たい確実に、着実に、花田さんの生乳を。
中途半端はやめよう、とにかく最後までやってやろうじゃん。

猛烈に花田さんの生乳が見たい
そうかこれが麦わらの海賊団も目指す「ひとつなぎの大秘宝」ならぬ、「ブラひとつなきの大秘宝」か。というか女の子にここまで言わせてしまってはね。ここで決めなきゃ男じゃねーよ!

25
服、着替えるの廊下で待ってます

男じゃなかった。

…え。
ちょっと待って下さい。ここまで期待させておいてお預け?2ヶ月強も引っ張ってこのオチだと。あまりのガッカリっぷりにヤンジャン叩きつけそうになったんですけど、源君の妄想の中の花田さんが素晴らしかったのでそれはそれで満足できました。

なんのかんので花田さん編。
堪能しまくりでしたよ。僕ら現代人の疲れたハートを見事に癒してくれたと思います。まさにオアシスのような娘でした。今後も花田さんの活躍に期待したいものです。

おそらく今週の「源君物語」を読んでガッカリした諸兄も多いと思いますが、逆に考えるんだ。まだまだ花田さんの可愛さ&赤面&乳を堪能できるんだ、と。というかその後の花田さんの天使っぷりが半端ない。

26
「…本当に嫌だったら受け入れてません」


27
「私に気づかいなんて…いりませんよ」
「いい…一応、彼女なんですから」



28

源君物語 3 (ヤングジャンプコミックス)
稲葉 みのり
集英社 (2013-04-19)

源君物語 2 (ヤングジャンプコミックス)
稲葉 みのり
集英社 (2012-10-19)

源君物語 1 (ヤングジャンプコミックス)
稲葉 みのり
集英社 (2012-04-19)


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]