2月の漫画でも振り返ろう。


10位「孔明のヨメ。(3)
そのうち個別でエントリー書きたいんですけど、こちらは孔明と月英の新婚生活を描くイチャイチャ4コマ漫画でございます。まあ読めば自然と頬が緩んでニヤニヤしてしまう仕様です。こいつは最高にニヤリングできるで。といっても3巻はけっこうシリアスな展開で本格的に三国志漫画となってきています。もちろんそちらも面白いです。三国志好きでもそうでなくても読ませてくれます。でも、もっとイチャラブしてええんやで!

9位「ワールドトリガー(4)
ジャンプを長年愛読してるとね、新連載1話目を読んだだけで「これは短期打ち切りコースかな」「これは長期連載いけるな」と予想が出来ます。まあ、ほとんど当たらないんですが。で、この「ワールドトリガー」は1話を読んで来るなコレはって感じになりました。そして俺の中で来まっくているのである。猛烈に盛り上がっている。黒トリガー争奪戦は熱いで。4月4日発売の5巻はさらに王道展開で盛り上がるので胸熱すぎる。超お勧め。
・【Amazon】「ワールドトリガー」(5)
8位「ストレッチ(1)
高校時代の先輩&後輩の間柄だった社会人の慧子と大学生の蘭がルームシェアして生活する中でストレッチをする漫画です。役に立つと思うけど、ストレッチそのものよりも2人の人間関係がなかなかどうして。2人とも過去に暗い闇を抱えているようで、その辺りが猛烈に気になります。普段の2人の生活の描き方も見事で楽しいです。もちろん、ストレッチする姿がちょっとエッチなのも花丸。
<関連>
「ストレッチ」、ひとつ屋根の下

7位「私がモテてどうすんだ(2)
ある日、1人の少女が好きなアニメキャラが死んでしまった事で何日も飯を食わずに泣き崩れました。そしたら、凄い美少女になってるではありませんか。登校したら、イケメンどもがワラワラと寄ってくるというね。なんつーアホくさい漫画や。なんつー面白さや。もうテンションが半端ない。最初からずーっと界王拳20倍の勢いで突き進む。笑うっつーの。モチのロンで花依可愛いし良い子です。男が読んでも十分楽しめる仕様。
<関連>
・ 「私がモテてどうすんだ」、腐女子の芹沼花依だ!顔芸に定評のある花依だ!

6位「女の子が死ぬ話
1人の女の子が死ぬ話です。タイトルそのまんま。死んでしまう女の子と彼女と親友になった女の子と1人の男の子の物語。6話まで読むと綺麗に終わってるんですけど、7話があるのである。こいつが精神をウヴァヴァヴァとさせてくれる。「タッチ」で死ぬのがかっちゃんでなくたっちゃんだったら…をね。1巻にまとまってるので是非どうぞ。
<関連>
「女の子が死ぬ話」、想い出にかわる君 -Memories Off-

5位「BE BLUES!~青になれ~(13)
BE BLUES!~青になれ~ 13 (少年サンデーコミックス)
田中 モトユキ
小学館 (2014-02-18)
「一条」と呼んでた宮崎がいつのまにか「龍」と呼び捨てになってるように、龍ちゃんさんだけの物語でないのが「BE BLUES!」の面白いところ。脇キャラが本当に魅力的なのです。「BE BLUES!」というタイトル。おそらく「日本代表へ」という意味合いなんだろうけど。「BE BLUES!」と複数形だからね。龍ちゃんさんだけでなく彼らの物語なのである。だから脇役も主人公なのだ。あと江藤さん可愛い。
<関連>
「BE BLUES!~青になれ~」呼び捨てに激おこ!フラグをゲット!

4位「実は私は(5)
私は「ラブがコメる」という有りもしない言葉で表現するんですけどこれ重要。ラブコメ漫画でラブを描く作品は数あれど、コメをきちんと描いてる作品は少ないんだなー。そのコメこそ、通常の日常回に他ならず、こいつが面白いとラブコメの厚みが増すです。「ニセコイ」もそうなんですけど、ヒロインのコマが揃ってから、その仲間内に加わりたいと思わせる楽しそうな日常やキャラが重要なのだよ。そいう意味で「実は私は」は素晴らしいのです。非常に面白いのでラブコメ好きならチェックやで。
<関連>
「実は私は」のタイトルの意味

3位「軍靴のバルツァー(6)
軍靴のバルツァー 6 (BUNCH COMICS)
中島 三千恒
新潮社 (2014-02-08)
今まで全然知らなかった事が悔やまれる。いわゆる戦争を題材にした軍事漫画なんだけど、それだけに留まっていない。設定厨の僕も大満足であります。めがっさ面白いでこれ。濃厚やで。5巻までで描かれていた戦争編も終わり6巻ではどうなるかと言えばまだ戦争は終わっていない。今度は外交戦争だ!で、この戦争をどう決着させるか、賠償問題をどうするかというのを各国の王族&お偉いさんが話し合う展開となる。その中で蠢く各国の政治的な戦略がなかなかどうして。政治劇としても相当読ませてくれます。まあ難しいことは抜きに、ヘルムートにブヒればいいのだ(結論)。
<関連>
「軍靴のバルツァー」、悲しいけどこれ戦争なのよね

2位「俺物語!!(5)
「俺物語」というのは当然、猛男の物語である。だがしかーし!5巻からはもう俺物語に留まっていない。そう、脇キャラがメインに展開されるようになるんですけど、これが最高に面白い&ニヤニヤさせてくれちゃうわけよ。タイトルに偽りあり?そんなん知るか。俺たち&私たちの物語がここに開幕!素晴らしい。実に素晴らしいです。報われないヒロイン・西城さんにペロペロするしかないのだ。

1位「せっかち伯爵と時間どろぼう(1)
待望した!俺たちの久米田先生が帰ってきたでー。下ネタ解放して、時事ネタからシュールなギャグから赤松作品イジリと凄い勢いでバンバン展開されていくわけです。なんだこの面白さはって感じ。しかもあざとい!今後も非常に楽しみですね。だけど、ミチルの寿命が1年で時系列が現実とリンクしてるのは不安だ。ひょっとして1年で終わるの?長期連載を希望する!
<関連>
「せっかち伯爵と時間どろぼう」待望した!久米田先生の新連載を待望した!